« GI予想~秋華賞 | トップページ | GI予想~天皇賞秋 »

2012年10月21日 (日)

GI予想&お話~菊花賞

先週、秋華賞は「ガチガチになりそうでどうしようもない(アイムユアーズが起死回生の劇走しないかぎり)」という状況で結局予想とかいておきながら予想を載せなかったダメな内容になってしまいすいませんでした。アイムユアーズ1着固定の馬単と1~3番人気BOXの3連単しか買っていませんでしたが・・・。結局1番人気ジェンティルドンナ、2番人気ヴェルシーナの決着でガチガチでしたしおすし。鉄板馬アイムユアーズ、活躍できずにすいません

今週は菊花賞。
まずは去年の菊花賞の記事をみてもらわないとわからないですが、菊花賞ポイントから予想を組み立てていく感じです。→菊花賞ポイントはこちらから

2011年菊花賞は1位タイ+2.0のオルフェーヴルとウインバリアシオンのワンツー(1位タイが5頭)。3着は+1.5のトーセンラー。荒れる要素なんてなかった!という結果でした。

今年の菊花賞ポイント
+2.5 エタンダール(+1 +0.5 +1)
+2.5 スカイディグニティ(+1 +1 +0.5)
+2.5 ベールドインパクト(+1 +1 +0.5)
+2.5 ミルドリーム(+0.5 +1 +1)
+2.0 ゴールドシップ(+1 +1)
+1.5 ニューダイナスティ(+0.5 -0.5 +1 +0.5)
+1.5 マウントシャスタ(+1 -0.5 +1)
+1.5 ラニカイツヨシ(+0.5 +1)
+1.0 フェデラルホール(+1 -0.5 +0.5)
+1.0 ユウキソルジャー(+1 -0.5 +0.5)
+1.0 ロードアクレイム(+1 -0.5 +0.5)
===============================
+0.5 トリップ(-0.5  +1)
+0.5 ビービージャパン(-0.5 +1)
+0.0 アーデント(-0.5 +0.5)
+0.0 コスモオオゾラ(-0.5 +0.5)
+0.0 タガノビッグバン(+1 -0.5 -0.5)
+0.0 ダノンジェラート(-0.5 +0.5)
+0.0 フジマサエンペラー(-0.5 +0.5)

+0.5以下の7頭はこの時点で失格です。残り11頭。
+1.0グループの好走は07年1着アサクサキングス(+1 -0.5 +0.5)、09年1着スリーロールス(+1)の2例。この2頭は先行グループにつく正攻法で押し切った勝ち方。先行馬であることが大事だと思います。昨年4着ハーバーコマンドは見事にこの戦法で波乱を演出一歩手前まで粘りました。決め手は先行力のようです。

今年出走馬だとフェデラルホールはこの戦法で連勝中。ユウキソルジャーは神戸新聞杯で4着でしたがこの戦法。ロードアクレイムは逆に神戸新聞杯で後方からの末脚披露。戦い方としては逆なので買い辛いですね。

続いて+1.5グループ。08年2着フローテーション(+1 -0.5 +1)、09年3着セイウンワンダー(+1 -0.5 +1)、11年3着トーセンラー(-0.5 +1 +1)。1800~2000mの実績がよくて逆に2200mか2400mでポカしている連中です。3頭ともダービーは苦い思い出ですし。セイウンワンダーは1800mの実績はないものの朝日杯FS勝ち馬で皐月賞3着馬。フローテーションはスプリングS2着馬。トーセンラーはきさらぎ賞勝ち馬。

今年だとマウントシャスタでしょう。ラニカイツヨシ、ニューダイナスティは2400m以上の実績を武器として買われていますし。マウントシャスタは毎日杯2着、白百合S1着があります。春先の実績という点でも共通しておりこのグループからはこの馬になるでしょう

+2.0グループは07年3着ロックドゥカンブ(+1 +1)、08年3着ナムラクレセント(+1 +1)、09年2着フォゲッタブル(+0.5 +1 +0.5)、10年1着ビッグウィーク(+1 +1)、2着ローズキングダム(+1 +1)、3着ビートブラック(+1、+0.5、+0.5)、11年1着オルフェーヴル(+1 +1)、2着ウインバリアシオン(+1 +1)

毎年好走しているグループです。たまたまですがロックドゥカンブ、ナムラクレセント、フォゲッタブル、ビッグウィークまで1~3枠にいた馬達。とはいえローズキングダム、ビートブラック、オルフェーヴル、ウインバリアシオンは外枠なので特に関係はないですが。
このグループの特徴は2200m以上初出走時が大事です。2200mまでの馬は好走、2400m以上出走は負けていても減点がついていないこと。これが大事。あとどんな実績もある、経験がある馬が有利ですね。

今年の出走馬はゴールドシップのみ。人気になってしまうのは仕方ないところでしょう。ダービー5着も上がり最速。神戸新聞杯を勝って文句なしの1番人気。実績もケチつける点のないこの馬が中心なのは当然ですね。


+2.5以上は07年2着アルナスライン(+1 +1 +1)、08年1着オウケンブルースリ(+1 +1 +0.5)の2例。3項目該当の完璧実績なのですが去年はいませんでした。09年12着ナカヤマフェスタ(+1 +1 +1)、10年4着レーヴドリアン(+1 -0.5 +1 +1)、と見せ場は作れていません。

今年は4頭も2.5以上がいます。3頭がGⅡ2着経験のある癖のある面々。セントライト記念2着であっといわせたスカイディグニティ、青葉賞2着のエタンダール、京都新聞杯2着ベールドインパクト。ミルドリームは若葉S3着とすみれS3着。そこそこ実績が。注目しているのはベールドインパクト。ダービー上がり3位、京都新聞杯の内容ともにディープらしさをみせているものの神戸新聞杯はあらあらという内容。どこまで変わってくるかが鍵ですね。

ということで予想はこちら
◎ゴールドシップ
○ベールドインパクト
▲マウントシャスタ
注エタンダール
注スカイディグニティ
注ミルドリーム
注フェデラルホール
注ユウキソルジャー

これは仕方ないところかな。ベールドインパクトは兎も角(笑)、マウントシャスタ、エタンダールは結構人気。ユウキソルジャーも穴人気しているようです。今回はベールドインパクト、ミルドリームが好走したら私の勝ちでいいですかね?ね?

« GI予想~秋華賞 | トップページ | GI予想~天皇賞秋 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/55936495

この記事へのトラックバック一覧です: GI予想&お話~菊花賞:

« GI予想~秋華賞 | トップページ | GI予想~天皇賞秋 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ