« GI予想~スプリンターズS | トップページ | 秋華賞のお話2010その2 »

2010年10月12日 (火)

秋華賞のお話2010

去年ブエナビスタのデータに関して牝馬GI全出走馬(阪神JF、桜花賞、オークス)として取り上げ、降着はあったものの複勝率100%のままです。GI馬は連対率100%、というデータだったものの降着はま、仕方ないですね。2着入線とはいえ。[3-2-3-0]という綺麗なデータ。今年も出走馬がいるので取り上げていきます。ですがアパパネは該当しないんですよ

 

というのもアパパネは芝1800m以上の重賞で1~3着がない(オークスを除く、だから)。3冠するかどうかはわからんがとりあえず100%データ該当馬ではない、ということです。では今年該当馬はいるのかどうか。

アニメイトバイオ(阪神JF2着、オークス4着、ローズS1着・・・合格)

GI馬ではないので連対率100%の方では狙えませんが複勝率100%データ該当なので軸で買うことになります。データの本命ですね。好走した7頭のうち、GI馬を除くとヤマカツリリー(秋華賞3着)、スイープトウショウ(秋華賞1着)、アサヒライジング(秋華賞2着)、フサイチパンドラ(秋華賞3着)の4頭。1800m以上の重賞で好走、は意外と少ないのです。トールポピーなども全て出走馬なわけですが最後の1800m以上の重賞で好走がありませんでした。フラワーCやフローラS好走馬が牝馬GI全出走はそもそも厳しいわけですが・・・フサイチパンドラはそういう意味で理想的な実績馬でした。アニメイトバイオにとってはTRでアパパネを撃破したわけで注目されますが、データ的にも素晴らしい後ろ盾がある人気馬としてみたいと思います。

 

詳しいデータに関しては2008年にまとめたものを参照。

で、その複勝率100%馬が出た年の相手はどの馬か。というと昨年の秋華賞の予想に載せた通り『クラシック出走馬』です。データ上では④該当馬ですね。昨年もレッドディザイアとブロードストリートが該当しており好走してくれました。相手は④該当馬ということになります。今年の④もとい、クラシック出走馬はどうでしょうか。

④該当馬ではアグネスワルツ(桜花賞未出走組○)、エーシンリターンズ(その他○)、コスモネモシン(その他○)、サンテミリオン(桜花賞未出走○)、ブルーミングアレー(桜花賞未出走組○)の5頭。

アパパネはその他で扱えば④該当ですが阪神JF該当で拾えないので今回は④として扱わないことにしました。TR人気馬でオークスで上がりは合格しているのでその他でも可能ですけども。

 

アパパネが3冠するかは分かりません。複勝圏率100%の馬がいる、ということと同時に好走する際に連れてくる馬は5頭。というお話。とりあえず3連複フォーメーションでアニメイトバイオを1列目、2列目に④該当の5頭、3列目は全頭。というのでもありです。とりあえずね。

詳しいデータ合格馬は出走馬確定時に取り上げることにしましょう

« GI予想~スプリンターズS | トップページ | 秋華賞のお話2010その2 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/49717987

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞のお話2010:

« GI予想~スプリンターズS | トップページ | 秋華賞のお話2010その2 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ