« CBC賞で上半期最後の勝負 | トップページ | 福島・函館チェックを終えて »

2010年6月17日 (木)

ウイニングポスト7 海外馬カードについて

検索ワードにあったのでとりあげておこうかと。

金のお守りを使用して入手できる海外馬カード。

史実海外馬を所有し国内で走らせることが出来る為、種牡馬として導入もできれば高い能力を充分に活かして活躍させることもできる優れものです。私のところでも色々取り上げていたりしますが確立させたい場合に入手しては使っています。

1週目プレイ終盤になれば順調なら50枚以上になり、史実馬もいなくなればサードステージなど架空SH馬や一定以上の能力を持つ架空馬の幼駒や繁殖牝馬を購入するくらいしか使わなくなるので溜まってくるわけですが(順調ならね)。そういう時に海外馬カードを入手します。金のお守り1枚~5枚と多種多様。全て集めるにはかなり稼がないといけません。全部手に入れても誰も祝ってくれないのでほしいのだけ入手するといいと思います(笑)

 

~使い方・入手方法~

入手方法はverによって異なりますが、海外馬カードを入手する欄があります。あとはほしいのを選べばいいわけですが、どのverもあんまり親切ではないのでとりあえずセーブしてトニービンやダンシングブレーヴなど84年生まれの海外馬の海外馬カードを入手してみましょう。

ちなみに海外馬カードは一度手に入れたら使っても減りません。よって2周目に使っても3周目に引継ぎプレイすると持っているので1985年にはトニービンを入手できます(注:海外馬カードについての説明後にカード入手可能になる)。

 

使い方は国内馬の幼駒入手とほぼ同じです。

~PSP(2009)の場合~

[幼駒]画面で十字キーの下にあるキー(名前知らないですが)を右に押すと[米国]、[欧州]、[すべて]、[日本]と動いていきます。カード入手馬になると(カード所持)と書き込まれますので、所有したい海外馬を[幼駒]欄から選択し[海外馬カードを使う]を押せば普段なら『海外馬購入は海外牧場を~』というコメントが出なくなり、そのまま海外馬を購入することができます

海外馬カードで入手できるのは1歳馬のみ。既にデビューしている馬や当歳時は入手できません。普段海外馬の幼駒欄なんて見ることないと思いますが、国内・米国・欧州・全部というわけ方されているので欲しい馬を探します。2008、2009にはソートで海外馬カードを検索できるので探しやすくなりました。

で、気をつけないといけないのは海外馬カードを入手してもまだ該当馬を入手したわけではない、ということです。海外馬カードを使うというのは単に購入権を手に入れたに過ぎません。ということで海外馬カードを持っていれば普段なら入手できない海外馬を購入するやりとりができるようになるわけです。で、金額払えば無事入手できるわけです。購入した海外馬は外国産馬なので(外)マークがつきます。ヒシアマゾン等と同じ扱いになります。

流れで紹介するとこのようになります

  1. 海外馬カードを入手
  2. 幼駒欄から米国または欧州、すべてを選択
  3. 海外馬カードでソート
  4. 欲しい馬を選択
  5. 海外馬カードを使用(減らない)
  6. 購入

という具合です。

 

使い勝手のよい馬は?というのも使い方によります。Danzig系を親系に昇格するならグリーンデザート入手して種牡馬入り。シンコウフォレストも購入して種牡馬として評価あげて、デインヒルを種牡馬導入すれば決め手になる、とかありますけどね。使い勝手は人によってマチマチです。

イージーゴアは誰が使っても強い馬だしいい馬産みますので入手して損はないと思います。レイズアネイティヴ系というかアリダーの仔達は何故か使い勝手よいんですよ。だから答えにくいですね、使い勝手というのは。1枚だから使い勝手悪いってのもないですし。とんでもなく強い馬も入手したら使いにくくて涙目も結構あるんで注意です。

 

質問など答えられる範囲でしか答えられませんが(汗)コメントしてもられば考えますので気軽に聞いてみてください。当たり障りのないコメントしかできませんが・・・w

当然ですが初回プレイの方にはかなり厳しい条件です。金のお守りを入手すら難しい中購入は辛いので終盤、ないし2周目で引継ぎプレイ時に購入となります。サンデーサイレンスやイージーゴア、シガーなどとんでもない能力の持ち主となると入手が大変なので諦めるしかないですが・・・。

« CBC賞で上半期最後の勝負 | トップページ | 福島・函館チェックを終えて »

ウイニングポスト」カテゴリの記事

コメント

ロベルト・トニービン・テスコボーイみたいに確立馬のメリットデメリット形式の記事がまた見たいです。

ご意見ありがとうございます
確実に確立する系統も取り上げてみましょうか
ヌレイエフやサドラーズウェルズなども影響力あるので取り上げればと良かったですね

一応参考例なのでプレイ次第では異なる2010年以降は取り上げにくいですが(取り上げられてもガリレオやジャイアンツコーズウェイあたり)
少しまとめてみます

お時間のある時で構わないのでお願い致します。

実競馬の記事も見させて頂いてます。ただ、最近離れていたのでクラシックとかは特にピンと来るお馬さんがいませんね。

近クラシックだと、ベッラレイアが凄く綺麗な馬でファンになって以来ですね。

海外馬を手に入れることができなくて困ってます。
ちなみに7の2009(PSP)です。

カードは購入できるのですが、1歳時になっても、幼駒のところで、ソートのカードで検索してもでてきません。なにか、特別なことをしなければならないのでしょうか??

[幼駒]画面で
十字キーの下にあるキーを右に押すと
[米国]、[欧州]、[すべて]、[日本]
となります
カード入手馬になると(カード所持)
と書き込まれます

すべて、で見て該当馬がいないとなると困りましたね・・・
ちなみにどの馬でしょうか

解決しました^^

初歩的なミスでした。
恥ずかしいのですが、ぐりぐりボタンの存在を初めて知りました。PSPを初めて触ったものですから。

教えていただいてありがとうございました。

解決したようで何よりです~

確かにぐりぐり?キー、他のゲームでも使用説明が少なかったりと不憫な子状態多いですね。基本便利ボタンなんですけども。

折角なので説明文追加しますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/48650427

この記事へのトラックバック一覧です: ウイニングポスト7 海外馬カードについて:

« CBC賞で上半期最後の勝負 | トップページ | 福島・函館チェックを終えて »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ