« WIN5狂想曲 | トップページ | 若駒を完全タイム差でみる »

2011年7月24日 (日)

生存確認代わりに

PSP故障し意気消沈しつつもツイッターでつまらないことつぶやいている今日この頃。お元気でしょうか。前回つぶやいたのは出資馬が初ダートで勝つかな~とそわそわしてた頃。WIN5がガチガチだったときですね。忙しかったり体力が足りて無かったりとgdgd進行も重なり、PSPがまた放牧するトラブル・・・もうPS3に移籍しましょうか。WP7以外することないけど。

 

今回は知人とWIN5勝負することになったので予想してみました

そろそろ一口クラブ出資の時期なので資金増加狙ったりして・・・

 

今回の難問は京都10R(D1200m)、新潟11R(D1800m)、そして函館記念。逆にお手軽レースは京都11R(芝1400m)と新潟10R(芝2200m)になります。

まずは新潟10Rから。

ここは1番人気モンテエンから。コスモラピュタを捉え切れなかった前走の内容が光ります。相手は準OPで戦っていける相手ですからここはすんなり1000万下卒業してコスモラピュタと再戦したいところ。

相手はカネトシパサージュ、ヒカルマンテンボシ、メイショウイチバンになりますがカネトシは後方からだしヒカルマンテンボシがすいすいと逃げられるわけでなく(先行馬ショウナンバーズがいる)、また「差し届かない馬場ではないので好位からじわりと仕掛けていけるモンテエンが勝つとみてよいでしょう。

 

京都11Rは少頭数。CBC賞3着タマモナイスプレイがささっと好位から早め抜け出しできる面子。ただし怖いのはオセアニアボスの末脚でしょう。マイネルクラリティ、サワノパンサーが前で競馬する関係でタマモナイスプレイがマークした形で追いかける関係で最後甘くなったところを一気にオセアニアボス!という小牧騎手らしい競馬も期待できるので今回はタマモナイスプレイとオセアニアボスでいこうと思います

 

~難問~

新潟11Rは同一コース勝利しているトーセンアドミラルや1000万下を卒業したグリッターウイング、トーセンアレスなど4歳勢が揃っていてどれが勝つやら混戦ムード漂います。その中でも注目したのはタイセイレジェンド。こちらも4歳馬。OPでも通用した先行力が最大の武器。トーセンアドミラルもついていこうとするでしょうが(器用な馬なので)、激流でもまれた経験がまだないのがネックです。その点タイセイレジェンドは機動力なら任せろというタイプなので翻弄も可能でしょう。唯一不安なのは1800mでそれができるか、ですね

もう1頭あげるとすればフォーティファイド。こちらは1800mは得意です。タイセイレジェンドが耐え切れなくなった場合の保険にもうってつけだし、昇級馬に混じって地味にうつるところもナイス。前走活躍しているものの目立たないのはいいことです?

この2頭+トーセンアレスの3頭で。トーセンアレスは58kgがどう響くか。そして左回り克服なるのかどうか。これがイマイチつかめないので消せませんでした。グリッターウイングに関しては斤量背負わされすぎなので素直に軽視です

  

続いて京都10RはWIN5最初のレースにしてトラップ満載。ベネラ、フィールドシャインが揃って外枠をひいちゃってさぁ大変。2頭とも先行馬でガンガン攻めるタイプなので外ひいても実力差で飛ばせるだろう、という評価のようですが内枠にトーセンピングス、芝からダート挑んでみたエーシンシークルーが飛ばす関係で思うようにいかない恐れがあるだけに人気2頭はやや不安です。しかもここにヒシアカデミーも絡んでくるとややこしい。ウララカも外なので無理でもついていこうと最初から飛ばすかもしれない。この時点でベネラには荷の重い展開です。

地力があるフィールドシャインは何とか耐えるとしてもエーシンシークルーとトーセンピングスがイン守りきったら最後力尽きるかもしれない。かなり激しい展開なのでこの3頭の激戦を期待したいですね。特にトーセンピングス。この中では一番地味なのでw

 

~函館記念~

前年覇者マイネルスターリーが人気ですがハンデ58kg。こうなると楽しみはハンデキャッパーの思惑に乗ろうと軽斤量に注目ですが、何とか出走できたエドノヤマトの54kgが魅力です。54か55もしくは56かで迷ったところにミッキーペトラがいる。という関係でミッキーペトラが55kg、エドノヤマトは54kgと結構得しているんじゃないかと。このまま晴れならエドノヤマトにとっては借りを返せるかもしれないし、雨で馬場が渋るようならミッキーペトラがこなすかもしれない。この2頭は美味しいですね(配当じゃなくてハンデ)

もう1頭あげるならメイショウクオリア。北海道シリーズで4着、5着と後一歩までこなすものの馬券に絡んでいません。とはいえ地力のある馬です。タフな流れに持ち込めれば面白い存在になるんじゃないかと。ここは変わり身に期待ですね

 

~WIN5以外で~

京都10RはWIN5で狙った3頭の決着を期待していますが、3着争いで穴を狙ってみました。リッカコウユウとヒシアカデミー。相手は強いですがいい枠ひいたので3着ならもしかして・・・という淡い期待。ヒシアカデミーはフィールドシャインがオーバーペースで走った際の保険。ウララカやドクターラオウは今回展開的にきつそうなので穴狙うならこの2頭でしょうか

  

今回は54点購入。ついつい京都D1200mで穴激走(といっても3着だが)期待してみましたが、フィールドシャイン次第ですね。できれば不発がありがたい。とりあえずモンテエンとタマモナイスプレイは順当に勝ってほしいですね。オセアニアボスでもいいけど。

« WIN5狂想曲 | トップページ | 若駒を完全タイム差でみる »

競馬」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。
当方進捗を。まずは確立年表です。

03年:ダンジグ系親昇格
04年:ストームキャット系
05年:デインヒル系
06年:キングマンボ系
07年:SS親系昇格見込み

金満系確立に際しての種牡馬ラインナップを。
*06年の種付け料

キングマンボ:2950万
エルコン(G1 3勝):350
マンボツイスト:250
アメボス:400
アドマイヤマンボ:500
アドマン牡馬(G1 3勝):400
*有馬桜子イベント発生 オーティアフェアでB26評価
キンカメ(G1 3勝):650
スターキングマン:450
アルカセット(G1 2勝):450
Lemon Drop Kid:1350
KIng's Best:550
Dubai Destination:600

肌は全9頭で、Russian Rhythmから順に16700/13600/7000/4700・・・といった感じ。

余裕だったのかギリギリだったのかは計算していませんが、
06年のキングマンボ価格維持に少し努力必要。
あと、4~5歳のアルカセットは全然強くないっす。

当方、特定馬以外、殿堂入りさせない方針の為、
エルコン・キンカメあたりの価格は安価です。
でも、確立可能でしたね。

以上、ご参考。

ども、キングマンボ確立価格ありです。私がシミュレートしていたより1頭ほど余裕あったみたいで。勝因はアドマイヤマンボ親子のようですね

アルカセットはご指摘の通り苦戦しますね。何度かうまいこと使えないか努力しましたが成長度あげるのに苦労するので悩んでます。

PSPが帰ってくるまでこちらのプレイデータが見れないのでまた記事書きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/52290681

この記事へのトラックバック一覧です: 生存確認代わりに:

« WIN5狂想曲 | トップページ | 若駒を完全タイム差でみる »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ