« シルクラインナップをみて~その2 | トップページ | シルクHC2014年度募集 »

2014年8月31日 (日)

サマースプリント~キーンランドC

北九州記念はこちらの都合でログインすらできなかったわけですが予想は散々でした。外枠を買っていたということでお察しください。

今回はいよいよサマースプリントシリーズも終盤、キーンランドカップを取り上げます。今年のサマースプリントシリーズは各レース勝ち馬が終盤参戦せず。セイコーライコウとリトルゲルダはスプリンターズSに専念、ガルボとトーホウアマポーラはアクシデント発生で無理せず。ということでこのレースと最終戦セントウルS次第に。恐らく今年は過去最小ポイントによる覇者が誕生するんじゃないかと。


~キーンランドカップの傾向~
外枠大苦戦、人気馬による争い、差し馬同士の決着はほぼ皆無。札幌はコーナーが大きい分ぶんまわして自滅する差し馬の関係で函館とは違った意味で先行力が問われるコース。お陰で外枠がこれでもかと負けています。私の記憶だと函館2歳S2着キョウエイアシュラくらいしか機能していない気がします。今年だとレッドオーヴァルが外枠を引いてしまいましたが無理に動いていく関係で捉え損ねる恐れはあると思います。同じくフォーエバーマークは早めに動かざるを得ないのでペースアップにつながると思われます。

ということで予想
◎フクノドリーム
○ローブティサージュ
▲スノードラゴン
△ブランダムール
注スマートオリオン
注レッドオーヴァル
注エイシンブルズアイ

ということでフクノドリーム。絶対に先行しなければいけない枠でお隣テンション高い注スマートオリオン、外から(追い詰められた)フォーエバーマークという三重苦。こうなると押し出されるか耐えるかという厳しい競馬になるのですがアンバルブライベンとやりあって踏ん張っているのでね。ということで◎。

本来の軸は○ローブティサージュと▲スノードラゴンの差し馬。後方から追い上げて差してくるが変速率が低め。上がり差があるということで持続力の高さで補っている馬達。本来の適正とは違うけれどスペックの高さがあるから機能しています。ということでこの2頭が差してくる事を願う1戦です。

ブランダムールは外枠を引いた前走は追い上げ損ねた分と早めに動いた分マヤノリュウジンにしてやられ、中途半端に動いた分スマートオリオンをとらえきれず。今回はもうちょっとはっきりした攻めにしないといけない(54kgになった分)真ん中枠。なのでおさえています。

注スマートオリオンは内枠ひいちゃったので押し出される危険性に耐えられる精神状態なのか。しかもフクノドリームは若いのでガリガリ攻めてくる(その分脆いが)。恐らくテンション高めでおさえることに終始苦労する中間になっているとおもいますが追い切りでもつらそうでしたね。ということで注に。

レッドオーヴァルは大外枠、切れ主体(自体は別にマイナスではないが)の馬が無理に動かねばならない流れになると阪急杯のような負け方もあるよと。エイシンブルズアイはよりによって一番悪条件なスプリント参戦。アーリントンカップで負けたように脆さは気になるしゆるい流れで活躍したりと距離短縮が不発に終わるパターンもみえますがとりあえず初物はおさえる予定です。


ということでフクノドリーム◎にしていますが◎○▲△BOX予想です。あとは3着争いかな~という感じ。ローブティサージュはとりあえずスタートが肝心。函館SSのように後方、道中息が合わず4角へ、ガルボの隣がポッカリあいたのを活かしてあそこまでやれたので本当にリズムよく走れたらと思います。スノードラゴンはぶん回しさえしないならチャンスあるかなと。一番嫌な負け方になるのだけはね。コーナーが大きいだけに。

« シルクラインナップをみて~その2 | トップページ | シルクHC2014年度募集 »

ギャンブル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/60235748

この記事へのトラックバック一覧です: サマースプリント~キーンランドC:

« シルクラインナップをみて~その2 | トップページ | シルクHC2014年度募集 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ