« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月29日 (月)

血統的にみてみよう~ディアジーナの13

ちょくちょく触れたりしていますが血統だけで出資決めないので材料的なアレですが(マチカネタマカズラ×ゼンノロブロイは配合取り上げたことありますけれどロブロイは苦手、で手出してない)。というわけで趣味的な感想でも。今回はディアジーナの13。


どうしてもノーザンダンサーのクロスがないことばかりが語られるわけですが、大事なのはそこなのか。ステイゴールド×メジロマックイーン配合、ステマ配合ですね。成功例の母母父がノーザンダンサー系(ノーザンテースト、プルラリズム、ニジンスキー)ということからNDクロスなしが話題になるわけです。

ノーザンテースト、ニジンスキーはノーザンダンサー×テディ系の配合。プルラリズムは異なりますがプルラリズムの父ザミンストレルがノーザンダンサー×テディ(ザミンストレルの母はニジンスキーの半姉)。他の活躍馬ではDanzig(フェノーメノ、ナカヤマフェスタ、シルクメビウス)、マルゼンスキー(ナカヤマナイト、シルクメビウス)もテディもち。

さて、では母母アイネスターキンはテディの血は持っているのか。
ビショップボブにはFighting Fox(テディ系)のクロスがあります。ビショップボブの母系はSir GallahadとBull Dog兄弟の血が濃縮されています。またIcecapadeの構成は二アークティック×ネイティヴダンサーの擬似ノーザンダンサーになっています。


あとグランドサッシュの時にも触れましたが、Prince Johnの血。
ディアジーナの母父ビショップボブの母父Silent ScreenがPrince John産駒でありCosmic Bombの近親。また母母Ship's Channelの母系(注)もプリンスキロ系×(ピーターパン系×ブルーラークスパー)。この配合、Prince Johnに似ています。プリンスキロ×(サンドリッジ系×ブルーラークスパー)という具合。ブルーラークスパーはサンデーサイレンスもクロスをもっていますね。そしてプリンスキロのクロスも当然ですがお持ちです。Ship's Channelの配合自体はよくある配合でノノアルコの母母Jamboも似た配合です。こちらは紹介した通りプリンスキロの血が濃いものになりましたが。

で、今度は母父メジロマックイーン。
父父メジロアサマの母スヰートはBlack Ballの近親。そう、先ほど紹介したShip's Channelの母母です。ディアジーナの成功面はここにあるかもしれません。



私はこの配合、別に非難されることはないと思います。
早熟傾向だったビショップボブのイメージだったりノーザンダンサーじゃないニアークティック系だったり(最近ワイルドラッシュのおかげで印象はよくなっている、かもしれませんが。日本的には)。正直母系のインパクトが弱い。オークス馬シャダイターキンから派生したもののレッツゴーターキンしかいないんです。レッツゴーターキンといえばメジロマックイーンと同期でしたね。そして父ターゴワイスはプリンスキロ系。なにか縁があるかもしれない。

ステマ配合というよりはビショップボブの血統は別に酷くないぞという話に落ち着いてしまった。でもそんなに悪くないと思います。地味ですけどね。

2014年9月21日 (日)

シルクHC2014年度募集

というわけでじっくり見た感想でも。
昨年取り上げた中ではネオルミエール(シルクプリマドンナの12)、ブラックバゴ(ステイウィズユーの12)が新馬1着、2着。とはいえ応募したのはスペリオルラスター(スペリオルパールの12)なので私が選んだ中で、となると1頭だけですが。そしてスペリオルラスターも落選しております。無念。というわけで?昨年出資できなかった腹いs、はさておき感想をば。


今年のラインナップは昨年よりはしっくりきました。ですが、皆結構歩様がゴツゴツしておりまだまだこれから、じっくりと成長の様子を、というタイプが多いように思えました。また、ダート色濃い目のラインナップだったのもあるのでクラブ的にも特色(笑)を意識しているなと。これはよいことだと思います。昔なら無理してディフィカルトの13のようなタイプをわざわざセレクトセールで落札してくることはなかったと思いますからね。そして見た感想も「重戦車もってきよった」でした。好みではないんですけどね。

まずはシーザバッドガールの13。私の出資馬シルクメガヒットの親戚でもあります。既に人気馬ですが、見た目がジャイアンツコーズウェイの仔かと思ったくらい。兄同様友道厩舎予定。シルクダートクラブ、と社長が苦笑いしてただけあって象徴的な馬になるんじゃないかと。抽選覚悟で応募になりそうです。

次にパーシステントリーの13。これまた人気馬でありディープインパクト産駒。ディープの仔だなぁと分かる歩き方。歩き姿見たらぐぬぬ、と唸るタイプです。ワールドインパクトを見た時に地味なんだけれど目立つ、という表現をしたのですが歩かせてみると確かにいいなと生で見たらまず惚れる。そんな牝馬だと思います。競争率高いでしょうなぁ・・・。

そしてコケレールの13。でかいですね。測尺出る前からこんなに雄大に歩くならでけぇよなと思ったらでかかった。シルク募集のディープの仔ではこれまで見た中で異質の部類で歩き姿がどうより調教の動きを見てみたい。牡馬見た中ではこの馬が印象的に残りましたね。しかし8000万募集。。。

一番最初に!!!と目がいった馬を。動画をひととおり見てこういう馬か、これはDVD届いたらもう一度みよう、好みじゃないな、と選別していくのですが1度目でまた変化球きちゃった!と小躍りした馬です。シャルマンレーヌの13。ハービンジャーってこんな仔出すんだなと思って見直したらあれ?この仔だけ特殊?と思ったくらい。狙っていなかったんですけどねぇ。困りました。


というわけで今回気になったのはまた人気馬だらけです。シャルマンレーヌの13以外は。シャルマンレーヌの印象は「アストンマーチャンに勝った馬」しか記憶にありませんが。血統的にはメイショウマンボの構成と似た血統をもっているのが気になっていたり。ミスプロの血はありませんが。スズカマンボとダンシングキイが親戚なのもありますがね。

というわけで今年も大抽選馬だらけの応募です。
シャルマンレーヌは非抽選確定ですが、あと3頭のどれが残るやら。16万+10万+4万+3万。これでは実績通るはずもなく抽選ですね・・・

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ