« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月30日 (月)

ローブティサージュの話とシルク来期募集馬の話

ご無沙汰しております。
7月なにかと忙しくあたふたしていたら結局ブログも更新できていないのでちょこっと雑談でもとばかりに更新してみました。ゲームのほうはやる時間はもっぱら数十分であとは競馬を眺める感じが続いていましてなかなかウイポの新しいオリジナリティあふれる配合は遠いですw

さて、なんだかんだとしている間に出資馬が入厩したりゲート試験受けたり落ちたり(4度落ちました)合格したり、中京デビューかな~と思っていたら函館移動して北海道デビュー決定したり、函館最終週にデビューあるかもとアナウンスあったかと思ったら本当にデビューしたり、メイクデビュー勝利とてんやわんやの2歳馬の騒動がありました。

要するにローブティサージュ(父ウォーエンブレム、母プチノワール)のお話なのですがゲートの出は前評判通りのノソ~とした出方でアチャーでしたが3コーナーからのスピードの乗りがとてもよく勝負所での動きは流石にときめきました。出資馬数多くいれどこんな感覚は初めてじゃないでしょうか。シルクメガヒットの2勝目の時にも似た感覚はあったのですが直線向くまでに可能性を感じたのは出資馬では初だと思います。
でも4コーナーでアポロカーネル(未勝利戦でもコーナーかまししておりましたが勝ちましたね)と接触して怯まないかなと心配する暇与えず押し返す負けん気。この根性を須貝師もコメントで買っていたわけですが持ち前の根性でアクシデントを跳ね返しいざラストスパート。
秋山騎手のGOサインから放たれた末脚は一瞬にして勝ちパターンにもちこもうとしたアドマイヤゼファーをあっさりとかわし見事勝利。新馬戦初勝利となりました。

ということで前年募集馬ローブティサージュのデビュー戦のお話。募集前の前評判は聞こえてこないのだけれどパンフレットの漆黒の好馬体、シルクシュナイダーで活躍の須貝厩舎、そして見事なブラップタイプ。ツアー見学の方のコメントを聞くと地味、パンフレットとは別馬に見えた、と残念?な話が続いていたのもあったものの一般募集開始までに残り150口前後まで売れていました。評判に関しては半分聞き流すくらいがいいのとツアー見学はどうしても馬格のある馬が評判になってしまう、パドック・ツアーの法則もありますからね。
実際ラトーナ(父ダンシリ、母レト2)は牝馬とは思えない馬格で圧倒しており、コメントもよく評判になっていました。確かにファインモーションをイメージしたくなる馬でしたからツアー人気も頷けました。でもこの馬の場合、終始いい話しか出てこないスケールの大きなコメントが続いたのもあり、POG本でも紹介されたりとデビュー前から評判になっていましたね

こんな評判高いシルク馬はそうはなく、某掲示板でも注目されていたりしたラトーナはシルクらしくないノーザンファームの贈り物でした。29日の新馬戦で皐月賞馬ゴールドシップの妹ポイントキセキの猛追をかわし見事勝利。シルクにもこんな馬がくる時代が来たのだなぁと感じる今日この頃です。ウチのローブティサージュは産地馬体検査に出ても話題にならず気がついたら入厩(5月5日に入厩)したりしたのでコメントらしいコメントないままだったので謎の馬のイメージでしたね。シルクって謎だわねー

~募集の話でも~
この3年の募集馬の選択は2009-2010はパームアイランド(3戦1勝*引退)、シルクレイノルズ(8戦2勝)の2頭から絞りパームアイランドに出資。ちなみにこの2頭、初勝利が同じ週でパームアイランドが7月2日、シルクレイノルズが7月3日。どっち出資していても楽しかったかもしれません
2010-2011募集は結局出資せず。最後まで悩んだのはシルクドリーマー(12戦2勝)。結局様子見していたら満口、入厩という流れでした。偉大なロッチ系出身馬のタニノギムレット産駒。ちなみに先日500万下勝利しましたがローブティサージュの新馬戦の前日でした
2011-2012募集はローブティサージュ。あと悩んだのはタイムアラウド(父ダイワメジャー、母タイムトラベリング)とプリンセスフローラ(父キングカメハメハ、母プリンセルカメリア)。プリンセスフローラは兄アルフレードが朝日杯FSを勝利後注目されてしまい満口。タイムアラウドは悩むも様子見で終わりました。ローブティサージュのゲート試験連続落ちでそれどころじゃなかったのもあったので結局出資する気にならなかったのもあるんですけどねw

~募集予定馬の話~
血統だけで選ぶことなくなっちゃったので何か語れるわけでもないのですが、やっぱりゼンノロブロイフィーバーの影響は大きく、やはり募集馬多いです。ゼンノロブロイの血にときめく材料が少ないのですが選ぶとなると・・・マチカネタマカズラ2011ですね。兄はディープ産駒でよい馬でしたが高すぎたので手を出せませんでした。正直配合としては兄より好みです。ミスタープロスペクターのインブリードは特に強調材料になりませんが、ナシュアのインブリードが発生する点とヌレイエフとサドラーズウェルズの血を持つが米国サドラーラインのエルプラド経由という点がゼンノロブロイの配合に最適と感じました。

次にディープインパクト産駒。レト2はあれだけ評判の高かった姉ラトーナがいるだけにDVDが気になるところです。そしてペンカナプリンセス2011。シルクに来ちゃいました。母は欧州ヌレイエフラインの救世主Pivotalの仔で愛1000ギニー2着馬。ダノンジェラートの弟がセレクトセールに出なかったのも意外なところですが、間違いなく高額ディープになります。厩舎はどこになるのか?そして馬体はどうなのか?ここですね。去年我慢しただけにこの馬は私気になります。

現時点でチェックいれたのはこの3頭です。マチカネタマカズラは予算が合えば。ペンカナプリンセスはDVD見たら応募してるかもしれないw関西だといいなぁ。レト2はラトーナ人気がすごそうなので手出せないかもしれないし。いずれにせよDVDで判断することになるしツアーは・・・たぶんないと思うけれども。今の段階ではこれはいいなと思う血統です。

パンフレット楽しみですね

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ