« シルク今年の募集は? | トップページ | マイルCS南部杯の予想 »

2011年10月 9日 (日)

京都・東京開幕週

ということで推定3ハロン、縮小しつつも確認しています。今回は京都と東京。といってもサンスポ確認分なので後半9レース以降のみのチェックです。

まず本に載っていたコースでは、りんどう賞。といっても2歳戦の内回りなのでちょこっと勝手が違いますが。上がり1位が苦戦するとあるだけあって後半3F上位3頭が揃って着外に。偶然?前半3F1位も並んで負けてますが。前後3F五傑になっていた2頭が3着、5着。内回りの2、3歳戦は活躍するとも書かれていた通りに活躍しました。日曜12Rは外回りの1400mがおこなわれますのでこちらでも後半3F上位を毛嫌いしてみたいとおもいます

次に2000m戦の大原S。後半3F1位が快勝。ワルキューレこそ拾えなかったものの、後半3F1位馬狙いは機能している模様。1200mのオパールSも後半1位3着。内回りの芝3レースをみてもこれだけ傾向は異なる。

明日は外回りオンリーの1800mと2400mと後半3F上位を狙えというレースのようですのでこちらもチェックですね。ローズキングダムが恐らく該当していると思いますがこれは堅そうですね

ダートは最終レースだけ。とりあえず前半3F上位を狙ってみるのも手かと。日曜10R平城京Sは手堅く前半3F上位を狙ってみたいですね。

 

~東京~

土曜日の結果みて気づいたのはダート戦はえらく後半3F上位で決まったことですね。ペルセウスS上位3頭は後半3F上位たち。サンスポ、久保氏のコラムでは前半3F狙っていく内容でしたが不発でした。ナニハトモアレの変わり身について取り上げていました。ってことは元は前後3Fが揃ってくる条件なのかもしれません。ちなみに勝ったセレスハントは持ち時計3位でランクイン。これは武器になるかもしれませんね。ちなみに多摩川特別でも後半3F上位のワンツー。でも最終の1300mでは入着こそ多いが独占にはなりませんでした。これは500万下ってのもあるのだろうか(多摩川特別1000万下、ペルセウスSはOP)。

明日はテレビ静岡賞(1600万下)。持ち時計上位はサイオン、ビギンマニューバー、メイショウイッキ、サンマルセイコー。この中に後半3F上位がいれば狙ってみたいですね。多摩川特別の持ち時計上位+後半3F上位は勝ったアドマイヤロイヤルとタイセイファントム。この2頭で決着ではなかったですがこの狙い、いいかもしれません。

では芝・・・といっても1レースのみ。結果は後半上位3頭で決着。3~5着は前半3F上位が揃い踏みなので3連単3着狙いには前半上位いれるのも手かもなーと思ったり。馬場の状態がよいので後半3F狙いつつ・・ですかね。六社特別が得意?のマイル戦なので後半3F上位から狙っていきたいところ。毎日王冠が駄目でも最終で取り返せれば!というスタイルで。

 

ということでお楽しみの京都大賞典がやってきました。本にもこのコースは紹介されており、後半3F1位はまず狙えとも。外回りに酔いしれて来週の秋華賞で間違えないようにしたいですが後半3F天国になっているかもしれませんので注意したいですね

« シルク今年の募集は? | トップページ | マイルCS南部杯の予想 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/52943392

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・東京開幕週:

« シルク今年の募集は? | トップページ | マイルCS南部杯の予想 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ