« 競走寿命と成長力 | トップページ | 北九州記念のお話 »

2010年8月10日 (火)

訂正:成長力コメント→競走寿命コメント

どうも成長力コメントじゃないみたいなので訂正しておきます。多分、ですが現状の競走寿命だけで判断している可能性があります。そう、2歳時点の競走寿命。これで成長力有の馬でも2タイプの言い方されている理由がわかりました。現状でどれだけ減ってるかで判断していたみたいです。つまり成長力は分からない・・・残念です。

 

~現時点でわかったこと~

  • 2歳~3歳
  • 3/3週、5/1週、6月3週、8/2週、9/4週、11/2週
  • 3歳、1/4週、3/3週
  • その週時点での寿命でコメント
  • 当然ながら入厩時のコメント
  • 当週レース出走でも確認可能
  • 海外厩舎でも確認可能
  • 海外遠征は分からない(すいませんw)

 

~全然寿命が減っていない(80~99)~

まったく使い減りしませんね

競走馬として息の長い活躍が期待できそうです

 

~競走寿命70~79~

使い減りしませんね

競走馬として息の長い活躍が期待できそうです

 

~競走寿命60~69~

それほど使い減りしませんね

競走馬として息の長い活躍ができればいいですね

 

~競走寿命50~59~

あまりタフなタイプではありませんね

競走馬として息の長い活躍というのは望めないかもしれません

 

~競走寿命40~49以下~

タフなタイプではありませんね

競走馬として息の長い活躍というのは難しいかもしれません

 

~危険エリア(競走寿命39以下?)~

まったくタフなタイプではありませんね

息長く活躍とはいかないでしょうからとにかく大事に使っていきたいですね

 

ということで完全に目測で判断ということに。おそらく、ですが鍋底馬や早熟馬の寿命判断として設けているコメントじゃないかな、と。ということで前の記事はボツにしました。でもこれで使い減りしている量は目測だけどできる、ってのは1つの発見でした。とほほ。

一応数字はPC版で再度調べたものですが、一応数字は参考程度で。あとレース出走週でもコメントが出ますが、レース後消耗するので参考にならない。ということで2歳時の消耗が分かるというレポートでした。

« 競走寿命と成長力 | トップページ | 北九州記念のお話 »

ウイニングポスト」カテゴリの記事

コメント

検証お疲れ様です

そのコメントは健康につながるのかなと想像してました
まさか寿命とは…

そういえば、健康Sでも疲労のたまる馬と
すぐに回復する馬の違いは何かあるのでしょうか

ふと、気になりまして

複数の影響うけているので特定はできませんが、調教師のスキル、能力、その馬の賢さや精神力など特性、出走したレースによって違いがでるというのは想像できます。寿命の消耗も関連してるとかしないとか。

どうもレース経験という隠れパラというか数値と連動しているみたいですがイマイチ分からないですね。ランダム要素もあるらしくまだ未解明な部分ですね。

前回は、説明ありがとうございました。又、質問したいのですが、史実馬で各能力がAの馬を使用していても、たまにBやCで止まる事があります。育成が失敗したのか、能力が判明していないだけでしょうか?グラフがパックマンになってます。

判明していないだけなのでご安心ください。育つことはあっても落ちることはありません。判明していない部分は最低表示になっているだけで能力としてはAならAとして機能しています。

プレイヤー側で判断する方法としては当歳コメント、1歳コメント、2歳コメントをチェックしてメモ機能で載せておくと便利です。もっとも牧場長の相馬眼が低いとちゃんと分かりませんが・・・

攻略記事を参考にやっと2000年までたどり着きました。後、数年プレイしたら2週目に自家製産馬で 挑戦したいのですが、ウォッカから強い馬を作るのに〔母母母をウォッカ〕準備として、おすすめの系統確立を聞きたいのですが、お願いがいします。

攻略記事はもうじき終わりますが、あとは蓄えたお守りやお金をつかって名馬を所有してもらえば楽しめるかと。

母母母ウオッカですか。ウオッカの父タニノギムレットを確立させる(母父○成立、4代前で名種牡馬因子)、これが前提です。ブライアンズタイム確立はウオッカ自身の仔に影響あるけれど母母母としてみると影響は低いですからしなくてもいい。

使うとしたら「完全型活力補完」、SP昇華orST昇華にもつかえます。だけど3代前にいれるとなるとかなり先の話になりますね。2020年頃になると思います。用意する時間がある反面、使える史実馬が限られることと、使うのは架空血統馬がメインになるのがネックですかね

(ウオッカの話つづいてます)
ウオッカの血統のネックとしてナスルーラ系に囲まれている点です。リヴァーマンの確立は必須ですね。これで血脈活性化配合が成立できますし、娘の配合に幅が出来ます。

あとはタニノギムレットを確立させることですね。これが一番つらいかも。自家生産でコツコツやりつつウオッカを大活躍させないといけない。まずはここからですね

早速の解答ありがとうございます。このゲームの性質上プレーヤー事の箱庭が出来るので自分で配合や長期展望を、ふまえて系統確立を目指すのが醍醐味だと分かっては、いるのですが、なかなか難しく 色々と質問させていただきました。これからは、記事内や他のサイトにあるオススメ配合等を手本にして試行錯誤してみます。

ちなみにウオッカ母母母に指定したのは何の理由があったんでしょう?一から繁殖牝馬仕込むにはやや不向きな血統だから3代前に来ればまだ使えるといった感じでしょうか。

殆ど自家生産構築みたいなものに近く、ウオッカの良さが生きません。能力因子持ちなので孫、ひ孫に期待する配合になりがちですし・・・難易度はかなり高いかと思われます

ウォッカを母母母にするこだわりは特に無いのですが、一代目で良い馬を生産するのは難しいと思い代重ねを行えば作れるかも…それだけです。
ダービー制覇・秋天での死闘・引退レースとなったJCと記憶に残る馬だったのので、そこからから最強馬を作ってみたいとウォッカが好きだったので。

なるほど。確かに母母としての方が魅力あります。親系統ヘイルトゥリーズンとナスルーラ以外の血を持つ馬を配合相手にする、というのがややネックですが次代に繋ぐ血統として使うにはいいですね。

イメージ的にはフィールドルージュ(メジロラモーヌ)のような感じ。ウオッカの娘が強くなくても次代に繋げればよいので配合相手を作るのが課題ですかね。SPはなくともサブパラはよい娘を。孫、ひ孫の方が遥かに配合しやすいですから。そういう意味では実際のシーザスターズの配合は面白いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/49114362

この記事へのトラックバック一覧です: 訂正:成長力コメント→競走寿命コメント:

« 競走寿命と成長力 | トップページ | 北九州記念のお話 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ