« GI予想~桜花賞 | トップページ | 系統確立~スペシャルウィーク(その3) »

2011年4月24日 (日)

GI予想~皐月賞

WP7。一応キングマンボも調べていますが完全に遅れまくってます。スペはとりあえず2011年または12年確立でまとめられそうです。記事は皐月賞終わったらまとめます。本当にすいません。すっかり楽しんでたら遅れてしまったという・・・いやはや。

 

さて、皐月賞が23年ぶり東京開催。データは残念ながら使えませんが、とりあえず数式サラブレッドと完全タイム差を使った予想で取り上げていきます。数式サラブレッドを使っているものの予想結果は間違いなく変わりますし、適性度も機動力&変速率も同一レースが対象となっているとは限らない(完全タイム差が優位なレースを基準にしているので)ということをご注意ください。要するにアレンジしてます。

 

~フローラSの結果から~

東京芝2000m、開幕週といえばフローラS。例年だと第2回東京開催2日目に行われるので条件は同じなので参考になるかなと。レースの構成上はプリンシパルSの方が似るとは思うので一応参考にはしますが、雨という条件、開幕週と揃いに揃うフローラSを一応重視してみました。

2011年フローラS、2010、2009

  • 機動力上位が踏ん張る
  • 変速率上位が頑張る
  • 適性度上位はあまり期待できない

要するに何か武器がある馬が有利です。適性度上位の好走もあるにはあります。2009年ハシッテホシーノとワイドサファイアは上位でしたし、今年3着ピュアブリーゼは5位タイです。・・・やっぱりあんまり開幕週では適性度は機能してないかもしれない。これは単に完全タイム差優秀だったレースの適性が合ってない方がいいってことかもしれませんやね。

 

今回の機動力上位

エイシンオスマン、ダノンミル、カフナ

リベルタス、オルフェーヴル

 

今回の変速率上位

デボネア、フェイトフルウォー、トーセンラー

ナカヤマナイト、ダノンバラード

 

ってことで予想です

◎デボネア

○フェイトフルウォー

▲サダムパテック

△オールアズワン

△プレイ

注ダノンミル、リベルタス、カフナ

注エイシンオスマン、オルフェーヴル

注ベルシャザール、ノーザンリバー、ステラロッサ

注トーセンラー、ナカヤマナイト

 

注の連中の説明から(多いし)

機動力上位の5頭、あとの5頭は変速率上位であり適性度上位です。トーセンラーとナカヤマナイトが適性度上位であり変速率上位の馬。ノーザンリバー、ベルシャザール、ステラロッサは適性度上位。

今回阪神で行うことになったTR組が揃って機動力上位です。ダノンミルとカフナは若葉S組。エイシンオスマンはNZT。オルフェーヴルはスプリングS組。リベルタスはスプリングS組ですけどもベストパフォーマンスは朝日杯FSです。ここが目立っているので注にしてみました。ツボにはまるのかそれとも・・・。適性度低い方が調子いいのも気になるし。

ちなみに仲間はずれ?のリベルタスが妙に気になっています。特注とでもよかったのですが、機動力上位より変速率を評価している傾向を買っているのでそれでも印は注ですけども。

 

続いて▲と△の連中。

変速率も機動力も中間、適性度も低すぎるわけでなく高くも無い。今年のフローラSだと4着ハッピーグラス。2010フローラSだと2着アグネスワルツ。適性度が高すぎなくても活躍する、という話の活躍?組というべきか。

サダムパテックは弥生賞のパフォーマンス評価対象だとしたら変速率上位になります。が、未勝利で優先されている都合もあって中途半端なパフォーマンスに。ただし弥生賞のパフォーマンスだと適性度上位になるんですけどね。

オールアズワンもパフォーマンス更新が遅い馬なので新馬戦を参考になっています。そろそろ更新時ってのも考慮しないといけないので参考パフォーマンスなのもあります。いずれにせよ完全タイム差だけで評価しています。機動力、変速率上位以外の完全タイム差上位はサダムパテック、オールアズワン、プレイになります。

  

そして最後に◎と○。

デボネアは2000mをつかいだしてからベストパフォーマンス更新中。小倉でレコード勝ち後走るたびにベストをだしているわけです。京成杯2着、弥生賞3着と相手が強くなっても活躍していますが人気は微妙。しめしめですな。例年だと皐月賞で苦戦しダービーでは忘れられてるタイプの弥生賞で優先出走権獲得馬ってことになってダービーTR出走してそうな感じですけどもプリンシパルSで狙いたくなるタイプってこの馬ではと。

・・・話戻して、変速率上位で適性度上位でもない馬に注目し◎。

フェイトフルウォーも京成杯で活躍馬ですね。例年通りなら穴材料として盛り上がっていたろうに。ホープフルS出走組ってこともあり評価されて当然の馬ですがあまりに久々で扱い困っている人気ですね。こちらも変速率上位で適性度上位でもない馬です。

 

機動力上位紹介時にも取り上げたように阪神TR組が揃って変速率出していません。ズバッと凄い脚使ったオルフェーヴルとエイシンオスマンがまだ出した方になるくらいです。中山でベストパフォーマンスだしている連中が揃って変速率上位をキープ(弥生賞がベストとするならサダムパテックもそうなる)。ギアチェンジの多様性を評価するなら◎○▲の3頭と思うわけでこんな予想になりました。

 

~買い目~

3連複フォーメーション

◎○▲→◎○▲→◎○▲△×注へ

 

馬単

◎○▲→◎○▲△×へ

 

枠連

7枠→4枠以外(1、2、3、5、6、7、8枠へ)

 

デボネアとフェイトフルウォーからの勝負。

まさか2頭とも7枠とは・・・。何気に開幕週って外枠頑張るんですよ?残念ながら昨日は道悪馬場で内枠しか来ませんでしたが(外枠来たのはマイネルメダリストのみ)。ま、できるだけ晴れてもらえると楽しめるかなと。

ちょっと注多すぎるけどね・・・。

« GI予想~桜花賞 | トップページ | 系統確立~スペシャルウィーク(その3) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/51477230

この記事へのトラックバック一覧です: GI予想~皐月賞:

« GI予想~桜花賞 | トップページ | 系統確立~スペシャルウィーク(その3) »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ