« 東京優駿のお話2011 | トップページ | GI予想~安田記念 »

2011年5月29日 (日)

GI予想~東京優駿

結局◎オルフェーヴルにしました。

データを強調しただけでなく、スプリングSの内容が素晴らしかったパフォーマンスを評価しました。完全タイム差-0.5の内容がよかった。池添騎手にとってはダービージョッキーになる最高のチャンスといえます。機動力は優秀だし、変速率も悪くない。むしろこの2年のダービー好走馬のパフォーマンスに似ている(2010年活躍馬に似ている)。ダービー馬にもっとも近いデータと近年の活躍馬に似たパフォーマンス。

一応ネオユニヴァースとメイショウサムソン同様のきさらぎ賞→スプリングS→皐月賞のローテで2000m初出走初勝利が皐月賞まで同じです。偉大な2頭に続けるか楽しみですね。

 

というわけで優等生データ合格馬からの予想に。

◎オルフェーヴル

△トーセンラー

△オールアズワン

△ナカヤマナイト

△ロッカヴェラーノ

×トーセンレーヴ

×クレスコグランド

 

まず選ばなかった馬から。今回変速率高すぎる連中を軽視しました。皐月賞では強調して購入する条件に挙げていた、変速率(数式サラブレッドから)。皐月賞◎デボネア、○フェイトフルウォー、▲サダムパテックの3頭は揃って購入していません。データでも揃って軽視になっている馬達ですが、そもそも府中芝2000m(しかも開幕週)で活きる条件とダービーとでは異なるわけで、今回は仇となるとみて皐月賞の時に期待した連中は軽視しました。皐月賞予想の時も取り上げましたが「ダービーTRにぴったりな馬を狙う」と紹介していました。残念ながら不発に終わりましたが(サダムパテック2着、デボネア4着)コンセプトとしてはよかったんじゃないかなと。

 

トーセンラー、ナカヤマナイトは適性度高い変速率上位馬と取り上げていました。今回も同様に適性度は高いです。ベルシャザールも同じく。これらのタイプは万能型なだけに皐月賞で買った時よりは評価上げてみました。といっても注→△ですけども。ベルシャザールは3着争いなら買ってもいいかなと思いましたが今回は馬単狙うのでパスにしました

皐月賞同様△にしたオールアズワン。新馬戦以来更新がないものの、札幌2歳の内容は本当によかった。データもここを評価してのことですが器用に立ち回れるのがよい方に出ればなぁと見守っている穴馬です。心の中では▲なんですけども・・・。△ロッカヴェラーノの皐月賞6着は立派とみるかどうか次第。動いていけるのかどうかだけです。スロー大歓迎。ちなみにベストは当然ながら皐月賞です。

×のトーセンレーヴもスローお得意。問題は臨戦過程ですね。青葉→プリンシパルのTR連闘。あとラーとの位置取りね。どっちが前で競馬するのか。レーヴに好き勝手してもらうのか、それともラーに動いてもらうのか。どっちか先に行くほうが間違いなく競馬しやすくなるし。これが難しいところで×にしてみました

クレスコグランドはムーニーバレーRCの印象強いのか人気していますね。坂口元調教師も期待されている(愛弟子が騎乗することもあって更に)のもあるのかな?ベルシャザールがエスコートしてくれるのをうまくいかせればなと。あとはどこまでついていけるか。

 

~買い目~

馬単(表裏)

◎→△×

ワイド

◎→△

 

オルフェーヴルが2着の方が当然配当上がりますので馬単です。ワイドの方はオールアズワンでびしっと狙えるといいかなと。

 

全く注目されていませんけど本当によい状態だなと思うのよ、オールアズワン。本当に2歳までで終わるのかどうか。期待した馬だっただけに一発、夢の舞台で・・・。あとトーセンレーヴはやれるのかやれないのかみても何とも・・・。ビワハイジの仔もったとしてこんな使い方できるだろうかと考えたものの自分にはこんな使い方できるだろうかと。

夢の舞台に出したい。

この気持ちがあるから競馬が楽しいんだと思いますし、この思いがあるからこそ連闘してでもダービーに出たいと。やっぱり夢の舞台なんだなと・・・。トーセンレーヴにこめられた期待はどう出るか。楽しみにしたいと思います

« 東京優駿のお話2011 | トップページ | GI予想~安田記念 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
オルフェーヴル、強かったですね。
怪我だけが心配ですが、他馬とは勝負付けが済んでますし、
三冠獲れるような。

WPですが、金満系の続編を宜しくお願いします。
当方も系統確立に向けて、エルコン世代の3頭をまずは
育成してみます。
ただ、「どうしても」ではないので、確立にはこだわらず。

自家生産・早熟牡馬なんですが、二冠獲得で種牡馬入りを
予定したのですが、年末時に「まだいける」と。
で、現役続行で4歳半ばに「燃え尽きた」と。
で、放牧30週プレゼントで温泉療養中の年末時に
「馬がまだ若いね」と。
なんでんねん! これって鍋底ですよね?
自家生産の鍋馬は初なんですが、見分け方とかって
ないですよね?
アイネスフウジン牡馬も早熟なんですが、鍋希望!
ついでに、さっさと放牧終了希望!


余談。
ペキンリュウエン産駒のマキバスナイパーの種牡馬入りを
目論んでおります。

強かったですねオルフェーヴル。ただし菊花賞は全く異なるレースなので(特殊すぎるレース構造)なんともいえませんが。

キングマンボ、エルコン遅れてすいません。ようやく手を出す感じです。コツコツやっていきます

寿命(鍋底?)の件ですが、レース出走していない、海外遠征していない、厩舎にいる状態で2/4週、4/3週、6/2週、8/2週、9/1週、10/5週、12/4週でコメント確認できます。衰えた状態から鍋底発動していたのならまだまだこれから的なコメント(成長度80だから育っていない扱い)、今回の場合いつ発動したのかが鍵ですね。放牧中に発動はないので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/51795411

この記事へのトラックバック一覧です: GI予想~東京優駿:

« 東京優駿のお話2011 | トップページ | GI予想~安田記念 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ