« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月27日 (土)

続・シルクラインナップをみながら

フェイスブックのほうにシルクHCのラインナップ速報が。ということで前回取り上げていた馬の価格は?予定厩舎は?というところだったのですが。。。

フィロンルージュは100口募集馬になっており残念ながら1口40万円という私には無理な価格になっておりました。無念。やはりサンデーレーシング募集じゃないところがミソだったようです。母や親戚がお世話になった石坂厩舎ではなく音無厩舎。レディドーヴィルも100口募集馬でした。こちらは22万円。やはり予算を大きく超えております。牧厩舎の予定。

ルシルクは予想していた通り、キャロットさんで募集の兄達同様戸田厩舎。1口8万円と兄ハイデッカーより高い総額4000万円募集。もう1つ上のクロムレックと同じ価格ですね。こちらは予想していた募集価格だったのでまぁいいでしょう。ショウナンカガリビは梅田厩舎予定。ショウナンマイティとアドマイヤラクティで大活躍ですね。1口3万円。お買い得価格帯。これは是非パンフレットが楽しみですね。

ということで注目していた4頭中2頭が100口募集と予算に合わない馬たちになってしまったので第2グループの馬を取り上げておこうかなと。アーマインじゃないですよ?1口14万円のディープ産駒で矢作厩舎となるとそりゃもうあれですよ。じっくりですよ。

スペリオルパールですね。同じハーツ産駒で注目していたレディドーヴィルがいたので控えメンバーにしていたのですが、100口募集馬になっていたので入れ替えておきました。予算超えてまで出資はできません。そりゃそうだ。

まず半兄ラストインパクトがいることで値段が跳ね上がらないかと予想していたのですが1口6万。ラストインパクトがディープ産駒で3500万円(1口7万)を考えると予想していたよりは比較的落ち着いた価格設定だったことは大きいですね。これは私には大きいです。次に予定厩舎ですがローブティサージュがお世話になっている須貝厩舎。何の問題があるだろうか。ここで大きくぐらついた感じです。

次に血統ですがハイペリオンを重視した配合。スペリオルパールの父ティンバーカントリー、母パシフィカスは勿論相手のハーツクライもハイペリオンの血が多い配合です。ここにWar Admiral、Fair Trial、Blue Larkspurが手広く集められていて父系の良さを支えています。で、パシフィカスの母系はシックル・ファラモンド・ハイペリオン兄弟を固めた配合。モスボローの母もこの名牝Seleneの娘だったりとよくもまぁ集めたなという血統です。

まぁいいんじゃなかろうかと。
現時点ではショウナンカガリビ、スペリオルパール、ルシルクの3頭から選ぼうと思います。しかし100口募集には参ったなぁ(苦笑)

2013年7月 7日 (日)

2013シルク募集(予定)ラインナップを見ながら

シルクホースクラブのホームページリニューアルと同時に予定ラインナップが発表されたわけですが・・・なんだこれは!?という面子がそろいました。昨年同様サンデーレーシングやキャロットからシルクへきた組やらあの血統は結局どこへいくのだろう?と思われていた馬がいたりと豪華なラインナップになりました。

どこへいくのだろう?とおもわれていた組のアーマイン2012(父ディープインパクト)は大事に静観しつつ育成されると思うのであまり・・・ね。あと繋ぎが気になるところなのでパンフレットが見たいところです。見ても手出せないですけどね。

ここからは個人的に気になった馬ですけれどフィロンルージュ2012(父キングカメハメハ)。スカーレットレディの子ですね。キンカメ×フレンチデピュティでサンデーレーシング募集じゃないところがミソなんだろうか。

ネオユニヴァースとゼンノロブロイは私の苦手タイプなので今年も手が出ないですが聞いたことのある血統馬がズラリとそろいましたね。ソニックグルーヴもシルクにくるとは。ブラックエンブレムもこっちとは。キャロットにいくのかなぁ?と思ってたのですよ、この2頭。

今年もハーツクライの子に気になった馬が。レディドーヴィル2012。姉は募集中止になりましたが募集前は注目されていました。マンハッタンカフェの子にそこまで興味なかったのでそこまでは・・・という感じでしたが。母父ファスリエフとハーツの組み合わせがよいとはいえないのと牝馬の配合としてはやや偏りすぎている点が気になるのでDVDとパンフレットをみてから判断しようかなと。

そしてルシルク2012(父ステイゴールド)。シルクにぴったりのルシルクがついにきました(笑)。早い段階で募集予定に名が出ていたので注目されているわけですが、完成度の高い配合で日本向きの血統を多く持つダイナフォーマーにフレンチデピュティ。母系はニジンスキー×ボールドルーラー×プリンスキロのニックスを重視した配合という母母キューの配合が素晴らしいわけですが。兄を見る限りデカい、戸田厩舎?という感じですけども。

あとは二手先考えた血統をよくもまぁ持ってくるわと思ったサマーハ2012(父Dubawi)。ミスプロ、バックパサー、シャーリーハイツのインブリードだけでなくハイホークを意識した意欲的な配合。母としての魅力の高い血統ですね。

あとはキンシャサノキセキがどんな子を出したのだろうというショウナンカガリビ2012。ショウナンラノビアの全妹ですね(ショウナンカガリビ)。結構評判よくフジキセキの後継として活躍中のようです。あとはDVDやパンフレットをみてみたいなと。

気になるところはこんなところです。
ショウナンカガリビ、ルシルク、フィロンルージュ、レディドーヴィルという順になるでしょうか。ルシルクは好み分かれるタイプだと思うのであとは私の好みかどうかでしょうかね。せめてこの中から2頭は私の好みであってほしいなと思う次第です。ショウナンカガリビはかなり気になっているので実馬みて判断したいなと

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ