« 2012年度シルク募集馬をみた感想 | トップページ | GI予想~秋華賞 »

2012年9月29日 (土)

GI予想スプリンターズS

昨年の1着~3着まで年内条件戦出走馬で独占しました。過去の事例では97年1着タイキシャトル(3歳時)、02年1着ビリーヴという例がありますがいずれも連勝組。そういった意味ではカレンチャンの連勝はまぁまぁ正しいわけですが。とはいえカレンチャン(サマースプリント上位も該当)、パドトロワ(重賞好走経験あり)、エーシンヴァーゴウ(サマースプリント上位も該当)とサマースプリント挑戦組による4歳馬決着だったことも大きいといえますね。

~スプリンターズSのデータ~

①年内条件戦出走馬
冒頭で取り上げていた馬たちですね。『条件戦勝利後重賞連対』『年内条件戦勝利後OP勝利』『3歳時にOP以上で好走または1000万下or1600万下勝利』の条件は継続です。カレンチャンは3項目該当。パドトロワは重賞連対はありませんがOP勝利があり3歳時に1000万下勝利と1600万下3着の経験がありました。エーシンヴァーゴウもOP勝利があり1000万下勝利があります。

が、今年は出走馬に該当馬がいません。実績面では古強者が揃った格好になります。

②人気馬
00~11年まで1~3番人気馬が揃って不発した年がありません。2010年2着キンシャサノキセキ(3番人気)、2011年1着カレンチャン(3番人気)と何とか人気馬が活躍しています。今年は上位人気揃って外枠に入っているのが厄介ですが、08年1着・2着は7枠8枠決着でした。今年も上位人気馬は必ずおさえておきましょう

③サマースプリント上位
今年から6戦で争うことになったサマースプリント。06~11年まで6年で[1-2-2-6]。昨年覇者エーシンヴァーゴウ3着、上位のカレンチャンが1着と大当たりでした。サマースプリント上位2頭は狙いましょう。今年はパドトロワとエピセアロームの2頭です。

ちなみに3戦出走した上位馬[0-1-2-2]、3戦2勝[0-1-1-0]という成績。パドトロワは3戦出走馬で2勝しているので積極的に狙いたいですね。またシリーズ2勝馬[1-1-1-2]も安定して活躍中。

~ということで~
1~3番人気のカレンチャン、ロードカナロア、エピセアローム。サマースプリント上位のパドトロワとエピセアローム。これらの馬が好走対象です。オッズでいうと1~4番人気。困ったことですね・・・(笑)

予想はこちら
◎パドトロワ
○エピセアローム
▲カレンチャン
☆ロードカナロア
注サンカルロ
注ドリームバレンチノ
注フィフスペトル
注マジンプロスパ
注ダッシャーゴーゴー
注リトルブリッジ
注ラッキーナイン

人気馬から手広く。特に内枠4頭。マジンプロスパーはカスタネット馬で今回が好走パターンに入ります。フィフスペトルは昨年6着馬。ドリームバレンチノは函館SS覇者。サンカルロは高松宮記念2着馬だけど本質はスプリンターではない(実は1200m未勝利。高松宮4着、2着とスプリンターズ3着、7着とちょっと変わった実績馬)
ダッシャーゴーゴーはバクシンオーCMやってる関係でおさえないとね。実績馬ですし雪辱はしたいだろうし。そしてリトルブリッジ。こちらはボーナスもあるので。ラッキーナインは比較的内枠ひいたのでできるだけスムーズな競馬がしたいところ。去年は勿体無かった。

人気馬が揃って消えないレースなので堅実に。
馬連
◎→○▲☆
○→◎▲☆

3連複
1列目◎○▲☆
2列目◎○▲☆
3列目注の馬たち

できれば内枠勢が1頭きてくれると嬉しい。パドトロワが頑張ってくれるとより嬉しい。牡馬のサマースプリント上位珍しいのでね(キンシャサノキセキ以来2頭目。サマースプリント初の牡馬優勝)。そういえばフジキセキの血をもつのはパドトロワだけです

« 2012年度シルク募集馬をみた感想 | トップページ | GI予想~秋華賞 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
去勢イベント、気性超激に関する継続投稿です。

色々と試してみましたが、なかなか自家生産で気性超激馬が
出ませんね。

①史実馬利用、と言っても、その産駒で去勢イベントを
発生させようと思いますが、レガシー・トキオ・マグナーテン等、
気性難因子を所有する史実去勢馬っていますか?
②自家生産で気性難因子持ちの種牡馬を作ることは、
理論上は可能と思われますが、実際問題、可能なんでしょうか?
③可能な場合、父が気性難因子持ちであるモガミ等を
利用するのが「受け継ぎ」という観点からも得策と思われますが、モガミの場合、気性難よりもパワーがリファールからの
受け継ぎも含め、優先されてしまいますか?
④その他、ご意見・アドバイスあればお願いします。

②に関しては可能です。むしろつけたくない因子ですがついてしまう(世間一般的には)ものなので。③は気性難因子は「特殊因子」に該当するわけですが、能力因子が優位ですのでパワー因子がつきやすくなります。パワーSならより可能性も。

④ですが、気性悪化効果もあるインブリードはありだと思います。次世代配合大変ですが。

①はちょっと調べてみますね

はじめまして! こちらのブログには「カロ系 確立」で検索して辿りつきましたw 

WP2012(PS3版)で、カロとロベルトの同時確立ができず悩んでいたのですが、このブログの記事通りにエディットしたところ、88年ロベルト、89年カロが確立できました。本当に助かりました。ありがとうございました!

これからは零細血統保護をメインにしつつ、ルドルフ、テイオー、サードステージの3世代連続確立を目指そうと思いますw あ、あとオルフェの凱旋門賞制覇もですね^^;

それでは失礼します。

>>無敵艦隊さん
史実せん馬勢確認しましたが、残念ながら能力因子・気性難因子持ちは居らず全て因子なしでした。3世代気性難持ちのブラッシンググルーム直子狙いが楽になるかもしれませんね・・・

>>ポンコツさん
確立おめでとうございます。3世代確立がんばってくださいね。トウカイポイントは地味に強いので役に立つと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/55770112

この記事へのトラックバック一覧です: GI予想スプリンターズS:

« 2012年度シルク募集馬をみた感想 | トップページ | GI予想~秋華賞 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ