« 函館スプリントS | トップページ | オートを使ったチェック »

2010年7月 5日 (月)

系統確立~ブライアンズタイム

難易度を高めているのは国内のヘイルトゥリーズン系の過多とサンデーサイレンスの勢力が急激に増え続けていて板ばさみに遭うのが原因なブライアンズタイム。最大の要因としては

  1. 史実産駒に牝馬が劇的に少ない
  2. サンデー系支配率の伸びが高い
  3. ヘイルトゥリーズン系単独支配率が急騰
  4. 短期確立に不向きな史実産駒
  5. よって確立まで時間がかかる

これが影響して大抵確立までに膨大な時間と血統支配率キープするのがやっとで確立できずにブライアンズタイムが比較的早期に引退しちゃうというジレンマと戦うことになりがちです。ということで解説していくと・・・

まず史実産駒に牝馬が少ない。チョウカイキャロルとファレノプシス、シルクプリマドンナという活躍馬がいるものの、年代がバラバラです。繁殖牝馬として登場する数も少なく、登場時の評価額が低いのがほとんど。

次に95年~99年まで活躍馬が毎年出てくるサンデー系に飲まれてしまうという状況。しかもブライアンズタイムには93年生まれの史実馬がいません。お陰でヘイルトゥリーズン系の支配率が12%にはならないものの近いところまでいきます。お陰でブライアンズタイムは条件達成しているのに確立できないというリーチ一発が効きません。

そして最後に距離適正が偏りすぎていて似たような路線で鉢合わせする史実産駒。ナリタブライアンとマヤノトップガンは現実にも激突していたようにクラシックディスタンスでちょうどぶつかります。そして初期活躍馬以降は鬼のように強い名馬がたらふくいるので自家生産馬では太刀打ちできない為サポートができにくいのも理由の1つではないでしょうか。

 

~確立までの流れ~

まずナリタブライアン無双からスタート。彼は早鍋底馬なのでとことん無理して大レース使いまくりましょう。強すぎるので衰えても勝てます。衰えているのにランドにJC勝ったりと好き勝手です。少しスタミナがない(超長距離持っていない)のが少しだけネックですが。鍋底発動して96年~97年種牡馬入りが目安。あとシンジケートはしないこと。早期種牡馬引退しちゃうのはかなり困ります。

続いてチョウカイキャロルで牝馬路線制覇。ただしヒシアマゾンを所有して牝馬路線で暴れさせないようにする。オグリローマンに桜花賞で勝てるかどうかはギリギリですがオークス、秋華賞はアマゾン不在なら敵なしです。エリ女に関しては古馬が強いので辛いかもしれませんがとりあえず牝馬路線で暴れます。

スピードがないのでブライアンズロマンは勝ち負けは苦しいですがGⅡ、GⅢで重賞制覇を繰り返してサポート。[交流重賞]持ちは大きい。エディットで強化してあげれば楽ですがとりあえず種牡馬になって250万くらいのサポートを目安。

マヤノトップガンは強さが目立たないものの自家生産で成長すればサクラローレル相手でも天皇賞や有馬記念に勝てます。97年末種牡馬入りまでにGI8勝(国内・海外)して1400万以上を狙います。

エムアイブランは晩成のタフネス持ち。パワーないのでJCダートで勝ち負けは苦しいものの順調に育てばアブクマポーロをも打ち破れる強さに。自家生産でじっくり育てていきましょう。7歳まで現役続けさせてもいいし、98年末に種牡馬入りさせるのもいい。兎も角交流GIを勝ちまくりましょう。

 

93年生まれがいないのでプレイヤーがどれだけいい馬を作れるかが鍵にもなりますがいなくてもエムアイブラン全盛期なのでブライアンズタイムの種付け料は2300万到達は可能なんですが見事な駒不足なのでできれば弱くてもいいから牝馬を送れればいいですね

94年生まれは所有した方がいい馬ばかり。サニーブライアンは非所有でも二冠可能ですが問題はその後。故障→引退が勿体無いので所有して海外に羽ばたきましょう。国内で暴れさせなくてもいい時期に入っていますからWRSCに殴りこみにいきます。日本ダービー後放牧させてアメリカのセクレタリアトS→放牧→コックスプレート→香港カップまたは12月1週のアメリカ3歳GIというローテ。来年はWRSCの2000mGIをひたすら勝っていきます。種牡馬入りは98年末。

シルクジャスティスは脚質の関係で損をしているので国内では勝ち負けは辛いかも。所有して海外へ。パントレセレブルと同世代の関係で欧州3歳GI行く時はパントレセレブルがいないのかチェックしましょう。フランス馬なのに仏ダービーを無視して英ダービーにいく傾向なので(笑)ここがオススメ。その後は2400m戦がメインに。カナディアン国際、香港ヴァーズなどなど。有馬記念は脚質の関係で非常につらいので気にせず。彼も98年末引退し種牡馬入り。

エリモダンディーも立場的にはブライアンズロマン同様。ただしGⅡで勝ち負けできるのでそれなりに活躍は可能。とりあえず98年まで重賞勝ってもらいましょう。彼も98年末引退。

マイネルマックスはスプリント~マイルで活躍できる[乾坤一擲]持ち。しかも鍋底馬。積極的に朝日杯や3歳重賞、サマースプリントシリーズ優勝を目指します。GIは鍋底発動後4歳以降目指します。種牡馬入りに関しては状況によるのでとりあえず5歳くらいまで。

 

で、実際検証したものの98年確立ができませんでした。ヘイルトゥリーズン系親系昇格が優先されたので引退年を98年末にしたら99年末ブライアンズタイム系確立。多分ですがロベルト系確立していれば98年確立できたかもしれません。それだけ同時期ヘイルトゥリーズン系種牡馬が多いってことですが、2009でプレイ検証したのがまずかったのか。とりあえず苦労した?部分をご覧ください

  • ブライアンズタイム(2750万)
  • ナリタブライアン(1250万)
  • マヤノトップガン(1450万)
  • サニーブライアン(1500万)
  • シルクジャスティス(1050万)
  • エリモダンディー(300万)
  • ブライアンズロマン(200万)
  • エムアイブラン(950万)
  • マイネルマックス(500万)*
  • 自家生産馬(250万)
  • 架空馬(200万)

これで99年末確立。ちなみにナリタブライアンは鍋底発動させない通常のような使い方で種牡馬入りしています。サンプル的な意味で。マヤノトップガンと同時期種牡馬入りかもしくは7歳まで頑張るかは任せます。でも合計1億超えないと確立できないのは異常ですね。無理矢理短期確立目指したからこうなりましたけれどもここまで急ぐ必要もないんだけれども。

(追記)

マイネルマックスの分はなくても1999年末に確立しました。

 

サポート的な要素としては93年生まれをどうにかしたいですね。ダンスインザダークやエアグルーヴの世代なので彼らを破るのは酷ですけどサポートはしたいから。あとブライアンズロマンがもう少し大レースで活躍できたならもっと楽できるかもしれない。

サニーブライアンが所有したらやけに強く感じると思います。海外にいかせてここまで活躍できるのは意外かもしれませんが、順調に行けば1000万は堅い。シルクジャスティスは種牡馬入り自体が難しい(非所有時)ので所有してあげてください。

 

急がない場合はナリタブライアン、トップガンの種付け料が落ちてくる部分を種牡馬入りで維持してひたすらじっくり。2003年はデインヒル確立最後の年だから2004年がじっくり確立目指す人の目標。タニノギムレットが2002年種牡馬入り、ノーリーズン2003年種牡馬入りで決め手にする感じです。タイムパラドックスは本格化に時間かかるので間に合わないでしょう。エリモブライアン鍋底発動させてギリギリ2002、2003年に種牡馬入りという具合になるかと。これが多分正常?な確立狙い。

 

配合の妙としてタニノギムレットのサポートするには一番最適です。名種牡馬因子が少なく、爆発力の低さが難点のタニノギムレットにとっては1増えるのも御の字。あとサンデー牝馬につけるにしても子系統ラインブリードになるのはありがたいこと。配合相手が増えるのは貴重です。

平成大種牡馬の一角(サンデーサイレンスは別格ですけども)、ブライアンズタイムの強みは他の種牡馬より長いこと史実馬を送り出せること、なんですがウイニングポストでは何故か早い時期に種牡馬引退しちゃうので間延びしたまま確立できないこともしばしば。ということで早期確立を狙ってみたわけですが・・・参考になるやら分かりません。

 

一応ロベルト確立を取り上げているのでロベルト確立後にブライアンズタイム確立目指したらどうなるか。これはまだ検証プレイできていないので憶測ですが、ヘイルトゥリーズン親系昇格に邪魔されることはなかったかもしれない。ちなみに親系昇格後に確立するのかと思ったらそうでもなく2002年まで待たされたという・・・。

とりあえずロベルト確立後ブライアンズタイム確立はどれくらいでできるのか検証したいと思います。

« 函館スプリントS | トップページ | オートを使ったチェック »

ウイニングポスト」カテゴリの記事

コメント

BT系ありがとうございます。挑戦してみます。

がんばってくださいね~
できるだけ史実馬を自家生産でいく方がいいですね
その方が育ちますので。

シルクジャスティス、エムアイブランは積極的に育ってもらえると楽ですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/48806894

この記事へのトラックバック一覧です: 系統確立~ブライアンズタイム:

« 函館スプリントS | トップページ | オートを使ったチェック »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ