« 系統確立~スペシャルウィーク(番外編) | トップページ | 系統確立~スペシャルウィーク(その2) »

2011年3月 6日 (日)

弥生賞のお話

レース直前になったけれども弥生賞の展望というか予想を。

夏目さんの本でいうバランスレースはこれまで何レースと検証というか調べてきましたが、3歳牡馬クラシックの舞台はバランスがモノをいうようなので調べてきたことが次へ、本番へつながると良いなと思いつつ予想がうまくいっていません(汗)

 

ということで弥生賞。これまでみたレースのなかでは同一コースの中山芝2000m京成杯、京都芝1800mきさらぎ賞と同じような構成に思えます。

両レースの共通点は

  • 完全タイム差上位が好走
  • 適性度上位が好走
  • 機動力上位が好走

京成杯1着フェイトフルフォー、3着プレイは完全タイム差1位と2位。きさらぎ賞1着トーセンラーの完全タイム差1位。フェイトフルフォーのベストは-1.0、プレイは-0.9、トーセンラーは-0.9ということで完全タイム差が優秀な馬を買うところからでしょうか。

弥生賞完全タイム差1位サダムパテック(-0.9)とプレイ(-0.9)。3位オールアズワン(-0.6)となっており、今回はサダムパテックとプレイを軸にすると良いようです。

 

続いて適性度上位が来る、ですが夏目本使っている人には安心できる傾向ですね。本通でよいということですから。京成杯もデボネアとプレイが適性度上位(2位、3位)。きさらぎ賞はリキサンマックスが適性度上位(2位タイ)。ちなみにデボネアとリキサンマックスは機動力も上位でした。プレイは完全タイム差上位と紹介しています。

今回はアッパーイースト、サダムパテック、ルーズベルトが適性度上位+機動力上位で該当です。サダムパテックはこちらでも該当ですね。

 

最後に機動力上位。デボネアとリキサンマックス以外だときさらぎ賞3着オルフェーヴル(機動力2位)が好走しています。オルフェーヴルは完全タイム差5位(-0.1)。ちなみにデボネアとリキサンマックスの完全タイム差は0.3ですのでそれよりややよいと狙える計算でしょうか。その分適性度があれば何とかなるのかもしれません。

今回出走馬ではデボネア(完全タイム差8位、-0.1)、ルーズベルト(完全タイム差10位、0.3)、アッパーイースト(完全タイム差6位、-0.2)、サダムパテック(完全タイム差1位)

 

ということで見事に共通項で被っています。

最後に僅差の4着勢をみていきますか。京成杯4着マイネルメダリストは完全タイム差4位(-0.4)。きさらぎ賞4着ウインバリアシオンは変速率1位(完全タイム差7位)。変速率に関しては活きないというか絶望的な負け方だったのでここは兎も角、マイネルメダリストのように完全タイム差上位で稼ぐ・・・かもしれませんね。

今回だとオールアズワン(完全タイム差3位、-0.6)、ギュスターヴクライ(完全タイム差4位、-0.4)、トーセンマルス(完全タイム差5位、-0.3)が3着候補でおさえるといいかも。

 

予想はこんな感じ

◎プレイ

○サダムパテック

▲アッパーイースト

△ルーズベルト

△デボネア

注オールアズワン

注ギュスターヴクライ

注トーセンマルス

 

馬単と3連複◎○▲△△BOX

アッパー、ルーズベルトは全く人気ないのでプレイが頑張ってくれるといいかなという感じです。注はとりあえずつけてみましたが、同じような負け方するなら面白いですが。

« 系統確立~スペシャルウィーク(番外編) | トップページ | 系統確立~スペシャルウィーク(その2) »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/51047552

この記事へのトラックバック一覧です: 弥生賞のお話:

« 系統確立~スペシャルウィーク(番外編) | トップページ | 系統確立~スペシャルウィーク(その2) »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ