« マイルCS南部杯の予想 | トップページ | GI予想~秋華賞 »

2011年10月14日 (金)

秋華賞のお話2011

今年もやってきた秋華賞。今年は大混戦とかいわれたりクラシックウィナーが1番人気じゃないだろうし(TR勝ち馬ホエールキャプチャとクイーンS勝ち馬アヴェンチュラ)と波乱を期待する声がちらほら。というわけで私がみつけてきたデータでは一番?の存在感ある鉄板データの話でも。該当するのが難しいだけに3年連続で出てくるとわくわくしますね。

というわけで過去秋華賞の鉄板馬[3-3-3-0]

97 1着メジロドーベル(阪神JF オークス)

01 1着テイエムオーシャン(阪神JF 桜花賞)

03 3着ヤマカツリリー(阪神JF2着)

04 1着スイープトウショウ(オークス2着)

04 2着ヤマニンシュクル(阪神JF 桜花賞3着)

06 2着アサヒライジング(オークス3着)

06 3着フサイチパンドラ(阪神JF3着 オークス2着)

09 3着ブエナビスタ(阪神JF 桜花賞 オークス)

10 2着アニメイトバイオ(阪神JF2着)

*ブエナビスタは2着→3着へ降着

 

ということで鉄板データ馬の成績です。今年の該当馬はホエールキャプチャ。条件は『阪神JF、桜花賞、オークス出走馬』のなかでも阪神JFとオークスを入着した馬が該当になります。去年のアニメイトバイオは阪神JF2着、桜花賞8着、オークス4着ということで該当になります。ただし、これだけだと4着以下は4頭該当するので条件をつけると『芝1800m以上重賞(オークスを除く)好走馬』に。ホエールキャプチャは阪神JF2着、桜花賞2着、オークス3着、そして1800m以上重賞はローズS1着。TR好走馬としてはヤマカツリリー、スイープトウショウ、フサイチパンドラ、アニメイトバイオに続き6頭目。というわけでホエールキャプチャが軸として買うことにしましょう。

余談ですが1800m以上重賞(オークスを除く)好走馬、に該当しなかった4着以下の4頭に1頭仲間が増えました。・・・アパパネですね。4頭との違いは去年も取り上げていましたが、前走4着以下の内容。勝ち馬から0.4秒以上かどうか。アパパネはローズS0.2秒差4着でした。というわけで1800m以上重賞好走馬じゃなくても好走馬は出ることをアピールしてくれたアパパネ・・・といっても阪神JF、桜花賞、オークスを全て揃って勝っている馬が早々でるわけでなくwそれなら鉄板データ該当馬のほうがまだ続けて出てくれる淡い期待はあります。

このデータの肝は牝馬GI皆勤賞という点です。2歳、3歳続けて好調を維持できることの難しさ。牝馬なら特に。そんな中、今年も鉄板データ馬がでてくれたありがたみを噛み締めつつw予想に入りましょう。

去年同様、鉄板データ馬が出現したので馬券購入スタンスは『堅実人気馬狙い』になります。とはいえ、去年のように鉄板データ馬が6番人気ということもあるわけで、「どこが堅いんだ」といわれそうですが相手は皆人気馬なので人気馬は嫌いたくてもおさえとけというスタイルは貫いてください。去年もアパパネ(当然1番人気)とアプリコットフィズ(2番人気)が1着・3着ですから。

鉄板データ馬のいる年の1番人気[1-1-0-2]

鉄板データ馬のいる年の2番人気[3-2-1-0]

鉄板データ馬のいる年の3番人気[0-1-1-5]

*鉄板データ馬該当馬除く

というわけで圧倒的な成績になっています。勝った4頭はスティルインラブ、カワカミプリンセス、レッドディザイア、アパパネ。2着4頭はキョウエイマーチ、ローズバド、アドマイヤグルーヴ、レッドディザイア。3着2頭はレディパステルとアプリコットフィズ。意外に1番人気が薄い感じですが、鉄板データ該当馬が1番人気のもありまして[2-0-1-0]を足せば2番人気といい勝負。というわけで人気馬をおさえておかなくてはいけません。

面子をみればわかりやすいことにオークス勝ち馬(レディパステル、スティルインラブ、カワカミプリンセス、アパパネ)だったりオークス2着馬(ローズバド、レッドディザイア)だったりとキョウエイマーチとアドマイヤグルーヴ、アプリコットフィズの3頭以外はオークス連対馬です。ただしこの3頭、秋華賞の前走で芝1800m以上重賞勝ち馬。要するに人気馬は1800m以上でケチつける実績じゃないことがわかります。実績があって1、2番人気な馬はとりあえず買うべきってことですね。ま、4着だったダンスインザムードとアドマイヤキッスも該当しますけどね。

というわけで今年はクラシック未出走組にチャンスはありません。鉄板データ馬が教えてくれているのは春の勢力図が凄いんだよ、ということを教えてくれているわけでして春は駄目だったけど捲土重来!というのは決まりにくい。捲土重来狙っているのは何もクラシック未出走馬だけでなくクラシック出走馬もそうだということ。波乱の立役者達にしても3着がやっと。エイシンカチータ、4着でしたがサクセスストレインやウイングレットにしてもオークス出走しています。

今年の目玉である春の勢力図以外の連中が多いこと。アヴェンチュラは上位人気するでしょうからこれら過去の傾向を崩す可能性もありはしますが、流すなら春の実績馬のほうがベターと心得ます。とはいえ桜花賞出走馬が少なく、春の勢力図を支えている連中もローズSでころっと負けていたりと人気面ではクラシック未出走組に負ける可能性は高いだけにある意味トラップですw

2008年にまとめたもの

デルマドゥルガー

②アヴェンチュラ、カルマート、ゼフィランサス、フレンチボウ

メモリアルイヤー、レッドエレンシア

③ゼフィランサス、フレンチボウ、メモリアルイヤー

リヴァーレ、リトルダーリン

 

アヴェンチュラは②牝馬限定戦上がりでひっかかっていますが(牝馬限定戦出走数3回未満)③で合格しています。キョウワジャンヌ、レッドエレンシア(こちらも②でひっかかっている)の3頭がクラシック未出走組で残った連中です。

④カルマート、デルマドゥルガー、マイネソルシエール

カルマートもデルマドゥルガーも複数失格。

合格馬ではアカンサスは人気なさそう。エリンコートは桜花賞未出走のオークス馬の時点で合格。スピードリッパーも人気ないでしょうね。ピュアブリーゼは立て直してどこまでやれるか。ホエールキャプチャは鉄板データとともに④合格です。マイネイサベルも合格。マルセリーナはぎりぎりオークスでの上がりでセーフ。

ということでクラシック未出走組3頭(そのうち2頭は減点あり)、クラシック出走馬7頭の合計10頭が合格。このうち人気するであろう連中から買うことになるわけで、スピードリッパーなどTR敗戦組より好走組や実績馬をおさえるのが基本になりそうです。ひと叩きを期待される桜花賞馬、オークス馬はもちろん、TR好走のマイネイサベル、本音を言えば3着で期待したアヴェンチュラといったところが上位人気とおもわれます。

波乱あるとすればスピードリッパーやアカンサスの巻き返し組が3着にくるかどうかですかね。特にアカンサス。アカンサスはスイートピーSのときにも紹介したことのある馬ですが、オークスでは残念ながら好走せず。紫苑Sもさらっと負けてしまい、全く期待されていないでしょうがワンチャンスに期待しています。スピードリッパーはちょっと狙いすぎでしょうけどw

いずれにせよ堅い秋華賞。

データ的にはアヴェンチュラの活躍がどう出るかにかかってきそうです。人気馬の実績とクラシック未出走組の脆弱性を抱え持つ実績馬。ある意味キーであり、この馬が3着以下に負けることで生まれる旨みとの戦い。

3着固定でギャンブルしてみましょうかねw

 

« マイルCS南部杯の予想 | トップページ | GI予想~秋華賞 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/52985661

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞のお話2011:

« マイルCS南部杯の予想 | トップページ | GI予想~秋華賞 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ