« 菊ポイント2011~出走馬確定 | トップページ | 天皇賞秋のお話2011 »

2011年10月23日 (日)

GI予想~菊花賞

2冠馬オルフェーヴルのパフォーマンスは飛びぬけている武器ってのは特別ありません。切れまくる末脚というよりは効率よく伸びる末脚だし、長くいい脚使えるしスローペースなどでごちゃついた展開でも自分から崩しにかかれる精神力などからしてタフな馬です。兄上になかった部分が優れている印象です。だからといって兄ドリームジャーニーが劣るというわけでなく、優れていた部分はあるのですよ(弟にはない爆発する末脚など。不発もあったけど)

ということで菊花賞。

今回の注目点は『適性度の低さ』『機動力の高さ』『様々な距離で結果と上がりをマーク』『ただし切れすぎる脚はいらない』です。様々な~という部分は菊ポイントですね。1800~2000m、2200m、2400m以上の3項目で上がり3F上位をマークしたかを評価したポイントです。次に適性度の低さと機動力の高さ、というのは「数式サラブレッド」で取り上げる部分です。ただし私の場合は完全タイム差(GC先週の結果分析)からみた数式サラブレッドを使った方法です。うーん、まわりくどい。そして切れすぎる脚はいらない、というのは上がり33秒台の末脚!みたいな数字ですね。セントライト記念組を評価し辛いのはここですね。ただし決め手は大事です

ってことで評価したらこんな感じです

◎ベルシャザール

○オルフェーヴル

△フレールジャック

△スーサングレート

△ダノンマックイン

注フェイトフルウォー

注トーセンラー

注ウインバリアシオン

穴ショウナンマイティ

穴ルイーザシアター

 

使い方が異端過ぎますが適性度低い、というのは数式サラブレッドに喧嘩売ってるわけでなく単に完全タイム差で探してるとそうなるってことで。09年、10年の連対馬の適性度は18、21、21と驚くくらい低い。ちなみにビートブラックは適性度が高く3でした。もちろん通常通りの使い方してると全く異なる結果になりますが。今回の低い馬達はダノンミル、ベルシャザール、スーサングレート、ダノンマックイン、ゴットマスタングが上位?5頭。

機動力の高さは成績も高くて先行力もある馬ってことですね。ウインバリアシオンとショウナンマイティ達は飛びぬけて低いです・・・。何せ弥生賞で負けた時のものがベストなので変速率が飛びぬけております。その分機動力を失った格好です。そして菊ポイント上位。この場合の上位は+1.5以上ですね。

最後に切れすぎない脚。上がり3Fが切れる脚と変速率の高いセットの馬を評価しないってことですね。ゴットマスタング(33.6、変速率1位)、ショウナンマイティ(34.0、変速率2位)の2頭は買い辛い。ちなみに適性度高い連中は皆35秒台。ゴットマスタングが浮いているってのがわかるかなと。

 

◎ベルシャザールは菊ポイント+1.5。セントライト記念で4着上がり4位で減点。ダービー3着かつ上がり4位以内マーク。セントライト記念こそ耐えられませんでしたがスプリングSで見せた耐える脚は評価に値するかと。菊ポイント上位では適性度下位に属し、機動力の優秀さ。今回もどこまで耐えてくれるか期待の1戦。

○オルフェーヴルは菊ポイント+2。適性度10位ってのは下から数えても上から数えても中間層。適性度17ってのはゴットマスタングと1差なので下位に属します。パフォーマンスはスプリングS以来更新ないですが、このパフォーマンスが高かったからこそ2冠達成していると考えています。連勝始まったのもスプリングSからですし。完全タイム差では別に目立たない馬なわけでスローは好みます。事実、神戸新聞杯で圧倒的な競馬をして勝利。完全タイム差こそ刻みながらも3歳馬としては地味な内容で高パフォーマンスを出している完成度から3冠挑戦は当然と思います。

スプリングS評価しているからこそこの予想。それだけに気になるのはダービー後取り上げた「きさらぎ賞→スプリングS→皐月賞→ダービー」のローテで2000m初出走初勝利が皐月賞(これはnetkeibaで紹介しましたが)という2冠馬ネオユニヴァースとメイショウサムソンのローテを彷彿します。当然同じ条件下ではないデータなので意味をなすのかといわれると困りますが、苦戦するかもしれないというのは紹介したいですね。ですが2着に耐えたよ!という競馬してくれるとこちらも嬉しいのですが。

 

~買い目~

馬単フォーメーション

◎△△△穴→○

馬連BOX

◎△△△穴

3連複2頭軸

◎○2頭軸→△注穴へ

3連複フォーメーション

1列目◎

2列目△△△

3列目△△△注注注穴

3連複フォーメーション

1列目○

2列目△△△

3列目△△△注注注穴

3連複フォーメーション

1列目△△△

2列目△△△

3列目△△△注注注穴

 

~穴勢のご紹介~

フェイトフルウォー、トーセンラー、ウインバリアシオンは人気馬なのですが切れる脚を武器にここまで戦ってきた連中。セントライト記念の勝ちっぷりからして期待されていたり、ダービー2着、神戸新聞杯2着と2冠馬をとめるのはこの馬だと期待されるのはわかるのですが不発も多いパフォーマンスの連中。圧倒的に切れる脚でどこまで来れるのか。去年レーヴドリアンで涙を呑んだだけに強いと思うけど流す気になれないです。

それなら、と評価したいのが△の3頭。

フレールジャックとダノンマックインは8枠ってのをみて頭抱えました(ついでにショウナンマイティも)。フレールジャックは菊ポイント+2、ダノンマックインは菊ポイント+1。スーサングレートも菊ポイント+1。フレールジャックは未勝利戦で飛びぬける内容で快勝。完全タイム差でも初勝利のパフォーマンスならこの馬が一番です。彼のベストは2戦目500万下の勝ち方です。不良馬場で+0.1という完全タイム差。地味ですが滅茶苦茶強い勝ち方でした。続くラジオnikkei賞をスローにまとめて快勝。神戸新聞杯も折り合い専念でかなり苦労していましたが逃げるスマートロビンをなんとか捉えて3着。未勝利戦が破格だっただけにこれだけスローで実力アピールできるのを評価したいわけです。一応3000m踏ん張れるのか、折り合いあって追走できるのかとか心配面はありますけども発展途上の未知の魅力、ディープ産駒の期待値は置いておいてw色んな意味で評価しています。適性度はオルフェーヴルと同位です。

ダノンマックインは私の菊期待馬(笑)を破って見事出走かなった馬。ハーツ産駒で菊狙ってて1000万下勝ったのがハーツ産駒というね。菊ポイントこそ地味です。こちらはスローペースの権化。前走で菊予習こなしてるわけでこれは買いたい1頭。叩き合いこなしているだけになにかやってくれそう。最後にスーサングレート。彼も菊ポイントは地味。ダノンマックインが勝った1000万下4着馬。その菊期待馬(笑)は3着なわけですが、パフォーマンスはよろしい。ベストは500万下勝った時。9頭立てで逃げ馬と叩き合いした内容と地味ですが求めるパフォーマンスはしめしてくれて内枠とっちゃったという。ま、これで勝たれたらいろんな意味で(´・ω・`)なのでおさえてますw最低人気だけどな!

穴馬ルイーザシアター。

隠れたハーツ産駒。阿寒湖特別、九十九里特別5着。スーサングレート並みに地味ですが2000~2400m以上でちゃんとこなして菊ポイント稼いだという+2。そのスーサングレートと内枠をひいただけに「こいつ何か持ってるんじゃないかな」と思いたくなる穴馬。ちなみに菊ポイント高くて適性度上位ってのはビートブラックに似ております

穴馬ショウナンマイティ

菊ポイント上位だけど色々マイナス面はある。負けるならあっさり。でも菊ポイント高いから買っちゃうビクンビクン。まぁこれは自分が出してるだけにけじめですね。

 

まぁ3連複と3連単は飾りです。△の連中の馬券が買いたいのと、オルフェーヴルが3冠しても悔しい負け方しても何かが盛り上げてくれるのなら。注の連中にはない魅力がある馬達ばかりです。注の連中が活躍してもあんまり。。。ねぇw

それだけにスーサングレートやルイーザシアターが3着の位置にいたら「内枠買うべきだった・・・」と悔しむよりは堂々と買える材料をもってるってのが面白いところです。ま、勝つとは思ってないんですが。馬単はオルフェーヴル惜しかった・・・・ってときの保険。

 

オルフェーヴルは勝てるのかどうか。

そこも楽しいですが、自分が見つけた材料がどこまでオルフェーヴルに挑めるのかも楽しいものです。去年はもうちょいのところまできてました。馬券は取った(菊ポイント上位決着)が予想は駄目だった。まだまだ発展途上だし、今回上位は少し欠点もある。特に+1.5のセントライト記念組ね。ダービーで揃って負けて減点食らってるし。

色んな菊の楽しみ。

さぁ3分間の激戦楽しみましょう!

« 菊ポイント2011~出走馬確定 | トップページ | 天皇賞秋のお話2011 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/53060155

この記事へのトラックバック一覧です: GI予想~菊花賞:

« 菊ポイント2011~出走馬確定 | トップページ | 天皇賞秋のお話2011 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ