« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

GI予想~天皇賞春

王者が活躍するCコース。今年は久々にCコースでおこなわれます。06年ディープインパクト以来となるCコースです。このCコースの特徴は堅い高速馬場GI馬が強い、というわかりやすい決着が多いです。
Cコースで行われるようになったのは95年震災の年、ライスシャワーがステージチャンプとのハナ差の激戦を制し復活勝利した年からです。その後97年には3分14秒4という驚異的なレコード決着、そしてそのレコードを破った3分13秒4をマークしたディープインパクトの年。とにかく速い決着が多いです。元々この時期の京都は高速馬場といわれ、先行馬の人気がいつもの倍くらい人気するわけです。


去年成功した方法で挑みましょう。まずは完全タイム差上位。去年は1位ヒルノダムール、4位エイシンフラッシュ、3位ナムラクレセントで決着。ヒルノダムールとナムラクレセントは適性度上位。エイシンフラッシュは上がり3F1位、上がり差2位。ヒルノダムールも上がり3F4位でした。近年続けて完全タイム差決着。この傾向はCコースになっても残るのか。

今年の完全タイム差上位はオルフェーヴル[適2/機2/完1]、フェイトフルウォー[適1/機3/完2/上3/差1]、ウインバリアシオン[適5/変5/完3/差4]、トーセンジョーダン[機4/完4/上5/差3]、ビートブラック[完5]。なんというステイゴールド×メジロマックイーン。ここでも独占です。

また去年は不発でしたが変速率優秀な馬に注目。好走した3頭に変速率上位はいませんでしたが皆10以上でした。ゴールデンハインド、トーセンジョーダン、ナムラクレセント、ユニバーサルバンク、ビートブラック、モンテクリスエス、トウカイトリックが9以下でした。やや減点です。

というわけで。
◎ウインバリアシオン
○オルフェーヴル
▲フェイトフルウォー
△トーセンジョーダン
△ビートブラック
注ジャガーメイル
注ギュスターヴクライ

4歳馬で決着するのではと思います。ウインバリアシオンはこの世代で唯一ジャパンカップに挑み入着。オルフェーヴルは有馬記念を勝利後、今年緒戦阪神大賞典であの逸走。フェイトフルウォーは見せ場ないですがこの馬もステゴニックスを持つ馬。
トーセンジョーダンとビートブラックは完全タイム差上位、ジャガーメイルとギュスターヴクライは比較的適性度高く機動力と変速率高い2頭を抑え。ギュスターヴクライは菊花賞抽選時に狙っていましたが出れませんでした。悔しさをバネに大舞台挑戦です。この馬も4歳です。

~買い目~

3連単フォーメーション
1列目◎○
2列目◎○▲△△
3列目◎○▲△△注注

オルフェーヴルvsウインバリアシオン。
配当的にはフェイトフルウォーに頑張ってもらえるとありがたいです

2012年4月15日 (日)

GI予想~皐月賞

桜花賞は惨敗でした。軸があの位置でしかもその後故障では・・・。ということでまずはデータを紹介していきます。

①中山コース経験

~中山未経験~

  • 芝1800m以上のOP、重賞で『4角4番手以内』
  • A:芝1800m以上のOP、重賞で先行しつつ上がり35秒台
  • B:芝1800m以上のOP、重賞で先行しつつ上がり1位~3位

 
→今年の出走馬
ベールドインパクト(○ A:× B:○→善戦)、ワールドエース(× A:× B:×)、ゴールドシップ(○ A:× B:○→善戦)


~4角5番手以下~

  • 前走1~5番人気
  • 6着以下回数が少ない

→該当なら『善戦』付き
→今年の出走馬
モンストール(× ○)、アダムスピーク(○ ○→善戦)、スノードン(× ×)、マイネルロブスト(○ △→善戦)、フジマサエンペラー(× ○)、シルバーウエイブ(× ○)


~4角4番手以内~

・中山重賞勝ち馬

  • 芝1800m以上のOP、重賞で上がり1~2位

→今年の出走馬
コスモオオゾラ(×)、グランデッツァ(合格)


・4角4番手以内マークしたレース

  • A:中山芝のOP、重賞で4角4番手以内で1~3着
  • B:中山芝のOP、重賞で4角4番手以内で4着以下

→Aだと合格、Bだと『善戦』付きに降格
→今年の出走馬
トリップ(合格)、メイショウカドマツ(善戦)、アーデント(× ×)、ディープブリランテ(合格)、サトノギャラント(合格)、コスモオオゾラ(× ×)、ゼロス(善戦)、ロジメジャー(× ×)、グランデッツァ(合格)

②スプリングS組

・スプリングS前に重賞勝利

  • 芝1600m以下出走経験がある(着順関係なし)
  • 芝1700m以上のレースに初めて出走して1~3着

→グランデッツァ(× ○)、ディープブリランテ(× ○)、モンストール(○ ×)

・スプリングS前に重賞好走(2、3着)

  • スプリングSで4角4番手以内

→マイネルロブスト(×)

③弥生賞組

・弥生賞以前に重賞出走あり

  • 中山芝2000mで『4角4番手以内』で勝利
  • 中山芝レースで3戦以上の好走

→合格できなければ『善戦』付きに降格
→コスモオオゾラ(善戦)、トリップ(善戦)、アーデント(善戦)

 

・重賞勝ち馬(弥生賞以外)

  • 弥生賞1~4着
  • 芝1800m以上のOPまたは重賞1戦出走→『善戦』
  • 芝1800m以上のOPまたは重賞2戦出走
  • 芝1800m以上のOPまたは重賞3戦出走→『善戦』

→弥生賞着順合格ない馬は失格
→アダムスピーク(失格)

~まとめ~
モンストール(①失格 ②善戦)、アダムスピーク(①善戦 ③失格)、トリップ(①合格 ③善戦)、メイショウカドマツ(①善戦 ③該当なし)、アーデント(①失格 ③善戦)、ディープブリランテ(①合格 ②善戦)、ベールドインパクト(①善戦)、サトノギャラント(①合格 ②該当なし)、ワールドエース(①失格)、スノードン(①失格)、マイネルロブスト(①善戦 ②失格)、フジマサエンペラー(①失格 ②該当なし)、シルバーウエイブ(①失格)、ゴールドシップ(①善戦)、コスモオオゾラ(①失格 ③善戦)、ゼロス(①善戦 ②該当なし)、グランデッツァ(①合格 ②善戦)

8頭の合格、善戦馬が残りました。このうちメイショウカドマツ、ベールドインパクト、ゴールドシップ、ゼロスは善戦。あとの4頭が中心になると見ています


~データからみた予想~
◎ トリップ
○ グランデッツァ
▲ ディープブリランテ
△ サトノギャラント
☆ ゴールドシップ
注 ゼロス メイショウカドマツ ベールドインパクト


 
トリップはラジオNikkei杯4着、弥生賞2着。この実績で人気がないのはおいしいですね。グランデッツァはこのメンバーで抜きん出た重賞実績。スプリングS1着、札幌2歳S1着、ラジオNikkei杯3着。そしてディープブリランテは東スポ杯2歳S1着、共同通信杯2着、スプリングS2着。グランデッツァ、ディープブリランテが人気しているのは実績どおり。サトノギャラントはスプリングS4着馬。安定度を評価するならおいしい穴馬です。

ただしこれらの上位には善戦がついています。敢然たる合格馬ではサトノギャラントだけですが条件該当しなかっただけに付加がついていません。この4頭が主役とみて注は相手に絡めば・・・というところです。☆ではゴールドシップが。ラジオNikkei杯2着で◎○に先着、共同通信杯で▲に先着。共同通信杯からの参戦なだけに付加がつかず善戦もちなのが原因で☆ですが、注の連中よりは実績もちです。

~買い目~
馬連BOX
◎、○、▲、△、☆

というわけでトリップを◎にしているのは弥生賞組が軽視されているから、という人気面だけで差はありません。2000m実績が飛びぬけているのを評価したいところとスプリングS組が揃って完全合格じゃないからです。サトノギャラントはそのスプリングSで善戦だっただけにそれを凌駕する材料がないわけで◎ができないということでBOXになりました。

ワールドエースが見事に①合格できませんでした。3着はあるかもしれませんが皐月賞不向きの脚質が豪快に炸裂して失格に。連に絡まないだろうという予想ですが規格外の足を披露する舞台には今の中山はつらいかと。器用さを評価するとしてはゴールドシップの存在が光ります。

 

2012年4月14日 (土)

ウイングポスト7 2012~2013年スタート

今回は2013年スタートでとりあえずやるならこんな配合、みたいな小ネタです。予想外にコンプリートガイドの内容がよかったので(白毛名鑑引換券っていった人出てこいっw)ちょっとオススメ配合でも考えてみました。この本、配合理論についてもわかりやすい解説がついていますので2012からはじめた方は是非読んでみてください。個人的に「おっ!」とおもった点はラインブリード爆発型の解説で種牡馬がST系統ならスタミナがアップする、という点ですね。爆発力につながらないので誰も触れていないのかもしれませんが。

コンプリートガイドに載っていたアドマイヤグルーヴとトゥザヴィクトリーの配合は正直相手が誰でもいい馬でる繁殖牝馬なので(サブパラは壊滅的になりがちですが)参考になるのかな~?とも思いますが入手しやすい繁殖牝馬で配合なんぞ考えてみました。できるだけ史実馬で配合。ちなみに『ハクタイセイ×ゴッドインチーフ』は封印されてしまいました(笑)


~ノーリーズン×マルターズスパーブ~

爆発力18。トリプルニックス、血脈活性7本、活力源化名種牡馬因子6つ。アウトブリード、隔世遺伝(パワー、瞬発)、活性因子(SP、ST、瞬発、早熟)。
母はゲーム開始16歳の赤いお守り馬。高齢もサブパラサポートがしっかりしている配合。見た目よりも稼げる馬が出せると思います。両親ともに成長型早め、活性因子に早熟が機能すれば早熟馬が出やすいので2歳戦で稼いでくれる馬が出せるといいかなという配合。お手軽なわりに意外な馬が出ますね

~ゼンノエルシド×スペランツァ~

爆発力25。ダブルニックス、血脈活性8本、母父◎、隔世遺伝(SP、柔軟)、活力源化名種牡馬因子2つ、活性源化大種牡馬因子4つ。活性因子(SP、勝負根性)。母はゲーム開始15歳の赤いお守り馬。ご存知、シルポートの母。残念ながら現実には既に亡くなっているのですがこれもゲームならでは。両親ともに短距離馬なので活躍の舞台は短距離に。サブパラが最大の課題になりますがスピードの乗りはいい配合。お手ごろ、低価格だけに不安定さとの戦いです

~ヴィクトワールピサ×ローブデコルテ~
爆発力15。二次ニックス、インブリード(ミスプロ)、血脈活性7本、活力源化大種牡馬因子2つ。活性因子(SP、瞬発、勝負根性、早熟)。母はゲーム開始9歳の銅のお守り馬。ミスプロのインブリードで爆発力を稼ぐシンプルなどこにでもあるような配合。中長距離で活躍馬をコツコツだす配合です。銅お守りを使うわりに両親の能力に頼った配合なのでオススメというわけではありませんが安定度だけはあります。その分、意外性が欠けているのが課題です

~アルデバラン×エルノヴァ~
爆発力28。トリプルニックス、血脈活性6本、母父◎、活力源化名種牡馬因子3つ、活力源化大種牡馬因子5つ、隔世遺伝(SP)。母はゲーム開始14歳の銅のお守り馬。当初トワイニングで配合を考えていましたがアルデバランがいる!ということで配合してみました。トワイニング高齢なのもあるし。芝、ダートともに走れるオールラウンダーがうまれやすい傾向でややオク手。活性因子はランダムになるもののミスプロの隔世遺伝が活きる爆発力を武器にしてくれるといいかなという配合です。

~その他~

ゲーム開始直後に入手可能の(スペシャルウィーク×ゴールドティアラ*PSP版でプレイ)。ダートのステイヤーという扱いにくい馬ですが血統は優秀です。是非ともトリプルニックス成立するボールドルーラー系と配合したいところですが、配合相手で最適なのはパイロしかいません。血脈活性7本、隔世遺伝(Pulpit)、そしてミスプロのインブリード。どんなダート馬が出ますやら。
また当歳セリにいた(スペシャルウィーク×パドレポンス*PSP版)も同じような配合になります。こちらは芝馬。


安価なスタートダッシュ生産的な配合です。次世代に繋げにくい連中ですけども。2013年スタートで気になった架空馬の血統ではナックルメドレー(父マンデュロ、母フラエンジェル)。ブランドフォード系の救世主として輸入されてきたりすることも何度かありました。ST昇華配合に使えるので使ってみたいなと思ったりするのですが。
今回紹介した中で一番活躍馬出したのはローブデコルテ。エルノヴァはツボにはまればでてくれそうなんですが中途半端・・・。パイロの仔ももう少し続けて配合してみたいところですね。マルターズスパーブの仔がこの中では一番強かったもののSPはS手前だっただけですし。
よかったら参考にしてみてください

2012年4月 8日 (日)

桜花賞のお話・・・の挫折話

今回桜花賞予想はこちらのバックナンバーで載せることにしました(朝8時頃)。というのも2年ぶりのデータ、大して絞れなかったのですね。ダームドゥラックやエイシンキンチェム切っても面白みないですよね。最低人気勢の抽選回避組。スローは好むが今度は消耗しきってバテちゃうだけに向いてない、というのがメルマガのほうで取り上げているものの評価なわけですが。
エピセアロームやアイムユアーズは切れ不足、ギアチェンジ必須の激戦に不向きというのはメルマガのほうの評価ですがデータでは一律合格になってしまうし人気馬揃って残っちゃうわけで何が面白いのという話に。

まぁ面白くないわけですよ、ええw
ジョワドヴィーヴルの不安要素は~とかのほうが面白いけれど私は不安要素少ないと思うし(福永騎手が甘やかせている分、多少大味な競馬をさせてしまっているのが不安要素ではある)あるとしたら姉ブエナビスタのように僅差はあるかもしれないと思います。今回レッドディザイアみたいな完璧な競馬をしてくるような馬がいるのかというと・・・ね。いないわけで。サウンドオブハートあたりは逆に間隔あけてきて面白い人気になりましたがこの手のタイプのほうが面白い。
それをデータ上で表現できなったため載せるのをやめました。

私の手持ちのデータも風化しているということでもありますが。それは仕方ないですが面白いものを提供したいと思いつつ、今までそんなに提供できていたっけ?(笑)状態なだけに今回はメルマガのほうでお許しくださいという具合です。バックナンバーから確認できるはずなので登録は必要ないのでご安心を?

大した内容ではないですがまぁみてやってくださいw

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ