« 安田記念のお話 | トップページ | シルクHC2015年度速報をみて »

2015年6月28日 (日)

宝塚記念のお話

ゴールドシップが連覇した宝塚記念の特徴は変速率低い面々が活躍しているわけで昨年は見事軽視した馬達で決まりました。瞬発力型が大苦戦(13年3着ジェンティルドンナ)。今年もゴールドシップの適性に似た馬を探していきましょう。

今年の変速率下位もゴールドシップです。
ショウナンパンドラ、トーセンスターダム、カレンミロティックと続きます。ショウナンパンドラとトーセンスターダムは高速ラップでのものでスロー適性が必須なこのレースでは不向きです。同じくヌーヴォレコルトもショウナンパンドラと同タイプなので向いていません。

カレンミロティックは昨年2着のものでスロー適性に関しては問題ないですね。天皇賞春もうまく立ち回って3着。阪神コースは向いているものの昨年2着が上出来というか他が向いていない舞台での結果なので善戦タイプなだけに3~5着が理想ポジションです。

スロー適性といえばラキシスでしょう。
完全タイム差の出ないパフォーマンスの持ち主で標準パフォーマンスをマークしたことのない馬でスローの鬼です。変速ラップに強いのはエリザベス女王杯2年連続連対で証明していますが、2200m[3-2-0-2]に強いことでも証明。決め手勝負に徹すると詰めが甘くなるので危険ではありますが。

今回の台風の目はワンアンドオンリー。
神戸新聞杯がベストに属しますが(海外遠征もあり該当レースが少ない)瞬発力過多よりバランス型に属するのでスローの中距離は得意分野です。あと阪神コース得意。調整で遅れたりと相変わらず魅せないダービー馬ですが宝塚記念は特殊分野なので出走は願ったりかなったりの舞台では。あとは本当にドバイ帰りの調整ですね。

トーホウジャッカルも神戸新聞杯3着なのでとりあえず拾いますが瞬発力型です。


完全タイム差上位のトーホウジャッカル、ラブリーデイはあんまり向いていません。瞬発力型なだけに今年も苦労はするかなと。そもそもスローが苦手です。トーホウジャッカルはそもそろ経験が少ないのでなんともいえません。


~予想~
◎ワンアンドオンリー
○ゴールドシップ
▲ラキシス
△デニムアンドルビー
☆カレンミロティック
☆ネオブラックダイヤ
注ラブリーデイ
注トーホウジャッカル

実質◎○▲△BOXです。
ラキシス、ワンアンドオンリーにとっては差し馬場が持続したまま最終週にきたのでいいなと。デニムアンドルビーも同じく。ゴールドシップを倒すにはこれしかないのですが。

« 安田記念のお話 | トップページ | シルクHC2015年度速報をみて »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/61804864

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚記念のお話:

« 安田記念のお話 | トップページ | シルクHC2015年度速報をみて »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ