« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

菊ポイント2011

推定3ハロンで検索で来られた方がちょろちょろと居られるご様子。結果は載せていますが参考になったでしょうか?本に書かれている通りなのか、1位だけ買っていれば楽しめるのか、私の視点で推定3ハロン傾向まとめるとこんな狙い方できるんじゃない?というお話です。現時点で鉄板は中山芝1800mの回収率は素晴らしいですね。検証始めて数レースしかない条件ですが後半3ハロン上位5頭のボックスで決着しているのだから偏っている今はとことん狙うべきかなと思います

でもフラワーカップや中山記念でも使えるかは別です

使用者がとっさに傾向つかめる予想メソッドなのかどうかを評価しているので私としては推定3ハロンは合格点をあげたいですね。ただし、本を買う必要はないなwというのが今の心境です。本読んでいても中山芝1800mで後半3ハロン上位狙っていなかったでしょうし。

 

話戻して菊ポイントです。これは菊花賞好走馬ポイントですね。詳しくはこちらか去年の菊花賞取り上げていたこちらをご覧ください。加点方式でまとめています。2010年は2位タイのビッグウィークが勝利。ローズキングダムとビートブラックも2位タイ。1位レーヴドリアンは4着でした。上位で決着したものの2位タイが7頭もいた去年の菊花賞。減点食らってたのは1位レーヴドリアンだけというシュールなポイント上位。

2009年1着スリーロールスは11位タイなので狙えたかは微妙ですが、ポイント+2以上の馬を軸にするのが基本です。07年2着アルナスライン+3、3着ロックドゥカンブ+2、08年1着オウケンブルースリ+2.5、3着ナムラクレセント+2、09年2着フォゲッタブル+2という具合です。

 

今年のTR組

オルフェーヴル +2(+1、+1)

ウインバリアシオン +2(+1、+1)

フレールジャック +2(+1、+1)

ショウナンマイティ +2(+1、+1)

フェイトフルウォー +1.5(-0.5、+1、+1)

トーセンラー +1.5(-0.5、+1、+1)

サダムパテック +1.5(-0.5、+1、+1)

ベルシャザール +1.5(+1、-0.5、+1)

スマートロビン +1.5(+1、+0.5)

トーシンイーグル +1(+0.5、+1、-0.5)

ダノンミル +0.5(-0.5、+1)

 

上位揃ってポイント並びました。セントライト記念組は揃ってダービー(2400m初出走時)で減点食らっています。ベルシャザールの減点は2200mというかセントライト記念でのものなのでセントライト記念出走しなけりゃ減点なかったんですよねぇ・・・w

まだ出走馬確定していないので隠れたポイント持ちがいるかもしれません。ちなみにギュスターヴクライは+2.5(+1、+0.5、+1)です。なんとしても兵庫特別勝利で出走できないものかと思うばかり。狙いすぎかなw

2011年9月23日 (金)

札幌/中山/阪神3日目・4日目の結果

判り辛い文章になっちゃったなー、ここ直して・・・・計算ミスった~、とりあえず保存とかいろいろしてたら消えてたとか寝る前にうつらつらとやってたらミス続きで週末までかかってしまったのでちょっと掲載スタイルをかえてみました。そして遅れてすいません。待っている人いるのかはしりませんが・・・
 

「3f.txt」をダウンロード

文字化けしてたらごめんなさいね

 

~中山~

まずは中山芝。前半3F1位単勝回収率0%でした。複合(前半3F1位、後半3F上位)の結果はベルシャザール(後半3F5位)、タケデンザビエル(後半3F5位)の4着まで。要するにいいところなしという結果でした。得意である1200mではなんとかエーシンヒットマンが3着に粘ったものの、あとの距離は壊滅的。とりあえずスプリンターズSまで前半3F1位狙うのは待ったほうがいいかもしれません。

では後半3Fはというとセントライト記念でトーセンラーが2着、未勝利戦でサトノギャラントが勝利。トーセンラーみていると本に書かれているとおりだなーと思ったりも。どちらも1800mと2200mと中距離でのもの。どちらもちょっとかみ合っていない様子がわかるかと。

特別、解説はなかったのですが1800mが面白かった。サトノギャラントが勝ち、1~3着まで後半3F上位独占というレースがあった、というのは先日紹介しましたが4日目8Rでも同じ現象が。1~3着まで後半3F上位(1着3位、2着2位、3着4位)。シンボリカージナル、マイネルドルチェは人気薄の激走。私もありがたく獲らせてもらいました。土曜日の結果を紹介した際に内枠の後半3F上位が来ている、と紹介した条件に合致していたシンボリカージナルの頑張りのお陰でもあります。ちなみに今週芝1800mのレースは日曜日の2R。早起きは三文の徳というやつがあるかもしれません

内枠(1~4番)の後半3F上位[2-4-1-6]

流石に4日目は成績落ちましたが、シンボリカージナルとトーセンラーが2着。流石に今週からは決まりにくいでしょうけど(今週からCコース使用)傾向チェックすべきですね。

続いてダート。苦手と本で紹介してるだけに中途半端です。前後3F上位馬も活躍の中心のわりに取りこぼしも目立ちます。1200m戦は後半上位1~3位が大活躍。アナモリとサリエルの追い込みは凄かったですね。穴馬ハートノイヤリングの激走もあり、1200mの後半3F上位3頭は要注目。では1800mはというと不発が目立ちます。これは前後3Fともに中途半端。その割に人気馬決着ばかり。1番人気が後半3F上位で好走続き。やけに堅かったのもあるのかも・・・

 

~阪神~

芝はわかりやすい前後半3F上位を軸にしていればいい、という結果に。ホエールキャプチャ筆頭にテイエムバゴオー、ダローネガとニシノビークイック、スーパーオービット、ゴールスキーと信頼の軸馬として活躍していました。とはいえ皆人気馬です。スーパーオービットは6番人気でしたが。本にあったローズSですが今年は珍しくゆったりしたペースでした。それでもキョウワジャンヌが来るわけで後半3F上位同士の組み合わせは大事ですね。

ダートはまんべんなく好走。特に1800mでの前半3F3位と4位の活躍が目立ちました。サンライズシャトー、フェニックスソード、メロウメロディ、レッドデセーオとヴェルデライト、ウインドミネーターが連対。相手こそ人気馬や前後3Fの上位だったりと堅かったものの絶対的な信頼を寄せられる軸馬として使えそうです。1200mはベネラが不発も前半3F1位唯一の勝利も1200mでした(ニシオドリーム)。とはいえあんまり行われてないので単勝で楽しむのも一興かと。ニシオドリーム人気でしたが。

とはいえこちらも前後半3F上位無双。特に4日目.

~札幌~

芝レース、後半3F1位の補足。後半1位+前半3F上位では[3-0-0-0]。それだけ前後半3F上位の成績が多いってことは・・・少頭数ってことでもあります。それは中山でも阪神でもありますが札幌は集中しています。また少頭数ほど後半3F有利。多頭数だと前半3F上位が1頭ふんばっています。1着サドンストーム(前半2位)ノヴェッロ(前半1位)、3着サクラエボル(前半2位)、マスイデア(前半1位)、キンジシ(前半4位)、カリステジア(前半1位)という具合。多頭数になれば前半3F1位と2位流しも面白いかも。

この辺みてると正直な馬場といえます

ダートはD1700mは後半3F(というよりは回収率が高めのコース)有利、を裏付ける後半3F1位2位から流しているだけで的中してるかもしれない。

D1000m後半3F1位2位[1-0-0-2]

D1700m後半3F1位2位[4-1-5-3]

レース数が違うけどこれは本通り。流石。

 

~実際使ってみて~

こうやって傾向見ていくのも面白いですが、ピンポイントで使える条件が揃っているかの判断が難しそうな分使い方に幅や創意工夫ありそうな推定3F。意外に使えるけど推定3Fだけで儲けられるか、おさえの1頭を探す材料としては使えそうですね

2011年9月18日 (日)

推定3ハロン 9/17の札幌成績

中山はがっかり開幕でしたが、札幌は?ちなみに9/18は休み。19日月曜日の参考にどうぞ。

札幌芝レース

前半3F1位[0-0-1-5] 後半3F1位[2-0-1-3]

前後3F1~5位該当[2-1-2-4]

前半2位[1-1-1-3] 3位[0-0-0-6] 4位[0-0-2-4] 5位[1-2-0-3]

後半2位[1-1-0-4] 3位[0-1-2-3] 4位[0-1-0-5] 5位[1-0-1-4]

本通り、前半3F1位苦戦。1位唯一好走は1200mでした(3着マスイデア)。では好調と紹介された後半3Fはというと8R3着リトルドア(11番人気 104.6倍)の劇走。セレスマジェスティや楽勝したグランデッツァの好走とこちらも本通りといえるでしょう。ダントツの人気はグランデッツァしかおらず、人気馬があまりいない中の成績ですからこれは月曜日も期待ですね。また後半3F上位揃って頑張っており、後半3F不発は4Rの2歳500万下のみ。これはスローペースでマークしたものを評価されたものでしょうし、適性外のタイム評価されたものだとおもわれます。

あと前半3F上位の成績ですが、4位と5位の成績は前後3F該当馬を除くと好走は1例。芝2600m2着オールターゲット(5位)。前半3F上位は1位と2位をおさえる程度でいいかもしれません。

1位[0-0-1-3] 2位[1-0-1-3] 3位[0-0-0-5] 4位[0-0-0-3] 5位[0-1-0-3]

 

ダートレース

前半3F1位[0-1-1-3] 後半3F1位[2-0-0-3]

前後3F1~5位該当[1-1-3-3]

前半2位[2-0-0-3] 3位[0-1-0-4] 4位[1-1-1-2] 5位[0-0-1-4]

後半2位[0-1-3-1] 3位[1-1-0-3] 4位[0-1-2-2] 5位[0-0-0-5]

こちらは少頭数なのもあって微妙ですが、後半3F狙ってもいいんじゃないかと思うくらい頑張っていたのですが・・・。前後上位な馬が安定していたので1位がどうのよりは堅実に評価高い馬買えばいいかなと

 

初日飛びぬけてよかった印象は札幌芝ですかね。結果出たことが全てですが中山は酷かった・・・。唯一の救いは内枠という今だから狙える条件です。日曜日は全力で後半3F狙いですね。とりあえず後半開催まで中山芝は様子見が妥当です

推定3ハロン 9/17の中山成績

ということで検証してみました。

中山の成績はこうなりました

 

中山芝

前半3F1位[0-0-0-4] 後半3F1位[1-0-0-3]

前後3F1~5位該当[0-0-1-4]

中山ダート

前半3F1位[0-0-1-5] 後半3F1位[1-1-1-3]

前後3F1~5位該当[1-2-0-9]

 

芝壊滅的。唯一好走したのはサトノギャラント(1番人気 1.6倍 後半3F1位)の1着、前後3F該当の方ではクイーンオリーブ(1番人気 3.3倍 前2位 後4位)3着。見事な凡退っぷりですね。クイーンオリーブのように1位じゃなくても好走はあるので今度は2位以下をみていきましょう

前半3F2位[0-0-1-3] 3位[0-1-0-3]  4位[1-0-0-3] 5位[0-1-0-3]

3位の好走はメーンレースのボストンエンペラー(3番人気 4.2倍)、4位の好走はファーストグロース(4番人気 8.9倍)、5位の好走はロングスローイン(5番人気 10.8倍)ということで好走したのはいずれも人気馬。ちなみに8Rは前半3F上位で1~3着独占しています。

6番人気以下の前半3F上位[0-0-0-10]

切なくなる成績でこういうの見てもね・・・。

 

後半3F2位[1-1-0-2] 3位[0-1-0-3] 4位[0-0-2-3] 5位[0-0-0-4]

2位の好走はシセイカグヤ(9番人気 48.1倍)とタニセンヴォイス(5番人気 25.0倍)。3位はブランダムール(3番人気 6.2倍)。4位はクイーンオリーブとタイセイグルーヴィ(3番人気 7.3倍)。土曜日は後半3Fの活躍が目立った形ですが、1つ共通点が。後半3F好走馬揃って内枠馬だったりします。クイーンオリーブこそ7枠馬ですが少頭数。シセイカグヤ、タニセンヴォイス、ブランダムール、タイセイグルーヴィは1~2番。そして1位で唯一勝ったサトノギャラントも3番です。内枠の後半3F上位を買えってことでしょうか

馬番1~4番 後半3F1~5位[2-2-1-1]

4着以下はアラマサローズ(4番)。ストイックなくらい1~3番に集中して後半3F狙うといいかもしれませんね

 

続いてダートですがこちらのほうが好走していました。なにも該当しなかった馬の好走の方が少なかったくらい(1R1着ジョウノソナタ、10R2着アオゾラペダルの2頭)。前半3F1位が不発の分を後半3F1位が活躍・・・といっても勝ったのはリバティバランス(1番人気 1.8倍)だけ。当たりは2着ハートノイヤリング(8番人気 28.6倍)、3着レッドシャリオ(5番人気 12.7倍)と一応がんばっています。

不発した後半3F1位はエゾムサシ(前3位、後1位)、メギービー(前3位、後1位)、ドラゴンアルテマ(前3位、後1位)と面白い結果に。ちなみにハートノイヤリング(前5位、後1位)もにたような感じですが活躍。明日はどうでしょうか。

 

とりあえず後半3F1位から前半、後半該当馬に流す馬連、ワイドが妥当。というのも中山ダートは苦手分野といっているのでいつも好調というわけではないでしょうしそこまで信頼におけるわけでもないでしょうからこれが妥当かと。

次は札幌です

2011年9月14日 (水)

検証中止のおしらせ

ツイッターでつぶやいた通り、京大式 推定3ハロンの検証は中止としました。この本を見る限り推定3ハロンは優秀な競馬予想メソッドなのかもしれません。そして結果を残しています。セントウルSのイベントで推定前半3ハロン上位、後半3ハロン上位のダッシャーゴーゴーを本命とし、相手にエーシンヴァーゴウを選んだ理由も理解できましたし、見事といえる予想でした。

んがしかし。

これを自分で出したいわけです。そして自分で出して著者久保氏が何故この馬を選んだのかを検証したかったわけです。ですが、この本を買ってもその答えはでません。使い方は丁寧に書かれており、来週からサンスポ買って予想に役立てるぞ!という気にはなったかもしれませんが、どうしてこの推定3ハロンがでたの?どのレースを評価してこれがでたの?という部分が知りたかった私には残念な本でした。

 

そりゃまぁ・・・情報提供サービスされているだけに簡単に算出できると色々困るのはわかるんですが自分で算出できそうでできないってのが残念なわけです。数式サラブレッドとはこの点が違う。ただし数式サラブレッドも機械式に出してもよい結果につながらず、予想材料の1つでしかありません。おそらく推定3ハロンもそうなのでしょう

せめて基準タイムの公表、ないし本を買った人に提供してほしかったなと思う次第です。阪神・中山・京都・東京開催が続く秋競馬を考慮してあえて提供してくれたのかもしれませんが夏競馬使ってきた馬の評価ができないため自力算出が不可能なのがね・・・。

 

まずはサンスポ買ってみようかなと思えたなら成功なんでしょうね。

ま、サンスポの売り上げに貢献している推定3ハロンとはこういうものだ!という本として使うなら別に何の問題もないのですが、入手する手段、先週のおさらいができない以上(データ入手しない限り)検証が困難なので私は中止にした次第です

 

別の形で検証するかもしれませんがとりあえずは中止です

引き続き、数式サラブレッドと完全タイム差(実質タイム差)を使った予想を磨いていきたいと思います。まだまだ道は険しいですがw

2011年9月 3日 (土)

2歳S・完全タイム差(実質タイム差)

ご無沙汰しております。

元気っちゃあ元気なのですが(ツイッターのほうでぼそぼそつぶやいているので生存確認はできるかと^^;)モチベがイマイチ上がらずウイポはプレイできず苛々してたりお盆出勤で疲れてたりと悪循環でついにブログ更新が落ちまくるという危機的な状況です。秋競馬までに復帰したいなぁと思っていたら今週は2歳Sがあるわけで。ちょっと復帰してみました

 

元は「新潟重賞、完全タイム差(実質タイム差)上位で決まりすぎてるだろ・・・」と適性度や機動力や変速率調べてる作業を返せ!と関屋記念が『THE MISSION3』の対象レースに選ばれなかった時に思ったのもいい思い出です。で、先日ツイッターでブログに載せようか、というくらい偏ってたので紹介してみようと思っていたのですが小倉2歳Sも基本完全タイム差上位で適性度の高い馬のレースになっていたのでそれなら両方紹介しようと思い復帰?という流れです。

 

~新潟2歳S~

09年は完全タイム差不発。上位で好走は3着クロフォード(完全タイム差2位-0.5)で完全タイム差下位のシンメイフジ、フローライゼの外差し後方勢の決着。変速率勝負になったともいえます。10年は4位と5位決着。マイネイサベル(完全タイム差4位+0.0)、マイネルラクリマ(完全タイム差5位+0.2)。

両年とも完全タイム差上位が連対できませんでした。上位ではエーシンブラン(完全タイム差2位-0.2)が4着とクロフォードと似たような成績。着差こそ違いますが完全タイム差上位が苦戦する傾向とみてもいいかもしれません。09年のタイム差上位は揃って皆-0.1以上でした。10年は逆に1位サイレントソニック以外(-0.5)は-0.1以上の馬は2頭。この2年の傾向の差はメンバーの完全タイム差にありそうです。つまりパワー馬場になっていたかもしれない。変速率が高い馬をチェックするといい・・・のか?

では今回の完全タイム差上位6頭。1位ニコールバローズ(-0.2)、2位ジャスタウェイ(-0.1)、3位ニンジャとヒシマーベラス(+0.1)、5位モンストール(+0.2)、6位プレノタート(+0.3)

今年も10年と似たようなメンバー構成。今回の注目はモンストールでしょう。新馬戦で2着馬に0.6秒差。好位から抜け出すテクニックもよかったし、傾向通りだとこの馬が面白そう。ニンジャも傾向通りだと狙いたいですね。変速率上位ではヴュルデバンダム、ハッシュドトーン、アドマイヤリリーフ。この連中が変速率祭りの際に狙うべき連中かなと。

◎モンストール

○ニンジャ

▲ジャスタウェイ

△ヒシマーベラス

注ニコールバローズ、ダローネガ、プレノタート

注ヴュルデバンダム、アドマイヤリリーフ

注ハッシュドトーン

 

馬連フォーメーション◎○▲△→◎○▲△注へ

 

 

~小倉2歳S~

09年、10年ともに完全タイム差1位または2位が1着。この2年は波乱なく人気決着。完全タイム+0.0までの上位を中心に買うのがベター。・・・なのですが今年は頭数少な目。マコトリヴァーサルがダントツ人気の今回。相手をどう選ぶかですね

完全タイム差1位アイラブリリ(-0.3)、2位マコトリヴァーサルとゴーイングパワー(-0.2)、4位オウケンハナミズキ(-0.1)、5位カノヤミノリ(+0.0)

◎マコトリヴァーサル

○ゴーイングパワー

注アイラブリリ

注エピセアローム

注ヴェアデイロス

注オウケンハナミズキ

注カノヤミノリ

 

フェニックス賞組が人気すると思いますが完全タイム差も平凡で機動力も低め。それなら伸びしろある馬達のほうが面白いんじゃないかなと。マコトリヴァーサルから相手探しが基本になると思います。○ゴーイングパワーが頑張ってくれるとうれしいのですが・・・人気ないですね

 

~おまけ~

札幌1R。ドリームキャプテンvsウイニングサルート。ここに穴が来るとしたらマイネル2頭。期待しているのはマイネルツァウバーですが、札幌向きなのはフェイブルのほう。とりあえずドリームキャプテンとウイニングサルートの2頭軸で堅実にあてにいきたい・・・んですが7頭立てですw

小倉2Rのニシノビークイックは新潟2歳Sで紹介したモンストールに新馬戦負けた馬。2戦連続2着、内容もよく、完全タイム差も上位。人気するでしょうが中心です。距離が伸びたほうがよさそうですね。お相手はイツノヒカ、テイエムアピール、コーダリーなどなど。絞るより手広く流すほうが楽しめると思います。ニシノビークイックはすんなり勝たないといけませんね

BSN賞はエーブダッチマンがいい枠ひいたのでアースサウンドとの一騎打ち期待。シルクフォーチュンは外枠ひいてこの少頭数。不器用なこの馬にとって新潟コースは辛いかなと。それならレディルージュやインオラリオ買うかなぁ。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ