« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

色々あった2012年

とりま年末の挨拶でも。
メルマガを始めてから競馬の話をこちらで振る回数が減り、100万人のウイニングポストSPの方も順調というよりは平々凡々な成績でコツコツプレイなだけにとりあげる内容が特に無くブログの更新も減るというひどい話ですが、なんとか続けています。ゲームの話も馬の話も取り上げてみたいが・・・。たんなるつぶやきはトゥイッター(某社長風)でやっちゃってるのでそれも減るという。とりあえず今年のまとめでもしときます

  1. 一口出資馬の活躍
  2. 色々ゲームやってみた
  3. メルマガ2年目開始

こんなところですね。大して変わらない。ウイポのプレイも前と変わらないし凶悪な配合も特に考えることなくここまできてるので2012年になにかあったわけじゃないし。ということでこの3つ。
まずはメルマガの2年目を開始。1年目といっても2011年11月~2012年5月のダービーまでやってみようということで続けてきたものの不調のまま終了。大きな的中は第1号の東スポ杯2歳Sだけであとは目立たないものでした。試行錯誤しつつも楽しめて送れたのでどうしようかなと思いつつ2年目を始めてしまいました。ここ最近の当たりはホープフルSの3連複。好調というのはないですが(汗)苦情もきていないのでまぁいいかなぁと。

今年はウイポ以外のゲームを色々やりました。3DSが面白かった1年でしたね。それは2011年も同じですが。あとはDQXとかこつこつ。そして秋からは100万人のウイニングポストSP開始ということで始めてみたり。課金はまだ手をつけていませんよ。ブラウザゲームといいますかヤフーモバゲーをはじめてみたのも2012年の大きな出来事ですかね。

ウイポ連動ということで信長、のぶにゃが、三国志ととりあえずプレイしていますが三国志がウイポ以外では楽しかったなぁということで今もプレイ中。なかなかよいデッキができませんが・・・。イベント戦がんばるよ。時間待ちで何かできないか、ということで対戦ゲームのソリティアもコツコツ。色々手を出していますが。あとレッスルエンジェルスシリーズ好きだったから、ということでリング☆ドリームも手をだして・・・ってずるずるですね。

最後に一口出資馬の活躍。これは前々から取り上げているので省略しますが、2歳新馬戦勝利、重賞出走、GI出走を1年でというかたった3戦で叶えてくれた馬に出会えたことですね。これも縁なのか。母プチノワールを募集時(サンデーレーシングでしたが残念ながら故障、未出走引退)から知っていたこともあり、期待された母の分まで走ってくれているのは感慨深いものがありますね。

まぁ大して何かあったわけでもない1年でしたがそれなりに楽しんだ1年でもありました。2013年もまた楽しめる1年になればと思います。あとこのブログの方針も少し変えねばなとも思いますが、それはまた別の機会に。何も考えていませんからねぇw

それでは皆様、よいお年を

2012年12月22日 (土)

GI予想~有馬記念

2011年はオルフェーヴルの4冠達成という決着。今年は年度代表馬争いが熾烈(宝塚記念と凱旋門賞2着のオルフェーヴル、牝馬三冠とJC制したジェンティルドンナ、2冠馬ゴールドシップ?)なのもあり終わっても盛り上がりそうです。

有馬記念の話に行く前にまず黒松賞と今日行われたクリスマスローズSの時計を調べましょう。クリスマスローズSは雨降ったこともあり1:11.0と時計がかかりました。黒松賞は1:10.0ということで1.0秒差でした。

①天皇賞秋→ジャパンカップ
どちらかで勝ち馬から1.0秒差つけられた馬は軽視です。エイシンフラッシュ(JC1.0秒差)がひっかかってしまいました。昨年2着馬、天皇賞秋であっと言わしただけにいきなり大物が釣れてしまいました。

②GI好走のない(GI未出走も含む)馬
GⅡで好走している、GⅡ好走時に上位人気になっていた。この2点がないと軽視。ネヴァブション(約1年以上好走なし、2011年1月以来なし)、オーシャンブルー(GⅡ好走あるものの6番人気1着)、ダイワファルコン(オールカマー4番人気2着)、トレイルブレイザー(京都記念5番人気1着)、ナカヤマナイト(オールカマー2番人気1着)、ルルーシュ(アル共2番人気1着)

③GI好走馬
GIで1~3着経験馬で、年内GI好走が条件。入着までは3着候補で拾います(去年トゥザグローリーが4着までの実績で3着好走)。ローズキングダム(好走なし、入着なし)、エイシンフラッシュ(天皇賞秋1着)、アーネストリー(好走なし、入着なし)、ルーラーシップ(宝塚2着)、ダークシャドウ(天皇賞秋4着、JC4着)、トゥザグローリー(好走なし、入着なし)、オウケンブルースリ(好走なし、入着なし)、ビートブラック(天皇賞春1着)。今年はトゥザグローリーひっかかりました。

④3歳馬
年内6着以下2回以上でアウト。スカイディグニティ(1回)、ゴールドシップ(0回)とこちらは合格

⑤斤量
年内57kg以上(牝馬55kg以上)背負って連対し、上がり3F1~3位経験していること。ローズキングダム(年内連対なし)、アーネストリー(年内連対なし)、ネヴァブション(年内連対なし)、オウケンブルースリ(京都大賞典、上がり4位以下)、ビートブラック(天皇賞春、上がり4位以下)、ナカヤマナイト(経験なし)。③でひっかかった、トゥザグローリーはここでは該当しています。

⑥冒頭のアレ
黒松賞とクリスマスローズSはどうなった?ってのがここです。ここでは0.2秒差以上の差が出た年を取り上げます。02、04、06、09、10、11年、そして今年。4年連続続きました。0.2秒差以上だとどうなるのか?
これは3歳馬優位かどうかをチェックするものです。この該当年の特徴ですが02年(シンボリクリスエス1着)、09年(ブエナビスタ2着)、10年(ヴィクトワールピサ1着、トゥザグローリー3着)、11年(オルフェーヴル1着)。04年と06年は不発でした。これだけだと3歳馬が好走パターン・・・となりそうですがこのチェックはもう1つのレースもみます。それはジャパンカップ。
ジャパンカップで3歳馬が入着するか、その入着馬が有馬記念に出走しているか、です。入着した年は3歳馬優位の年。ですが連対馬は軽視。3~5着馬は狙うというスタイル。JCから連戦する3歳馬は滅多にいませんが・・・。
02年(シンボリクリスエス3着)、09年(レッドディザイア3着、不出走)、10年(ローズキングダム1着、ヴィクトワールピサ3着*ローズキングダムは直前で取消)、11年(ウインバリアシオン5着、不出走)。12年はジェンティルドンナが1着、不出走。今年は3歳馬優位。

~まとめ~

◎ゴールドシップ
○ルーラーシップ
▲ダイワファルコン
△ルルーシュ
△スカイディグニティ
△トレイルブレイザー
注トゥザグローリー「

3歳馬優位ということでゴールドシップに。
調教見るとトレイルブレイザーは順調さ欠いていますし、スカイディグニティも動きはやや固い。ダイワファルコンやルルーシュはシャープだけど・・・という感じ。シップシップ馬券で仕方なし、といったところでしょうか。穴で狙うならビートブラックを3着候補にするくらいでしょうねぇ。うーん堅いぞ。エイシンフラッシュも3着ならありそうだし。トゥザグローリーに3年連続3着に期待しましょうかね。

2012年12月15日 (土)

朝日杯FSのお話2012

ウイニングポスト7 2013出るそうです。キングカメハメハがダービー制した頃に発表されたWP7も8年ほど経つわけですがver違いも何シリーズになったのやら。で、今回追加史実馬に先日阪神JF制したローブティサージュが入っています。出資馬がゲームに登場するのも新鮮ですね。GI馬になることって大きいですね。ついに須貝調教師がウイポデビューするわけですね。
ウォーエンブレムの史実馬が増えるわけですがローブの母プチノワールが登録されることも大きいです。プチノワールの母リッチアフェアーはホワイトウォーターアフェアの全妹。配合面では血脈活性化配合で難のあるミスプロ系2つある血統で能力因子もやや欠けているのでゲーム的に使いにくいでしょうねぇ。

~朝日杯のお話~
昨年紹介した3枠・4枠・6枠が揃って不発。代わりに好走したのは2枠。毎年1枠or2枠の好走もある、と紹介はしていましたが。ついでに有馬記念ですが6枠オルフェーヴル、4枠エイシンフラッシュの決着。1週遅れでしたね。

08~11年の傾向

  • 1~2枠[2-1-2-11]
  • 3~4枠[1-1-1-13]
  • 6枠     [1-2-0-5]
  • その他[0-0-1-23]

2枠(1着)→1枠(3着)→1枠(3着)→2枠(1着、2着)という4年。連狙うなら2枠。セイウンワンダーとアルフレードはマイル連対率100%。1枠のダイワバーバリアンとリベルタスは前走と前々走とも4角1~4番手で競馬していました。

3枠(3着)→4枠(1着)→3枠(2着)→不発。こちらは東スポ杯2着ブレイクランアウト、東スポ杯1着ローズキングダム、京王杯2着リアルインパクトの3頭が活躍。重賞連対馬が活躍するかと思えばクラレント(デイリー杯1着、東スポ杯13着)のように不発も。前哨戦好走馬に注目。

6枠(2着→2着→1着→4着)。京王杯2着フィフスペトル、京王杯1着エイシンアポロン、京王杯1着グランプリボス、くるみ賞1着トウケイヘイロー。東京芝1400m戦活躍馬が集中していました。

~今年~
札幌2歳S、東スポ杯勝ち馬のコディーノが見事3枠をひきあてました。同じく京王杯2着ラブリーデイも3枠。この2頭は東京重賞好走組なので合致していますね。2枠のゴットフリートはマイル1戦1勝。テイエムイナズマも2戦2勝。1枠ネオウィズダムは2戦連続4角1~4番手該当。ザラストロは該当ならず。6枠フラムドグロワールはデビュー戦が東京芝1400m戦でした。アットウィルは前走京王杯で大敗。

ということで3枠2頭、2枠2頭、1枠(ネオウィズダム)、6枠(フラムドグロワール)が残りました。コディーノからで仕方ないと思います。

◎コディーノ
○ラブリーデイ
注ネオウィズダム
注ゴットフリート
注テイエムイナズマ
注エーシントップ
注ワキノブレイブ
注フラムドグロワール

エーシントップは5枠ですが東スポ杯1着だったサダムパテックが4着。東京巧者ということで一応ひろっておきます。

ということでコディーノとラブリーデイの3枠決着に期待です。内枠に実績馬揃っちゃったのでこうなってしまいましたが・・・

2012年12月12日 (水)

阪神JF

Cimg0267_3_640x480

GI予想、メルマガで送ってブログのほうにすっかり書き込んだつもりになって就寝。次の日、阪神競馬場に応援しにいってしまいすいませんでした。気付いたのは月曜、netkeibaのローブティサージュ掲示板に書き込んでからだったり。本当にすいません。

皆様の応援の甲斐あって2歳女王になりました。
ゲート試験4度落ちたのも今ではいい思い出です。デビュー戦、4コーナーでアポロカーネルのぶちかまし食らっても押し返して持ち前の負けん気で捻じ伏せたことも、ザ石で札幌2歳Sを見送り無理せず休ませたり(コディーノと戦っていたことになったわけですが)、栗東帰厩後も元気に調教続けコレクターアイテムをアオる内容でアピールしたりしたこともありました。阪神JFの最終追い切りもそうだったわけですが。

スタートは本当にうまくなりましたねぇ。ファンタジーSの時はちゃんと出たことに喜んでいたんですよ。阪神JFでも1枠1番の難しい位置取りを補うよいスタートができました。これもゲート試験5度受けても我慢して待ってくれたお陰ですし、今に活きていると思います。秋山騎手に出会えたことも大きいですね。

私自身、出資馬の新馬戦勝利、重賞初出走(2着)、重賞勝利&GI勝利と経験をさせてもらったわけでできすぎじゃないかという1年でした。今度はクラシック挑戦できる位置までこれたわけで、本当にここまで順調にこれたことも幸運でしたし、須貝厩舎に預けてもらえたことは幸せだったと思います。

まさかJRA賞まで獲るとはなぁ・・・。ゲート試験4度落ちた時は考えもしなかったのですがね。ローブティサージュには毎度驚かされっぱなしです。

~メルマガのほうはどうだった~
お陰さまで▲-△の馬単的中できました。クロフネサプライズは小倉2歳Sで穴狙いで注目していたものの連闘もあってか不発。りんどう賞の時は向くかな?と思ったら見事に勝利。ファンタジーSに出ないなら次狙おうとツバつけて待っていました。そしたら阪神JF出走と縁があるなぁ(たいした縁でもない)。適性度1位タイ同士の決着だったわけですが、自分が出資しているから◎、というわけにもいかずアルテミスS組のパフォーマンスがよかったので評価し、ローブティサージュはファンタジーS組の中では唯一[上がり差]上位で[完全タイム差]上位の[適性度1位タイ]という誇れるパフォーマンスだったから▲にしました。

レッドセシリアは馬単で買うにはスローしか経験していないので入着まであればいいかな程度でみていました。コレクターアイテムが崩れても3着になるだろうと思っていたので。結果4着でしたがこれは仕方ないですね。その分、馬単の波乱も加味して買っていたわけでどちらにせよレッドセシリアは買っていなかったと思います。

珍しく調子のいい予想になりましたがここまで特に好調というわけでもなく・・・(苦笑)。朝日杯FSもこの調子で的中といきたいものです。

2012年12月 4日 (火)

コツコツ楽しんでいます

久々にウイポの話題ですが100万人のウイニングポストSP(略して100WPS)のお話です。なかなかいい血統をひけなくて苦戦しております。ランク3→4→3→4といったりきたり。今のところ特別な配合も作れないまま高ランク馬も10まで。何とか現在イベント中の特典でクロフネなど良質種牡馬をゲットしたところでこのイベント終わりそうです。うーん何とかクロフネの子で一山あてたいなというところですが・・・。

~使い勝手のよい血統を持つ~
SS系のニックスが一番バランスがいいですね。ミスプロ・ボールドルーラー・SSはそれぞれニックス対象。またミスプロ・ニジンスキー・SSもそれぞれニックス対象。ニジンスキー・グレイソヴリン・SSも(以下略)。これら2点を持つ繁殖牝馬を入手する。または生産すればダブルニックス成立(爆発力30)。

もっともバランスのよいコンビなのがグレイソヴリン・パーソロン・リファールの3系統。SS系とのニックス対象だけでなくこれら3系統同士がニックスになっています。こういった使い勝手のよい血統を何とか入手できればまだ夢みれそうです。なかなか揃えるのが大変ですけどね。

ただし実在繁殖牝馬にそんな血統はあります。パーソロン系のヤマニンシュクル。[切れ味]スキルをもっている、シルバーガチャ対象らしいので入手は可能な繁殖牝馬です。血統は[パーソロン/ニジンスキー/ボールドルーラー/リボー]なのでSS系を配合するだけでトリプルニックスが成立します。実在馬の配合なのでこれだけで爆発力がついてくる。ヤマニンシュクルのランク4なのでそこまで高くはないですが。

アサクサスケールもパーソロン・グレイソヴリンなのでリファール系種牡馬を入手できれば面白い血統になりますね。ノエシスはグレイソヴリン・ミスプロなのでニジンスキー系種牡馬を。こううまくいけばいいのですがなかなか。

まずは馬主レベルをコツコツあげてシルバーガチャチケ入手してヤマニンシュクルを手に入れていい馬を作る。都合よくいかないものですが。

~ゴールドガチャでもらった牝馬~
メジロフルマー[リボー/プリンスローズ/スインフォード/テディ]が連発であたってしまって困っています。[長距離][逃げ]スキルをいかせば長距離重賞で暴れることも可能かもしれませんが・・・。うまくいい配合相手があればいいのですが。ガチャ引き運が全くないのが悔やまれます。せめて連動特典のライスシャワーがあれば夢見れたのですけども。難しいですねぇ。スタッドにライスシャワーお持ちの方がいるみたいなのでよい後継種牡馬が出ないか期待していたりします。

とりあえずここまで課金せずにコツコツ楽しんでいます。本当に血統集めが大変です。そこまでアイテム差で苦しむことはないので有馬記念イベントまで頑張って血統集めたいと思います。

2012年12月 2日 (日)

遅れたけれどGI予想~JCダート

パスワード認証がうまくいかず出遅れました。

早速ですが過去4年のJCダートからみていきましょう
~血統傾向~
トランセンド(連覇)、エスポワールシチー(1着・3着)がリピート活躍しているので流石にまとめます。SS系はカネヒキリ、エスポワールシチー、シルクメビウス、アドマイヤスバルと4年続けて活躍中。長期休養明けのカネヒキリ以外は前走1~3着と好走続き。カネヒキリも休養前は砂の王者として活躍していました。

続いてミスプロ系。ヴァーミリアン(3着)、ゴールデンチケット(3着)、グロリアスノア(2着)とイマイチながらも流石の活躍。ヴァーミリアンとゴールデンチケットは母父SS。グロリアスノアとゴールデンチケットは東京コースで好走後活躍。またこの2頭、ジャパンダートダービー入着馬。

そして最後はその他、というわけ方でいいのかどうか。メイショウトウコン(父マヤノトップガン)、トランセンド(父ワイルドラッシュ)、ワンダーアキュート(父カリズマティック)。軸にするならこのグループ。新設のみやこS組とJBCクラシック組の2通り。

まとめるとこうなります
SS系はミラクルレジェンド、ローマンレジェンド姉弟、エスポワールシチー、グレープブランデー。グレープブランデーは大敗だったので脱落。

ミスプロ系は多いので脱落だけ取り上げるとシビルウォーとナイスミーチュー(東京コース好走特になし)。

その他はダノンカモン(武蔵野S組)、ワンダーアキュートとトランセンド(JBC組)、ニホンピロアワーズ(みやこS組)。ダノンカモン以外の3頭がローテ通り。

~枠~
1枠[1-0-0-7] *エスポワールシチー
2枠[1-0-0-7] *トランセンド
3枠[0-1-2-5]
4枠[0-0-0-8]
5枠[1-1-1-5]
6枠[0-1-1-6]
7枠[0-1-0-6]
8枠[1-0-0-7] *トランセンド

偏りこそないですが3枠、5枠、6枠が狙い目に。ワンダーアキュートとローマンレジェンドはいい枠ひいたというところでしょうか。逆にトランセンドは好走のない4枠にいってしまったことになります

ってことで予想はこんなかんじ
◎ローマンレジェンド
○ワンダーアキュート
▲トゥザグローリー
△エスポワールシチー
△ニホンピロアワーズ

堅い予想なのでトゥザグローリー3着固定で流す3連単ももってますw

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ