« GI予想~皐月賞 | トップページ | GI予想&お話~NHKマイルカップ »

2012年4月29日 (日)

GI予想~天皇賞春

王者が活躍するCコース。今年は久々にCコースでおこなわれます。06年ディープインパクト以来となるCコースです。このCコースの特徴は堅い高速馬場GI馬が強い、というわかりやすい決着が多いです。
Cコースで行われるようになったのは95年震災の年、ライスシャワーがステージチャンプとのハナ差の激戦を制し復活勝利した年からです。その後97年には3分14秒4という驚異的なレコード決着、そしてそのレコードを破った3分13秒4をマークしたディープインパクトの年。とにかく速い決着が多いです。元々この時期の京都は高速馬場といわれ、先行馬の人気がいつもの倍くらい人気するわけです。


去年成功した方法で挑みましょう。まずは完全タイム差上位。去年は1位ヒルノダムール、4位エイシンフラッシュ、3位ナムラクレセントで決着。ヒルノダムールとナムラクレセントは適性度上位。エイシンフラッシュは上がり3F1位、上がり差2位。ヒルノダムールも上がり3F4位でした。近年続けて完全タイム差決着。この傾向はCコースになっても残るのか。

今年の完全タイム差上位はオルフェーヴル[適2/機2/完1]、フェイトフルウォー[適1/機3/完2/上3/差1]、ウインバリアシオン[適5/変5/完3/差4]、トーセンジョーダン[機4/完4/上5/差3]、ビートブラック[完5]。なんというステイゴールド×メジロマックイーン。ここでも独占です。

また去年は不発でしたが変速率優秀な馬に注目。好走した3頭に変速率上位はいませんでしたが皆10以上でした。ゴールデンハインド、トーセンジョーダン、ナムラクレセント、ユニバーサルバンク、ビートブラック、モンテクリスエス、トウカイトリックが9以下でした。やや減点です。

というわけで。
◎ウインバリアシオン
○オルフェーヴル
▲フェイトフルウォー
△トーセンジョーダン
△ビートブラック
注ジャガーメイル
注ギュスターヴクライ

4歳馬で決着するのではと思います。ウインバリアシオンはこの世代で唯一ジャパンカップに挑み入着。オルフェーヴルは有馬記念を勝利後、今年緒戦阪神大賞典であの逸走。フェイトフルウォーは見せ場ないですがこの馬もステゴニックスを持つ馬。
トーセンジョーダンとビートブラックは完全タイム差上位、ジャガーメイルとギュスターヴクライは比較的適性度高く機動力と変速率高い2頭を抑え。ギュスターヴクライは菊花賞抽選時に狙っていましたが出れませんでした。悔しさをバネに大舞台挑戦です。この馬も4歳です。

~買い目~

3連単フォーメーション
1列目◎○
2列目◎○▲△△
3列目◎○▲△△注注

オルフェーヴルvsウインバリアシオン。
配当的にはフェイトフルウォーに頑張ってもらえるとありがたいです

« GI予想~皐月賞 | トップページ | GI予想&お話~NHKマイルカップ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

3連複でも・・・。惜しかったです。

素直に完全タイム差上位BOX買っていれば今頃GWが・・・とぐにゃぁぁぁとなっておりました。悔しいです><

正直なところ、理論(タイム差?)は全く分かっていないのですが・・、買い目については参考にさせてもらっている時があります。(結局持論で買っちゃいますが・・)
お互い次こそ!で予想頑張りましょう。

完全タイム差はグリーンチャンネルの『先週の結果分析』という番組で取り上げているものです。2年前に研究してみて、という話から続けています。コツコツですが花咲きそうな気はします。今度こそ美酒味わいたいですね!

そうでしたか。私はグリーンチャンネルは見られないので、予想だけ参考にさせていただきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/54584134

この記事へのトラックバック一覧です: GI予想~天皇賞春:

« GI予想~皐月賞 | トップページ | GI予想&お話~NHKマイルカップ »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ