« ウイニングポスト7~中盤攻略7 | トップページ | ウイニングポスト7~中盤攻略8(その2) »

2009年11月 5日 (木)

ウイニングポスト7~中盤攻略8(その1)

1997年になっていよいよ海外主要GI以外のレースでも強敵が続出します。1996年に取り上げたダホスは米芝路線を牛耳る強さ。スピニングワールドはマイル路線で邪魔することでしょう(安田記念やBCマイル、香港マイルなど)。牝馬マイル~中距離路線にかけては天才少女ことボスラシャム([男勝り]もってます)が大暴れ。香港カップにも出てきては圧勝すると思うのでこの馬には注意です。ダンスパートナーとエアグルーヴは無理して欧州牝馬GI(マイルあたり)に出ないほうがいいです。2400mには出てこないですけどね。

中長距離路線ではシングスピールとピルサドスキーがずっと喧嘩してます。その間にスウェインが参加する・・・という具合でタレントが豊富です。ピルサドスキーはJCで来日する為、猛威奮います(JCだと勝てない相手じゃない)。ナリタブライアンですら苦戦する強さなのですが成長度が回復したらBCターフで勝つこともできます。要するに互角レベルですね

アブクマポーロ、メイセイオペラの実力なら米ダートGIも勝てます。といってもスキッピーことスキップアウェイが不在なら、という条件付き。秋にはシルバーチャームも3歳代表として参加するので喧嘩売るレース間違えると返り討ちにあいますね。でもいないなら別。この2頭でも充分勝てます。で、いい気になってBCクラシック出ると痛い目みるという。ちなみに注意点としてメイセイオペラは成長遅めですが3歳からバリバリ活躍できる実力馬ですので米GI勝つことも可能です。ですが国内実績自体ない状態で海外遠征すると間違いなく人気がありません。あっさりGI勝っても[大駆け]といういらない特性がついてしまう恐れがあります。彼には海外遠征で大勝負してほしいので[大駆け]だけはつけないようにしてあげてください。ちなみにBCダートマイルはあっさり勝てることでしょう。

 

~1997年主な目標その1~

  • タイキブリザードでWSRC優勝
  • ナリタブライアンで米GI(2400m)、有馬制覇
  • ジェニュインでGI勝てるだけ勝ってもらう
  • エアダブリンでゴールドC、カドラン賞勝って堂々引退
  • ダンスパートナーでヴィクトリアマイル、エリ女制覇
  • エアグルーヴで宝塚、天皇賞秋、JC制覇
  • ライブリマウントでダートGI狙う(国内・海外)
  • アブクマポーロで国内GI勝つ(あまり無理させない)
  • ドージマムテキでサマースプリント優勝目指す
  • ヤマニンパラダイスでサマースプリント優勝目指す
  • ファビラスラフインでサマー2000シリーズ優勝
  • ファビラスラフインでアジアマイル完全制覇(をできるだけ)
  • エムアイブランにGI初出走、初勝利させる

 

ここまでタイキブリザード無双(WSRC限定)でGI勝ってきたものの、いよいよ陰りが・・・という年。ボスラシャムのような一流馬が出てくると苦戦必死なので97年に関しては優勝が目標です。幸いシンガポールやコックスプレートは勝ちやすい部類で強豪もいない。ですが香港になるとボスラシャムが暇してるのか初戦(クイーンエリザベス)と最終戦(香港カップ)に顔を出すという嫌がらせ。ということで30ポイント獲得が目標になります。ボスラシャムいても2着にはなるので6ポイント。2着2回で12ポイントなので他のWSRCで2勝していれば36ポイント。1勝、2着1回なら18ポイントで合計30ポイント。ここあたりがボーダーでしょうか。ちなみにシングスピールやピルサドスキーはキングジョージや凱旋門賞、BCターフでポイント稼いでくるので彼らも24ポイント獲得の恐れがあります。

その邪魔をナリタブライアンで…といきたいところ。BCターフと有馬記念制覇が一応のお仕事。2400mGIでシングスピールやピルサドスキーと海外で互角に戦えるのはナリタブライアンくらいかも。といっても無理使いはしない方がいいです。できるだけGI勝てたらいいなでコツコツ勝ってもらいましょう。

同じくコツコツ勝ってもらいたいジェニュインですが晩年になっているところに米GIはダホスが、欧州GIはボスラシャムが頑張っているだけに勝てるレースが限られていると思います。ドバイデューティフリーなどアジアマイルはまだ比較的勝てるほうですがこっちにもスピニングワールドがやってくることがあるので2勝できたらいいかな~というところでしょうか。ファビラスラフインと一緒に何とかどちらかが2勝できたら幸いなので使い分けてアジアマイル2勝目指す。そして引退して金のお守り獲得できたら目標達成です。GI8勝になるべく頑張ってください。イシノサンデーも同じ境遇でダートも芝も中途半端なので賞金稼ぐのに専念するといいかと。

アブクマポーロに関しては5歳時は無理しないこと。海外遠征2戦、国内GI2戦で終了でもいいくらい。もうすぐ引退するライブリマウント、5歳になったエムアイブランに交流GIを譲る余裕があるので97年に関しては無理させないでもいいです。といっても既に[大舞台]持っていたらですけども。持っていないならつくまで交流GIを勝たせる。[大舞台]持っているなら米遠征に挑むといいでしょう。98年はいよいよドバイワールドカップなどダート主要GIに挑みます。だからこそ今年は無理させないようにしたい。

エムアイブランはGI初出走、初勝利を同じレースで。JBCクラシックあたりで成功したいですね。[乾坤一擲]がついたら今年のお仕事終了。あとは[交流重賞]ついたらメイセイオペラやアブクマポーロのいない国内お留守番任せられます。あとはライブリマウントに任せて勇退してもらうことにしましょうか。

注意点としてはこれくらい。エアグルーヴはバブルガムフェローを相手にしないから苦戦せず宝塚・秋天・JC勝って年度代表馬という規定路線。天皇賞秋勝てばムービーも見れますし。サマーシリーズは両方優勝したいですね。ファビラスラフインはそんなにGIに固執することなく何か勝てたらいいかな程度の方がいいですよ。勝てるレベルなので何とか勝たせたいけど意地になって海外いくよりサマー2000シリーズ優勝で銅取ってくれる方が楽です。

サマースプリントシリーズの方はドージマムテキとヤマニンパラダイスでそれぞれ2勝させて最終戦セントウルS出走します。ヤマニンパラダイスは函館SSとアイビスサマーダッシュ、ドージマムテキは北九州記念とキーンランドカップという風に分けて出走。2勝できなくても1勝、2着1回でセントウルS出走できたらこっちのものですね。

 

その2に続きます

« ウイニングポスト7~中盤攻略7 | トップページ | ウイニングポスト7~中盤攻略8(その2) »

ウイニングポスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/46677466

この記事へのトラックバック一覧です: ウイニングポスト7~中盤攻略8(その1):

« ウイニングポスト7~中盤攻略7 | トップページ | ウイニングポスト7~中盤攻略8(その2) »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ