« 気になる2010の仕様・・・ですが | トップページ | 系統確立~カロ系 »

2010年8月28日 (土)

キーンランドカップのお話

ウイニングポスト7 2010の情報が入ってきてひとまずは一息。ストームキャット系が比較的簡単に確立するそうなのひと安心。嵐猫さん確立しているのとしていないのでは全然違いますから。ってことは引退年が延びたってことですね。最新verになればなるほどジャイアンツコーズウェイにとってプラス面が大きい気がします。ただ、ゲーム内では鉄の馬、といわれていたあの強さは再現されていませんが・・・。

 

~キーンランドカップ~

本当に分かりやすいコースです。8枠が来ない。去年の函館2歳Sはキョウエイアシュラが8枠から2着に来たものの、キーンランドカップでは案の定8枠好走はありませんでした。今年はトウカイミステリーが入っちゃいました。結構人気しているんですが残念です。

 

人気勢のビービーガルダンにローレルゲレイロ、ワンカラットなどなど皆揃って同グループ。ペースメーカーのケイアイアストン達も同じグループなので一角崩しあるやもしれません。が、人気馬はとりあえず拾う方式でよいかと。ではどの馬で狙おう。

これら人気馬と別タイプの馬はキルシュブリューテ(瞬発力型)、ジェイケイセラヴィ、マヤノツルギ(標準型)、ピサノパテック、ゲイルスパーキー(直線一気)

ついていけないのか、末脚勝負に賭けているのか、嵌るのかというキルシュブリューテやピサノパテック、ゲイルスパーキー。キルシュブリューテとピサノパテックたちの違いはパフォーマンスが低めの末脚勝負馬。パフォーマンスは低く安定しており、どんな条件でも同じような競馬をする。キルシュブリューテはOPの壁にぶつかっているのでこのレース後似たタイプか評価される具合です。今のところ切れだけに頼る、という意味では同グループです

 

ジェイケイセラヴィとマヤノツルギは枠も似てて年齢もオッズも似てますね。ジェイケイセラヴィはアイビスサマーダッシュ組が揃って北九州記念で不発に終わったので評価は芳しくないですね。うふふ。マヤノツルギはUHB杯で復帰しひと叩きの走りごろ。土方本でもこのタイプは狙い頃です。でもちょっと人気しすぎですね・・・w

今の札幌で相手なりに走る切れタイプのズトンはちょっと甘く、器用さで挑めるジェイケイセラヴィとマヤノツルギから行くのが妥当と考えました。本当に妥当だけどこの人気はありがたい。

 

3連複フォーメーション

1列目5、7

2列目1、2、10

3列目1、2、3、4、5、6、7、8、10

馬連はワンカラットから。サマーシリーズ優勝期待しているもので。2着がマヤノツルギorジェイケイセラヴィだと嬉しいなぁ。あとキルシュブリューテ、地味におさえてます。これは昨年からずぅぅぅっと買っては4着でガッカリを繰り返してくれていたのでいつか大きいのお願い、と買っています。札幌日刊スポーツ杯とか醍醐Sとか・・・サンライズSは驚きましたがセトノアンテウスが来なかったんだよねぇw

« 気になる2010の仕様・・・ですが | トップページ | 系統確立~カロ系 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/49278345

この記事へのトラックバック一覧です: キーンランドカップのお話:

« 気になる2010の仕様・・・ですが | トップページ | 系統確立~カロ系 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ