« セントウルSと京成杯AH | トップページ | 系統確立~トウショウボーイ系 »

2010年9月18日 (土)

東西TR

ポケモンとウイポの併用併せ一杯調教がはじまります(汗)。まだポケモンはしてませんが。トウショウボーイに関してはボーダー探し。これがギリギリ、というのを模索中。一応エディット必須部分とオススメ部分をまとめるつもりですが・・・2010発売までに間に合うかな?w

 

~セントライト記念~

枠順みてこれは堅いな~と。ダービーでヴィクトワールピサを苦しめたゲシュタルトとラジオNIKKEI賞勝ち馬アロマカフェとフォークスター。フォークスターは外枠に入りましたが人気の2頭が揃って内枠。そしてペースメーカーは先行力がそこまで高くないファーストグロースただ1頭。これではスロー間違いなしのパフォーマンス上位陣による争いになる。

しかも1番人気ゲシュタルトはファーストグロースより先行力高い馬なので今の中山では器用さを考慮すれば皆買うのも分かるし、展開的にも向いています。これは分かりやすい。スプリングS2着の実績もあるから信頼されるのもわかります。

一方アロマカフェも好位からでもいける口。ベストパフォーマンスは青葉賞。前で競馬していたもののずるずるっと下げちゃったのもあって最後はあっぷあっぷのところをトリビュートソングに抜かれたもの。あっさりラジオNIKKEI賞勝っているだけに流石の内容。

ということで人気でもこの2頭が残ると考えてます

3連複2頭軸

2番・3番→1、4、5、7、12、13番

 

穴ではナイスミーチューとミッションモード。クォークスターが外枠なのでもしかして実力発揮できないまま終わるかも。ナイスミーチューは経済コースをまわって最後の直線で末脚爆発させれたら面白いかも。ミッションモードはこの展開でゲシュタルト目標で先行も可能ですし前々で競馬もあり、っちゃありですね。

人気決着で終わる要素も含むので人気馬との組み合わせは3連単で買うほうがよさげですね。といってもゲシュタルトとアロマカフェのどちらかが勝つと考えているのであくまで3連複の配当調整にすぎませんが。

 

ヤマニンエルブはスローペースはいいんだけども器用さに欠け、機動力を活かしきれないので今回は軽視。次以降、京都準OP出走の際には要チェックです。中山向きではないのでここでころりと負けて注目されなくなったらよいかと。

 

~ローズS~

逆にこっちは先行力高い連中が揃いました。アパパネにとってはありがたい流れ。瞬発力勝負に順ずる馬がタガノエリザベート以外居らず、注目はオークスで意地を見せたペースメーカーのアグネスワルツと上がり馬トゥニーポート、桜花賞2着オウケンサクラの先行力豊かな連中がどういう競馬をするか。そしてどの馬が粘るのか。エーシンリターンズも虎視眈々と好位をキープするだけに展開的には「アパパネはいいとして他はどうするの?」という競馬。

阪神芝1800mは瞬発力勝負になりやすく、毎日杯もこのコースになって毎年上がり優秀な馬が力を発揮していることからアパパネにとって最適なコースといえます。だから人気でも2冠馬信頼の買い目に。

 

では相手・・・なんだけれどもタガノエリザベートは不器用な瞬発力タイプ。ペースメーカーのニチドウルチルはスロー向きで良さ活かしきれず。あとの連中は揃って同じタイプ。

ペースが合わないニチドウルチルはベストパフォーマンスも低め。ラガーリンリン、タガノイノセンスもベストは低調。同じタイプが揃い過ぎて良さも活きないとなるとここでは通用しないと考えるべきかと。

 

アパパネから流すとして相手8頭に流す・・・面白味はどの馬がこのサバイバルレースに耐えられるかという楽しみになっちゃうので馬券的には妙味ないかなとwタガノエリザベートの強襲あれば個人的に面白いけれども。

« セントウルSと京成杯AH | トップページ | 系統確立~トウショウボーイ系 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/49490007

この記事へのトラックバック一覧です: 東西TR:

« セントウルSと京成杯AH | トップページ | 系統確立~トウショウボーイ系 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ