« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

GI予想スプリンターズS

昨年の1着~3着まで年内条件戦出走馬で独占しました。過去の事例では97年1着タイキシャトル(3歳時)、02年1着ビリーヴという例がありますがいずれも連勝組。そういった意味ではカレンチャンの連勝はまぁまぁ正しいわけですが。とはいえカレンチャン(サマースプリント上位も該当)、パドトロワ(重賞好走経験あり)、エーシンヴァーゴウ(サマースプリント上位も該当)とサマースプリント挑戦組による4歳馬決着だったことも大きいといえますね。

~スプリンターズSのデータ~

①年内条件戦出走馬
冒頭で取り上げていた馬たちですね。『条件戦勝利後重賞連対』『年内条件戦勝利後OP勝利』『3歳時にOP以上で好走または1000万下or1600万下勝利』の条件は継続です。カレンチャンは3項目該当。パドトロワは重賞連対はありませんがOP勝利があり3歳時に1000万下勝利と1600万下3着の経験がありました。エーシンヴァーゴウもOP勝利があり1000万下勝利があります。

が、今年は出走馬に該当馬がいません。実績面では古強者が揃った格好になります。

②人気馬
00~11年まで1~3番人気馬が揃って不発した年がありません。2010年2着キンシャサノキセキ(3番人気)、2011年1着カレンチャン(3番人気)と何とか人気馬が活躍しています。今年は上位人気揃って外枠に入っているのが厄介ですが、08年1着・2着は7枠8枠決着でした。今年も上位人気馬は必ずおさえておきましょう

③サマースプリント上位
今年から6戦で争うことになったサマースプリント。06~11年まで6年で[1-2-2-6]。昨年覇者エーシンヴァーゴウ3着、上位のカレンチャンが1着と大当たりでした。サマースプリント上位2頭は狙いましょう。今年はパドトロワとエピセアロームの2頭です。

ちなみに3戦出走した上位馬[0-1-2-2]、3戦2勝[0-1-1-0]という成績。パドトロワは3戦出走馬で2勝しているので積極的に狙いたいですね。またシリーズ2勝馬[1-1-1-2]も安定して活躍中。

~ということで~
1~3番人気のカレンチャン、ロードカナロア、エピセアローム。サマースプリント上位のパドトロワとエピセアローム。これらの馬が好走対象です。オッズでいうと1~4番人気。困ったことですね・・・(笑)

予想はこちら
◎パドトロワ
○エピセアローム
▲カレンチャン
☆ロードカナロア
注サンカルロ
注ドリームバレンチノ
注フィフスペトル
注マジンプロスパ
注ダッシャーゴーゴー
注リトルブリッジ
注ラッキーナイン

人気馬から手広く。特に内枠4頭。マジンプロスパーはカスタネット馬で今回が好走パターンに入ります。フィフスペトルは昨年6着馬。ドリームバレンチノは函館SS覇者。サンカルロは高松宮記念2着馬だけど本質はスプリンターではない(実は1200m未勝利。高松宮4着、2着とスプリンターズ3着、7着とちょっと変わった実績馬)
ダッシャーゴーゴーはバクシンオーCMやってる関係でおさえないとね。実績馬ですし雪辱はしたいだろうし。そしてリトルブリッジ。こちらはボーナスもあるので。ラッキーナインは比較的内枠ひいたのでできるだけスムーズな競馬がしたいところ。去年は勿体無かった。

人気馬が揃って消えないレースなので堅実に。
馬連
◎→○▲☆
○→◎▲☆

3連複
1列目◎○▲☆
2列目◎○▲☆
3列目注の馬たち

できれば内枠勢が1頭きてくれると嬉しい。パドトロワが頑張ってくれるとより嬉しい。牡馬のサマースプリント上位珍しいのでね(キンシャサノキセキ以来2頭目。サマースプリント初の牡馬優勝)。そういえばフジキセキの血をもつのはパドトロワだけです

2012年9月21日 (金)

2012年度シルク募集馬をみた感想

DQX、コツコツ楽しんでいるtirmatです。ご無沙汰しております。やや夏負け気味だったりもしましたが、日中も暑さの中にさわやかな風が吹くようになり、夜も涼しい今日この頃。体調もボチボチです。ウイポ、近々久々に記事書くのでそちらもよろしくです。表題はロゼカラーです。薔薇一族好きだな私。もといシャーリーハイツ系とミルリーフ系のお話。

~2012年度シルク募集馬~
ようやく公式ホームページでも画像が確認できるようになりましたね。これで新規入会を希望される方にも確認できるようになりました。体重なども確認できますのでチェックしてみてください。今年からパンフレットの並びが牡馬・牝馬ごとに並んでの番号ではなくなりました。また番号もちょっと違うのでこれまでのシルクパンフレットをみていた人には違和感があるかもしれません。それとパンフレットの厚さが半分以下ですかね。かなり薄くなりました。1ページ1頭なので馬体みるにはこっちのほうがいいですが情報量が極端になくなったので(血統表も小さくなりました)不満もでそうですが、netkeibaなどで調べることも可能ですし自分で補う情報集めも大事じゃないかなと思います。


早速気になった馬を取り上げていきましょう。まずは関東馬から。
2番マチカネハナサソウの2011。速報の時に取り上げた馬ですね。イメージ通りのキングカメハメハ産駒でした。じっくりこのまま育っていく姿をチェックしたい1頭でした。春先の姿をみたいですね。

12番レイサッシュの2011。ゴールデンサッシュ一族。パンフレットの写真もお!と思わせる面白い馬でした。DVDでみたらハーツクライの仔だなぁという歩き方。かなりの伏兵で驚きました。予定にいれてなかったもので。これはびっくりして何度も見ちゃいました。

つぎに関西馬。
34番ペンカナプリンセスの2011。注目血統馬。全体見回ってもう一度みたら目に付く馬ですね。速攻結果を出すタイプというよりは成長を楽しむ馬なんじゃないかなと。やっぱりいい馬だな、とニヤニヤする馬といいますか。とにかく雰囲気いい馬ですね。牧場で眺めていても目に留まるんじゃないでしょうかね。派手さはないんだけれども。

55番スーヴェニアギフトの2011。こちらも速報で取り上げた馬ですね。思っていた通りのパワフルな歩き方する馬ですがまだまだこれから。ピリッとした動きがあるまで様子見ができる馬ならいいのですが、ローブティサージュでお世話になっている須貝厩舎予定なのでできるかどうか・・・。

今回苦しんだのはゼンノロブロイ産駒。私、苦手みたいですね。シルク募集で出てきたブライアンズタイム産駒も苦手でどうしたものかと困ったものですが似た印象です。いや、全く異なるタイプなんですけどね。ネオユニは不思議ちゃん、ロブロイは何か器用なんだか不器用なんだかわかんねぇというそんな感じ。とにかく多くて困りました。残念ながらときめかなかったわけですけども。速報の時取り上げたレト2も残念ながら顔が好みじゃなかった。お姉さんラトーナも好みじゃなかったのですが妹さんも私のタイプじゃありませんでした

ということで今回は4頭。
◎レイサッシュ
○ペンカナプリンセス
▲マチカネハナサソウ
△スーヴェニアギフト

この順番で好みですね。まずスーヴェニアギフトは様子見がしたいけれどその余裕がないかもしれない。厩舎人気もあるし、姉が活躍中なのでいつ注目されてもおかしくないのが△の理由です。マチカネハナサソウのほうは様子見れそうな分▲にしました。この2頭とも予想していた通りの馬でよかったと思ってまして、出資検討に残ってくれてよかったなと思います。恐らく関西ディープ産駒の注目馬、ペンカナプリンセスは優先期間400口が埋まるかもしれないというリスクがあります。久々の抽選もあるかもしれない。といっても一般募集に100口用意しているのでまだチャンスありますけれども。早期勝負が鍵になる分○にしました。余裕見れる分ではマチカネハナサソウが追いかける感じですね。

そして◎レイサッシュ。関東馬、武市厩舎なので応援にいけないのがネックですが母の代表産駒になるんじゃないかなと期待してまして。それに急激な人気はないだろうし落ち着いて出資できるんじゃないかなと思っています。それにしても◎と○の値段差凄いですね。倍以上です。抽選になるのかわからないですがペンカナプリンセスは恐らくツアーでも人気になるでしょうから抽選は覚悟しての応募になると思いますが・・・

今年は2頭。▲と△は急激によくなってきたら考えたいと思います。まずはペンカナに応募して◎レイサッシュの動向をチェックする感じで。ということで私の好みではレイサッシュでした。意外でしたかね?

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ