« 有馬記念のお話2010 | トップページ | GI予想~有馬記念 »

2010年12月25日 (土)

そろそろ結果出したい数式+完全タイム差

金曜朝に取消:ローズキングダム、とみた時は驚いてフリーズしたものですが疝痛は本当に辛いですね。厩務員さんは寝れなかったでしょうねぇ・・・。本当に悪化したら命にかかわりますし。疝痛明けは走る、ってのは定説なので憶えておいても損は無いですが元々人気馬なのでま、旨みはないですね。

 

~ラジオNIKKEI杯~

有馬記念の練習課題。バランスコースの練習として取り上げます。殆ど完全タイム差ベストをマークしたレースと数式サラブレッドで出すレースが一緒なのでいいづらいもののとりあえず挙げてみます。

適性度1位はアドマイヤコリン。2位コティリオン、ナリタキングロードと続きます。機動力と変速率ともに最適アドマイヤコリンが基準となりますね。模範的なロックオンになるわけですが、基準としてはアドマイヤコリンより変速率の高く、適性度の合った馬を狙うといいわけです。ただし新馬戦リスクも考慮。

1番人気ショウナンマイティは変速率2位、機動力はアドマイヤコリンとほぼ同じ。適性度は変速率が高すぎた為下位に属しますが、適性ゾーンはギリギリ入っていると思われます。本にも変速率高い方がコースに適していると書かれているのでショウナンマイティは買わないといけない人気馬ですね。本通りつかうと該当しませんけれども。アレンジというか理解した上で買わないと、と感じるのはいいかもしれません。

 

2番人気オールアズワンは新馬戦が該当。ただ、このレースが合わない。変速率も最下位、機動力も中途半端で適性度も下位。未勝利戦で出したパフォーマンスはぴったりといえる内容だけに中距離実績を買って紐ですかね。3番人気ウインバリアシオン変速率上位。スローの末脚勝負が今回合うのかは・・・微妙と捉えます。オールアズワンとウインバリアシオンは人気しているほど期待はしない方がいいというのが数式の視点から。変速率上位のウインバリアシオンは自慢の切れ味で一矢報いる場面あるかもしれないけれどオールアズワンはとりこぼすかもしれない。

 

ということで予想としては

◎ショウナンマイティ

〇アドマイヤコリン

▲コティリオン

△ナリタキングロード

△ダノンバラード

△レッドセインツ

☆ユニバーサルバンク

☆ノヴァグロリア

☆ハーバーコマンド

注ウインバリアシオン

 

馬連

◎〇→◎〇▲△△△へ

3連複フォーメーション

◎→〇▲△△△→〇▲△△△☆☆☆注

 

~有馬記念~

機動力が皆高いこともあって適性度上位は変速率上位と被っています。ブエナビスタは変速率ピッタリ。ただし機動力が高い為ロックオンに属さず。ただし皆機動力高いので変速率がぴたりとあった馬をチョイスする方がいいのではと考えています。

ペルーサ、ルーラーシップにトゥザグローリーの3歳勢は変速率上位。ただし切れすぎる馬なので合っていません。適性高いオウケンブルースリ(ただし昨年のJC)、メイショウベルーガ、そしてブエナビスタが変速率ぴったりの連中。あとの馬はじわじわと変速率が低くなっていきます。

機動力上位のヴィクトワールピサ、トーセンジョーダン。適性度上位のドリームジャーニー、ネヴァブション、エイシンフラッシュといったところが相手になりそうです。今回一番美味しいのはメイショウベルーガかもしれませんね。トーセンジョーダンやネヴァブションは3歳に人気奪われているので旨みもありますし。

予想の方は夜に挙げることにしましょうか

« 有馬記念のお話2010 | トップページ | GI予想~有馬記念 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/50394560

この記事へのトラックバック一覧です: そろそろ結果出したい数式+完全タイム差:

« 有馬記念のお話2010 | トップページ | GI予想~有馬記念 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ