« マーガレットSを試みる | トップページ | GI予想~桜花賞 »

2011年4月 9日 (土)

NZTと阪神牝馬S

なんとか当日ですけども間に合ったので傾向チェックがてら楽しんでもらえればと。今年のクラシック戦線はいろいろとイレギュラーは仕方ないとしてもデータが見事に使えない有様に。取り上げる以上、参考にならないと面白くないので桜花賞予想時に話のネタ扱いにしたいとおもいます。

 

~NZT~

阪神芝1600mで代替。ってことで桜花賞の参考につかわせて貰いましょう。阪神で行われる外回りコースでの重賞はアーリントンカップとチューリップ賞、スプリングSとフラワーC(代替)、毎日杯。フラワーカップは残念ながら調べ損ねたこともあって参考データが手元にありませんが、それ以外のレースの傾向を元に取り上げていきます。

適性度上位が活躍する。これが一番の傾向。

同じ変速率コースの共同通信杯も上位が活躍(ディープサウンドとナカヤマナイト)していることから適性度の高さがまずは必要。アーリントンカップ(ノーザンリバーとテイエムオオタカ)、チューリップ賞(レーヴディソール)、スプリングS(オルフェーヴルとベルシャザール)、毎日杯(コティリオン)。とりあえずこれらのレースでは連対してくれています。とりあえず信頼するなら適性度1~3位。

とりあえず完全タイム差で優秀なパフォーマンスもっていて適性度が高い馬を軸にする。これがまず最初の作業。といっても正規の使い方をしていないのであくまで私調べなんですけども。あくまで数式サラブレッド+完全タイム差を使ってのものです。

とりあえず該当馬はこちら。

NZT:ダノンシャーク(適性度上位、完全タイム差5位)

桜花賞:ダンスファンタジア(適性度上位、完全タイム差4位)

適性度上位で完全タイム差高い連中がこの馬以外にいなかったこともあり、今回はこの馬から流すことも可能ですね。

 

~パターンその2~

完全タイム差は上位ではなかったものの好走例はあります。ただしハズレもある。チューリップ賞でいえばハピシンは適性度上位で完全タイム差4位、そして機動力上位。同じくユースティティアも適性度上位で機動力上位。今回はユースティティアのようなタイプです。

アーリントンカップ3着テイエムオオタカ(機動力2位)、スプリングS1着オルフェーヴル(機動力3位)。

今回の該当馬はこちら

NZT:なし

桜花賞:ホエールキャプチャ(機動力1位)

ニュージーランドトロフィの方はいませんが、桜花賞の方は人気馬ホエールキャプチャですね。ハイ、そこつまらない顔しない。

 

~相手を探そう~

ってことで適性度上位を選び終わったところでお相手はどんなタイプか。共同通信杯とスプリングSは1~3着まで適性度1~4位で決着。ってことでまずは適性度上位に流す・・・のもいいですがとりあえず挙げていきましょう

  • 適性度1~4位
  • 機動力1~5位
  • 変速率1~3位
  • 完全タイム差1~5位

まとめたらわかりやすい結果に。そりゃそうだわという。

  • 適性度13~15
  • 機動力12~17

この2つ該当馬。これはキョウエイバサラ(アーリントンカップ)、メデタシ(チューリップ賞)で2週連続で似たタイプが活躍した例。ただし開幕週と2週目の結果でもあるのでとりあえず参考例。でもレッドデイヴィス(適性度14)、トーセンレーヴ(機動力12)と毎日杯上位が揃って該当しています。ちなみにレッドデイヴィスは機動力1位、トーセンレーヴは変速率2位。適性度の値または機動力の値に該当で機動力or変速率上位に該当する馬は要注意にしておきますか。

NZT:キョウエイバサラ、コルポディヴェント

桜花賞:なし

桜花賞出走のメデタシ、ライステラス、エーシンハーバーは適性度と機動力の値はあっている、というか好走時とかわっていないので当然っちゃ当然ですが、目立つパフォーマンスではないと思ってもらえれば。おさえにどうぞ。NZTキョウエイバサラとコルポディヴェントは完全タイム差上位です。コルポのほうは機動力上位でもある。

 

~まとめると~

NZT

◎ダノンシャーク

○なし

要注意:キョウエイバサラ、コルポディヴェント

 

桜花賞

◎ダンスファンタジア

○ホエールキャプチャ

要注意:なし

注意:メデタシ、ライステラス、エーシンハーバー

 

NZTはダノンシャーク1頭流し、桜花賞は2頭から。

NZTは比較的人気馬が危険ともいえませんけどもグランプリボスやドナウブルーはややパンチ不足(パフォーマンス的に)なのでとりこぼす要素はあるかなと。これならリアルインパクトやラトルスネークにもチャンスあるし。何よりダノンシャーク買う人にはいいオッズです。

とりあえずダノンシャークがちゃんと好走するかをチェック。

 

~オマケ~

阪神牝馬Sは機動力重視~ってことで変速率上位を買おう

変速率1位:プリンセスメモリー

プリンセスメモリーは適性度最下位ってことでこちらもピタリですね。ただし、雨が残る関係上先週の馬場と一緒にはできないのでちょっと捻って変速率上位にも目を向けます。クリアンサスのように好走もありますのでね。

変速率2位トゥニーポート、アンシェルブルー

この2頭面白そうですね

 

人気のカレンチャンといい、サングレアズール、サワヤカラスカルは揃って適性度が低め。どんぐりの背比べ的な相手関係になったこともあり、武器を持つ変速率上位3頭がアッと言わせる展開を考慮するなら相手は必然とカレンチャン達、人気馬になります。

幸いプリンセスメモリーは穴馬ですし、トゥニーポートやアンシェルブルーは注目されていないので買いやすいですね。どこまで通じるのか、変速率上位の激走を信じたいと思います

« マーガレットSを試みる | トップページ | GI予想~桜花賞 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/51338711

この記事へのトラックバック一覧です: NZTと阪神牝馬S:

« マーガレットSを試みる | トップページ | GI予想~桜花賞 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ