« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月29日 (日)

GI予想~宝塚記念

予想していたより雨の影響はないようでひと安心。
今年も宝塚記念は少頭数。馬連全通り購入しても66点。買う人いるでしょうねぇ。それはさておき今年もスローの傾向です。上がり自慢が揃った年でもあり、瞬発力不足の馬達には泣いてもらうことになりますね。たとえばメイショウマンボ(変速率3)やヴィルシーナ(変速率3)は上がり差もないので苦戦傾向。

牝馬でもジェンティルドンナはスロー得意。ゴールドシップは瞬発力勝負になるとやや苦しいが上がり差1位。ウインバリアシオンは瞬発力自慢勝負はもってこい。ということで◎ウインバリアシオンに決まりました。

◎ウインバリアシオン
○ヒットザターゲット
▲ヴェルデグリーン
△ジェンティルドンナ
△デニムアンドルビー
注ゴールドシップ
注ホッコーブレーヴ

穴狙うならヒットザターゲット、ヴェルデグリーン。毎年持続力勝負になりやすいのでヴェルデグリーンはおさえておきたいところです(この馬しか持続力勝負に強い馬がいない)。ヒットザターゲットはバランスよくこなせるタイプが今回おらず瞬発力に偏っている。ということでバランスよく器用貧乏タイプな彼を買っています。ジャパンカップであっといわせた(瞬間最大風速は凄かった、が着順は11着)だけにもってはいます。

ジェンティルドンナ、デニムアンドルビーはスローの舞台が向いているだけに今年出走した国内では一番彼女達向きのレースだと思われます。ゴールドシップは切れる脚はないだけに今回は不向き。あとホッコーブレーヴは日経賞で対応したのでおさえています。


ウインバリアシオンから流します。
今年は馬連お得ですからね。3連複、3連単も買いますが◎○、◎▲の2頭軸。ヴェルデグリーンとヒットザターゲットが食い込めたらいいですねぇ。ゴールドシップにはちょっとつらい舞台になりそうで。3着までではないでしょうか

2014年6月22日 (日)

サマースプリント~函館SS

サマースプリントシリーズ開幕!ということで取り上げてみます。今回は第1戦函館スプリントS。例年開催時期が異なる(2010~2013)ものの内枠が絶対的有利には変わりなく開幕週は特にこの傾向が強かった。とはいえじわりじわりとフラットになりつつあるのも事実でとりあえず内枠はおさえておくがセオリー。それと牝馬が活躍。これ重要。


~過去の傾向~
上がりのかかる函館、のイメージはそろそろ捨てたほうがいいというのが最近の傾向。本来なら通用するはずだったフォーエバーマークが苦戦し、開催後半になって本来?の函館馬場になってからキーンランドカップで活躍したように開催前半は馬場が良い分切れが通じるのが今の函館。

たとえばハノハノ。フォーエバーマーク同様、福島⇔函館で結果を出してから京都でも活躍というパターンはテイエムオオタカ、ドリームバレンチノもやっています。福島⇔函館ラインは今後もあるのでハノハノはバーデンバーデンカップ狙うならチェックしとこうかなと。

フォーエバーマークも函館実績あるだけに狙いに入るでしょうが彼女の場合は新潟も得意なタイプなのでまだその時ではない。ではストレイトガールはどうかとなると今までの函館ならこなかったタイプ。今の函館タイプの象徴みたいな馬なので上がりのかかる時期より断然馬場の良い今がぴったり。ヴィクトリアマイルも前後差0.4で好走してますからね。

でもこれでは普通(内枠、牝馬)と変わらない。
ということで私はローブティサージュ、要するにウチの馬でいこうかと。阪神牝馬S3着で先行追走、早め抜け出しで久々にパフォーマンスを出しました。切れ味勝負の2頭に屈しましたが1200mで戦っていける材料を見つけたレースでもありました。と私は思っているわけですが。ヴィクトリアマイルでも5番手から果敢に攻めていった結果なので、今後に生きるかなと期待しているわけですが。札幌キーンランドカップよりは函館の方が合うと思うので初1200mでも楽しみにしています。

◎ストレイトガール
○ローブティサージュ
△スマートオリオン
注フォーエバーマーク
注ツインクルスター
注レオンビスティー
注ハノハノ

穴ではレオンビスティーを。速い流れについていけていない様子なので洋芝で回帰もあるんではないかと。とりあえずストレイトガールから流していくスタイル。ローブティサージュも今後楽しめる結果を期待しておりますがヴィクトリアマイルでの消耗からどこまで回復しているか、というのが出資者視点からの不安点。

2014年6月 8日 (日)

安田記念のお話

今年の安田記念は例年通り瞬発力勝負に強いタイプ(大雑把にいうと前走メンバー上がり最速)というタイプが不発する傾向です。特に今年は雨の影響を受けているのでタイプがじわりとズレが生じると考えています。

去年好走したショウナンマイティ、ダノンシャーク。府中マイル(富士S)で近走ベストを出したリアルインパクト(ダノンシャークも出走し1着)。京都コースでベストを出したトーセンラー、フィエロ、ワールドエース、サダムパテック。この7頭が瞬発力タイプに該当します。

例年なら前半3Fから飛ばし中盤も緩まず上がりも落ち込まないというバランス良いパフォーマンスを求められます。今年は雨の影響を受けているので持続力、消耗戦に持ち込んでも耐え切る能力が必要だと予想しています。

ではどのタイプがそのタイプなのか。
要するにジャスタウェイなんですが(笑)、天皇賞秋で持続力勝負に適応し見事ジェンティルドンナを撃破。それと心強いのは中山記念を道悪で快勝していること。例年より追走が楽になる分、ポジションが重要になるのでヨシトミ先生に頑張ってもらいましょう。

予想
◎ ジャスタウェイ
○ グランプリボス
▲ カレンブラックヒル
△ レッドスパーダ
注 グランデッツァ
注 グロリアスデイズ
注 ホエールキャプチャ
注 ミッキーアイル
注 エキストラエンド
注 クラレント

カレンブラックヒル、レッドスパーダは元々買う予定でしたが内をひき道悪。外に出すリスクも重なるのでやや評価を落としました。替わりに評価を上げたのがグランプリボス。安田記念以降苦戦続き。休み明けで出走するリスクはありますが瞬発力過多の例年の傾向のままなら勝負にならなかったでしょうが今年は道悪。何かやってくれるんじゃないかと期待しております。グランプリボス、ブービー人気なんですねw

買い方としては◎ジャスタウェイ→○▲△→○▲△注
グランプリボス、レッドスパーダが全く人気ないのでおいしいといえばおいしいですが無理に3連単狙うのではなく3連複フォーメーションで狙おうかと思います。道悪考慮して1頭軸流しでもいいですね。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ