« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

サマースプリント~キーンランドC

北九州記念はこちらの都合でログインすらできなかったわけですが予想は散々でした。外枠を買っていたということでお察しください。

今回はいよいよサマースプリントシリーズも終盤、キーンランドカップを取り上げます。今年のサマースプリントシリーズは各レース勝ち馬が終盤参戦せず。セイコーライコウとリトルゲルダはスプリンターズSに専念、ガルボとトーホウアマポーラはアクシデント発生で無理せず。ということでこのレースと最終戦セントウルS次第に。恐らく今年は過去最小ポイントによる覇者が誕生するんじゃないかと。


~キーンランドカップの傾向~
外枠大苦戦、人気馬による争い、差し馬同士の決着はほぼ皆無。札幌はコーナーが大きい分ぶんまわして自滅する差し馬の関係で函館とは違った意味で先行力が問われるコース。お陰で外枠がこれでもかと負けています。私の記憶だと函館2歳S2着キョウエイアシュラくらいしか機能していない気がします。今年だとレッドオーヴァルが外枠を引いてしまいましたが無理に動いていく関係で捉え損ねる恐れはあると思います。同じくフォーエバーマークは早めに動かざるを得ないのでペースアップにつながると思われます。

ということで予想
◎フクノドリーム
○ローブティサージュ
▲スノードラゴン
△ブランダムール
注スマートオリオン
注レッドオーヴァル
注エイシンブルズアイ

ということでフクノドリーム。絶対に先行しなければいけない枠でお隣テンション高い注スマートオリオン、外から(追い詰められた)フォーエバーマークという三重苦。こうなると押し出されるか耐えるかという厳しい競馬になるのですがアンバルブライベンとやりあって踏ん張っているのでね。ということで◎。

本来の軸は○ローブティサージュと▲スノードラゴンの差し馬。後方から追い上げて差してくるが変速率が低め。上がり差があるということで持続力の高さで補っている馬達。本来の適正とは違うけれどスペックの高さがあるから機能しています。ということでこの2頭が差してくる事を願う1戦です。

ブランダムールは外枠を引いた前走は追い上げ損ねた分と早めに動いた分マヤノリュウジンにしてやられ、中途半端に動いた分スマートオリオンをとらえきれず。今回はもうちょっとはっきりした攻めにしないといけない(54kgになった分)真ん中枠。なのでおさえています。

注スマートオリオンは内枠ひいちゃったので押し出される危険性に耐えられる精神状態なのか。しかもフクノドリームは若いのでガリガリ攻めてくる(その分脆いが)。恐らくテンション高めでおさえることに終始苦労する中間になっているとおもいますが追い切りでもつらそうでしたね。ということで注に。

レッドオーヴァルは大外枠、切れ主体(自体は別にマイナスではないが)の馬が無理に動かねばならない流れになると阪急杯のような負け方もあるよと。エイシンブルズアイはよりによって一番悪条件なスプリント参戦。アーリントンカップで負けたように脆さは気になるしゆるい流れで活躍したりと距離短縮が不発に終わるパターンもみえますがとりあえず初物はおさえる予定です。


ということでフクノドリーム◎にしていますが◎○▲△BOX予想です。あとは3着争いかな~という感じ。ローブティサージュはとりあえずスタートが肝心。函館SSのように後方、道中息が合わず4角へ、ガルボの隣がポッカリあいたのを活かしてあそこまでやれたので本当にリズムよく走れたらと思います。スノードラゴンはぶん回しさえしないならチャンスあるかなと。一番嫌な負け方になるのだけはね。コーナーが大きいだけに。

2014年8月 9日 (土)

シルクラインナップをみて~その2

シルク2014年度募集ラインナップ続報。予定厩舎と募集価格が発表されました。カムホームウィズミーの2014、リーズナブルな1200万募集なのですが・・・100口募集で12万円。モエレオープンヒメはセレクションセールから200万加算の3000万募集で6万円。予定厩舎は宗像先生。シルクダイアリーでお世話になりました。このブログタイトルもシルクダイアリーからきています。

そしてコケレールは8000万募集で16万円也。
価格は大体予想通り(といいつつ1000万ほど差はありましたが)でしたが予定厩舎、藤澤先生なんですねぇ。netkeibaにも書き込みましたがシルクラトゥールの親戚で募集価格と厩舎が一緒です。

あと一応名前だけ紹介したラッシュラッシーズは5000万募集で10万円。予定厩舎は角居先生。シルクと角居先生は縁がなく、カサブランカリリーが厩舎予定組まれるも予定変更。これは千代田牧場生産馬が猛威を振るっていた(悪い意味で)頃の募集馬でした。

今回気になったのは予定厩舎。松永幹夫、角田厩舎がシルクにも登場しました。安田隆厩舎もいますね。キャロットや東サラでは馴染みの面々ですがシルクとは縁がないとばかり。これもノーザンファームの影響下。シルクもかわりましたねぇ。


~ラッシュラッシーズの血統~
せっかくなので触れておきます。父オアシスドリームは日本ではまだダートの勝ち上がりしかありません。父の妹Zendaは今年大活躍中のKingmanの母。欧州マイル戦線を引っ張っていくことでしょう。

ラッシュラッシーズの母系は凱旋門賞馬ソーマレズを輩出。そのソーマレズの半姉にアラジをつけて再現配合(同じブラッシンググルーム産駒のアラジと配合)。代を重ね、欧州最高種牡馬ガリレオとの配合で成功するのですから母系に関しては合格点でしょう。

この血統のミソはDanzig、ネヴァーベンド、サーゲイロードの血。父父グリーンデザートの構成もこれ。母母父アナバーもこの構成(Danzig、ハイペリオン、ネヴァーベンド)。特にサーゲイロード強調したつくりなのはいい印象ですね

あとは馬体ですが・・・

2014年8月 3日 (日)

サマースプリント~アイビスSD

アイビスサマーダッシュといえば外枠。ですが今年は13頭立て。04年カルストンライトオが勝利した年以来の少頭数だそうです。とはいえその時も外枠が2着、3着。ちなみに外枠不発だったのは第1回、10回、11回(3着7枠なので不発とはいえないが)。大体外枠と内枠で構成されている偏ったことから外枠が有名です。


今年はメンバーレベルに疑問なのとコース経験馬が揃っていること。メンバーレベルに関しては前回CBC賞でも触れましたが高松宮記念出走馬が少ないこと。これ重要で春のスプリント路線組が手薄だということにつながります。サマースプリント全体的にこの状況で、今年のスプリンターズSが新潟開催というのも大きく影響しているようです。無理に消耗させずセントウルSから始動、とか札幌開催始動に割り切っているように思えます。
次に新潟直線経験馬ですが直1000の傾向をつかんでいるようで狙い定めて出走馬が構成されてきていることで特性をつかんでいる馬が揃ったのは例年に比べて特化していると考えています。

ということで予想です。
今年は外枠より内枠。という予想になりました。

◎フォーエバーマーク
○セイコーライコウ
▲リトルゲルダ
△アースソニック
注ブルーデジャヴ
注シャイニーホーク
注アンゲネーム

ということで函館SSで予想通りそれなりに走ったが馬券に絡まなかったフォーエバーマークを◎に。新潟直線で瞬発力寄りとなると光ります。そのフォーエバーマークを函館SSで捉えて4着にきたのがセイコーライコウ。この2頭は韋駄天Sから一緒に走っています。この2頭は似たタイプなので狙うパターン一致している馬は逆らわずに買います。たとえ内枠でも、です。

リトルゲルダは直1000経験の特化組。軽い馬場向きで彼女が得意とする場面が限られているところから徐々に克服はしているのですが。狙わない理由がありません。同じタイプのアースソニックは京阪杯勝ってから苦戦続き。でも新潟で復活。ちなみに函館SS6着馬。

穴は続いて狙うブルーデジャヴ。平坦待ってた馬なので。アンゲネームも新潟直1000m経験馬。リトルゲルダパターンでこなしている条件なら格上でも出走してくるパターン。そして今回注目しているシャイニーホーク。久々に距離短縮でスプリントに出てきました。1年ほど様子みていましたが一向にスプリントに出てくれない。ようやく出たかと思ったら1000m。これきっかけで1200復帰してくるとOP特別も面白くなるのではないかと。距離短縮、瞬発力勝負寄り、1000m初で外枠引いたりと武器だけはあります。

ということで今年は内から攻めます。
人気の外枠牝馬2頭にも触れておきます。典型的スプリンターのフクノドリーム、アンバルブライベンはバーデンバーデン組。瞬発力面で不安であり前傾ラップで耐える典型的スプリンターには武器が足りないとみて軽視しました。外枠、牝馬で人気しているだけにうまみはないこともあるので無理に狙う必要はないと思います。


« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ