« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月27日 (日)

日本ダービーのお話2012(ショート)

今年は強調すべきデータ該当馬が不在。ワールドエースにしても2000m初出走初勝利ならず。ゴールドシップも2000m初出走初勝利ならず。ともに2着でした。ディープブリランテは2000m未勝利も1800m連対率100%で合格。別路線組は強調できる材料欠けているのであえてとりあげませんが人気馬がひっかかるだけに気になるダービーです。

ワールドエースは皐月賞もデータひっかかっていただけに規格外ともとれますがダービーにおける2000mの鮮度は結構大事です。特に負けた経験ある馬は。ディープのように2000mしか使っていないタイプの好走もありますが無配でした。メイショウサムソン、ネオユニヴァース、オルフェーヴルは2000m初出走初勝利が皐月賞でした。そう捉えるとゴールドシップもワールドエースもやや鮮度が落ちています。

皐月賞連対馬がこのように不安定なだけにどの馬にもチャンスはあるわけで単勝買うなら人気馬以外買えば楽しめるダービーとも取れます。でもデータを取り上げるにしてももう一度整理すべき年ともいえますし今回は別路線組が多いが整理できなかった為、ショートverとして取り上げました

NHKマイル、青葉賞、京都新聞杯、プリンシパルSの路線組をうまく捌ければ予想も楽しい記事になったのですがデータでうまく扱えなかったのは残念ですね。今回はメルマガのほうで補完しておきます。ディープブリランテ応援ですけども

2012年5月19日 (土)

オークスのお話2012

ようやくブログ書きこめるようになりました。
ヴィクトリアマイルは2着・3着で3着候補にしていたホエールキャプチャが来た、というズレが。3連複はいい馬券ですね・・・馬連は見事にはずれましたが。

ということでオークスのお話です。
オークスの傾向の変化、もといデータの崩れ方は微妙な揺れがありますがスイートピーS組が好走し始めた(カワカミプリンセス、ラブカーナ)、本当に忘れていた忘れな草賞組の好走(エリンコート、ラブカーナ)、強いのか弱いのかはっきりしない桜花賞組。着外組はフサイチパンドラ(桜花賞1.8秒差14着)、トールポピー(桜花賞0.4秒差8着)。あとは桜花賞1~4着。別路線は皆好走馬。

フローラS組は1~3着まで。以前はフローラS勝ち馬、または上がり1位2位の4角6番手以下の差し馬が活躍(レディパステル、ローズバド、ディアデラノビア、ベッラレイア)していたものの最近は雨が降ったこともあり先行して粘りこんだ馬がそのまま本番も好走しています(サンテミリオンとアグネスワルツ、ピュアブリーゼ)。先行した3頭の特徴は勝ち方が印象的でピュアブリーゼにしても未勝利圧勝。アグネスワルツは白菊賞逃げて快勝。サンテミリオンは若竹賞を快勝(フローラSも)。同じようにディアジーナも該当しますがオークス5着。やはり雨が必要なのか・・・今年は降らないようですが大丈夫かアイスフォーリスとダイワデッセー。
このパターンではミッドサマーフェアはフローラS勝ち馬、4角6番手以下、上がり1位(上がり3F33.4)は過去の好走例に合致していますね。

別路線組、スイートピーS組と忘れな草賞組。500万下またはOP以上の芝1800m以上で上がり3F1~3位で1~3着。芝1800m以上初出走(未勝利戦は除く)1~3着または上がり1~3位。スイートピーS勝ち馬ダイワズームはスイートピーSとデイジー賞で上がり3F1~3位で1~3着。芝1800m初出走はデイジー賞なのでこちらも該当。ココロチラリは上がり3F1~3位で1~3着がありません。忘れな草賞勝ち馬キャトルフィーユも上がり3F1~3位で1~3着がありません。ということで買うならダイワズーム。

最後に桜花賞組といいますかGI出走組。こちらは過去のデータを使っていきます。昨年もエリンコートとホエールキャプチャは残りましたから。出走最長距離が1600mまでなのか1800m以上なのかで分けています。
アイムユアーズ(GI2回出走、芝1600m以上連対△)、マイネエポナ(GI1回、1800m以上で4角1、2番手で勝利×)、オメガハートランド(GI1回、1800m以上で4角1、2番手で勝利×)、メイショウスザンナ(GI1回、1600m経験が少ないがOP以上で好走△)、ヴィルシーナ(GI1回、合格)、ハナズゴール(GI1回、合格)、エピセアローム(GI2回、合格)、サンシャイン(GI1回、重賞好走×)、ジェンティルドンナ(GI1回、合格も1600m未満未出走で△)、トーセンベニザクラ(GI2回、合格)

合格
ヴィルシーナ、ハナズゴール、エピセアローム、トーセンベニザクラ、ミッドサマーフェア、ダイワズーム

減点もち
ジェンティルドンナ、アイムユアーズ、メイショウスザンナ

人気馬がそろって残りました。ヴィルシーナは1800m以上の経験もあるので人気ですしクイーンカップの勝ち方、桜花賞の内容もよかったです。ハナズゴールは直線だけの競馬をしたNHKマイル後の良化を見込めるのかどうか。エピセアロームやトーセンベニザクラは桜花賞着外組なので強気になれませんが該当しています。そして別路線組。

ジェンティルドンナは昨年4着マルセリーナ同様1600mのみの経験で減点。アイムユアーズはGI2着あるもののGI以外のマイル戦は不発。メイショウスザンナはOP以上出走が桜花賞5着。善戦も5着。重賞初出走の内容(フラワーC2着)もよかった込みで減点。
データ上はヴィルシーナに期待ですね。あとアイムユアーズがオークス入着できるかですね。秋が楽しみになるのでここはがんばっていただきたい。

2012年5月 6日 (日)

GI予想&お話~NHKマイルカップ

去年まとめたもの
その1
その2

去年は過去のトレンドが崩れ去り(テイエムオオタカ)、確勝級(仮)が(笑)になってしまったデータ。勝ったグランプリボスは③好走馬、2着コティリオンは②好走馬、3着リアルインパクトは④3着以下という結果でした。2年連続⑤合格馬が不発に終わり、傾向の変化を感じずにはいられない今日この頃。
それでは今年の出走馬をデータでみていきましょう

①1600~1800m連対経験
ネオヴァンクル、レオアクティブ、シゲルスダチ、サドンストーム、レオンビスティーは連対経験がないため『3着以下』

②1400m以下経験~未経験馬
カレンブラックヒル『好走馬』、マウントシャスタ『好走馬』、マイネルロブスト『好走馬』、ジャスタウェイ『好走馬』、アルフレード『好走馬』

③1400m以下経験馬~1戦経験
ハナズゴール『好走馬』、セイクレットレーヴ『3着以下』、ブライトライン『好走馬』、クラレント『好走馬』、オリービン『3着以下』

④1400m以下経験馬~2戦経験
モンストール『3着以下』

⑤1400m以下経験馬~3戦以上
メジャーアスリート『好走馬』、ネオヴァンクル『3着以下』、レオアクティブ『3着以下』、シゲルスダチ『3着以下』、サドンストーム『3着以下』、ガンジス『3着以下』、レオンビスティー『3着以下』

ということで傾向としてはやや不利の④⑤で合格馬はメジャーアスリートのみ。好走馬該当もやや苦戦傾向というのは頭において、昨年エイシンオスマンが4着(⑤好走馬)だったことからも連に絡むには足りないものの要注意、というところまででしょう。
それにしても人気馬ばかり残ってしまいました。1~6番人気馬で好走馬該当。7番人気~は3着以下なので人気馬は揃って残った形になります。

昨年取り上げた『競馬界のトレンド』で②該当馬の好走パターン。1800m重賞または2000m重賞活躍馬というやつですね。昨年のコティリオンも毎日杯組でした。このトレンドにのればマウントシャスタが最適になります。毎日杯2着馬。おまけにデビュー以来1800mしか競馬していません。こういうタイプは距離延長すれば不安材料増えますが距離短縮にはケチつける部分は特にないという。マイネルロブストも札幌2歳S3着馬で2000mの京成杯2着、朝日杯FS2着もある。のですがマイル実績がすでにある馬の好走が意外にありません。09年レッドスパーダくらいですね。これまでマイルのみで1800m初出走がスプリングSでした。

ただし主流までいかない。昨年勝ったグランプリボスも③好走馬ですし2010年2着ダイワバーバリアンは④好走馬。2頭とも朝日杯FS好走馬です。グランプリボスもダイワバーバリアンはNZT2着馬でもありますね。まだまだここが主流。本来の路線ですね。今年は朝日杯好走馬もNZT好走馬も揃って②好走馬にいるのが面白いですね。意地をみせてくれ、ということでセイクレットレーヴが3着に入るなら面白いのですが・・・でも連対はないかなと考えています。

~データ結論・予想~
◎マウントシャスタ
○ブライトライン
▲カレンブラックヒル
△アルフレード
△ハナズゴール
×マイネルロブスト
×ジャスタウェイ

◎○▲が軸にした馬単購入。マイネルロブストとジャスタウェイは2着まで、逆転あっても△まで。

~買い目~
馬単フォーメーション
1列目◎○▲
2列目◎○▲△△××

馬単フォーメーション
1列目◎○▲△△
2列目◎○▲

3連単買うなら1着候補◎○▲、2着◎○▲△△、3着候補◎○▲△△××にセイクレットレーヴ、モンストール、メジャーアスリートを3着候補にする感じですかね。馬単だけで私はいいんですけども。あとは完全タイム差などでみていこうかなと思いますのでメルマガのほうもよろしくお願いしますw


カレンブラックヒルブライトラインはNZT組。勝った馬よりブライトライン選択は③好走馬だったからですね。中距離路線完敗してマイル路線挑むも苦戦。1400mにうまれかわったファルコンS組からのNZT好走勢が今後どう活躍するか、主流になるのかチェックするのもあって○にしました。あとは②該当勢を評価したかたちです。クラレントたちは主流というにはちょっと違いますし。
今後も考慮してブライトライン。どうなる?

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ