« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

GI予想~東京優駿(日本ダービー)

まだタスカータソルテで滅入っていますが・・・

東京は今週も湿り気味で行われるようですね。降雨とはいえそこまでの量ではないようでしとしとと降るようです。ただ冷えるでしょうね。現地観戦の方はご注意ください。

 

ということで予想です。

まず検証中のヤツの視点から。ペースメーカーは皐月賞に引き続きシャイン。堂々と行く(行ける)馬ではなく、隙あれば前でやるつもりという馬なのでガンガン飛ばすという意味でのペースメーカーではなく単に対象としての意味なんで気にしないでください。今回は前で競馬するようですが。

ということで切れ寄りの3歳馬にとってはスタンダードなパフォーマンス重視の強い馬が強い競馬をこなせる奇襲策かましても地力で追いやられてしまう馬券的には面白味のない展開になると思います。ベスト上位はペルーサ(青葉賞)、リルダヴァル(NHKマイル)、ヴィクトワールピサ(皐月賞)という具合。皆実績馬です。

ということで予想です

◎ヴィクトワールピサ

○ペルーサ

△ルーラーシップ

 

データの方でもこれらの馬達は残っており、ケチつけることないので人気馬が揃ってやられるというのはないと考えています。これはオークス同様。何故これをオークスでも通せなかったのですかと自問自答した先週を思い出します。

ペルーサとヴィクトワールピサに関しては雨がしとしと降るようならこのまま決まるとみています。どちらかというとヴィクトワールピサにとっては少し湿り気あるほうがいい。ペルーサは緩急つけることが出来るのかどうか。その差でしょうか。何もなければこの2頭で決まると考えています。

もしペルーサなりヴィクトワールピサが後手後手で追いかけるならルーラーシップが得をするかもしれない。その差くらいでしょうか。ルーラーシップが逆転するにはちょっとつらいと思いますが。

80%くらいガッチガチ予想でいきます。

 

~買い目~

馬単

◎ー○(表裏)

馬単

◎○→△

3連単

◎○→◎○→総流し

3連複(フォーメーション)

◎○→△→総流し

 

総流しなわけですが、トーセンアレス、シャインはプライヴェートでは買わないですけども(汗)。アリゼオ、ローズキングダム、ゲシュタルトあたりが頑張ってもらえるとうれしいのですけども。・・・そんなに甘くはないか。アリゼオが来ても配当がねぇ。

ということで馬単で妥協です。堅く行きます。

2010年5月29日 (土)

更新が遅れている件について(あとオマケ)

今週は特にあれこれと話が込んでてローズキングダムの件だったりダノンシャンティの件だったりと(ダノンに関しては明日以降待ってりゃ分かることですけども)えらくいろんなところに話が流れまくりました。お陰で疑心暗鬼になる人もいればガセだとはねつける人もいるわけで。

どうしても馬券発売しているだけにこういうのは扱い難しい。

特に調べものしてるときにこれがあると扱いに困る。調教がどうのよりも故障関連だったりアクシデント関連は本当に困る。オッズに影響するから。でもショウリュウムーンみたいに軽めの調教でもくいついたりとよくわからない昨今のネット事情。まぁいいんですけども。

(追記)

朝刊ででかでかときました。ダノンシャンティ骨折。

はぁ・・・。

 

ということで困ってます。

どうせ訂正するならはっきり分かってからで、と思ってたら時間がかかってしまいました。はぁ。ということで予想は土曜夕方にでも。1200mに関しては今週は回避(様子見)で。CBC賞重点でよいのではないかというスタンスで。

 

~オマケ~

ダービーデータのお話。今年は重視ではなくおまけ的に見ます、ということでここで取り上げます。まぁさらっと見てください。

レーヴドリアン(①× ②×)、サンディエゴシチー(③×)、トーセンアレス(③×)、ヒルノダムール(②×)、ゲシュタルト(②×)、リルダヴァル(③×)、メイショウウズシオ(①×)、シャイン(③×)、トゥザグローリー(①×)、アリゼオは②の方で2000m以上OPまたは重賞初出走時の上がりで失格になっています。3または4で合格になっているものの・・ですね。

というわけで10頭が失格。

あとの8頭は・・・エイシンフラッシュ、ルーラーシップ、コスモファントム、ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ペルーサ、ハンソデバンド、(ダノンシャンティ)。ハンソデバンドくらいですかね、人気ないの。

2010年5月25日 (火)

いい流れがこないまま季節が・・・

調子がどうもよろしくない。体調は冬に比べて安定してたのでいいのだけれども競馬がよろしくない。本当に2月がピークだったんじゃあるまいか、と思うくらい酷い。思考もあっちへフラフラ、こっちへフラフラしててよくない。検証中のものがイマイチつかみきらずということでどうしようか困ってたり。本当にアパパネの件はどう考えても買うべきだった。ベストロケーションくらいしかねぇしブエナビスタきても文句いえんな、で何とか拾えてる先週のノリでサンテミリオンのおさえに頼らざるを得なかった予想になってしまった。

データで拾っておけよ、と。本当にアパパネの扱いが下手である。

阪神JFで教えてもらったのにこの有様です・・・

 

ダービーウィークですね。

まだ何にも考えてません。

皐月賞路線以外は特別消したり消さなかったりしないほうがいい、というのと以前に比べて2400mという距離を意識しない方がいい、というのが大きいからでして。プリンシパルS組から好走馬が出たり、オークスの話ですがスイートピーS組やフローラS組からの好走が出てきたり(フローラS組は以前からあったけれど好走馬が滅多に複数出てこない)と多種多様な傾向を見るにデータの視点がどうもブレてると思ったのと流れが変わったこと。

NHKマイルカップからの転戦組が増えてきたのと路線の充実振りをみるにダービーへ向けての路線整備はうまくいった半面、以前機能していた王道路線が廃れているのは必要とされる適正が変わってしまった事にあるのではないかと。NHKマイルカップ路線も昔に比べてスプリント能力よりも中距離特性みたいなもの・・・器用なマイル王者を決める路線として完成した気がします。ダービーもその流れを汲んでいるから多種多様な面子が揃い、そしてさまざまな王者が誕生しているんだと思う。

牝馬にとっては偏ったパフォーマンスを要求されにくくなった分、桜花賞とオークスの関連性は高まったのではなかろうかと。昔からそうじゃねぇか、と言われればそうだけど桜花賞に求められる期待度は増したのではないでしょうか。秋に向けて課題を残すことになった気がしますが(秋華賞は露骨に中距離適正を求められるようになった気が)。

 

何が言いたいかというと昔の傾向を重視すると飲まれる、と。

今年は切れ重視でこなしてきたTR組と皐月賞組が本番タフな条件になった東京でどうこなすか。ここでしょうか。とりあえずコツコツみていきましょうか。まだまだ時間はある。データは変わり目にあるとみて今回は取り上げず検証中のヤツでどこまでやれるか、頑張ってみようと思います。3歳限定で使えるものになるのかの試金石というか・・・w

ある意味正念場。5月最後でありダービー。

CBC賞で大勝負する予定なのでその軍資金もね。

最近悪い流れをどこかで断ち切らねばならぬ・・・。

と焦っても仕方ないので楽しみたいと思っております

2010年5月22日 (土)

GI予想~優駿牝馬オークス

ショウリュウムーン、1番人気ですか・・・。やはりキンカメ産駒を買ってきましたね。これは・・・。コスモネモシンエーシンリターンズを急遽相手として拾います。これは道悪対策ではなく配当面ですが。

 

ということで予想です。

◎アプリコットフィズ

○サンテミリオン

▲ショウリュウムーン

△オウケンサクラ

×アニメイトバイオ

×コスモネモシン

×エーシンリターンズ

 

アプリコットフィズが道悪いけるかどうかは兎も角、桜花賞の時にショウリュウムーンとアプリコットフィズは買おうと考えていたので。ショウリュウムーンは不完全燃焼に終わっただけに買われるだろうなと思ってたわけですが・・・。皆道悪競馬になればっというのを考えていたということですね。唯一アパパネに勝ったことのある牝馬ですから。

アプリコットフィズは道中何も出来なかった分頑張ってもらおうじゃないかと思っていたわけですが雨が降るよりは降らない方がいい馬だったと思います。サンテミリオンはNHKマイルカップのような馬場にならない限りこなすと思うのですが外枠が嫌われたのかここまで人気ないのは意外でした。これはおいしい。スローならこの馬が一番得意なので。本当に8枠は悔やまれる。オウケンサクラは一息いれられたのがよかった。調教開始に時間かからなかったのはよかった。そして器用に立ち回れる。これが大きい。

アニメイトバイオ、エーシンリターンズ、コスモネモシンと見事に人気ないですね。でも必ず皆ひろってるだろうけどアニメイトバイオは嫌われましたね。馬体維持心配されていたけれども。コスモネモシンとエーシンリターンズは頑張っても評価されませんね。コスモネモシンは桜花賞で見せ場なく終わりましたからまぁわからんではないのですが。

 

~買い目~

馬単流し

◎→○▲△×へ(表裏)

○→◎▲△×へ(表裏)

馬連BOX

◎○▲△

馬単フォーメーション

▲△→×へ

 

あとは雨がどう影響するのか。下手すると直前に降りだすようなのでそれがどうかと・・・。

京都D1200mがしたいです・・・

ここ暫く1200m戦について語っておりません。

京都芝1200mに関してはまだもう少しかかりそう(CBC賞待ち)だし、D1200mに関しては上級条件が全く組まれていません。栗東Sが1400mになってしまいガッカリです。テレビ愛知OPも芝1400mになっているためガッカリもしましたがCBC賞へ繋がるならこれもありかと。パターンBが機能しますように。とりあえず先行馬が連対できるかどうかチェックお忘れなく。CBC賞で狙えるパターンなのかをチェックです。先行馬が連対するならリンクする合図なので。

 

とまぁ楽しめるのは先なんですね。

狙えるレースも狙ってた馬も特別なく、その舞台もない。コツコツ人気馬楽しむのも手ですけどそれはそれでちょっとね。再来週の天王山Sが楽しみですのう。そしてCBC賞が楽しみです。

 

あぁもっとスプリント戦語りたいけれど狙えるパターンがあんまりない。合致馬の好走あるんだけれどね・・・。とにかくなんともいえない。東京1800mもここにきてラッキーゲート好走が止まりました。ずっと好走するってのも可笑しな話ですしそれは仕方ないことです。1開催もてば素晴らしいことです。今回はそこまでもたなかったってことです。充分でもあるんだが。

 

オークスに関してもいつまでも切れ勝負が通じるとは思わない、ってのも馬場の変化をなんとか捉えようと色々様子はみてるんですがね。ヴィクトリアマイルは半信半疑でブエナビスタを対抗にしてみてましたが・・・。アプリコットに関しては条件ぴったりと思います。だから◎なんだけれども。分かりやすい負け方してくれたのでオークスで巻き返してもらいましょうか。

ということで今週はオークス一本です。雨降るのか・・・サンテミリオンにとってはますますいい条件ですね。

 

もっと競馬の話したいんですけどねぇ・・・

はぁ・・・

2010年5月21日 (金)

オークスのお話2010その2

データの話、いつもより曖昧な内容なのは今年の桜花賞データで1400m以下出走馬が少なかったからです。桜花賞のデータ、ダメでしたからね。買うならフローラS組からでいいんじゃなかろうか、という結論でした。オークスのデータもそろそろ手直ししなきゃいかん時期ですね。ダービーのデータも優先出走権変更影響あるかもしれませぬ。

 

ということで今回は検証中の視点です。

ペースメーカーはアグネスワルツ。切れが通じる・・・という流れなのですが東京は切れすぎず切れもってて器用な馬がいい、ってことでNHKマイルカップとはやや様子が異なります。ヴィクトリアマイルも同じ流れでしたが上がり上位勢不発。ベストロケーションは逃げて早々にバテたからまぁいまいちイメージ違うんですけどね。

で、今回の上がり上位はタガノエリザベートとプリンセスメモリー、そしてアパパネ。シンメイフジがパフォーマンス更新したので桜花賞とは替わるわけですが、桜花賞とそんなにかわってなかったり(タガノエリザベートは上がり4位、アパパネ5位)

ということでアパパネさんは軽視するつもりです。同じく上がり4、5位も軽視予定。シンメイフジ、ステラリード、ギンザボナンザがこれにあたります。ほとんど桜花賞と顔ぶれ同じなのでばっさりいきます。

 

重視する馬はどうか。

アニメイトバイオ、コスモネモシン、アプリコットフィズ、ニーマルオトメ、ブルーミングアレー、エーシンリターンズの6頭。ここから流すというよりはヴィクトリアマイルの相手筆頭ですがブルーミングアレーはフローラS上がり上位、ニーマルオトメはスイートピー上がり上位で取り上げていただけにこの2頭はない。ということであとの4頭。

アプリコットフィズとアニメイトバイオは桜花賞同様ですね。コスモネモシンもデータで残っていましたっけ。そして桜花賞好走したエイシンリターンズ。頑張ってほしいのはコスモネモシンですが・・・・3着までかなぁ。アニメイトバイオもパフォーマンス更新が遠ざかっています。ここで復活しても誰も驚きませんが、気性的にあんまり我慢きかないので夢は見れないかなと。となるとアプリコットフィズに桜花賞ダメだった分を返してもらいたいわけで。

 

最後に上がり下位の連中。

アグネスワルツはペースメーカー。サンテミリオン、ショウリュウムーン、オウケンサクラ、モーニングフェイス、トレノエンジェル。桜花賞同様下位のショウリュウムーン、オウケンサクラは安定度が高い。そしてベストも優秀。あとのサンテミリオン、トレノエンジェルはスロー適正の高さが目立ちます。モーニングフェイスはスロー経験特別ないですがややパフォーマンスが低め。こちらもサンテミリオン、ショウリュウムーン、オウケンサクラ、トレノエンジェルの4頭になるかなと。モーニングフェイスは注で3着争いかな

 

上がり下位4頭vs上がりその他(アプリコットたち)4頭。アパパネはデータで合格の立場だから3着候補がよい感じか。シンメイフジもそういう扱いになるけれどどうせ後ろからだろうから買いません。

サンテミリオンが外枠引いたのは大きいですね。予想する側としてはこれほど困る材料はない。牝馬限定戦だけにいろんなファクターあるけれども。とりあえずアプリコットフィズに◎うつことになりそうですね。◎の調子、最近悪いですが・・・(苦笑)。

今回はデータ的にも堅めで決まることになってます。

コスモネモシンやトレノエンジェル、エーシンリターンズが人気以上の激走を期待するのではなく3着候補として買う予定です。上がり下位の人気勢が頑張るところをアプリコットフィズの復活、という予想です。で、3着争いの穴馬たちを飲み込むようにアパパネが踏ん張る・・・と配当的に泣けますが。

現状では(変える予定ないですが)

◎アプリコットフィズ

○サンテミリオン

▲ショウリュウムーン

△オウケンサクラ

△アニメイトバイオ

注アパパネ

注コスモネモシン、エーシンリターンズ

注トレノエンジェル、モーニングフェイス

 

注に関しては基本買いませんがアパパネ3着固定で買うかもしれません。本当にゼンノロブロイ産駒とキンカメ産駒多いですね。そんな中ジャンポケ産駒に期待というよくあるパターンに夢見ます。ま、全然夢でもないんですけどね。

2010年5月20日 (木)

オークスのお話2010

とりあえずデータはこちら

 

何度か消しちゃったので早々に。アパパネは消える要素がない(阪神JF、桜花賞勝ち馬)。どうせ人気だからいいとして・・・。アニメイトバイオも実績あるので残ってしまう。これは桜花賞同様ですね。アプリコットフィズは1600mしか経験していないので難しいところですが、元々経験は少ない方がいい、という捉え方なので別に嫌うつもりはありません。どうせこの馬も人気でしょうが。

1番人気になりそうなサンテミリオンはGI初出走組で合格(フローラSで上がり2位1着)、フローラS組で差し馬が好走が不在だったのでやや気にはなりますが。こちらも特別買いたいわけでもない。強いからあっさりってのはあるでしょうが。あとスイートピーS勝ち馬トレノエンジェル、忘れな草賞勝ち馬モーニングフェイスが残っています。実績馬ばかり残ってしまってます。

 

これは面白くないw

ここで前走負けた馬からは(アプリコットフィズもそうだが)シンメイフジ。1400m以下とマイルで好走した経験のある馬で地味な馬。ですが切れで挑むようなら面白くない。一応穴馬として紹介しておきますが、末脚ためてナンボの馬じゃないので(桜花賞でも先行してほしいと書いていましたが)今度も残念な競馬するかもしれません。

 

ということでサンテミリオン無双になりそうです。

スローに強い。フローラSで先行押し切り勝ちで上がりも上位。そして桜花賞未出走組最上位。そして今の東京は切れが通じなくなっている。ヴィクトリアマイルでも切れ味通じる要素がある、といったものの通じませんでした。安定的に末脚、器用にこなすヒカルアマランサスが見せ場つくってくれただけに一応切れは大事だがそこまで機能しなくなる。ということで器用にこなす馬が台頭すると思います。つまり堅い。

穴馬が見当たらないんですよね・・・

前走負けた組ではシンメイフジ。

2010年5月16日 (日)

GI予想~ヴィクトリアマイル

葵Sは僅差だったけれど5着のスプリングサンダー(6着バクシンポイント)で不発でした。ジュエルオブナイルを捉えてくれたらよかったのだけれどもあと一歩届きませんでしたね。土方本的にはあたりだけど私はケチつけてたのではずしましたが(苦笑)

 

ということでヴィクトリアマイルです。案外内枠が来なかった(京王杯は外寄りの決着)。それにしても時計が怖い。京都も凄いことに。1分7秒台で決まるわレコードは出るわで京都も東京も怖いです。

予想はブエナビスタ○にしてとりあえず手広くの方向。

◎ベストロケーション

○ブエナビスタ

▲ラドラーダ

△ミクロコスモス

×ヒカルアマランサス

×ブロードストリート

×アイアムカミノマゴ

注レッドディザイア

 

◎ベストロケーションは上がり切れるグループから。▲ラドラーダとともに内枠ゲット。どこまで我慢できるかが課題ですが・・・。この2頭を買う材料としては最適な条件がそろいましたね。どこまで強襲可能かは彼女次第ですが、流れは向く・・・はず。でもラドラーダがえらく人気なのは予想外でした。人気するとは思ってたけれども。

△ミクロコスモスは今回狙い目だと思います。展開は向く、ブエナビスタは動く立場にある。これはいいですよね。21倍か~。不器用な彼女にはぴったりの舞台といえます。あとは時計勝負についていけるのかだけですね。

×の3頭はアグネスタキオン産駒。得意分野が同じで切れる脚使えてそれなりにいろんな流れにもこなすんだけどパンチ不足。切れる脚をいろんな状況で使いこなせないのが問題なんだと思われます。

ということで私の勝負としては上がり切れるベストロケーションとラドラーダ、昨年不器用に立ち回っていたミクロコスモスの3頭の強襲策に期待です。

レッドディザイアはパフォーマンス1位です。といってもJC3着までですけども。同じことができるのならいいのですが・・・どうせならフラットな流れの方がよかったですね。ということで注に。つまり買わないんですけどね。

 

~買い目~

単勝・複勝◎

馬連流し

○ブエナビスタ→◎▲△×へ

馬連フォーメーション

◎、▲、△→◎▲△×へ

ワイド

◎△→◎○▲△×へ

 

ラドラーダが人気なのでワイドはやめましたが・・・馬連で勝負ですね。ミクロコスモスとブエナで20倍はおいしいと思うのですがどうでせう。ベストロケーションとなら70倍。ベストロケーションに期待したいと思います。ミクロコスモスはここまで人気落ちた要因はなんだろう。

どちらにせよブエナビスタが好走してくれてもいいようにはしましたが・・・。3連複とか買わなくても楽しめる方向で予想してみました。ブエナビスタが攻めの姿勢なら・・・そっちのほうが面白いかなと。

2010年5月15日 (土)

葵Sに挑む

今年は葵祭に雨が降らない。珍しい。

葵祭の葵とは・・・桜庭葵は関係なく(当然ですが)フタバアオイでつくる葵楓からきているそうですが、あんまり詳しく知りません。京都人としてはダメですな、私。

 

ということで時間をかけて待っていた葵Sです。予想していたより橘S組が少なかったのは残念ですが4頭も出走してくれました。ケイアイブリザード、ケイアイデイジー、シーマーク、レオプライム。正直出てこなかったけどケイアイルーラー出てきてほしいけどなあ、と橘S後に考えていたのですが。まだ3歳限定戦の京都芝1200mはあるのでそっちで狙いたいと思います。登録するのか知らないけれど。

 

例の検証中のヤツ、という名前にしようかな(汗)。どこまでいっても完成しないけどこのまま使うつもりだから。ペースメーカーが1頭。ケイアイブリザードです。別にこの馬がどうこうするのではなく単にこっちのチェックの関係。ベストマークした時に逃げてて、その時の上がりがかかってた馬ってことだけなので。それがケイアイブリザードだったということだけです。ということで上がり上位勢を狙っていきます。

バクシンポイント、スプリングサンダー、シーマークの3頭。シーマークは橘S組でもありますがベスト下位なのでつらいかと。ということで前走500万下勝ったバクシンポイントとスプリングサンダーが軸ってことになります。この2頭は一緒に走ってたりします。

 

3連複フォーメーション

1列目:3、14

2列目:5、7、8、15

3列目:1、3、4、5、7、8、10、12、13、14、15、16

3連複フォーメーション(その2)

1列目:3、14

2列目:5、8、15

3列目:4、5、7、8、13、14、15

2列目は上がりその他(4~12番目)からベスト上位、3列目は上がり下位(13~)と2列目を入れたわけですが・・・未知数な馬入れてたらこうなっちゃったわけで。その2はベスト上位だけで購入したもの。どうせ人気ですからね。

 

土方本からの該当馬としてはトーホウプリンセス(上がり下位グループ)がパターンD該当馬。開幕週から3週間待ってようやく馬場があうかな?と思いまして。Cコースが馴染んできた頃合ですからね。カレンチャン(上がり下位グループ)はパターンB、レオプライム(上がりその他)もパターンB、ノーワンエルス(上がりその他)もパターンB。パターンC連中はベストが高い馬だけ抜粋。ジュエルオブナイルは2歳からベスト更新ないままここまできていてここで更新はないだろうし、ベストが低いままなのでここも買いません。函館向きそうだけど条件向くレースがない・・・。

あとはブイコナンはベスト悪くないし、平坦巧者だからおさえてたりとそんな感じです。タカノキングやトーホウプリンセスは芝で未知数なんでなんともいえません。タカノキングは別に未知数というわけではないんだけれども。でも3着争いなら加われそう。かもしれないw

 

いずれにせよバクシンポイント、スプリングサンダーってそんなに人気しないから楽しみだな~と。カレンチャンが滅茶苦茶人気するようなのでパターンBとしては期待できないのでとりあえず本線の3連複フォーメーションその2で堅実に当てたいと思います。

穴馬来ないかな~。特に上がり上位2頭。

ちなみにスプリングサンダーはスズカマンボの妹です。

2010年5月13日 (木)

ヴィクトリアマイルのお話

データができないなら検証中のやつでレースをみていこうということで、今回のペースメーカーはシセイカグヤ。1頭ということで上がり優位、ということでまだベストマーク時上がり3F優秀な馬はまだ狙えそうです。

具体的に私んとこでいうベストマーク時の上がり上位というのはベストロケーション、コロンバスサークル、ヤマニンエマイユという上位3頭。標準評価で上がり上位はラドラーダとコロンバスサークル(ベストが標準だからこちらでも該当)が1位、ワンカラットが3位となります。

ヤマニンエマイユは標準評価、ベストが下位に属する為向かないからコロンバスサークルが穴馬として買いたいところです。穴じゃないけれども。1番人気裏切って地味に写るようなら積極的に買いたい。この条件なら穴馬っていうのはいいでしょう。

ラドラーダ、ワンカラット、ベストロケーション、そしてコロンバスサークル。前走地味~な負け方して今回圧倒的人気馬と対決する、ってのは布石としてはよろしい。本当に何頭内枠に入れるのだろうかとわっくわくさせてよ~♪・・・・親父ギャグはいかんですな。

 

肝心の人気馬ブエナビスタは上がり下位に属します。スローっぽい牝馬特有の流れならばまだ追走は辛くない。先週のような激流とはちがってまだ落ち着くだけに流れに戸惑うまではいかないだけマシというところでしょうか。

もう1頭の人気馬レッドディザイアはその他。とりあえずこなせる、というところ。別に人気馬がそれなりならここから買う必要はないですね。実力通り来るのならそれでいいし。これはブエナビスタにもいえます。アイアムカミノマゴも同じグループ(上がりその他)。この馬も実績買われて人気するだろうし、同じ扱いでよいかな。ブロードストリート、プロヴィナージュも同じグループですがもし買うならこの2頭買いたいですね(△とかにしてそう)。

 

とりあえず上位人気を手広く相手として買う感じになります。コロンバスサークル達から人気馬へ。本当に枠が気になるところですね。ラドラーダ、ベストロケーション、コロンバスサークルは面白い。ワンカラットは軸にするつもりはないんだけれども。

東京Bコースに変更週の傾向

ヴィクトリアマイル、データまとめようとするも不確定要素が多すぎて断念。Bコース元年の昨年はウオッカが楽勝。その後ろの2頭を意識するのかしないのか。その前の06~08年の3年間を考慮するのか。結局毎年傾向偏らないってことだけが分かったので(汗)今回はBコースの傾向でも。

 

09年Bコース変更された週

5/16  1~3枠[1-3-4-20]

5/17  1~3枠[2-4-3-21]→09VM含む

10/31 1~3枠[3-1-2-16]

11/1  1~3枠[3-1-2-21]→09天皇賞含む

 

内枠で決まった天皇賞、ヴィクトリアマイルを考慮すると内枠馬を買えばよい、ということになりますがNHKマイルカップも内枠が好調でした。というよりこの時期のマイル戦、内枠が頑張っているので内枠買っていれば楽しめるのではないかというお話。でもこの傾向、昨年は安田記念まで内枠が頑張っていました。安田記念はCコースでしたが。

 

第1回ヴィクトリアマイル勝ったダンスインザムードは1枠から。第2回はコイウタとアサヒライジングが2枠。第3回エイジアンウインズが3枠、(3着)ブルーメンブラットが1枠。そして4回は3枠ウオッカ、1枠のブラボーデイジーとショウナンラノビア。毎年好走しているのも分かりますが外枠が来なくなりました。これは昨年だけなのか今年もそうなのかはやってみないとわからない。だから不確定要素がどうのこうの。

いや~ほんとにね。

 

とりあえずヴィクトリアマイル以外でも内枠好調と考えて馬券買うと楽しめるかなと。とりあえずBコースは狙うぞっと。京王杯が内枠好走したらヴィクトリアマイルも内枠!と考えるといいかなと思います。要するにシンプルですね。

2010年5月 9日 (日)

GI予想~NHKマイルC

今年は堅そうです。これくらい堅いNHKマイルはいつだろう。04年以来かな?キングカメハメハ、コスモサンビームにメイショウボーラー。今年も逸材が揃っています。本当にオッズ大変なことに。早速予想といきましょう

 

◎ダノンシャンティ

○サンライズプリンス

△エイシンアポロン

△ダイワバーバリアン

注コスモセンサー、レト、キョウエイアシュラ

注エーシンホワイティ、トシギャングスター

注キングレオポルド

 

検証中のものはペースメーカーにエーシンダックマンがいます。ということで上がり上位有利の流れ。ここにダノンシャンティがいるわけです。キングレオポルドは買わない予定でしたがここに入っているのとベスト2位ということで拾っています。3着なら・・・ね。

サンライズプリンスはNZTでベスト1位。とにかくNZTが強かった。データでもダノンシャンティとサンライズプリンスは残っており、ともに人気・・・ということでこの2頭のどちらかが勝つということでよいでしょう。ただ、データ的にはこの2頭で決着はない方向。1400m以下を一度も使ったことがない2頭でワンツーはないんです。器用さに欠ける分、爆発力もすさまじい。中距離適正重視のNHKマイルカップにおいてこの人気馬2頭はぴったりすぎるんですね。2頭同士の馬券も買いますがあくまでおさえです。それに配当が渋いですからねぇ

 

~買い目~

3連単フォーメーション

1列目:4番、13番

2列目:1番、2番、4番、11番、13番

3列目:1、2、4、7、10、11、12、13、16、18番

3連単

4、13番→4、13番→1、2、11番

4、13番→1、2、11番→4、13番

 

馬単

4番、13番→1、2、11番へ

 

ダイワバーバリアンもNZTがベスト(3位)で上がり一緒だから並んでおります。サンライズプリンスがこれなかったらこの馬が頑張ってくれるでしょう。データ合格馬だし。エイシンアポロンはベストこそ低いので爆発力がどうかと。安定度は高いので中距離実績でどこまで巻き返してくれるか。切れ味に欠けるのが問題ですね(皐月賞は距離考慮しても同じ切れ重視は一緒だし)。距離短縮自体はよいと思いますが単純に短距離使ってきた馬ではないのでその点まだ夢はある。

注の連中はトシギャングスター(上がり上位)、エーシンホワイティとキョウエイアシュラとレト(上がりその他)、コスモセンサー(上がり下位)からです。コスモセンサーはデータ合格だけれど切れ味不足。トシギャングスターはスピード型なので中距離寄り適正重視のこの舞台では向いてません。残るはNZT組の3頭です。この中ではキョウエイアシュラ頑張ってほしいですね。地味になってきて復活するのを待ってるんだけども。

買わなかった馬ではリルダヴァルも皐月賞で向いていたが6着(ベスト更新)。あれくらい頑張れば・・・ってことで人気あるわけですが今度は切れが足りなくなる。切れる舞台はいいんですがね。だから好走してもおかしくないけれどスピード勝負になったら切れが生かせないという評価です。

 

4-13の馬連3倍ねぇ・・・。意外につくんですね。2倍台だとばかり。

4-13の決着はデータ通りいくとないわけですが普通にあると考えているので3着紐荒れに期待しております。馬単の方は完全におさえです。それにしてもキョウエイアシュラ11番人気か・・・うふふふふ。

明日の芝1800m

取り上げた馬達が活躍してくれたものの・・・人気馬ばかりでした。ラッキーゲートからはヤマニンエルブがあっさり距離短縮で結果を出し(2番人気1着)、新潟芝1200mではサンゴシックがハナ差まで(4番人気2着)。ピサノヴァロンは逃げるとは思わなんだぞw

 

明日は1200mがパッとしないので東京芝1800mで楽しみましょうか。ラッキーゲートからは5Rと9Rです。

東京5Rは3歳500万下。該当馬はディミータ、エムオーハンズ(第1回東京開催で未勝利勝利時ラッキーゲートで取り上げました)、プライズデイ、ヒラボクビジンの4頭。東京9Rは八ヶ岳特別。マイヨールとグリッドマトリクスの2頭。どちらも少頭数ですがコツコツいきましょう。

今回は3歳500万下の5Rを。4頭もいるんでできれば少なめに。

ディミータトエムオーハンズ、コスモマクスウェルがパフォーマンス上位で上がり切れるベストの連中。ベスト1位ノメトロポリタンも上がり4位なので上がり上位が締めている感じです。

展開としてはフラット。飛ばす馬もいなければ上がり下位の踏ん張りも今回はパフォーマンス低下で通用しない模様。これは堅く決まるでしょう。(ラッキーゲートで選ばれた中ではプライズデイが上がり下位。ベスト低いので脱落)

ディミータとエムオーハンズ、コスモマクスウェル、メトロポリタン、ヒラボクビジンの5頭で決まりそうですね。うむこれは堅い

 

もうちょっと面白い穴馬明日は少ないですねぇ

NHKマイルカップも堅そうだし・・・

2010年5月 8日 (土)

NHKマイルカップとそのほかちょいちょい

昨年アイアンルックが伝説に土をつけた毎日杯勝ち馬の伝説。今年はダノンシャンティが挑むわけですが、彼の場合共同通信杯2着もあるのでその点サポート充実です。単勝2倍台の予報もありますがこれは仕方ないですね。データの解説に関しては後で取り上げます。

 

~明日の東京芝1800m(ラッキーゲート)~

未勝利戦です。該当馬はヤマニンエルブのみ。この馬、以前京都で取り上げています。10番人気2着などラッキーゲートの方で該当して激走後何度かゴールデンクロス該当も好走ならずぷすぷすと凡戦繰り返しています。もうちょっとやれてもおかしくないのに。ただ、京都2200mの2戦以外は低安定というのが気になるところですが。距離短縮でどこまで巻き返すか。京都はまだチャンスあるからね。

どんどん地味になるね、東京芝1800mw

 

~帰ってきた1200m~

本当に久々ですね。

今回は京都じゃなくて新潟芝1200mで。若手騎手限定戦の新潟9R。ヒシフラッシーとイサミチェリーにとっては差し馬向きの馬場がプラスになるだろうから間違いなく人気するわけで一緒に買われるのは好位から競馬するコクトーやコスモクリスタル(そろそろ良くなってもらわないと困る)・・・が好走するなら堅いですよね。

ということで穴馬を探る。

パターンBとパターンE合致馬が頑張っているので狙っていこうかと。パターンBはピサノヴァロン。パターンEはニシノガーランドとサンゴシックの3頭。この中ではピサノヴァロン。サンゴシックは新潟で好走したことがあるのでとりあえずコース実績で拾う人いそうだから変に穴人気するかもしれない。ピサノヴァロンは中央戻ってきて2戦も見せ場は前走。久々の芝で後方からの競馬。直線だけの競馬なのでどこまでやれるか・・・ですが。今の新潟向きというか楽できるかもしれないということで取り上げてみました。ま、今回はサンゴシックを買いつつ、ピサノヴァロンに少し夢を見る。複勝買ったりワイド買ったりするには向いてそうです

パターンBとE両方該当馬がよかったのですけどねぇ

 

~NHKマイルカップ~

②の該当馬で好走は09年2着レッドスパーダ、08年2着ブラックシェル、04年1着キングカメハメハ、01年1着クロフネ。とりあえず01年まで。この4頭の傾向としては重賞連対馬。レッドスパーダはスプリングS2着、ブラックシェルは弥生賞2着、キングカメハメハとクロフネは毎日杯1着。

今年の該当馬ではダノンシャンティが毎日杯1着と共同通信杯2着。サンライズプリンスがNZT1着。ニシノメイゲツとリルダヴァルは重賞連対がありません。ということで買うなら人気のこの2頭・・・なんですが。②該当馬同士の決着は96年~09年までまだありません。

だから買うなら②の2頭→③、④、⑤へというのが一番かと。

で、去年も取り上げた⑤該当馬(合格馬だけじゃなく⑤に含まれる馬達)の好走数がハンパないので3着候補として買うのはどうかというお話。07~09年と3年連続合格できなかった⑤該当馬が3着に入って波乱を演出しています。06年は④合格馬キンシャサノキセキが3着(ちなみに4着アポロノサトリは⑤該当)。05年3着アイルラヴァゲインも⑤該当馬、04年3着メイショウボーラーは⑤合格馬。03年3着マイネルモルゲンも⑤、01年サマーキャンドルは『確勝馬』で⑤⑥合格馬。02年3着タニノギムレットは③合格馬でした。

ってことで②、③、④で合格できずに3着以下評価だった馬ではなく⑤で合格できなかった馬を3着で買う・・・のが面白いと思います。といっても8頭もいるのだが。

逆に言うとニシノメイゲツ、リルダヴァル(②合格馬・・・も重賞連対ならず)、キングレオポルド、モンテフジサン(③3着以下)、ガルボ(④3着以下)の5頭は3着にしなくていいってことですね。

個人的にはダイワバーバリアンに頑張ってほしいところです。エイシンアポロンは皐月賞◎にした馬ですが切れ味ないから皐月賞で夢見ただけに・・・ね。今回は切れ味主体の舞台だから辛いでしょうねぇ。ダイワバーバリアンも切れ味主体じゃないけどね。

つまり堅い。サンライズプリンスとダノンシャンティの2頭決着がないと考えられるだけまだマシかもしれませんけどね。1番人気の決着は買わずに済むわけで・・・。どっちかが来たらどっちかが3着以下・・・でしょうかね。

2010年5月 4日 (火)

NHKマイルCのお話2010

手直ししたので今年にどんどん挑んでいきます。天皇賞春はボロボロでしたが・・・。

手直ししたNHKマイルCデータはこちら

 

①1600~1800m連対経験

エーシンダックマン、エーシンホワイティ、キョウエイアシュラ、シゲルモトナリ、パドトロワ、レトが該当せず『3着以下』

 

②1400m以下経験~未経験馬

サンライズプリンスは1B連対率50%以上で該当し『好走馬』、ダノンシャンティは1Bと2Aで該当し『好走馬』、ニシノメイゲツは2B該当で『好走馬』、リルダヴァルは2Aで該当し『好走馬』

ただし連対4回以上で合格馬がいません

 

③1400m以下経験馬~1戦経験

エイシンアポロンはB該当で『好走馬』

キングレオポルドは該当せず『3着以下』、モンテフジサンは該当せず『3着以下』

 

④1400m以下経験馬~2戦経験

ダイワバーバリアンは『好走馬』

ガルボは該当せず『3着以下』

 

⑤1400m以下経験馬~3戦以上経験

『好走馬』該当馬

コスモセンサー

『3着以下』該当馬

エーシンダックマン、エーシンホワイティ、キョウエイアシュラ、サウンドバリアー、シゲルモトナリ、トシギャングスター、パドトロワ、レト

 

⑤『好走馬』該当馬

コスモセンサーは合格せず『好走馬』

 

出れませんでしたマイネルマルシェ。

orz

で、好走馬が多い。

サンライズプリンス、ダノンシャンティ、ニシノメイゲツ、リルダヴァル(ここまで②該当馬)、エイシンアポロン(③)、ダイワバーバリアン(④)、コスモセンサー(⑤)

 

世間では毎日杯を勝って確勝級評価(毎日杯勝ち馬の活躍が凄いからね)のダノンシャンティ、NZTを快勝したサンライズプリンスが人気なのは分かります。だって強いし。

出れなかったかぁマイネルマルシェ・・・

もう鳴きたいヒヒーン

NHKマイルCのデータ(2010年へ向けて訂正)

昨年はレッドスパーダ(とアイアンルック、降着サンカルロ)がデータ合格。ジョーカプチーノは合格ならずでしたが拾ってワイドで助かったという結果でした。つまり敗北ッ。なんとかしませんとなぁ。ということで今年も考えていきます。

 

①1600m~1800m連対経験

 

②1400m以下経験~未経験馬

  • 1A 連対率優秀(連対率100%)
  • 1B 連対経験(連対4回以上、連対率50%以上)

→1Aまたは1B該当は『好走馬』

  • 2A 1800m以上のみ勝利
  • 2B 1600mのみ勝利

→2Aまたは2B該当は『好走馬』

→1、2どちらも該当しなかった場合は『3着以下』

 

③1400m以下経験馬~1戦経験

  • OP以上で連対
  • 重賞で1~5着
  • 最長連対距離が1600m→A
  • 最長連対距離が1700m以上→B
  • A該当馬は1400m以下で連対経験あり
  • B該当馬は重賞制覇

→該当馬は『好走馬』、そうでない馬は『3着以下』

A該当馬は1400mで勝利が望ましい

B該当馬は1~5番人気で重賞制覇が望ましい

 

④1400m以下経験馬~2戦経験

  • 1400m以下で勝利
  • OP以上で1~3着
  • 1番人気~3番人気になった回数が3回以上

→該当馬は『好走馬』、そうでない馬は『3着以下』

 

⑤1400m以下経験馬~3戦以上

  • 1600~1800m連対時、4角1~5番手
  • A 1600mのOP以上に出走し5着以内
  • B 1600mのOP以上で最高4、5着

→1400m未満で連対率100%の馬はCへ

  • C 1400m未満のレースに未出走~3戦まで

→全て該当すれば『好走馬』、しなかったら『3着以下』

 

⑤で該当し『好走馬』になった馬

  • 1400m複勝率100%
  • 『京都芝1400m』
  • 『京都芝1600m』
  • 『東京芝1400m』
  • 『中山芝1600m』
  • この4コースのどれかに勝利経験あり

→該当すれば『確勝級』に

 

ってことで手直し。

ジョーカプチーノはこれで①該当、⑤『好走馬』ということになります。レッドスパーダは①該当、②『好走馬』。グランプリエンゼルは①『3着以下』、⑤『3着以下』ということですね。

こういう具合でまとめてみました

今年の出走馬は次に。

2010年5月 1日 (土)

GI予想~天皇賞春

一応◎とかは全く変わることなく買うつもりですが、ジャミールを△にしている都合上別に軽視しなくてもいいんじゃね?と考えているのがナムラクレセント。セットで来ないと考えているから注にしようかなと。というのも重賞3回3着あるけど連対ないからアウト~というのもね。GI初出走組で一番気になった馬です。ということで印に少し変化ありますのでとりあえずどうぞ

 

◎トーセンクラウン

○フォゲッタブル

☆ベルウッドローツェ

☆テイエムアンコール

△エアジパング

△ジャミール

注ナムラクレセント

 

◎トーセンクラウン

トーセンさんの馬だからということで嫌われるのもどうかと思うので。GI初出走組。オペラハウス産駒その1。特別悪いところないんですよ。やってみればどうかなと思っていたけれどどこまで我慢でっきるっかなっ♪というのが課題。だから人気ないんでしょうけどね。流れは向く。あとはどこまで。やってみれば2500m以上でもやってのけた、ってのが理想。

 

○フォゲッタブル

4歳代表。パフォーマンス、実績、やることやってここまできました。ケチつける材料見当たらない。有馬記念でも抵抗し菊花賞でもあわやまで。特別語るべきところはないですがダイヤモンドS以来の競馬がどうかというところでしょうか。阪神走らせなかったことがよい方に出るんではないかと思います。勝ってもおかしくはない。

 

☆ベルウッドローツェとテイエムアンコール

テイエムアンコール人気ですな。オペラハウス産駒その2。トーセンクラウンより人気してるのなんでだろう・・・母系スティールハートの全妹なんですけど。パフォーマンスはギリギリ買えるエリアの馬なわけですがやや前走切れに頼ったのが気になるところ。対照的にパフォーマンス1位はベルウッドローツェ。確かに地味ではあるけれど4歳。格上挑戦でダイヤモンドS2着(軽ハンデ)はそこまで気になりませんがパフォーマンスは確かなもの。阪神大賞典であっさり負けたところは分かりやすいですが、鮮度あり、しかも4歳。伸びしろはあると思うわけです。

対照的な2頭だけれどどちらもGI初出走馬。だからこそ買いたいわけです。

 

△エアジパングとジャミール

エアジパングはテイエムアンコール同様パフォーマンスはギリギリ。切れに頼れないパフォーマンスなので買うってだけで特別よいわけでもない。悪くもない。ミッキーペトラが逃げ宣言してるのでついていくでしょう。フォゲッタブルも似たようなところにいるのでどこまでついていけるか。

ジャミールは切れに頼った分軽視した形です。こちらも4歳。まだまだ伸びる要素のある鮮度のある馬。スローペースが合うとは思えませんので自分からアクション・・・できないだろうなぁ。できるなら菊花賞出走してたでしょうからねぇ・・・w。目黒記念に出走するならあっさり勝つ気がします。

そして最後に注ナムラクレセント。こちらも切れ寄り。そして惜しい実績。好位から攻められる分ジャミールより柔軟ある。安定度はあるが適応力はばらつく。どうせなら中団から挑む方がいいかもしれませんね。ジャミールも割り切って競馬するでしょうからね。

 

~買い目~

馬単

◎ー○(表裏)

馬連BOX

◎○☆☆

馬単フォーメーション

◎○→☆☆△△注

馬連フォーメーション

◎○☆☆→△△注

ワイド

◎→○☆☆△△注

 

トーセンクラウンは評価甘いので助かりました。

◎-○の馬連で40倍・・・これで決まるといいなぁ

スイートピーSやるお!

予想通りマイウエイが抜け、追いかけたサクラルーラーのラッキーゲート該当のワンツー。堅い時はこんなもんです。それにしても上がり勝負寄りすぎですね、東京。青葉賞ペルーサに向きですもんね。圧勝は当然でしたね。トゥザグローリーはよく頑張っているけれどまだまだこれからの状態でよく頑張りましたね。完成は秋でしょう。

 

明日はスイートピーS。

ラッキーゲートではクラックシードのみ。連勝中ですね。

検証中のほうもフラットということで上がり下位にもチャンスあったのですが・・・下位にベスト指数高い馬不在。ということでその役割はクラックシードに託されます。ベスト1位(デビュー戦)です。

上がり勝負に強いということでチャンスある上がり上位3頭。ニーマルオトメはベスト2位、ロジフェローズとブーケドロゼブルーはベストこそ低いが伸びる余地はあるので3連複おさえの3列目で。

 

3連複()2頭軸

1列目:9

2列目:11

3列目:1、2、4、5、6、8、13

3連複フォーメーション

1列目:9

2列目:1、6

3列目:2、4、5、8、11、13

 

天皇賞春はあのまんまだけどあとでまとめます。

更に地味な東京7R

どんどん地味になっていくラッキーゲート話。普通は青葉賞を取り上げたりするわけですが・・・それは作者さんに任せる、という便利な世の中。私はもっぱら芝1800mでコツコツです。悲しいことに1200mの方は・・・。京都芝1200mはまだまだ瞬発力勝負向きには遠いので(だからジャミール評価落ちています)パターンB狙いはまだまだ先・・・かな。だから今回は取り上げないかも。鷹ケ峰特別色々期待していたんですけどねぇ・・・。まだ向かないと思う。残念だけど。

 

ということで先週より地味な500万下、東京7Rです。

マイウエイ、エアキリヤン、サクラルーラーの人気馬が該当です。エアキリヤンは人気ではないけれど。マイウエイは飛びぬけて人気だからあえてとりあげることないかなと。この面子でスロー以外ありえないのでマイウエイが出たとこ勝負できるという・・・

で、検証の方。

スローです。クレバーネオがダートのみのパフォーマンスながらついていける面子だからこそということでこの馬が狙い。ダイワカレンとハンドクラッピングはパフォーマンス激低なのでこの馬しか残っていません。未知の魅力。

替わりに対応できる上がり勝負に頼らない馬ではサクラルーラー、フライバイワイヤー。サクラルーラーはラッキーゲートでも取り上げられているので今回私の本命になると思われます。

(3連複)

サクラルーラーとマイウエイの2頭軸でクレバーネオ、フライバイワイヤー、シンセサイザー、エアキリヤン、モエレオフィシャルまで

という馬券。あとクレバーネオとマイウエイの2頭軸。ほとんど補完です。サクラルーラーとマイウエイで決まると思う。マイウエイがあっさり勝つんだろうな、今の東京切れ味勝負に移行しつつあるところにスローの上がり勝負。困ったことになる。配当安め確定です。しかもクレバーネオも人気しそうだから人気馬がそろい踏みするだけという悲しい図式。

元々堅いところにぬるい面子だから仕方ない。

ラッキーゲートで選ばれてるけどエアキリヤンではちょっとなぁ・・・。それならモエレオフィシャルのほうがいい。フライバイワイヤーとそんなにかわらんけど。

 

ということでサクラルーラー頑張ってね。馬連買って応援するから。がちがちでも堅実さがいいのです。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ