« GI予想~天皇賞秋 | トップページ | GI予想~エリザベス女王杯 »

2011年10月31日 (月)

継続しやすいケース

ようやく連敗止められましたw

トーセンジョーダンのワイドが意外に安くてガッカリもしましたが3連複でそれなりについたのでよしとしましょう。ブエナの3着固定をもっていただけにちょっと複雑ですが・・・。次にエリザベス女王杯も頑張りたいと思います

 

今年も京都大賞典組は惨敗だった天皇賞秋。

去年は伝統の前哨戦両方とも連をはずすという自体になり、休み明けから秋古馬三冠目指すのが主流になるのではという流れもありましたが今年は毎日王冠組復権。といいつつ1着トーセンジョーダンは夏競馬の札幌記念から、3着ペルーサは春競馬からぶっつけの立て直しを入念にし府中の舞台に目標を定めていました。というわけで休み明けだろうと割引する人は減りつつあり、前哨戦組が軽くみられる傾向のように思います。

 

勝ったトーセンジョーダンは2000m(札幌記念)と2200m以上(AJCC)を制したオールラウンダーとして評価・・・したものの有馬記念5着だけだったので3着候補として買っていました。初GI出走で有馬記念5着に踏ん張ったのだから大健闘なわけですが。しかもアルゼンチン共和国杯勝ったばかりで挑んでですから評価すべきでしたね。ただ、こういった色んな距離を戦っていける、しかも年内に、というのは充実した競走馬の実績として評価してあげるべきだということでA項目該当を重視しています。データのほうでも久々に出てきたA該当馬と紹介したのもそういう理由があるからでして。

彼の場合父ジャングルポケット同様、東京コースで強かったのもあり東京コース出走時は買わねばと考えていました。JCもいいけれど札幌記念の勝ちっぷりからして天皇賞秋面白そうだから穴で狙ったら勝つのだからピンナ騎手お見事でした(制裁くらいましたが)。そして散々ツイッターでネタにしてゴメン。3着になってくれるといいなぁと思ってました。競馬予想TV水上さんはお見事でした

 

今後も続くパターンとして京都大賞典組がますます苦戦傾向が続くだろうとおもわれます。中距離要素が見事に皆無になり、ギアチェンジを巧みにこなす馬が実力通り戦えるわけで大味な競馬を好むオウケンブルースリのようなタイプが毎年戦っていけるのは天皇賞で全く通じないのを教えてくれていると思います。ゼンノロブロイが秋古馬三冠達成して以来好走がないローテなだけに今後もJCや有馬を最終目標につかっていく馬達のステップレースになるんじゃなかろうかと。この傾向なら3歳馬にとっても使えるレースになると思います。大味な競馬は菊花賞走らせるより向いていると思いますし。古馬と戦うなんてとんでもない・・・というほどきつくないとおもいますよ?

 

毎日王冠の充実振りはとりあげておかないと。ダークシャドウが頑張ってくれたようにちゃんと評価できる実績を持つ馬は結果を出してくれるということ。結構毛嫌いされちゃった人気馬だったと思いますが。もちろん毎日王冠勝っただけなら軸にできなかったかもしれない。彼もまた東京コースでの実績があればこそ。色んな流れでもこなし、毎日王冠でも強い内容。出世する毎日王冠組のパターン、これは今後も注目したいと思います。エイシンアポロンはマイルで復活してくれたしマイルCSが楽しみです(去年のB合格馬)

ダークシャドウ、狭いところを入りたがるのか耐えられるからこそ無理しちゃうのかはわかりませんが制裁くらっていたようにやや厳しい競馬をしています。これは毎日王冠でやっちゃっているし大阪杯でもやや危なかった。もまれても強いのでマイル戦でも面白そうですが・・・天皇賞で厳しい競馬しているだけに安田記念を待ちますかね。この厩舎にはリアルインパクトもいますからね

 

~ブエナビスタ~

苦しい競馬になったとはいえブエナビスタも苦しい競馬を選択したわけで、不利を承知で挑んでいるだけに好走馬達を批判するのはつらいところ。これは騎手視点の解説がききたいですね。武豊TVを待つとしましょう。ちなみに武豊騎手はトーセンジョーダンをマークした格好で道中回っているだけに今回のレースを中心でみていますから解説楽しみです

問題はここから。パドックみた感想としてはあと1週追って送りたかったんじゃないかなと。馬体や息使いこそこの激流の中で頑張っているだけに負けて強し・・・はちと言い辛いけれど今回よりJCで買いたい人は多そうですね。実際現役最強馬なわけですし、ヴィクトワールピサ達にはない安定度は魅力です。その安定度もついに4着になったわけで揺らぎ始めたわけですが、それでも最強世代4歳勢にはない安定度と天秤にかけられそうですね。

JCに向けて逆襲は始まるのか、終わりの始まりなのか。

ブエナビスタの次走が気になります。

« GI予想~天皇賞秋 | トップページ | GI予想~エリザベス女王杯 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
系統確立の事ですが、日本で支配率5%と世界で 2%であればどちらが優先されるのですか?

国内の情勢にもよりますが生態系といいますか、その確立したい血統が世界に散らばるのを防ぎたい場合(サヨナラだったり零細血統を活かして配合理論組む場合など)は国内5%で調整するのが一番です。年齢が若い種牡馬を短期間で確立させるならこちらですね

世界2%は主に放置していても活躍馬が毎年誕生する、いわゆる仔出しパラ優秀な種牡馬ならこちらがおすすめですね。長期プラン向きともいえます

仔出しに関しては確認できるものじゃないので「意外に使えるなぁ」程度でしか判断できませんが、海外馬ほど確立狙うのが面倒になるので2%はあんまりオススメはしません。史実ならまだスケジュール調整する余裕あるだけ簡単なのですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/53125103

この記事へのトラックバック一覧です: 継続しやすいケース:

« GI予想~天皇賞秋 | トップページ | GI予想~エリザベス女王杯 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ