« GI予想~優駿牝馬オークス | トップページ | GI予想~東京優駿 »

2011年5月26日 (木)

東京優駿のお話2011

オークスはデータ合格馬のワンツーなるか!というところで届かず1着、3着。唯一フローラS組で印つけなかったピュアブリーゼに粘られて\(^o^)/という結果でした。あれだけ雨降るとはね。お出掛け先でテレビ観戦していたのですがホエールキャプチャの体が黒っぽくなるくらい濡れていましたね。

 

数式サラブレッド的には機動力決着。これは2010オークスと同じ傾向で、雨降って機動力が活きた格好になりました。勝ったエリンコートは機動力1位、2着ピュアブリーゼは機動力5位。3着ホエールキャプチャこそ機動力上位ではなかったもののデータクリア馬の意地で頑張ってくれました。

ついでに競馬予想TV出演の太組さんの競馬理論、よくわかんない内容なのですがスローペースや牝馬限定戦での理論精度はかなり高いので注目してるときもあります。ピュアブリーゼを取り上げていたのでスローペース濃厚の今回は粘るかもなぁ雨降ったら3着あるかな?と思ってたら2着奮闘されましたね。とほほ。今後もスローかな?と思ったら太組さんの理論に耳傾けてみては?五月蝿いですけどねw

 

~東京優駿のお話~

去年はデータ合格馬で上位独占。ただし合格馬多数(7頭)。あとは自分のチョイスがうまくないとね。エイシンフラッシュは狙えておかないといけませんなというのが去年の反省点。今年は皐月賞が東京で行っている影響がデータにどこまで反映されるのか。とりあえずみていきましょう

 

①基本実績

OPまたは重賞勝利経験

これクリアできない時点で3着以下確定です

~今年の登録馬~

エーシンジャッカル、コティリオン、ショウナンパルフェ、デボネア、ユニバーサルバンク

 

②皐月賞出走組その1

最長勝利距離が2000m以上の馬(つまり2000m以上で勝利したことのある馬)。まずは2000m以上1勝馬(1勝のみ)。条件は2000m初出走初勝利していること、その時上がり1~3位マークしていること。この2点合格していることが条件です。なお、その2000m初出走初勝利は重賞またはOPが望ましい、となっています。

~今年の登録馬~

合格馬

オルフェーヴル(皐月賞、上がり1位)、サダムパテック(弥生賞、上がり3位*2戦目皐月賞2着で評価↓)、ベルシャザール(ホープフルS、上がり3位*2戦目皐月賞着外で評価↓)

失格馬

デボネア、フェイトフルウォー、リベルタス(若駒S、上がり4位以下)

 

続いて2000m以上2勝以上。条件は少し特殊ですが①が合格しなければ②へ、それでも駄目なら③へ・・・という感じです。まずは①②から。①2000m以上のOPまたは重賞で初出走勝利し上がり1~3位→②初出走2着し上がり1~3位

①②合格できなかった馬は③④へ。③2000m以上初出走勝利し上がり1~3位→④2000m以上初出走2着し上がり1~3位

ややこしいので今年の登録馬もとい合格馬

ロッカヴェラーノ(①すみれS、上がり1位)

そんなにいないので次へ進みます

 

③皐月賞組その2

次は2000m以上勝利の無い組。勝ち鞍が1600mまで、1800mまでに分けます。共通データでは1800mの連対率50%以上、重賞連対経験があること。

1600mまでの馬達の条件はマイル重賞勝利していること、1800mで好走(1800m重賞で連対が望ましい)という単純なものです。

今年の登録馬

ノーザンリバー(アーリントンカップ、1800m未出走×→失格)

 

1800mまでの馬の条件は1800m重賞勝利、または1800m勝率100%or連対率100%。どちらか該当しない馬は1800m戦2連対経験があれば拾います

今年の登録馬

ナカヤマナイト(共同通信杯、1800m4連対)、トーセンラー(きさらぎ賞、1800m勝率100%)、オールアズワン(札幌2歳S、1800m勝率100%)

ナカヤマナイトは補欠扱いの合格馬。3頭とも重賞ウイナーなので期待がもてますね。勝率100%が2頭もいるとは。ナカヤマナイトも1800m戦5戦4連対の凄腕です。

 

④前走皐月賞以外の路線

  • 近3走内で連対経験あり
  • 勝利時に上がり1位または2位
  • 4角5番手以内につけて勝利
  • 大敗(1.0秒差以上)1回まで

軽くでいいです。軸にはしないので拾うつもりで。

今年の登録馬

合格馬

ウインバリアシオン、エーシンジャッカル、クレスコグランド、コティリオン、ショウナンパルフェ、トーセンレーヴ、ユニバーサルバンク

 

合格馬のなかで①クリアはウインバリアシオン、クレスコグランド、トーセンレーヴ。あとの合格馬は3着までですね。

 

~まとめ~

皐月賞馬オルフェーヴルは優等生データである、『2000m初出走初勝利が皐月賞』に該当します。このデータ該当馬ではネオユニヴァース、メイショウサムソンが見事2冠達成しています。恐らくこの馬で堅いのではないかなと。ただし東京競馬場でおこなった皐月賞勝利なのが気になるところですね。

ちなみにサダムパテックとベルシャザールは微妙?データに該当しちゃっているので評価を下げています。2000m初出走初勝利後に皐月賞出走のパターンはメジロブライト(ラジオたんぱ杯1着→皐月賞4着→ダービー3着)とアドマイヤオーラ(弥生賞1着→皐月賞4着→ダービー3着)という活躍馬はいるけれど3着のジンクス?データになっています

フサイチホウオーもラジオNIKKEI杯1着→皐月賞3着→ダービー7着と残念なことになっており、鮮度が落ちてきている傾向になっています。サダムパテックの場合は皐月賞2着ですが東京競馬場でのもの。さぁどうなるか。ベルシャザールは初勝利がOP戦なのでやや落ち、皐月賞も大敗でした。こっちもリカバリーあるのか気になるところ。

 

あとはロッカヴェラーノ。すみれSを勝ったマンハッタンカフェ産駒、と思ったら武豊騎手が乗るようです。穴党の方残念でした。今回の注目はトーセンラー、オールアズワン、ナカヤマナイトです。この3頭の1800m成績はとても優秀です。皐月賞こそ凡戦でしたがひと叩きしてどう変わってくるのか。トーセンラーは特にディープインパクト産駒ですし注目されるでしょう。オールアズワンは3歳になって残念な競馬しかしていませんので注目する材料こそないですが穴ですね。ナカヤマナイトはごちゃごちゃしたところから頑張ってはいた皐月賞。ステイゴールド産駒もう1頭はちゃんとおさえねばなりませんね

 

データからはトーセンラーを◎にしたいですね。○オルフェーヴル、▲ロッカヴェラーノ、△ナカヤマナイト、注オールアズワン、あと④合格3頭。トーセンラーとオルフェーヴルの2頭軸で買うのも忘れずに・・・って今年も堅いデータになったなぁ。

« GI予想~優駿牝馬オークス | トップページ | GI予想~東京優駿 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/51770330

この記事へのトラックバック一覧です: 東京優駿のお話2011:

« GI予想~優駿牝馬オークス | トップページ | GI予想~東京優駿 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ