« 若駒を完全タイム差でみる | トップページ | 検証中止のおしらせ »

2011年9月 3日 (土)

2歳S・完全タイム差(実質タイム差)

ご無沙汰しております。

元気っちゃあ元気なのですが(ツイッターのほうでぼそぼそつぶやいているので生存確認はできるかと^^;)モチベがイマイチ上がらずウイポはプレイできず苛々してたりお盆出勤で疲れてたりと悪循環でついにブログ更新が落ちまくるという危機的な状況です。秋競馬までに復帰したいなぁと思っていたら今週は2歳Sがあるわけで。ちょっと復帰してみました

 

元は「新潟重賞、完全タイム差(実質タイム差)上位で決まりすぎてるだろ・・・」と適性度や機動力や変速率調べてる作業を返せ!と関屋記念が『THE MISSION3』の対象レースに選ばれなかった時に思ったのもいい思い出です。で、先日ツイッターでブログに載せようか、というくらい偏ってたので紹介してみようと思っていたのですが小倉2歳Sも基本完全タイム差上位で適性度の高い馬のレースになっていたのでそれなら両方紹介しようと思い復帰?という流れです。

 

~新潟2歳S~

09年は完全タイム差不発。上位で好走は3着クロフォード(完全タイム差2位-0.5)で完全タイム差下位のシンメイフジ、フローライゼの外差し後方勢の決着。変速率勝負になったともいえます。10年は4位と5位決着。マイネイサベル(完全タイム差4位+0.0)、マイネルラクリマ(完全タイム差5位+0.2)。

両年とも完全タイム差上位が連対できませんでした。上位ではエーシンブラン(完全タイム差2位-0.2)が4着とクロフォードと似たような成績。着差こそ違いますが完全タイム差上位が苦戦する傾向とみてもいいかもしれません。09年のタイム差上位は揃って皆-0.1以上でした。10年は逆に1位サイレントソニック以外(-0.5)は-0.1以上の馬は2頭。この2年の傾向の差はメンバーの完全タイム差にありそうです。つまりパワー馬場になっていたかもしれない。変速率が高い馬をチェックするといい・・・のか?

では今回の完全タイム差上位6頭。1位ニコールバローズ(-0.2)、2位ジャスタウェイ(-0.1)、3位ニンジャとヒシマーベラス(+0.1)、5位モンストール(+0.2)、6位プレノタート(+0.3)

今年も10年と似たようなメンバー構成。今回の注目はモンストールでしょう。新馬戦で2着馬に0.6秒差。好位から抜け出すテクニックもよかったし、傾向通りだとこの馬が面白そう。ニンジャも傾向通りだと狙いたいですね。変速率上位ではヴュルデバンダム、ハッシュドトーン、アドマイヤリリーフ。この連中が変速率祭りの際に狙うべき連中かなと。

◎モンストール

○ニンジャ

▲ジャスタウェイ

△ヒシマーベラス

注ニコールバローズ、ダローネガ、プレノタート

注ヴュルデバンダム、アドマイヤリリーフ

注ハッシュドトーン

 

馬連フォーメーション◎○▲△→◎○▲△注へ

 

 

~小倉2歳S~

09年、10年ともに完全タイム差1位または2位が1着。この2年は波乱なく人気決着。完全タイム+0.0までの上位を中心に買うのがベター。・・・なのですが今年は頭数少な目。マコトリヴァーサルがダントツ人気の今回。相手をどう選ぶかですね

完全タイム差1位アイラブリリ(-0.3)、2位マコトリヴァーサルとゴーイングパワー(-0.2)、4位オウケンハナミズキ(-0.1)、5位カノヤミノリ(+0.0)

◎マコトリヴァーサル

○ゴーイングパワー

注アイラブリリ

注エピセアローム

注ヴェアデイロス

注オウケンハナミズキ

注カノヤミノリ

 

フェニックス賞組が人気すると思いますが完全タイム差も平凡で機動力も低め。それなら伸びしろある馬達のほうが面白いんじゃないかなと。マコトリヴァーサルから相手探しが基本になると思います。○ゴーイングパワーが頑張ってくれるとうれしいのですが・・・人気ないですね

 

~おまけ~

札幌1R。ドリームキャプテンvsウイニングサルート。ここに穴が来るとしたらマイネル2頭。期待しているのはマイネルツァウバーですが、札幌向きなのはフェイブルのほう。とりあえずドリームキャプテンとウイニングサルートの2頭軸で堅実にあてにいきたい・・・んですが7頭立てですw

小倉2Rのニシノビークイックは新潟2歳Sで紹介したモンストールに新馬戦負けた馬。2戦連続2着、内容もよく、完全タイム差も上位。人気するでしょうが中心です。距離が伸びたほうがよさそうですね。お相手はイツノヒカ、テイエムアピール、コーダリーなどなど。絞るより手広く流すほうが楽しめると思います。ニシノビークイックはすんなり勝たないといけませんね

BSN賞はエーブダッチマンがいい枠ひいたのでアースサウンドとの一騎打ち期待。シルクフォーチュンは外枠ひいてこの少頭数。不器用なこの馬にとって新潟コースは辛いかなと。それならレディルージュやインオラリオ買うかなぁ。

« 若駒を完全タイム差でみる | トップページ | 検証中止のおしらせ »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/52633938

この記事へのトラックバック一覧です: 2歳S・完全タイム差(実質タイム差):

« 若駒を完全タイム差でみる | トップページ | 検証中止のおしらせ »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ