« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月28日 (土)

GI予想~スプリンターズS

堅いGIのスプリンターズS。波乱も確かにありますが人気馬総崩れはありません。去年も1番人気と2番人気の決着。00~12年連続の素晴らしい?結果です。一応去年からサマースプリント6戦になった影響なのかサマースプリント上位が揃って崩れました。勝ったのはシリーズ3位タイ(とはいえ勝利なかったので優勝争いに参加していませんが)のロードカナロアでした。3着ドリームバレンチノもシリーズ3位タイ。注目すべきエリアが広がってしまいました。

今年はハクサンムーン、フォーエバーマーク、ドリームバレンチノ。

1番人気~3番人気が強い、サマースプリント3位までチェック、ここに中山特有の内枠と外枠の極端枠好走がまじります。全項目該当した馬はいません。ロードカナロアも中途半端な5枠ですし、サマースプリント覇者ハクサンムーンも中途半端枠組。突き放された3番人気グランプリボスは内枠とのセット。ということで特別目立った馬はいません。

気になるといえばフォーエバーマークですが中山はオーシャンS(休み明け緒戦)で大敗、距離長めのターコイズSで敗戦と見るべき結果は出ていません。逃げの一手でハクサンムーンを苦しめる格好ですが・・・。あとは外枠。サクラゴスペルは春はそれなりに活躍。マイネルエテルネルは狙いがよくわからないローテ以外はそれなりに。CBC賞勝ったマジンプロスパーは夏を無理せず本番狙い。ここから活躍馬が出るのではと。

軽い予想ですが
◎ロードカナロア
○サクラゴスペル
△マジンプロスパー
注マイネルエテルネル
注ドリームバレンチノ
注フォーエバーマーク
注ハクサンムーン

ハクサンムーンは充実した1年を送っています(緒戦オーシャンSは本来の走りできていませんでしたが)。テンション高く持続させるのは大変だと思いますが、セントウルSの出来がよすぎました。あくまで本番のロードカナロアの反応とは雲泥の差でしたから。そして枠ですね。フォーエバーマークより外を引いてしまいました。どう流れてもかち合う展開。これはロードカナロアにとってはよいペースです。サクラゴスペルも激流の方が走りやすい。もともと別路線組なので距離短縮を使っているわけですしペースの変動は激しいほうがよい。

マジンプロスパーは展開面で向いていますが調子は間に合ったかなという段階。マイネルエテルネルはどこまでやれるかの試金石。入着なら来年が楽しみですね。こんなところですね。

ロードカナロアが取りこぼす材料が少ない。
自滅する時はセントウルSの敗戦気にしすぎて早めに捉えにかかった時くらいしかないですが岩田騎手はそれ苦手なのでしませんからねぇ(福永騎手のお得意分野)。ということで馬単1着固定で流す予想です。3連単は思ったほどつかないのでやめておきますw

2013年9月24日 (火)

シルクHC2013年度募集

ということでようやく連休でパンフレットとDVDをじっくり何度もボーとみたり気になった馬をチェックしたりして印象に残る馬を何頭か探ってみました。

今年の感想としては意外にしっくりくる仔が少ないなと。特に関西牝馬勢。結構流しでみてしまっていた感じがしました。印象に残りませんでしたね~。今回は。1つに先に動画をみていたこともあるんでしょうが見ていた馬の中でも流してみても何かこう・・・手が出ない。関西馬だから関東馬だからで大目にみることがなくなったのもあるんですけども普段ならここに興味もつだろう、という血統馬だったりするのに気にならなくなっちゃったのが不思議ですね。これもアベノシルク効果でしょうか

~今回印象に残った馬~
シルクプリマドンナの2012は賢そうな顔をしているなぁと。シルクプリマドンナの仔の印象が変わりましたね。ただし私の苦手なネオ産駒でお値段が高いし好みとはちょっと違うので今回は△というところですが。同じくネオではベルベットローブの2012。姉ローブデソワがいち早く勝ち上がり注目される馬ですがこちらも動画でみた印象のほうがいいなと。

全くチェック対象外だった馬その2、チェイスザウイングの2012。小柄、体質面の課題がある良血馬にありがちなタイプ。マンハッタンカフェ牝馬の課題でもあるんですが、時間をかけてじっくり。牝馬としてはどうなんだ?という疑問もありますが動画で通しでみて気になった1頭です。様子見できるので急ぐこともないだろうということで△。まだ時間がほしいですね。イメージ通り育ってくれればいいなぁという願望込みで。

パンフにも書かれているクリスマス配合のステイウィズユーの2012。関東で一番印象に残りました。お手頃価格、体のつくりもいいなと。とにかく歩く姿が印象的でした。バゴの仔をわざわざ用意してくれていたことも感謝です。配合的にはホリスキー、ボールドラッドがプリンスキロとボールドルーラーの血をもっているのがよいかなと。結構大柄ですが。

最後にスペリオルパールの2012。動画みて安心したといいますか(ショウナンカガリビがあまりにも残念だったから余計に)これなら安心だわと。上は好みじゃなかったが下にいく、という意味ではベルベットローブと一緒ですけども配合で安心、動画みて安心の任せられる馬でした。問題は人気馬だということですね。

ということで今回はスペリオルパールとステイウィズユーだろうなと。ルシルクとかがしっくりこなかったので選びやすかったのもありますが。今年はこういうところです。

問題は実績がないことですねぇ。ローブティサージュとグランドサッシュしか出資してないもので。これが一番困った・・・w

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ