« 史実Aモード・確立年表 | トップページ | GI予想~エリザベス女王杯 »

2010年11月13日 (土)

エリザベス女王杯のお話2010

京都競馬場みにいきてぇ・・・。あとアイスコルネット食べたい。ローレルゲレイロの引退式は来週土曜日。こちらもみたいが予定がなぁ・・・。今週も土曜日馬券購入でリアルタイム観戦は辛いのです

あと記事が何とかミスで更新できず遅れました(´・ω・`)

 

~エリザベス女王杯~

詳しくはこちらで2008年にまとめたものをご覧ください

 

3歳馬

アニメイトバイオ③⑤、アパパネ③④⑤、サンテミリオン①、スノーフェアリー(海外馬)

合格はアニメイトバイオとアパパネ。サンテミリオンは着外&上がり35秒台でアウト。スノーフェアリーは海外馬だからノーカウント。

 

古馬(GI初出走)

アースシンボル②(③×)、シングライクバード②③(①×)

合格馬なし。

 

古馬(GI出走経験あり4着以下)

コロンバスサークル②(①×③×④×)、セラフィックロンプ③④(①×②×)、ブライティアパルス②(①×③×④×)、メイショウベルーガ②④(①×③×)、サンレイジャスパー③(①×②×④×)

合格馬なし

 

古馬(GI2着・3着経験あり)

ヒカルアマランサス(①×②×③×④×)、プロヴィナージュ①②③④、ムードインディゴ①④(②×③×)

プロヴィナージュが合格。

 

GI馬

アーヴェイ(海外馬)、テイエムプリキュア(該当なし)、リトルアマポーラ(①②)、レジネッタ(①②)

今年も残ってしまった・・・テイエムプリキュア。リトルアマポーラとレジネッタは同じ項目引っかかってアウト。連対はないと考えておきましょう。3着以下という扱い。アーヴェイは海外馬だからノーカウント。

 

09年勝ち馬クィーンスプマンテはGI4着以下グループで(①×②×③×④×)でした。つまりデータ破綻しています。エリザベス女王杯96年以降、10番人気以下の連対はこのクィーンスプマンテが初めて(同じくテイエムプリキュアも)。人気薄の好走は3着が最高だったガチガチ傾向のエリ女における大金星といえる激走でした。

ちなみにこれまでの人気薄はフサイチパンドラ(7番人気)とフサイチエアデール(7番人気)。どちらも3歳時です。秋華賞を評価してもらえていない、実績不足で評価してもらえなかった馬達なのでクィーンスプマンテ達とは少し違います

 

この際に「このデータは危ない人気馬を探るものにしよう」という生まれ変わった?データとして扱います。今回だとメイショウベルーガから流すのはやめよう、という具合。

 

~今年の3歳馬は?~

去年ブエナビスタ◎にした際に取り上げた2000年以降の秋華賞、前後3F差のお話。今年は後半3Fが速い年(34.8-34.6)なので去年とは違います。00年、02年、04年、05年、07年の5例。この5年で好走は02年1着ファインモーション、07年1着ダイワスカーレットの2例なので好走例は少ない。

一応この活躍馬は注意してみてください。00年秋華賞勝ち馬ティコティコタックは01年エリ女3着。04年秋華賞勝ち馬スイープトウショウは05年エリ女1着(06年2着、07年3着)。これで分かることは勝ち馬が頑張っているということ。05年秋華賞勝ち馬エアメサイアは06年ヴィクトリアマイル2着以降出走できませんでしたが活躍しています。

アパパネは偉大な牝馬3冠馬になりましたが来年も期待できそうです。逆にアニメイトバイオは合格していますが期待できないともいえます。ファインモーションとダイワスカーレットに続けるか、色んな視点でみていきましょうか。

 

ティコティコタックは3歳時出走なし、スイープトウショウは5着、エアメサイアは5着。ファインモーションとダイワスカーレット以外はこんな感じです。ちなみに3歳最先着は揃って5着。00年5着(シルクプリマドンナ)。02年5着(ユウキャラット)だったり。07年は出走数少なかったしウオッカ取り消しでしたから違いますが。

スイープトウショウとエアメサイアはオークス2着、秋華賞1着(桜花賞掲示板)。どちらも阪神で1勝馬(スイープトウショウはチューリップ賞、エアメサイアはローズS)。ファインモーションは新馬戦とローズSで2勝、ダイワスカーレットは桜花賞とローズSで2勝。アパパネは阪神JFと桜花賞で2勝ですね。

いずれにせよ勝つか馬券に絡まないか、というなかなかヤマ師向きな傾向なので軸としては不安定も1着固定として買うなら最適です。3連複より馬単向きといえます。私も1着固定でとりあえず買いたい。

 

今回まともに合格しているのはアパパネとプロヴィナージュだけ。テイエムプリキュアも今年も残りましたが・・・(苦笑)。そしてデータに絡まない海外馬2頭。これだけです。

◎アパパネ、○プロヴィナージュという具合です。この2頭に頑張ってもらいましょう。1頭軸にできない理由は牝馬限定戦は軸流しはするな、という信念があるのとデータ上の不安があるから(4番打者といえば4番打者だが)です。ま、信頼するならこれほど面白い馬はいませんよね、1着か5着以下か、だったらw

 

③④⑤揃って好走した3歳馬

01年2着ローズバド

02年1着ファインモーション

03年1着アドマイヤグルーヴ

03年2着スティルインラブ

07年1着ダイワスカーレット

09年3着ブエナビスタ

③④⑤揃っていたが好走しなかった馬達

01年5着テイエムオーシャン

06年カワカミプリンセス(降着)

07年ウオッカ(取り消し)

09年6着ブロードストリート

 

分かりやすい結果だこと。カワカミプリンセス以外は同年に③④⑤該当馬がいて、他の馬が替わりに好走しているのが腹立たしい。ウオッカは書かなくてもいいんだけれども一応参考データです。カワカミプリンセスの年は本当に夜寝れなかったなぁ・・・w

« 史実Aモード・確立年表 | トップページ | GI予想~エリザベス女王杯 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/49984887

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯のお話2010:

« 史実Aモード・確立年表 | トップページ | GI予想~エリザベス女王杯 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ