« データで菊花賞はとれるのか? | トップページ | 合致馬チェック~10/24 »

2009年10月23日 (金)

菊花賞のお話~訂正ver~

リーチザクラウン、順番数え間違いしてました。神戸新聞杯上がり5位なので拾えないですね。よって彼の強調点はきさらぎ賞の上がり2位だけに。合格とはいえませんねぇ。少し分かりにくいのでどうせなら分かりやすく・・・ってことでちょっと考えてみました。

 

芝2400m以上

上級条件(1000万下、1600万下、OP以上)で上がり1~4位→1P

下級条件(未勝利、500万下)で上がり1~3位→0.5P

初めて2400m以上出走で上がり5位以下4着以下→-0.5P

 

芝2200m

上級条件で上がり1~3位かつ1~3着→1P

下級条件で上がり1~3位かつ1~3着→0.5P

該当せず(未出走除く)→-0.5P

 

芝1800~2000m

上級条件で上がり1~3位かつ1~3着→1P

下級条件で上がり1~3位かつ1~3着→0.5P

該当せず→-0.5P

 

結局加点方式にしてしまったわけですが・・・2400m以上で2レース以上該当してもポイントは1P。減点も同じく。とりあえずこれでいきますか。

08年

1着オウケンブルースリ +2.5(+1、+1、+0.5)

2着フローテーション +1.5(+1、-0.5、+1)

3着ナムラクレセント +2(+1、+1)

 

07年

1着アサクサキングス +1.5(+1、+0.5)

2着アルナスライン +3(+1、+1、+1)

3着ロックドゥカンブ +2(+1、+1)

 

~今年の出走馬(ポイント順)~

+3 ナカヤマフェスタ(+1、+1、+1)

+2 イコピコ(+1、+1)

+2 フォゲッタブル(+0.5、+1、+0.5)

+1.5アドマイヤメジャー(+1、+0.5)

+1.5アントニオバローズ(+1、+0.5)

+1.5アンライバルド(+1、-0.5、+1)

+1.5シェーンヴァルト(+1、+0.5)

+1.5セイウンワンダー(+1、-0.5、+1)

+1.5セイクリッドバレー(-0.5、+1、+1)

+1.5ヤマニンウイスカー(+0.5、+1)

+1 スリーロールス(+1)

+1 リーチザクラウン(+1)

+0.5イグゼキュティヴ(-0.5、+1)

+0.5トライアンフマーチ(-0.5、+1)

+0.5ブレイクランアウト(-0.5、+1)

+0.5ポルカマズルカ(+1、-0.5)

+0 キタサンチーフ(+0.5、-0.5)

-0.5キングバンブー(-0.5)

 

ポイントのないキタサンチーフとキングバンブーを買うことはないですね(汗)。で、残り16頭。+0.5が4頭。ここも切っても問題はないでしょう。これで残り12頭。+1のスリーロールスとリーチザクラウンは軸にすることはないのでおさえとして買う。問題は+1.5ですね。7頭もいます。ここをどうするかが今年の鍵になりそう。そのうち数頭は人気馬なので穴馬として見なくていいというのはいいかもしれない。

  

ナカヤマフェスタの+3は去年もおととしも3つ該当馬が連対してるのが強みかな。惜しかったダービー4着も魅力ですが、この馬の魅力は東スポ杯と京成杯の勝負強さだと思うわけです。血統も気に入っているので◎にするつもりです。蛯名騎手もそろそろ・・・ね。

+2のイコピコはラジオNIKKEI賞やプリンシパルSで実績見せてくれていたらなぁ・・・と思う1頭。魅せてたら神戸新聞杯で人気してたかもしれないけど。フォゲッタブルは器用さがあるかどうかにかかってますね。高千穂特別であっさりと置いていかれてるのを見てるだけにちょっと不安であるけど菊花賞という舞台なら・・・ですか。

+1.5のなかで血統気になるのはセイウンワンダーですかね。WP7風にいうと親系ラインブリードですね(笑)。魔性の魅力、リアルシャダイ。グラスワンダー産駒がこなすか、というよりこのリアルシャダイの血があるかないかで購入予定の人いるかもしれない。それくらい魅力あるんですよね。

あとはヤマニンウイスカー。暴走娘ヤマニンファビュルの弟ですが白百合Sの内容よかったですね。レベルの高いプリンシパルS組にも該当します。隠れたマンハッタンカフェ産駒としても注目してたりもしますがイコピコとアントニオバローズがいるので目立たないのもいいですね(汗)。サドラーズウェルズ×ブラッシンググルームの配合でここまで器用な仔が出るもんだなと。

最後にシェーンヴァルト。皐月賞の僅差4着は本当にね・・・(汗)。ジャングルポケットの魅力もありますが(2年連続菊花賞馬輩出のチャンスw)、名牝Thongを強調した配合の方に目がいっちゃいまして。ThongはSpecialの母です。そのSpecialのインブリードをかました配合(ヌレイエフとフェアリーキング)ってのが気になるところです。シェーンヴァルトの母シェーンクライトもThongの全兄弟インブリードなんてのもやってのけているので強調し続けているってのが魅力です。Caroといいシアトルスルーといった血も含めている母系に興味もっています。そろそろ開花してくれませんかね~デイリー杯勝ち馬としても(笑)

シェーンヴァルトに期待している人は多そうですけどね

« データで菊花賞はとれるのか? | トップページ | 合致馬チェック~10/24 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/46558892

この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞のお話~訂正ver~:

« データで菊花賞はとれるのか? | トップページ | 合致馬チェック~10/24 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ