« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

ウイニングポスト8~序盤攻略

ということでついに新作WP8が発売されました。
前作7は84年スタート。今回は81年開幕、第1回ジャパンカップの衝撃から始まります。過去シリーズに比べて難易度は高め。馬券購入で資金増加作戦がありません。これはPC版ではありがちでCS版になって馬券購入できる、というのはありましたが牧場・馬主経営でやりくりしなければいけないことと前作7のようにお守りを獲得し効率よく稼がねばいけないというのが問題です。7同様うまく実在馬を回していくことが重要になってきます。

ま、ここまでは7でも同じですが。

~チヨダマサコ無双~
独身スタートだともらえる繁殖牝馬にチヨダマサコ(金)がいます。ご存知ニッポーテイオー、タレンティドガールの母です。ニッポーテイオーは金お守りの優良実在馬。そしてチヨダマサコは配合面でも優秀でテストプレイでやってみても能力の高い馬がチラホラ。ニッポーテイオーでアジアマイル完全制覇して金のお守りをゲットすればオグリキャップに間に合います。ミエスクに激突する恐れもあるにはありますがまぁ大丈夫でしょう。そしてタレンティドガールはホエールキャプチャの祖母になるのでmy母系にも貢献してくれる馬です。

あえて入手しないプレイを今していますが苦しいですw


~最初に入手する馬~
まず実在馬ですが基本競走寿命が低いです。そしてお亡くなりになる面々が揃ってたりします。成長力に難があるわけですね。そして前作7でお世話になったであろうアンドレアモンさん(3歳)ですが苦戦の傾向です。理由は地方ダート馬の面子が前作より凶悪になっている点です。

初期ライバルではトウケイホープ(地方に帰る気がない)、コーナンルビーとトラストホークが暫く君臨します。そして84年以降カウンテスアップ地獄が始まります。成長タイプ覚醒という新タイプですがこれがまぁひどい。[大舞台]と[冬馬]もちなのでJBC~東京大賞典まで見事にもっていかれます。前作アンドレアモンのライバル?だったテツノカチドキも目立つことなく苦しみ続けるくらい強いカウンテスアップ地獄。回避するなら銅のお守りで購入。当然ながら恐ろしく強いのでオススメです。フェートノーザンさんよりも使い勝手がよく2歳から末永く使える怖さ。一応のライバル?、ロッキータイガーさんが同世代にいますが戦線離脱が早いこととやや弱体化しているので特に気にしないでいいです。

こんな相手に戦いを挑むわけで[大舞台]をわざわざつけないといけないアンドレアモンさんには酷な話です。ピークが来たときには相手強い、競走寿命切れという二重苦。というわけで今回はオススメできません。尚、ダート路線全般的に80年代は地方交流は気をつけてください。

では狙い馬を紹介。
短距離路線で不死鳥のように活躍するホクトフラッグがサマースプリント(サマーマイル)とスプリント路線で戦えるので使い勝手はいいです。ハッピープログレスが本格化前の期間(つまり1983年)が彼に与えられた時間です。一応鍋底タイプ健在。82年はサクラシンゲキとブロケードの活躍期間にあたるのでうまく嵌らなければサマースプリントorマイルで銅のお守りを取る役にシフトするのもいいでしょう。シリーズ初プレイヤーにはちょっと難しい馬なのでオススメ、というべきか悩みます。

次にヤマノシラギク。リーゼングロス、シャダイアイバー揃って間に合わないことが多発する恐るべし82年牝馬クラシック。ビクトリアクラウンが遅れてやってくるかどうかの瀬戸際という困った世代なのでうまくはまれば二冠(桜花賞、秋華賞)が狙えます。そして早鍋底。タフネス持ちなのでうまくいけば育つという点が強み。計画的に鍋底発動も狙えるしサマー2000も狙える救いもあります。ヴィクトリアマイルやエリ女狙うにはワンパンチ足りないのでGIよりは稼ぐ女という生き方です。これもシリーズ初プレイヤー向きではありません。

そして最後にキヨヒダカ。大して強くはないもののサマーマイル狙うには最適の[ローカル]持ち。そして高松宮記念取るには最適の[ローカル]という特性をうまく活かした運用が狙えます。ただし特別強くない。ダート路線はアンドレアモンでも取り上げましたが強敵がおり、短距離路線でもトウケイホープが邪魔をします。この馬も狙いは83年スプリント路線。82年サクラシンゲキには善戦がやっと。無理に消耗することなくサマーマイル優勝を狙っていきましょう。

というわけで使い勝手ではホクトフラッグが運用的に向いてます。が、シリーズ初の方には鍋底馬の使い方は難しい。詳しくは7攻略サイトなどで発動条件などを調べるといいと思います。というわけで私としてはキヨヒダカを薦めておきます。サマー王者向きなんですよ。


~セリの有力馬~
82年当歳セリにサクラユタカオーが出てきます。うまくいけば5億~6億で入手可能です。結構ピンチになりかねませんのでお金は大切に運用してください。83年にはフェートノーザン。どちらもお高いですが前作のような鬼のような価格にはならないのでまだマシです。

ランニングフリーは好みですが育てる、稼ぐという面では向いてますね。最優秀馬主目指す駒探しなら・・・というところですか。いずれにせよニッポーテイオーがデビュー前のお話なので結構キツキツです。だからこそ。最初にもらう馬でどれだけ稼ぐかが大事になってきます。

こんなところでしょうか。ニッポーテイオーが走るまでの準備期間はこんなところです。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年5月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ