« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

土方本・結果~8/29・8/30

これまで長い長い22日間行なわれてきた札幌ですが、ようやく合致馬が好走しました。合致馬チェックでも取り上げたインフィニティラブのことですが、オッズ見てガッカリでしたね。4番人気スタートだったんですよね(苦笑)。結局ずるずると落ちて8番人気(単勝45.2倍)になったものの、朝からどうしようかと。レース内容もギリギリ3着ってのが現状をうまく表してくれたと思います。

 

土方本・結果

8/29

新潟6R 合致馬なし

新潟8R 合致馬なし(*3着ホトダー)

札幌8R 合致馬なし

 

8/30

新潟7R 合致馬なし

新潟9R 合致馬なし(*1着ケイアイスイジン)

新潟10R 2着ブルーカーディナルで的中

小倉1R 2着マイネルアクアで的中

小倉6R 2着ラガーキセキ(3連複ハズレ)

小倉8R 3着ミキノクレシェンドで的中

札幌1R 3着インフィニティラブで的中

札幌9R 合致馬なし

 

新潟芝1200mの合致馬パターンEは期待通りといいますか、数少ないレースで上級条件だけ好走してくれるという分かりやすいというのが大きいですね。…残念なことにもう芝1200mの上級条件はありませんので楽しめないわけですが(下級条件では未だ合致馬好走なし)とりあえず事実上の最終戦でブルーカーディナルが好走してくれたのはありがたかったですね。新潟D1200mの方は・・・うん。

 

札幌芝1200mの方は2歳戦で活路を見出せた格好ですので期待はどうしても最終週に行なわれる2歳OPすずらん賞にいくわけですが・・・。残念ながらクローバー賞から出走してくれたのは1頭だけなので楽しめないのが確定しちゃいました。元々レアチャンスの芝1500m組なだけにそこに期待するのもどうかと思いますけども。

 

ということで結局小倉。日曜日は見事に好走したわけですが、私が積極的に購入したのはミキノクレシェンドだけ。マイネルアクアは唯一の合致馬だったこともあって購入しましたが3連複20倍。ラガーキセキの方は様子見だけで購入していません。ということで紹介した別府特別のミキノクレシェンドだけということになります。マイネルアクア以外の2頭はパターンE合致馬。本当に2開催ずっと頑張りましたね。しかもこればかり。パターンB合致馬が減っていくのは仕方ないことですがこの安定度は絶妙ですね。

しかし、堅い500万下のお陰でこれだけ3連単を購入することになるとは。それもこれも500万下が人気馬決着ばかりだというのが大きいですが(これまで1~3番人気馬が勝たなかったレースはたった1回)私もこれだけ3連単を買うことになるとは全く思いもしませんでした(苦笑)。基本3連複の人なんですが、これだけ堅いと3連複買う気になれません。が、狙い定めて買えることの有り難味、軸の安定を考慮したらこれほど勝負できるレースがあるってのは珍しいです。

 

~今週の予定~

小倉芝1200m最終戦。500万下は土曜日最終レースに組まれています。上級条件は土曜日佐世保S、日曜八幡特別と2歳OP小倉2歳S。堅い500万下がまたあるのでここで勝負〆できればいいんですけども。合致馬が先週から連続して絡んでくれていい配当になっているものの3連複は安い。高配当のチャンスは3連単にあるようです。

小倉2歳Sの注目馬はマイネルカリバーンかな。

2009年8月30日 (日)

合致馬チェック~8/30

総選挙ですね。皆さん投票にいきましょう。

私も京都競馬場から帰りしなに行きます。批判も諦めの声も聞こえますが、まずは投票いかないと話が進みません。私の場合、馬ばかり投票して・・・と色々言われるのですが(汗)ちゃんといかないとね。それにしても今回はお仕置き選挙みたいな感じで投票される人が多いそうで。あ~そう言われると分かりやすいなと。政権交代選挙、といってるマスコミとなんか温度差あるなと思ってたんですよ。・・・諸刃の刃怖いんですがね。

 

それにしても合致馬が少ないっ!そして土曜日は結局好走した合致馬なし。ちなみに日曜日も合致馬少ないんですけどね。該当馬一番多いのが札幌1R2歳未勝利戦なんですよね・・・w殆どパターンD該当馬なんですが。さて。

 

~別府特別~

パターンE該当馬

11番ミキノクレシェンド、12番ブライドルアップ

16番メイショウシオギリ

前走3角1~5番手(おさえ)

1番ノーブルストーン、5番ケンブリッジロス

11番ミキノクレシェンド、12番ブライドルアップ

16番メイショウシオギリ

上がり勝負馬(前走3角6番手以下、上がり1~3位)

4番カヴァリエ、6番シルクナデシコ、8番ジョウショーアロー

10番ファルクス、13番ラブイズモネ

前走3角6、7番手(おさえ)

7番カシノヘラクレス、14番リトルビスケット

 

おさえの2頭以外の10頭から1~3番人気になった馬を軸にします。ということで前回お世話になったブライドルアップにもう一度お世話になりますね。あとは上がり勝負(Cタイプ)からカヴァリエやシルクナデシコになるかな。ちなみにノーブルストーンは武豊人気あっても軸にはなりません。合致馬ではメイショウシオギリとミキノクレシェンド・・・になるかな。

ブライドルアップ、カヴァリエを軸に買うことになりそうですね。3連複40倍以下の組み合わせは3連単で回収することにしています。要するに堅い決着がメインなんで。オッズプリンターの3連単1~20番人気組み合わせをフォーメーション用紙に書く感じで。1着は1~3番人気馬だけにして・・・という感じ(軸馬から流すのが楽ならそっちでもいい)。合致馬がいる場合は2着、3着候補にして補っています。人気の組み合わせに紹介しなかった馬もいるでしょうが、それは3着候補で補ったり消したりしてます。Bタイプが4着付近でうろちょろしてるのが気になりますので3着候補でいいかもしれませんね。

穴馬の出番は主にないので3連複で抑えてる感じです。穴といっても13番人気以下は買いませんけどね。↑で紹介した中ではカシノヘラクレスやケンブリッジロスは買わないことになりそうです。今回だとリトルビスケットやラブイズモネ、ジョウショーアローを買うことになるかな。合致馬の組み合わせはこっちでも買いますけど。

 

最近はオッズプリンターも[人気順]というのができたお陰で3連複の人気順(ついでに3連単の組み合わせまでオッズが見れる)も見えるのでチェックがしやすくなりました。特に500万下は堅い決着が多いお陰で3連単買うことが増えましたのでオッズプリンターにはお世話になっています。同じものをIPATでチェックできないのが残念です。

 

~飯豊特別~

ブルーカーディナルとシベリアンヒートを買うことになりそうですね。どっちも前走同じ(長岡特別)、位置取り同じという分かりやすい2頭で立場も似てる。ハンデが1kg違いますけども少し臭いそうな2頭に注目ですね。この馬から人気馬へ。分かりやすい組み合わせです。

 

~札幌1R~

ようやくパターンC組が出てきましたのでインフィニティラブを。あとはパターンDなのですが・・・見事に不発しているので期待できるわけでもないのでインフィニティラブくらいにしか楽しみがありませぬ。う~む。

 

キーンランドカップですが・・・一応ラップ本◎(▲)+前走上がり1~5位を。グランプリエンゼル(▲)、アポロドルチェ◎、モルトグランデ(▲)、タニノマティーニ◎、ドラゴンウェルズ(▲)、シンボリグラン◎となります。▲達は軸向きじゃないけどあってるからおさえにしたほうがいい馬達。◎はピッタリなので頼むから来てくれ(願望)馬ですね。特にアイビス組。どっちも忘れ去られている感がちょうどいい。タニノマティーニは去年お世話になった馬ですがこの時期には上がりを出してくる変わったおじさんです。去年も前走上がり5位(函館)で急に入着したな、と思ったらキーンランドカップ勝っちゃうんだから困ります。今年はUHB杯6着で上がり3位。う~ん似てらっしゃるw

この6頭を1着候補にして馬単を買う・・・つもりでしたが合致馬がいないんですよねぇ。だから回避したんですが、◎の単複だけ買うことにします。新潟記念はオッズ見たら買いたくなるんですがとりあえず3連複40倍スタートがおかしいwこういうレースは買い目絞るのが難しいからこうなるわけで買わないほうがいいかなぁ。どれが勝ちます?と聞かれても困るしw

2009年8月29日 (土)

キーンランドカップは回避します

いつもと開催形態が異なることと、合致馬が不在、コースも読めないことからキーンランドカップは回避することにしました。興味はあるんですが・・・別府特別の方が興味あるんですよね(苦笑)。土方本使っている人の思考って感じがしますね。これといった特徴があるのか、過去の傾向が役に立つのか1週間考えたわけですが「このパターンで勝負しましょ」という小倉みたいなノリでいける材料がありませんでした。

 

今週本当に中休み的な番組構成なんですよね。

小倉を主戦として頑張ってた(つもりの)私にとっては、ですけど。日曜日の別府特別、新潟芝1200m飯豊特別の2レースで勝負する予定なので土曜日はお休みにしました。と呑気なことを行っている間に小倉開催もあと2週に。来週は小倉2歳Sですよ・・・合致馬活躍するチャンス全くないですよ・・・。特に今年は。

合致馬チェックというよりBタイプ(前走3角6番手以下、上がり4位以下)の馬達が連対しないかを見るだけなので土曜日の合致馬チェックは休みにしました。これまでBタイプの馬達は人気馬がちょろっと好走するだけだったので人気馬おさえておけ、というお決まりのパターンでもいいんですが軸にしないこと、を挙げていた私としてはこの傾向が別府特別まで続くかどうか調べたかったわけで、明日は様子見の方がいいと判断しました。

これだけ別府特別楽しみにしてる人いないだろうなぁ・・・(汗)

(追記)

2chで土方スレが復活してました。驚いたw

私はROM専ですが頑張ってください>>スレ立てた方

2009年8月27日 (木)

ウイニングポスト7~中盤攻略5(その1)

発売されてもうすぐ2ヶ月ですが、ようやく重野なおきさんの『信長の忍び』第1巻買えました。どこ探しても売ってなかったもので第2版以降待つべか・・・と思ってたらぷらっと競馬本探しに入った本屋の歴史コーナー(大河ドラマ「天地人」特集の棚)にありました。異色なんですよね、この本だけ(笑)。ヤングアニマルも信長の忍びと海の御先の為に読んでる感じです。

信長の忍びと海の御先も11月頃新刊が出るようなので楽しみ。

 

~ウイニングポスト7~

まずはお詫び。前回「1994年は語る事がない」とうっかり書き込んじゃったのですが、それは何度もプレイした人の話ですね。ビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟にヒシアマゾン、トウカイテイオー(引退させている人もいるか)、トロットサンダーにライスシャワーなどなど名馬だらけなので好き勝手走らせて楽しんでもらったらいいんじゃないかな、と思い書いたものの、ちょっと初回プレイに立ち戻ると語る事が意外に多いんですよね。それにライスシャワーの鍋底発動の話をしないといけない(これは中盤攻略10その2で取り上げますが)。結構大事な年でもありました。

今回は1994年4月1週までと94年生まれの馬達の話。よって当歳馬セールと12月3週海外セールと極端なのでメモしてもらうと嬉しいところです。大事なのはこの年はプレイする人のやりかた次第でかなり選択が変わってきます。

 

~トロットサンダー、初GI出走の人向け~

1993年秋にGI挑戦させている人には無理なので聞き流してほしいのですが、5歳になりいよいよ能力開花し短距離路線制定できる怪物になったトロットサンダー。重賞勝利なら4歳でも可能ですがサクラバクシンオーの史実補正などに立ち向かうには少し足りない為、5歳からGI始動の方がトロットサンダーにはいいです。

トロットサンダーの初GI制覇は高松宮記念。サクラバクシンオー全盛期なのでやや先行力は厄介ですがそこまで恐ろしい相手ではないかと。中京コースでは追い込みではまず届かないので先行、差しで挑んでもらうといいかな。無理なら3月2週に行なわれる海外GIフューチュリティーSでもいいと思います。強い敵がいないのでこっちの方が楽かもしれない。

 

ここから本題というかアンドレアモンと同じです。GI勝利時(GI初出走、GI初勝利)につくスキル[乾坤一擲]をつけるまで頑張ることになります。できるだけ94年1月1週までのデータを1つ作っておければやり直せば可能なのですが所有馬が多くなっていて大変でしょうからほぼ一発勝負でも別に問題はありません。[乾坤一擲]持っていなくても複数GI勝利でつく[大舞台]でいいわけですから。

ところでトロットサンダーはGI初出走、初勝利(95年マイルCS)だったわけですが何故乾坤一擲ついてないんでしょうねぇ?兎も角GI初出走、初勝利が狙える人は[乾坤一擲]狙ってみてください。

 

~1994年生まれの名馬達~

いつも通り1994年3月5週までに母馬を購入すれば自家生産できる馬達を紹介。ただし94年は名馬が多く、海外馬セールにも怪物がいるので6頭選択するのがかなり難しい。とりあえずオススメ馬を紹介しておきます

  • シーキングザパール(95年海外セール入手)
  • タイキシャトル(95年海外馬セール入手)
  • ブラックホーク(95年海外馬セール入手)
  • サイレンススズカ(金のお守り)
  • メジロブライト(金のお守り)
  • メジロドーベル(金のお守り*)
  • メイセイオペラ(銀のお守り)
  • ステイゴールド(銀のお守り)
  • マイネルマックス(銅のお守り)
  • リムノス(*母馬ランジェリー所有)

ご覧の通り、全馬持てません。まだまだ能力高い馬がいる世代(ファストフレンドやキョウエイマーチ、サニーブライアンやマチカネフクキタルなど)なのでかなり迷うことになりそうなので路線別に解説したいと思います。

 

~短距離路線~

能力では世代最強のタイキシャトルですが、遅めの為にデビューがやや遅れます。史実産駒無視して走らせ続けるなら最強馬としてトロットサンダーの後釜として長年君臨できる怪物ですが敵に回してもそこまで被害がない(史実引退年が98年と早い、ピークくるまで時間がかかる)ので買わなくてもそこまで被害はないと思います。せいぜい97年マイルCSと98年安田記念を圧勝される程度でしょう。

使い勝手ならシーキングザパール。メジロドーベルを倒せる能力、海外遠征でも戦える短距離馬なのでタイキシャトルより所有した際にストレスを感じずに済むのが利点です。母馬としても優秀な馬なので是非とも海外遠征で3冠狙いたい馬です。そしてブラックホーク。99年以降の短距離路線を担う馬です。じっくり育てて99年から暴れてもらいましょう。海外馬セールならこの2頭オススメです。

 

~クラシック~

2冠馬サニーブライアンがいるのですが、しっくり来ないので史実通りいくかどうか怪しい。皐月賞、ダービーを勝つ馬がどの馬になるか何度プレイしても変わると思います。そこでメジロブライト、なのですが彼が天下をとる期間はかなり短い。確かに強いんだけれどワンパンチ足りません。所有したら意外に弱いと感じるくらいでして、金のお守りが勿体無く感じることもしばしば。彼でGI8勝は辛いです。これといったオススメできる馬がいないですね。使い勝手が悪い。

牝馬クラシックはメジロドーベルで安定です。キョウエイマーチの圧倒的スピードがゲームで再現されていないのでメジロドーベルで牝馬3冠は可能です。エリ女とヴィクトリアマイルをあっさり勝てるので苦労はしないと思います。エアグルーヴを敵に回す場合、勝てっこない無理ゲーになるところです。

 

~その他~

ステイゴールドは遅めの[タフネス]持ち。おまけに[海外遠征]までもっているのでフジヤマケンザン同様WSRCで大暴れできます。成長がうまくいけばBCターフなど大レースも勝てる逸材です。まずは瞬発力、勝負根性がA以上になってくれるのを祈りつつ育てることになりますが問題なく育つと思います。

サイレンススズカはスピードSなので問題なく使えるのですが、98年で亡くなってしまう馬なのとムービー条件ある馬なので所有するのも手ですが、意外に使いにくい。GI8勝以上狙う、という意味では使いにくい、だけなので普通に出走させるなら楽しめる強さだと思いますけども。あんまり初回プレイ向きではないです。サイレンススズカのifイベント(天皇賞秋を制した際に見れるイベント)やムービー(98年宝塚記念制覇)など2周目以降に楽しむといいでしょう。

中盤攻略9で取り上げたランジェリーの仔リムノスはサマー2000シリーズで活躍できるのでお手軽な馬なのでこのまま所有しているといいと思います。手放したら海外馬になるだけなので。

 

ということで私のオススメ

  • シーキングザパール
  • ブラックホーク
  • メジロドーベル(メジロビューティ)
  • メイセイオペラ(テラミス)
  • ステイゴールド(ゴールデンサッシュ)
  • リムノス(ランジェリー)

金のお守り使用が1つ(メジロドーベル)、銀のお守りが2つ(メイセイオペラとステイゴールド)になります。サイレンススズカとメジロブライトは今後を考慮すると持たない方がいいとおもったので今回はオススメにしませんでした。あと牧場の賞金加算としてマイネルマックス(母サクセスウーマン)を生産させるのも手です。

 

~海外セール~

いきなり12月3週のお話ですいません。

94年海外セールの目玉はファビラスラフインとシンコウフォレスト。ファビラスラフインはエアグルーヴと使い分けることが出来るので便利です。シンコウフォレストはマサラッキと同等の能力を持つスプリンターなのでトロットサンダーが引退した98年のスプリント路線の穴埋め的な馬として使ったりサマースプリント制覇に使えます。

別に所有しなくてもいいのですが敵に回すくらいなら所有した方が使えるという理念と資金さえあれば買えるというお手軽さは初回プレイ向きなのでつかっておくといいと思います。

 

次回は94年の続きです。

2009年8月26日 (水)

風、吹いてます?

マニフェスト選挙だ、政権交替だ、とマスコミさんが騒ぐ夏。

『政権交代』しか言わない某政党党首さんが生放送で喋ればブレよりもひどいものを見せては何言ってるんだか分からない(質問されても応対すらできずに無茶苦茶な話)ので一体何がしたいのか、何をどうチェンジしたいのかが良く分からないのでマニフェストを貰ってきました。・・・ぼくのかんがえたお弁当、ですね。これだけマイナス要素を語らない選挙も珍しい。いや、マスコミがですけど。

 

新聞見てもタブロイドのタイトル見ても雑誌をみても「単独過半数確実」なんだそうで。300以上とか。こうなると憲法改正だって自由にできる議席を確保します!と報道するべきじゃないでしょうかね。その300以上獲得確実、ならですが。社民党や日本共産党などが反対してもどんどん改正できる・・・怖い話ですが、誰も取り上げません。マスコミさんの話は1.5倍~2倍増しで前提で楽観的なので単独過半数に毛が生えた議席になると思いますが、どっちにせよ政権交代に向けて視界良しと言いたげな報道ですね。こんなにマスコミが片寄せあっている選挙珍しいですね。

 

それにしても去年9月末からずぅぅぅぅゥぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっと「解散!解散!」または「審議拒否!」「党首会談拒否!」「辞任!」しか言っていない某政党が与党になるってのも悲しい話ですが、何より悲しいのは何言っているんだか分からないブレブレの人が内閣総理大臣になることですね。で、問題起こして代表辞任した人が大臣になるという・・・。もう何がなにやら。

 

で、その原動力であるはずの風が吹いた!という実感ありますか?という話です。雑誌や政局に詳しい人の話では「逆風が吹いてまして」とか書かれているものの、実際そんな風に直面したことがないわけです。子供の頃から「そんな追い風とか風ってわかるもんなのか?」と疑問に持ったものです。大人になって分かったことですが、私の住んでる地区はそういう風の吹く要素がない地区だったんですね。自民vs共産という分かりやすい京都によくあるパターンです。最近は比例で復活するから結局激突しても2人とも当選とか普通にあるので盛り上がろうにも盛り上がらない。そこに民主党も参加して・・・も勝っても負けても比例区で3人とも当選とか普通です。選挙の盛り上がりなんてあったもんじゃないし、すぐ結果出るもんだから全国レベルで騒いでいる話についていけなかったりします。

今回はそれが揺らぐらしい(週刊ヒュンダイによると)そうですが、もうすぐ投票日になろうとしてるけれどそんな風が吹いているとは思えませんでした。私の住んでる地区はどうも取り残されてる感じがしますが(汗)。で、今度立候補した、KBS京都のニュースでパーソナリティしてた人から届いた葉書には亡くなった祖父の名前で送ってきてる。そろそろ名簿更新したらどうですか。亡くなって5年ほど経ちますが。ま、表札を前のままにしてる私が悪いんだろうけども。

マニフェストみても党首討論みても某政党さん一人勝ち!という流れには到底思えないし世間が盛り上がってる様には見えません(マスコミさんは必死ですが)。一体何が爆発力となって政権交代しようとしているのか私には分かりませんけども・・・。CMでも「不安を感じる貴方」と言ってますが何をどう変えてくれるのか語る事無く「まずは政権交代」といわれても信じれません。私にとってはその変化こそ不安を感じずにはいられません。

 

~ちょっと気になった話~

母が入ってる(最初は数集めで入った感じだそうですが)母子寡婦福祉なんちゃらという母子家庭を考える団体はもうちょっと危機感を感じた方がいいと思うんですがねぇ・・・ここまで何年と母子家庭の為に活動してたわりに脆く崩れる事に関しては疎いんですよね。何か活動する人もいないというか、誰もマニフェストにこんなこと書いてた、とか○○党がこんなこといって改悪しようとしているとか取り上げたり活動したりしてないんですよね。大抵こういう団体にとっては危惧すべき問題に何も動いているように思えない方が凄いなと思うんですが。それとも大して関係ないのか。

私も最近気になった程度で勉強したわけでなく、これについて勉強する気もなかったので良く分からないのですが批判も危惧もできないのが現状ですが、もうちょっと研究とか話し合ったりとかそういう活動はすべきだと思うんですけどね。

 

マスコミさんが仕立てた服が大きいか小さいか。

31日になったら分かることですけどね・・・。

2009年8月24日 (月)

土方本・結果~8/22・8/23

高校野球も終わり、夏から秋に近づいてきた気がするくらい風が心地よくて空がすきっとしてて本当に秋そのものな気がする今日。まずクーラーいれなくても過ごせるってのは大きいですね。運動会の練習中みたいな気候を思い出します。本当に夏終わっちゃいそうな気がしますね。

 

土方本としてはきっちり結果を出した先週、なのですが土方吾郎さんのHP結果によるとちょっと活躍馬達が異なりますね。デンタルマロンやメイショウユリシスを挙げるのかと思っていました。新潟をよく狙われているからディアオーディーン紹介するだろうと思ってたのですが取り上げず・・・う~ん。

 

土方本・結果

8/22

新潟1R 2着ディアオーディーンで的中

新潟4R 合致馬なし(*2着カフェマーシャル)

小倉7R 1着デンタルマロンで的中

小倉12R 2着メイショウユリシスで的中

      3着ヤマカツマリリンで的中

 

8/23

新潟1R 合致馬なし(*2着マドモアゼルノン)

新潟8R 合致馬なし(*2着トーセンピュリニー)

小倉1R 2着フライトハーンで的中

小倉8R 2着ニホンピロタルトで的中

 

小倉芝1200mBコースになりましたが傾向は特に先週と同じ合致馬だったりパターンが好走する馬場でした。パターンEは人気傾向(大穴は出てこないが9番人気あたりまで)。特別変わった流れを感じる事無かったですね。残り2週で合致馬はどれだけ好走あるか。傾向変化ないならこの調子で最後までいきたいですが・・・小倉2歳Sは合致馬の出番ないんですよね。私としての最後の勝負は佐世保Sと八幡特別になりそうです。

 

気になるのは鉄板馬(前走先行、上がり4位以下)が好調だというのもあって普段の小倉そのものの流れなので私は助かるのですが・・・。問題はBタイプ(前走差し、上がり4位以下)。Bタイプの結果を紹介。2歳戦以外。

8/22 

3歳未 2着マルセイユシチー(10番人気)

1000万 4着ミリオンウェーブ(4番人気)

500万 入着なし

8/23

500万 4着マイネルコルベット(3番人気)

     5着メイショウルシェロ(6番人気)

 

ということで3歳未勝利戦で2着あるものの、500万下や1000万下ではあと一歩届かない。先々週北九州記念の行なわれた週でも3歳未勝利3着エアガルニエ(10番人気*合致馬)がありました。北九州記念、500万下では4着、5着と届きません。8/8の秋吉台特別勝ち馬ロックオブサリサ(1番人気)、西部日刊スポーツ杯3着カシノマイケル(11番人気)と好走していたのでじわじわと傾向が変化しているのかもしれませんね。3歳未勝利でBタイプを狙うのも面白いかも。

 

さて、今週はキーンランドカップ。合致馬は登録馬見る限りいません。小倉も別府特別だけ(ひまわり賞もあるけど2歳OP)。新潟芝1200mの飯豊特別があるので狙ってみるつもりですが・・・キーンランドカップどうしましょうかね。ラップ本◎(と▲)は紹介しますが、傾向を調べている最中です。とりあえず合致馬がいない以上、土方本視点で取り上げにくいんですよね。とりあえず前作をもってきて語りますかね。

2009年8月23日 (日)

合致馬チェック~8/23

Bコースになりましたが、合致馬も上がり勝負のCタイプは頑張っていました。パターンE合致馬のデンタルマロン、メイショウユリシスが好走。そしてパターンBとD合致のヤマカツマリリンが激走。本当に芝1200mの500万下はパターンB、Eばかり走りますね。Cタイプは2歳未勝利でワンツー、マレーシアCでマルカベストが強い競馬。とりあえずこれまでのパターンのままでよさげです。

ちなみに新潟芝1200m2歳未勝利戦で合致馬ディアオーディーンが好走。芝1200mは全くといっていいほどレースがないのが残念ですがちょっと楽しみになってきました。ただ、小倉ほど検証してたわけでないのでパターンEの良い例を探るのはちょっと大変かも。

 

日曜も小倉ばかり。マカオJCTです

パターンB該当馬

11番ビッグハーバー(地方馬)

14番メイショウメモリア(地方転入馬)

 

パターンE該当馬

4番パラダイスイズヒア、5番アスターエンペラー

11番ビッグハーバー、14番メイショウメモリア

15番ニホンピロタルト

 

前走3角1~5番手

2番ザザ、4番パラダイスイズヒア、5番アスターエンペラー

8番ピエナプリンセス、11番ビッグハーバー

14番メイショウメモリア、15番ニホンピロタルト

 

上がり勝負Cタイプ

6番マイネルプルート、7番ラガーシーキング

 

人気馬が中心、なのですがマイネルコルベットが該当していません。本来好位から競馬する馬だったのであれだけ後ろからだと辛いのも確か。上位人気ならパートナーという感じですかね(4番人気なら3着争いで拾うか迷うところですねw)。すんなりならアスターエンペラーを選ぶ事になるでしょう。あと今回Cタイプの2頭は人気するので買えますね。合致馬として買うとしたらニホンピロタルト。ちょうど狙いやすい人気でしょう。あとはパラダイスイズヒアですね。この2頭のパターンEしか合致馬狙えないでしょうね。

 

土曜日は合致馬2頭好走で荒れましたが、堅実な結果になりやすいので人気馬決着が本線で穴馬(ニホンピロタルトなど)への組み合わせはおさえですね。3連複フォーメーションで1~3番人気→単勝10倍未満→挙げた馬達(12番人気まで)*挙げた馬が前提

1~3番人気→合致馬→挙げた馬達ってのもありですね

Cタイプの2頭は10倍未満にいるでしょうがこれだけ上位馬の混戦は配当つかない、難しい、とりあえず人気馬買うか、3連単取れたらいいなという困った事になりそう。本当にマイネルコルベットの扱い難しいことになりそうです。こりゃ困ったな・・・アスターエンペラーの相手探すの難しそう・・・。

2009年8月22日 (土)

合致馬チェック~8/22

土曜日は札幌はお休み。新潟は芝1200m戦ありますが2歳戦なので私はパス。D1200mは買う気がないのでやっぱり小倉だけということになります。要するに先週と一緒ですね。来週は小倉もお休みムードになるのでキーンランドカップをどう戦うか考えることにしましょうか。

 

~3歳未勝利~

例によってパターンE該当馬+鉄板馬

2番アルビナス(パターンCも該当)

4番キングコーリンオー

10番ピサノヴァロン(パターンDも該当)

11番コーヒーゼリー

12番イナズマガイア

14番ヴォーグ

16番デンタルマロン

人気馬が殆ど鉄板馬該当しているので狙いとしては人気薄(7番人気~)の鉄板馬+パターンE該当馬ということになるんですがピサノヴァロン(人気落とすと思うんですが)やデンタルマロン、ヴォーグあたりを買うことになるかと。Bコースの試しでもあるので複勝で買うつもりです。

 

~マレーシアカップ~

上級条件は合致馬の好走はエーシンビーエル(12番人気2着)だけですが、11番人気3着、8番人気1着と穴馬がよく好走しています。また、これまで4戦(2歳OPフェニックス賞除く)行なわれて4戦とも上がり勝負馬のCタイプが好走中。

7/25 1番人気1着

         6番人気3着

7/26 12番人気2着(エーシンビーエル)

8/8  1番人気1着 

     2番人気2着

8/16 8番人気1着

ご覧の通り全て連対しているのでCタイプ探しになるわけですが・・・BコースでCタイプ有利が継続するのか、ですね。人気薄で紹介した合致馬エーシンビーエルとサンダルフォンもこのCタイプでした。

マレーシアカップのCタイプ該当馬

2番カシノマイケル、3番マルカベスト、6番エーシンビーエル

11番メイショウバレーヌ、14番シティボス

 

前走3角1~5番手までの馬

4番ビンチェロ、7番エイシンパンサー、8番セレブラール

9番メモリーパフィア、12番クリスティイモン

13番エーシンビーセルズ、15番ヴェンティ

 

3角6番手、7番手

3番マルカベスト(Cタイプ)、11番メイショウバレーヌ(Cタイプ)

 

おさえの6、7番手はCタイプ馬だったのでいいですね。15頭中12頭が該当しているわけです(苦笑)。ちなみに該当しなかった3頭は1番メッサーシュミット、5番ミリオンウェーブ、10番タケイチゼット。ミリオンウェーブは人気馬なので不発ならそれはそれでいいんですが。

 

とりあえずCタイプが連対する、人気馬が中心(1、2番人気馬が必ず連対)なので馬単買うなら結構簡単にいけそうですがCタイプが1、2番人気馬になることもあるので案外そうでもないものの、前走3角1~5番手の馬同士でまだ1着・2着決着していないので1、2番人気馬がCタイプなら前走3角1~5番手の馬に流すという馬単でいいように思います。

3連複買うなら1、2番人気馬軸で。500万下卒業組が揃っており、パターンE該当馬も多いので扱いは難しそう。とりあえずCタイプ馬軸でいくのがベタかもしれません。マルカベストでいいと思うのであとは雨が降らないことですね

 

~500万下~

堅い500万下がどこまで続くか。まずは1~3番人気馬が中心。そのうち3角1~5番手だった馬を軸にします。あとは1000万下と同じく『Cタイプ(人気馬だけ)』『土方本パターンB該当馬』『土方本パターンE該当馬』『前走3角1~5番手』『前走3角6、7番手』。そのうち単勝15倍までの人気馬同士の組み合わせについては3連単で買いたいなと。具体的には1~5番人気馬ですね。3連単フォーメーションで1~3番人気が勝つ組み合わせを買います。穴の組みあわせに関しては3連複でおさえ、あとは堅実に堅い3連単を買って楽しむというところです。穴の組み合わせは押さえですね。

 

パターンB該当馬

8番カンファーピュア、10番チャームペンダント

15番ヤマカツマリリン

 

パターンE該当馬

2番メイショウユリシス、5番スカイノダン、8番カンファーピュア

9番パスピエ、10番チャームペンダント

14番ワンダージュール

 

前走3角1~5番手

2番メイショウユリシス、3番ドリームガールズ、5番スカイノダン

7番コスモブレッシング、8番カンファーピュア、9番パスピエ

10番チャームペンダント、12番エスジーステラ

14番ワンダージュール、15番ヤマカツマリリン

18番サイキョウマリリン

 

前走3角6、7番手

4番ヤマニンファンシー

 

上がり勝負馬Cタイプ(人気馬だけ)

6番ハイフィールド、11番オースミカトレア

16番シルクマイホーム

 

挙げたものに該当しなかった馬

1番ウスイ、13番ハートランドノリカ、17番ランラン

 

今回は人気馬いないのでCタイプ馬買うことはなさそうですね。前走取消になったチャームペンダントがどうなのかが鍵ですかね・・。49kgで出走ですからそれなりに人気すると思いますけども。スカイノダンのパートナー探しになるでしょう

 

じっくりコツコツ・・・これですねぇ。500万下で合致馬は来ている方ですが大穴馬の激走がありません。それが堅い傾向になっているんでしょうが、合致馬買うにしても9番人気までという傾向ですからやっぱり3連単で人気馬決着買う方がいいでしょうね。3連複にしても30番人気の組み合わせまでで決まるってのは荒れないというのも分かるかと。

マレーシアカップのCタイプ応援です

2009年8月19日 (水)

ウイニングポスト7~中盤攻略4

ディープスカイが引退しましたね。

屈腱炎で引退は父アグネスタキオンと同じ、同じアグネスタキオン産駒ダイワスカーレットの引退理由と同じものです。残念なのは古馬になり未勝利のまま引退となってしまったことでしょうか。彼のベストパフォーマンスは・・・と改めて考えると迷うんですよね。あの大外一気で制したダービーも印象的だし、天皇賞秋やジャパンカップ、安田記念でみせた勝負強さ。さっと差されて負けちゃう印象も残してしまいましたが4歳世代を代表する名馬には違いありません。いい仔をだしてほしいと思います。お疲れ様。

ウイポ的に見ると未知数な血統ですね。能力因子を持つ父系(父、父父、父母)にDanzigに頼る血統・・・ですね。Danzig系を親系昇格させることが大前提になるでしょう。ゲーム的には面白味ないかもしれませんが(配合相手ミスプロ牝馬になりがちだから)優秀な能力因子の持ち主なら楽しそうです。個人的には母父◎目指せる因子だといいかな~というところでしょうか。血脈活性狙いがややパンチ弱いので余計に繁殖牝馬の父扱いがいいかなと。

どうでもいい話ですね(汗)

 

~中盤攻略・1993年~

1993年になれば所有馬が華やかで、どのレース使おうか楽しみになってくると思います。全盛期のミスタートウジンにイクノディクタス。国内敵なしのトウカイテイオー。スプリント路線のニシノフラワー、ステイヤー路線のライスシャワー。海外WSRCで頑張るフジヤマケンザンに堅実に賞金加えてくれるナイスネイチャ(サマー2000シリーズ任せてもいい)。まだ素質開花は早いトロットサンダー(5歳秋から)を除けば完璧と言えます。基本攻略は1992年を元にすればいいだけなので特にいう事はないです。

3歳馬ビワハヤヒデが中長距離になってようやく強さを発揮し始めると思います。何も問題なく活躍するので所有馬同士のぶつかり合いだけは避けるとよいでしょう(トウカイテイオーと主戦騎手かちあったりしないように)。ビワハヤヒデで3冠達成+英セントレジャー制覇させて来年に活躍目指すのがベターですね。

 

1993年

  • 「今年も」最優秀馬主受賞
  • ミスタートウジンでダートGI総取り目指す
  • イクノディクタスでGI8勝達成し引退
  • ニシノフラワーでGI8勝目指す(引退)
  • フジヤマケンザンでWSRC優勝
  • サマー2000優勝(イクノかナイスネイチャ)
  • ビワハヤヒデでクラシック3冠達成
  • ライスシャワーで天皇賞春、メルボルンC制覇
  • エルウェーウィンでNHKマイルC勝利
  • 今年も香港4レース出走
  • ヒシアマゾンで阪神JF制覇
  • ナリタブライアンで朝日杯FS制覇
  • 海外セリまたは12月4週にヤマニンパラダイス購入
  • 93年生の注目当歳馬

 

~トウカイテイオーの扱いについて~

92年有馬記念制覇でGI8勝以上達成している人はムービー『帝王の帰還』を狙うのも手です。やりかたはこちらで解説していますので。分かりやすく言えば年内有馬記念だけ出走、1月1週~10月1週まで放牧(9月1週でもかまわない)、あとは有馬記念を勝利するだけ。ビワハヤヒデを所有しているはずなので敵は全くいませんから簡単だと思います。

ムービー目指すと94年も出走できる余裕ができるので勝てなかった海外GIを勝ってもらうというのもできます。例えばエクリプスSとかガネー賞とかそういう感じ。数をこなせるわけではないので(寿命尽きかけなのは変わらないから)GIだけ出走となります。殆どオマケです。金のお守りもらえるのは確定していますから。

まだGI8勝以上達成していない人はムービーを目指さず年内GIだけ出走し宝塚記念~有馬記念までに達成しましょう。GI8勝達成と同時に競走寿命も尽きると思うので93年で引退し金のお守りを獲得です。種牡馬として所有するのもいいし、シンジケートで手っ取り早く資金獲得するのもいいです(要するにどっちでもいい)。

 

イクノディクタスがGI8勝達成まであと1、2つという感じになっていると思います。92年通りのローテでもいいのですがニシノフラワーにもGI7勝以上(8勝が望ましい)目指したいのでヴィクトリアマイルはニシノフラワーに譲ってあげたほうがいいですね。イクノディクタスは94年上半期ならギリギリ寿命残るのでヴィクトリアマイル制覇だけなら可能です。

ニシノフラワーにヴィクトリアマイル譲るとして、高松宮記念とスプリンターズS(サクラバクシンオーが一応強いけど何とか勝てます)で3勝。香港スプリント制すればニシノフラワーもGI8勝達成しているはず。マイルCSもローテ厳しいけれどシンコウラブリイ微妙なので勝てるかと。ここまでは大丈夫でしょう。92年に香港勝っていれば余裕あるでしょう。

 

ミスタートウジン無双でどこまでいけるか。プレイ次第で金のお守り到達できるかどうかですがそこまで狙う事無く銀のお守りでもかまいません。一番大事なのはダートGI総取りでもらえる赤のお守り。翌年1月4週に銅のお守りに替えてもらえるのでこれは大事です。敵なしなのであとは調子と疲労度に注意しましょう。

あと香港4レース

  • スプリント:ニシノフラワー
  • マイル:イクノディクタス(ヤマニンゼファー)
  • ヴァーズ:ナイスネイチャ
  • カップ:フジヤマケンザン

香港マイル、香港ヴァーズに関しては誰でもいいので出走してください。ヤマニンゼファーお持ちの人はライバルいないから悠々と勝てるのでマイルでいいと思いますけども。出走させることを憶えるだけで問題なしです。

 

~ライスシャワーとアイルトンシンボリ~

ライスシャワーは天皇賞春でメジロマックイーン撃破、メルボルンカップ制覇したらGI4勝ですかね。あとは[海外遠征]がつくように海外重賞に挑戦していきましょう。鍋底発動目指すのでレース出走は大目にしたほうがいいですが、健康低いので故障させないように注意。アイルトンシンボリはゴールドCとカドラン賞制覇がお仕事。スタミナで勝負するこのレースだと何とかなるので[海外遠征]をもらえるまで頑張っていきましょう。ライスシャワーはややスタミナ足りないのでゴールドCとカドラン賞は向いていません。この2頭は94年も引退せずにつかいます。

 

ビワハヤヒデの目標としてクラシック3冠のほかに英セントレジャーを勝っていれば問題なし。英セントレジャー出走、1週放牧→菊花賞、あとは好きにしていいです。セントレジャーは初の海外遠征なので苦戦するかもしれませんが勝てますのでこれでGI5勝ですね。94年天皇賞春、宝塚記念、あとは海外GIでもいいし天皇賞秋でもいいからGI8勝。弟ナリタブライアンとトウカイテイオーとぶつかるのは避けましょう。

テンジンショウグン、エルウェーウィンは一応強いんだけど脆い。とりあえずテンジンショウグンとエルウェーウィンはコツコツと重賞制覇&出走がお仕事。エルウェーウィンはNHKマイルカップ制覇が目標ですが・・・相手がいないからこそギリギリの勝負になると思います。でも一応勝てるし、お金稼ぎできたらいいなレベルで。出走させることが大事です。

 

ドージマムテキとトロットサンダーはじっくりいきましょう。4歳になったトロットサンダーは順調にいくとOP入りしちゃっているかもしれませんがGIはまだ早い。とりあえず東京新聞杯などGⅢ荒らしするのもいいのでコツコツいきましょう。短距離路線にはニシノフラワー(ヤマニンゼファーお持ちの人も)がいるのでまだいくべきではありません。

ドージマムテキも3歳はまだ完成しませんのでじっくりです。OP荒らしで実力をつけてから。目指せ香港マイルといったところです。GIは4歳以降に挑戦ですね。プチトロットサンダーといえる馬なのでコツコツです(フジヤマケンザンほど強いわけでもないので無理は禁物)。一応香港4レース出走の為に選んでいる馬なので勝てたらいいかなというところです。

ナリタブライアンとヒシアマゾンは出走できたら問題なく勝てる能力なので2歳GIに間に合うように使っていけば。デビューは9月中山・阪神・札幌開催にして500万下→1週放牧→11月1~3週の重賞→2歳GIというローテが一番楽ですね。スピードで圧倒する様を楽しんでください。

エアダブリンとライブリマウントの真価は3歳になってから。ライブリマウントはジャパンダートダービー間に合えばいいかな~という程度で。ジャパンカップダート出走を目標に頑張っていきます。エアダブリンはアイルトンシンボリの後継なのでローテ、扱いは同じ。アイルトンシンボリを94年で引退させるのでその後海外長距離路線を頑張ってもらいます。

 

~93年生まれの注目馬~

93年3月5週までに購入すべき母馬

  • 金:ダイナカール(エアグルーヴ)
  • 銅:ジェフォリー(イシノサンデー)

ダンシングキィを持っているのでダンスインザダークが生まれてくる為、これだけで充分です。イシノサンデーでダート路線を何とか勝たせる予定で所有したのですが強いんだか弱いんだか微妙な馬です。頼りないが勝っちゃうので紹介しましたが、スピードで圧倒するダート馬を持つのならシンコウウインディ(母ローズコマンダー)を持てばいいのですがサブパラがかなり低く、下手すれば後手後手になって使いにくいということもあり、大事な交流重賞では苦戦しやすくオススメできません。

エアグルーヴとダンスインザダークさえもっていれば問題なし。あと種付けですがダイナカールにトニービン(カーリーパッション。フラムドパシオンの母)、パシフィカスにトニービン(ビワビーナス)、ランジェリーにヘクタープロテクター(リムノス)をつければOKです

 

~お守りの扱いについて~

そろそろお守りが揃ってきました。金のお守り2~5、銀のお守り10~15、銀のお守り20以上、赤のお守り50ほど→適度に銅に交換。と言う感じですかね。もっともっているかもしれません。目指すは金のお守り20、銀のお守り20~30(できれば50あるといいかな)、銅のお守り50、赤のお守り50で2008年1月1週を迎えることです。

牧場全拡張は既に終わっているでしょうし、あとは資金100億以上なら文句なし。金のお守りが20以上になったら[海外馬カード]に交換するのを目指すのもいいですが、今回は取り上げないことにします。これだけあれば2周目プレイは名馬ばかり所有できるし、系統確立プレイなど中級者に向かっていけますね。自家生産馬で挑む為にこれくらいのお守りはほしいのでガンガン溜めていきましょう。

交換の目安

赤のお守り:50を越えたら銅交換(残り20まで)

銅のお守り:50を越えたら銀交換(残り30まで)

銀のお守り:交換しない

 

ここまでくると赤のお守りと銅のお守りはすぐ溜まってきますからとっとと交換して入手しにくい銀のお守りを確保しましょう。銀のお守りに関しては交換する必要がないと思うのですが金のお守りがほしいとき(例えばダイナカール所有したいけど金のお守りがない)にやる程度で。

次回は1994年ですが・・・好き勝手してもらって結構なくらい馬が揃っていると思うので特に語る事がないんですよね。94年生まれのこの馬に注目、とか海外セールのこの馬は買おう、とかそういう程度です。

2009年8月18日 (火)

土方本・結果~8/15・8/16

だるさは抜けませんでしたが何とか。胃やお腹に疲れが来なかっただけマシでしょうか。知らない間に年とってるってことですかね?

・゚・(ノД`)・゚・。

 

土方本・結果

今回の結果ですが土方さんの有料コンテンツで提示された馬と土方本・合致馬がかなり異なるのでご注意ください。えらく人気馬を取り上げているようですね。

 

8/15

新潟2R 合致馬なし(*2着ブライトアイザック)

            (*3着トウショウレリーフ)

新潟8R 合致馬なし(*2着エリモシード)

小倉1R 合致馬なし

小倉6R 2着ドリームバンブーで的中(注)

      3着エアガルニエで的中(注)

     (*1着リッピアピンク)

札幌9R 合致馬なし

札幌12R 合致馬なし(*1着セブンシークィーン)

 

8/16

新潟6R 合致馬なし(*1着チョウハイレベル)

新潟10R ハズレ(*3着オオヒメ)

小倉7R 3着マキハタスプーンで的中

小倉10R ハズレ(*2着レディルージュ)

札幌11R 合致馬なし

 

まずは8/15小倉6R(注)から。合致馬2頭好走しているのですが、本の方式だと1頭目クリーペル、2頭目ドリームバンブーになるのでエアガルニエが選ばれません。またその2頭軸から人気馬に流す方式もハズレになります。本通りだと買えません。

土方さんの予想(提供)でもリッピアピンク(単勝?)とエアガルニエの複勝で的中しているようなので3連複ははずれのようですね。私もエアガルニエは鉄板条件馬じゃなかったので予想時は軽視(合致馬チェック~8/15参照)しており、4着アスターローズに期待した予想でしてかなり悔しい結果でした。リッピアピンクに注目したものの軸にはできなかったんですよね・・・。うん・・・。

 

土方さんの予想(提供)は人気馬を選ばれているご様子。私の方で勝手にやっているアスターローズとかレディルージュは似たような戦法のようですね。レディルージュは見事にかぶりましたが。本を使ってもブライトアイザックやトウショウレリーフ、エリモシードはチョイスは難しい。これは新verならではってことでしょうね。私は有料コンテンツを利用していないので分かりません・・・。

 

札幌芝コースは8/1(第2回札幌)からBコースに変更されているのですが、ラップ本◎が不発気味です。ウエスタンビーナスこそ人気薄で頑張ってくれたのですが、その後はズルズルと不発。プレンティフェスタが好走したんですが4頭も◎がいたので、▲狙ったが全く見せ場なかったという(苦笑)。OP戦、重賞だけにしておこうかな~(汗)。

さて、小倉芝コースは今週からBコース(第3回小倉3日~8日)に。パターンEに頼ってきた戦法がいよいよ通じなくなってくるはず。これは本にも書かれていますね。いよいよ地力より切れ味対応の差し馬が暴れ出し、2歳戦は器用な馬がきっちりと末脚披露して抜け出す展開が普通になると予想しています。2歳戦は主にスピード馬の祭典なので仕方ないのですが、地力勝負寄りの小倉で切れ味披露はむしろ堅い結果になるんですよね。ということで馬場変わる最後の週での上がり勝負馬(Aタイプ、Cタイプ)の結果をどうぞ。

Aタイプ(前走先行、上がり1~3位)

8/15 3歳未 1着リッピアピンク(4番人気)

8/15 フェニ 1着カレンナホホエミ(2番人気)

         2着エーシンホワイティ(1番人気)

         3着オレンジティアラ(3番人気)

8/16 3歳未 1着ビバエルフ(2番人気)

8/16 500万 2着ブライドルアップ(3番人気)

         3着コスモクリスタル(5番人気)

Cタイプ(前走差し、上がり1~3位)

8/16 2歳未 2着カルテブランジェ(1番人気)

         3着アイファーハイカラ(12番人気)

8/16 3歳未 2着サイキョウアサカゼ(3番人気)

8/16 北九州 1着サンダルフォン(8番人気)

 

Aタイプは前作に書かれていたスピード馬です。見事に人気馬しか好走していませんが、評価されやすい為普通に人気します。北九州記念だとメリッサ、ラッキーバニヤンがAタイプです。フェニックス賞はAタイプ5頭いて5頭が上位占めました。というより他のタイプが全然いない&地方馬ばかりだったのですが。

Cタイプも同じ様なタイプなのですが小回りコースで特殊な条件下だと無類の強さを発揮する・・・という傾向だったのでここ数週間「晴れていたら」大活躍していました。雨降った8/15に好走した馬がいないのに8/16に復調したのか頑張り出すあたりが面白い。

ここまではAコースの傾向でした。

来週はBコース、どんな傾向になるのか。偏りは見られるのか。合致馬は問題なく好走してくれるのか、500万下、1000万下、OPはこれまで通り堅い結果になりやすいのか(笑)。ここが来週以降の注目材料ですね。

 

~来週の予定~

小倉は土曜日に1000万下マレーシアC、500万下の2レース。とりあえず堅い結果になるのを前提に買いますがBコースの影響がどう出るのか分からないので回避してチェックに回るのも手です。どうせ堅いんだから・・・で3歳未勝利で合致馬を買うってのも手かもしれませんね。日曜日のマカオジョッキークラブカップ(500万下)で勝負する為にデータを取るってのもありです。人気馬中心の3連単買うことになるので日曜日のほうが無難ともいえます。ここまで荒れていないのを前提に人気馬が~と書いてますけどコロッと傾向変わることもあるのを頭にいれて勝負したいですね。

幸い今週は目立ったレースがありません。

札幌は3歳未勝利と2歳未勝利だけですし、新潟はもう合致馬来ないかもしれない(苦笑)。ずっと耐えて芝1200mの行なわれる8/30を待つ(飯豊特別)ことになりますね。札幌も同じくキーンランドC待ちですが合致馬が全く活躍しないので狙えない。というより合致馬が全然出てきません。

この流れ、どうにかならないですかね?

札幌も新潟も私は購入せずラップ本◎や▲を買っては損したり得・・・は最近していませんが(汗)じわじわと楽しむスタンスで頑張っていこうと思います。来週は札幌記念に浮気するのも手かもしれませんねぇ・・・プレミアム付きだしブエナビスタは出走するし。

2009年8月17日 (月)

体調崩してます

昨日から調子が悪くて困ってます。

送り火見ながらどうも暑くて暑くてたまらなく、熱が冷めない感じが続いてまして。腹痛は今回はなくて助かってるんですが火照るんですよね。これが女性なら色っぽいんでしょうが(汗)。だるさまでやってきてもうグダグダです。ボルト選手のとんでもないスピードに感動・・・できる状態でもなく夏を楽しんでません。むしろ辛い感じです。

土方本・結果はとりあえず明日ということで。

夏バテかな・・・これ。

2009年8月15日 (土)

合致馬チェック~8/16

小倉の3歳未勝利、合致馬が2頭好走であとは軸馬が来てくれるだけ!でクビ差4着。悔しいですね。まさか後方一気の競馬になるとは予想していなかったわけですが・・・もうちょいですね。

 

札幌ラップ本◎は不発続き。惜しい4着はありますが来ないんじゃしょうがない。一応▲該当馬が先週から連続して好走しているので明日の羊ヶ丘特別は▲(前走上がり1~5位)を紹介しておきます。14番ヴィヴァーチェ。この距離が向いたのかそれとも札幌が向いたのか。いずれにせよ▲該当馬が好走しているので狙い時ですよね。

500万下1着ラヴァーズテーラー(6番人気)

札幌日刊スポーツ杯3着ショウナンカザン(1番人気)

500万下3着ロードバロック(6番人気)

羊ヶ丘特別?着ヴィヴァーチェ

ちなみに不発が続いちゃった◎も結構いまして3番アモーレヴォレ、9番クレバージェフリー、10番ヴェリタス、13番ミスクリアモン、16番プレンティフェスタ。人気馬もここにいるので軸にするよりは急浮上中の▲馬に頼ってみたくなりました(苦笑)。ヴィヴァーチェから流すのでも楽しめそうですし。さりげなく◎馬4連続不発なので心配になってくるってのもあります。

 

北九州記念3年間の傾向でも。

鉄板馬

07 10番人気3着ワイキューブ

08  3番人気2着マルカフェニックス

 

Aタイプ(上がり1~3位)

06  4番人気2着ゴールデンキャスト

08  1番人気1着スリープレスナイト

 

Cタイプ(上がり1~3位)

07 11番人気1着キョウワロアリング

07  6番人気2着アルーリングボイス

 

その他(前走新潟直1000)

06 11番人気1着コスモフォーチュン

06  2番人気3着ホーマンテキーラ

08  4番人気3着ゼットカーク

 

ここまでの3年間、合致馬の好走は07年3着ワイキューブのみ。

それとBタイプ(前走3角6番手以下、上がり4位以下)が1頭も好走していません。最高着順は07年4着ニホンピロブリュレ(49kg)。今年の出走馬は1番メイショウトッパー、2番ヘイローフジ、12番コウユーキズナ、14番ウイントリガーの4頭。今年も出番はないでしょう。

あと、その他に属する新潟直1000m組は前走上がり1位、という共通点。今年の出走馬は3番クールシャローン(上がり4位以下)、4番カノヤザクラ(上がり2位)、5番シャウトライン(上がり4位以下)、7番コウエイハート(上がり4位以下)、15番コスモベル(上がり4位以下)。今年のアイビスサマーダッシュは重馬場で行なわれたとはいえ上がり1位が全くいない。ギリギリ拾えるかも、と思えそうなカノヤザクラで2位。とりあえずカノヤザクラ軸は止めた方がよさげですね。

 

続いてCタイプ。07年の超ハイペースの時にワンツーは驚異的でしたが08年は5着まで。06年も僅差の4着まで来ていたもののやや頼りないのは明白。おさえるのならまだいいかもしれませんがやはり軸には向いてないようで。今年の出走馬は9番サンダルフォン(土方本パターンC該当)。

Aタイプは橋口厩舎の2頭ですが、どっちも人気馬。前半32秒台後半~33秒台ならここが中心になるといいなというスピード決着。スリープレスナイトもゴールデンキャストも前走上がり3F34.0あたりを出す内容だったので優等生ぶりが売りになるようです。今年の出走馬は6番メリッサ、16番ラッキーバニヤン。34秒台前半の上がり、好時計7秒台で勝利したメリッサが当てはまるでしょうか。連闘のラッキーバニヤンは軽ハンデが魅力も時計に魅力は・・・。

 

そして鉄板条件馬。パターンB、E合致馬ワイキューブとパターンE該当のマルカフェニックス。未勝利戦で狙っている組み合わせですね。この2頭の共通点は前走から斤量が軽くなっているというのがミソですね。

今年の出走馬では(鉄板馬+パターンE)8番ゼットカーク、11番マチカネハヤテ、13番レディルージュ、17番サイキョウワールド。サイキョウワールド以外はガクッと斤量軽くなっているので紐穴の合致馬という感じですね。

その他の鉄板馬は10番マルカフェニックス。一応0.5kg軽くなりますが・・・(苦笑)。まだ好走がないとはいえ一応おさえておくべきでしょう。特に注目はレディルージュでしょう。パターンB、E該当馬で軽ハンデが魅力、ここまでは完璧です。案の定人気ですけどね。

 

~まとめ~

注目馬

6番メリッサ(Aタイプ)

13番レディルージュ(鉄板馬、パターンB、E該当馬)

 

おさえ(3連複フォーメーション2、3段目)

4番カノヤザクラ(その他、上がり2位がひっかかる)

8番ゼットカーク(鉄板馬、軽ハンデ)

9番サンダルフォン(Cタイプ)

10番マルカフェニックス(鉄板馬、魅力→)

11番マチカネハヤテ(鉄板馬、軽ハンデ)

 

魅力は落ちるが一応おさえ(3連複フォーメーション3段目)

16番ラッキーバニヤン(パターンE該当馬、魅力↓)

17番サイキョウワールド(パターンE該当馬、魅力↓)

単勝10倍未満の人気馬をおさえで。

→カノヤザクラはここでも。コスモベルはここでおさえても可

 

小倉7R 未勝利戦

鉄板馬+パターンE

3番ネオカーニバル

13番ピサノレインボー

14番マキハタスプーン

15番シャイニーコード

殆ど人気馬ですね

 

小倉12R 500万下

(1~3番人気馬が中心)

パターンB該当馬

3番マウントキング

 

パターンE該当馬

7番ブライドルアップ

11番グッドルッキング

 

前走3角5番手まで

7番ブライドルアップ、10番サクラナスカ

11番グッドルッキング、14番メイショウリビエラ

18番コスモクリスタル

おさえ

前走3角6、7番手

9番アキノジャブ、16番ラヴファンタジスタ

Cタイプ

4番ラブイズモネ、5番シルクナデシコ

13番ミサトバレー

 

ブライドルアップとグッドルッキングが軸。ブライドルアップは半年ぶりの出走で3歳馬というのがどうか。グッドルッキングは前走好走の人気馬なのでまずはグッドルッキングが軸になりますね。ブライドルアップ、グッドルッキング→1~3番人気→挙げた馬達、という構成。人気馬同士の決着が殆どなのでブライドル、グッド→1~3番人気→挙げた馬達の中で人気馬の組み合わせは3連単で買ってもいいんですけども。

穴が1頭潜んできますように。と願いつつ・・・(汗)

 

メリッサとレディルージュは上位人気馬なのでできるだけ挙げた穴馬達を連れてきてくれることを願いたいですが、上級条件でそんなに荒れてないんですけどね。この2頭軸で、といえたら格好いいんだけどそうでもないのがちょっとね(汗)

合致馬チェック~8/15

合致馬が何頭いるか不安になるくらい少ないのが予想される8/15。2歳戦で頑張ってる、と先週の土方本・結果で書いたものの合致馬がいないんじゃ仕方ないということになりそう。要するにフェニックス賞の話です。殆ど地方馬が合致馬対象になっているので話にならない可能性も(スピード的な意味で)。合致馬チェックですけど中心は3歳未勝利になりそうです

 

2歳未勝利戦は合致馬なしになると思われます。好走したテイエムキバッドが人気落とすのは考えられないので(半信半疑でも6番人気にはなりそう)。参考程度にこのレース、上がり勝負のCタイプがヤケに多い。要するに器用さに欠けて直線だけの競馬しかできなかった馬ってことですが、一応日曜日の馬場チェック(雨も降るようなので)に該当馬を紹介しておきます。6着まで来れるかのチェックですので必ずしもスピード馬ってことじゃないです。あと合致馬じゃないです。

4番キリシマウイング、7番ネオスペチアーレ

14番ミッキーボンボン(オススメ)

17番カシノストライカー、18番カシノグローブ

 

フェニックス賞の合致馬は地方馬はアサノナイスガイ、フレーザーハクユウ、ゴールドルミナスの3頭。しかも9頭立てで7番人気~9番人気が対象になる為、単に人気下位をえらんでいるだけになりそうです。これは買えない。

人気上位のオレンジティアラ、エーシンホワイティも一応該当ですが7番人気以下でないと合致馬になれない都合上、この馬達も合致馬にならないので買える馬がいない状況です。とはいえこのレースは上がり勝負のカレンナホホエミ、ドリームフォワード、オレンジティアラ、エーシンホワイティの4頭の争いになるでしょう。

一応合致馬になれるかどうか分かりませんがチャンスがあるのはコスモディエス。前走ダート新馬を勝ったのをあまり評価されないなら合致馬になれる・・・かもしれません。それにちゃんと上がりも使っていますからね。上位は4頭でも穴でコスモディエスの頑張りってところでしょうか。パターンD好走も最近目立つからチェックはすべきかと。

 

~3歳未勝利~

例によって鉄板条件馬+パターンE該当馬

7番モスチャンピオン(パターンC、D、E該当)

9番テイエムテキーラ(パターンE該当)

13番アスターローズ(パターンE該当)

鉄板条件馬

2番ファスキナーレ(パターンB、D該当)

8番シュバルツカレラ(パターンD該当)

11番ドリームバンブー(パターンD該当)

 

人気するテイエムテキーラとアスターローズが軸になる事になりますね。一応注意点として。地方で走ってたクリーペルは上がりがどれだけ使ったのか分からないので鉄板にしていません。あとリッピアピンクは色々パターン該当していますが上がりを使っているので鉄板ではありません。リッピアピンクはパターンB、E該当馬なので狙うべきかなと。あと穴で鉄板条件馬の2頭。扱いはモスチャンピオンと同じ扱いでいいでしょう。

ワイド

9番、13番から2、7、8、11、16、17番へ

 

あと15番ナンゴクシャンテ。前走16番人気3着で合致馬の猛追をかわした馬ですが(苦笑)一応Cタイプに属しています。切れ味を確かめる材料としてチェックしておきたいですね。北九州記念へ向けて・・・。

 

~札幌・ラップ本◎~

9R 札幌日刊スポーツ杯

8番サンクスノート

12R 500万下

2番ケイエスバウアー

4番スズカライアン

5番ダノンマスターズ

9番スペシャルポケット

 

500万下のほうは4頭。スペシャルポケットは人気馬なのでとりあえず置いて、久々の競馬でどれだけついていけるのか分からないスズカライアンは配当的に面白いけれど不安面はある。1200m試走したダノンマスターズはスペシャルポケットのお陰でそんなに人気かぶらないのはありがたい。少頭数のSTV賞とりあえず走ってみたケイエスバウアーも特に注目されないでしょう。面白い4頭ですね。

配当的には堅実にサンクスノートですかね・・・人気だけど。

2009年8月14日 (金)

ムービーのお話その3

ウイニングポスト7マキシマム2008にあるメイショウサムソンのムービーに関して検索されていた方がいたので(検索キーワード)ムービーの条件を取り上げておこうと思います。前回からちょっと放置気味なのも悪いので(汗)

今回はディープインパクト、カワカミプリンセス、ダイワメジャー、メイショウサムソン、ウオッカ、アドマイヤムーンのムービーのお話。メイショウサムソン、ウオッカ、アドマイヤムーンに関しては私が試したものなので参考という扱いでお願いします。

 

天翔る衝撃

ムービー発生週:2005年10月4週

難易度:簡単

注意点:無敗でいること

 

ディープインパクトがクラシック3冠達成でムービーという極めて分かりやすいムービー。大事な条件としてディープインパクトが無敗でクラシック3冠達成していること。3冠レース全て武豊騎手が騎乗していること。初出走の翌週、皐月賞の翌週、ダービーの翌週のイベントをこなしていること(要するに勝利し、翌週のイベントを見る)。これだけ。

他の注意点はディープインパクトの成長タイプが遅めだということ。下手すると皐月賞に間に合わない人もいるくらい。また、育ちきっていない状態でアドマイヤジャパン、シックスセンスに挑む為、とりこぼしも見られたりするものの能力の違いで押し切ることがよくあるパターンです。そこまで心配することはないし結局快勝するので簡単です。

 

稀代の根性娘

ムービー発生週:2006年5月5週

難易度:所有していないと辛いかも

注意点:カワカミプリンセスが無敗でいること

  

プレイヤー所有じゃないと見れない(かもしれない)ムービーの1つ。というのも結構距離適正外でポロポロ負ける恐れがあります。史実では出走していなかった阪神JFや桜花賞など重賞をCOM馬ローテでは出走して負けてしまうことがおおいのでムービー条件をクリアがやや難しいことと、所有していてもオークスでフサイチパンドラなど成長度の高い馬に苦戦することがあったりします。条件としては本田騎手騎乗で無敗でオークス制覇。所有すればどうということはないんですが実際所有しても成長度あんまり伸びず育ちきらないままオークスに挑むことがありますのでちょっと注意してください。

 

苦難を力にかえて

ムービー発生週:2006年11月1週

難易度:簡単

 

主な条件

  • 天皇賞秋出走の前走で重賞を勝利
  • 2006年10月5週天皇賞秋に登録
  • 天皇賞秋に勝利

ダイワメジャーが前走重賞勝利し天皇賞秋登録していると10月5週に紹介イベントが起こります。このイベントを起こし、見事天皇賞秋を勝利するとムービーが見れます。ダイワメジャーは抜けて強いこともないですが所有していなくても結構簡単に条件クリアするので(史実補正)簡単な方に該当します。なお騎手などは特に決まっていません。

 

雑草の闘士

ムービー発生週:2006年6月1週

難易度:普通

 

メイショウサムソンがクラシック2冠達成時に起こるムービー。主な条件としては皐月賞を勝った翌週にイベントを起こしてダービーを勝利する。この2点。厩舎、騎手に関しては条件になっているかは分かりません(瀬戸口厩舎&石橋騎手で挑んだので)。オートでも皐月賞の翌週の紹介イベントを見て、ダービー勝った翌週に発生しているのでこのイベントをちゃんと見ているのが条件なんでしょう、多分。でも紹介イベントの内容を見るに石橋騎手じゃないと話が合わない気がするんですけどね。

 

歴史的名牝へ

ムービー発生週:2007年6月1週

難易度:簡単

 

ウオッカが日本ダービー制覇で起こるムービー。条件は特になく、ダービー制覇するだけでムービー発生するので難易度は普通。ウオッカよりSPのある牡馬がいないので比較的簡単に見れるムービーです。騎手などの条件も特にないようです。

 

世界の中距離王

ムービー発生週:不定期

難易度:普通

 

アドマイヤムーンが海外GI、国内GI勝利で起こるムービー。ムービー発生週は決まっていません。史実通りの成績なら2007年7月1週になると思います(ドバイDF、宝塚記念)。要するに条件は海外GIを勝利すること、国内GIを勝利すること。特に決まったレースを勝たなければいけないわけでもないので難易度は普通。海外遠征が絡むので人によっては難しいかもしれません。所有していなくても見れるムービーとも言えますね。

 

ヒシミラクルやサイレンススズカに比べて難しいといえるムービーはないのですが、COM馬に任せるだけで見れないという意味ではカワカミプリンセスは難易度高いです。ディープインパクトも強いけれどCOM馬だとあっさり負けたりするので所有した方がいいですね。アドマイヤムーンに関しては騎手、厩舎を変えても見れたので特に細かい条件はないのかもしれません。でも一応こだわって史実通りにしてしまったので本当の答えは分からないです。

ウイニングポスト7~中盤攻略3

PSPで発売されるウイニングポスト7マキシマム2009が10月に発売だそうで、今書いている初回プレイ向きの攻略記事も需要あるかも、と最近気付きました(苦笑)。マキシマム2008はPC版でプレイしているのでもしマキシマム2009プレイするなら初回プレイになるわけで自分の為にもいいかもしれないな~と。

ちなみにPSPはニコ動から落としたものを見るプレーヤーとしてしか使ってないので久々にゲームソフトを買うことになりそうです。ウイニングポスト7を移動時間にプレイできるってのは魅力ですねぇ。

 

今回は1992年のお話。

あまりにも強いので92年有馬記念勝利でトウカイテイオーがGI8勝達成する頃だと思いますが、あえてムービー補完したい人向けの話を。91年にちゃんとトウカイテイオーを2冠達成させて活躍していれば、92年冒頭でメジロマックイーンとトウカイテイオーの紹介イベントが起こればムービー『決戦の刻』(条件に関してはこちら)が見れます。要するに大阪杯または日経賞を勝って天皇賞春登録、5月1週にムービー見たら出走取りやめればメジロマックイーンと戦う必要はありません。1週放牧して宝塚記念に挑むのも良し、キングジョージ挑戦するのも良し。

 

1992年の目標

  • トウカイテイオーでGI8勝目指す
  • イクノディクタスは91年同様のローテ
  • トウケイニセイ引退(金のお守り条件クリア必須)
  • ダート路線はミスタートウジン中心に
  • フジヤマケンザンでWSRC優勝
  • ニシノフラワーで短距離GI勝利目指す
  • ライスシャワーで長距離GI3勝目指す
  • アイルトンシンボリはじわじわ長距離重賞出走
  • 香港4レース出走馬
  • ダンシングキイにサンデーサイレンス種付け
  • 92年当歳セリは行く必要なし
  • 12月2週までに25億円用意
  • 海外セールでヒシアマゾンを購入
  • 海外セールでタイキブリザードを購入
  • 牧場全施設クリア
  • 年末輸入の繁殖牝馬ランジェリーを購入

一応ヤマニンゼファーを所有していない前提で書きますが、もし所有しているのなら92年はサマースプリント優勝を目指す程度にしておく。で、香港マイル優勝を目標に。ダイタクヘリオスが強すぎるので多分92年に安田記念、マイルCSに勝利は難しいと思うので。どうせならサマースプリント優勝目指す方が得です(函館スプリントS→セントウルS連勝で優勝確定)。高松宮記念なら強敵不在なので勝てるかもしれませんね。

 

テイオーに関しては皐月賞、ダービー、ジャパンカップ、有馬記念の4レースは91年に簡単に勝てる馬なのであと4勝すれば92年の目標はクリア。調子さえよければ宝塚記念、ジャパンカップと有馬記念は何とか勝てると思います(ただし宝塚、有馬のメジロパーマーは強敵)。天皇賞秋のレッツゴーターキンも強敵だけど勝てない相手ではないですね。これで8勝達成というところでしょうか。

海外遠征で大レース目指す場合の注意としてはキングジョージには凱旋門賞で苦しめられるスワーヴダンサーが存在感たっぷりに挑んできます。兎に角強敵なのでご注意。BCターフは敵不在なのでこちらの方がいいかなと。JCと有馬記念の調子・疲労に注意。

 

イクノディクタスは91年同様ヴィクトリアマイルとエリ女優勝、サマー2000(函館記念と札幌記念連勝)すればクリア。93年も同様なのでこの路線はイクノディクタスに任せましょう。この路線では敵なしの強さです。

トウケイニセイは最後の追い上げ。フェブラリーSとJCダートを勝ってもらって目標クリアが理想ですがJBCクラシックorスプリント、帝王賞でGI+3勝しないと金のお守り条件クリアは厳しいかもしれません。

トウケイニセイが金のお守り条件クリアしたなら、あとはミスタートウジンに任せましょう。川崎記念、かしわ記念、帝王賞、南部杯、JBCクラシックorスプリント、東京大賞典の交流GI6勝が可能に。6歳になってピーク到来のミスタートウジンには簡単に勝てます。93年はダートGI全て勝てる(JBCはどちらか1つしか勝てないが)わけです。

 

フジヤマケンザンのWSRC理想的ローテは91年にホワイトストーンでやったローテで挑むのが一番楽です。ハクタイセイ、ホワイトストーンで練習してきたことをフジヤマケンザンで挑めば結果として出るはず。何とか初戦の香港(4月4週)Qエリザベスと5月のシンガポールを連勝できればこっちのものです。元から[海外遠征]スキルを持っているフジヤマケンザンはホワイトストーンより楽にWSRC優勝目指せます。93年も同じローテで優勝目指しましょう。うまくいけばフジヤマケンザンで金のお守りをもらうこともできるかも。

ナイスネイチャはGⅡで馬主賞金を加算して2年連続最優秀馬主に貢献してもらいましょう。大方テイオーとミスタートウジン、イクノディクタスでまかっているわけですがナイスネイチャを育てるのにも役立てますので無駄ではないです。GⅡ以外にも出走させたいなぁと感じてきたなら10月のカナダ国際がピッタリ。あとは12月の香港ヴァーズに出走してもらいましょう。

 

ニシノフラワーは桜花賞、NHKマイル、スプリンターズSの3レースは楽勝できる能力なのであとは香港スプリント勝てればいいなと。92年に4勝できたら来年4勝目指せば金のお守りも目指せますからスプリンターズSは確実に勝ちたいですね。香港スプリントは相手関係次第なので勝てるかどうかまでは分からないですね。

ライスシャワーは菊花賞が目標レース。皐月賞、ダービーも何とか勝てる能力の持ち主ですがミホノブルボンのムービーも補完したいなら無理にでる必要はないです。それなら海外遠征でGI勝利を楽々増やしましょう。92年は英セントレジャー→1週放牧→菊花賞→メルボルンCの3連勝できたら休養して天皇賞春を目指します。そろそろ鍋底発動のことも考慮しながらレースを使い込まないといけませんがそれは93年にハードスケジュールでこなせばいい話です。

アイルトンシンボリは青葉賞を勝てれば超長距離重賞路線(マウントニゾンなど)で[海外遠征]スキルを獲るべく挑戦。GIは無理して出しても勝てないと思うので3歳限定重賞の3000m戦を目指しましょう。で、12月1週のステイヤーズS勝てば年内予定終了。ライスシャワーが鍋底発動期間にGIを補完できるようにじっくり育てていきます。

 

~香港4レース~

  • スプリント:ニシノフラワー
  • マイル:イクノディクタス(ヤマニンゼファー)
  • ヴァーズ:ナイスネイチャ
  • カップ:フジヤマケンザン

香港マイルにダイタクヘリオス出走すると思うのでイクノディクタスで勝つのはつらいと思いますがとりあえず出走してもらうだけで結構です。ヤマニンゼファーを所有時には勝ちたいレースになるんですけどね。とりあえず出走はこの4頭に任せて今年も銀のお守りを貰いましょう。

 

~海外セール~

12月3週に行なわれる海外セールについに名馬2頭が登場。ヒシアマゾンとタイキブリザードが出てきます。既に所有しているナリタブライアン、エアダブリン、ライブリマウントに続く強力な能力を持つ馬なのでこの2頭は確実に買いましょう。12月2週までに25億円以上用意、というのはヒシアマゾンとタイキブリザードの2頭を買うお金を確保してくださいという意味です。牧場施設にお金をかけているとなかなか30億円くらいは貯まらないかもしれませんがここは名馬2頭買うために馬券を購入して用意してください。

ヒシアマゾンとタイキブリザードについてはこちら参照。

 

のんびり牧場全施設拡張していてもお金さえあれば92年12月には完成している頃。全施設完了するとイベントが起こり、金のお守りをもらえます。一応序盤攻略1を書き込んでいた私はこれを目標してナリタブライアンを入手を考えていました。とりあえず実践してみましたが1992年12月に間に合いました。

1992年の年末に輸入される繁殖牝馬ランジェリー(赤のお守り)。この馬を買っておきます。この繁殖牝馬はすぐに海外にいってしまうため輸入される特殊な馬です。というのも史実海外所属馬リムノス(94年生)、シーヴァ(95年生)兄妹の母なんですね。どちらも赤のお守り馬なのですがSP68と破格の能力を持っている馬達です。特にシーヴァはお買い得。[男勝り]を持っているので結構便利です。サマー2000シリーズ優勝などにも使えるのでオススメですよ。

 

ということで1992年が終了。

トウケイニセイが引退し、ミスタートウジンが大暴れ開始。そして未来のダート王者ライブリマウントが入厩するという時代の流れを感じる頃ですね。ゲームでこういう流れを楽しめるのも面白いものです。

 

~オマケの2歳馬達~

ビワハヤヒデが強いようで案外微妙なのを感じるものの、普通に強いので特に書くことはないのでオマケなわけですが。エルウェーウィンとテンジンショウグンは4歳からTR荒らししてもらうとして、ドージマムテキはNHKマイル間に合えばいいかな~程度。あとはビワハヤヒデに頑張ってもらうだけなので特にこだわりはないです。最優秀馬主&最優秀生産者のダブル受賞をそろそろ目指したいのでその足しに選んだ馬達。GIを勝つために選んできた馬達とは少し違うのでGI勝てなくても安心してください。

とはいえビワハヤヒデに朝日杯、クラシック3冠は勝ってもらうのが前提なんですけどね。勝たないといけない能力なんですがなかなか勝てないのは不思議ですね。ここあたりはマヤノトップガンに似ていますね。タマモクロスも同じ感じで伸び悩むわけですが。

特に書くことがなくなってきますが次回は1993年です

(ムービーのお話3になるかもしれませんが)

2009年8月13日 (木)

ウイニングポスト7~中盤攻略2

今回は1991年。

うまくいけば1990年、1991年で初の最優秀馬主受賞する頃。原動力はトウケイニセイ、スイフトセイダイやミスタートウジン、ダイナレターなどダート活躍馬をかかえていることですね。イクノディクタスとスルーオダイナも活躍させているはずなので賞金はあるかもしれない。私の方はダイナレターとサンキンハヤテが大活躍したのと(スカイジャイアントが)毎年のようにサマー2000シリーズで暴れさせていたこともあって1990年に受賞したわけですが、恐らく1991年の布陣で初受賞の流れだと思います。

 

~トウカイテイオー~

金のお守りで手に入れたトウカイテイオーが間違いなく2冠達成できるのと、秋は自由勝手に大暴れできるので年度代表馬も受賞可能です。菊花賞目指してifイベントを覗くのも面白いですが、堅実にBCターフ→ジャパンカップ→有馬記念で快勝するのも手です。私は疲労の考慮で凱旋門賞からジャパンカップにしたわけですが、凱旋門賞のスワーヴダンサーが強敵なのでBCターフの方が楽かもしれません。ただし疲労と調子がギリギリになると思うので1週放牧利用で何とか調整が大事になるかと。兎に角凄まじい強さを堪能してもらえれば。先行して良し、差して良し。問題は健康面だけ。翌年(1992年)はあまり無理させなければもっと楽しめると思います。

 

1991年の主な目標

  • トウカイテイオーで年度代表馬
  • 最優秀馬主受賞で金のお守り獲得
  • ナリタブライアン誕生
  • ダンシングキィにサンデーサイレンス種付け
  • イクノディクタスで古馬牝馬GI連勝
  • イクノディクタスでサマー2000優勝
  • イソノルーブルで牝馬3冠
  • リンドシェーバーでNHKマイルC勝利
  • ミスタートウジン、GIで活躍開始
  • ホワイトストーンでWSRC挑戦
  • 今年も忘れず香港挑戦
  • 海外セリでエルウェーウィン購入

 

大事なのはダンシングキィ(1991年3月5週までに入手しエアダブリン生産)。1991年にサンデーサイレンス種付けで92年にダンスパートナーが生まれます。史実配合を忘れないように気をつけましょう。

イクノディクタスには91年お仕事が2つ。まずはヴィクトリアマイルでダイイチルビーに勝利すること。京王杯SCに出走することもあるかもしれませんが、下手するとヴィクトリアマイルで激突する恐れがあります。何とかここで勝利できれば最優秀古馬牝馬受賞リーチです。その後は放牧し、七夕賞と札幌記念を連勝が目標。これでサマー2000優勝確定のはず。[夏馬]スキルの有効活用です。ちゃんと連勝できたらエリザベス女王杯へ向けて放牧。前哨戦使うのもいいですが斤量の関係でレースがないので直行で挑むのがいいでしょう。エリザベス女王杯勝てば目標達成です。92年でも同じことをします。うまくいけばヴィクトリアマイル3連覇、エリ女4連覇も夢じゃないですよ。特典特にないけどw

 

続いてイソノルーブル。物凄く強いわけではないけれど平均的に強く、ライバルが不在なので牝馬3冠も可能です。逃げ馬(瞬発力Bだけど差し追い込みでも問題なし)なので押し切るのがベターです。イクノディクタスにエリ女を譲る事になるのであとはすることがありません。香港ヴァーズ出走したら引退。ヴィクトリアマイルでイクノディクタスの邪魔する必要はありません。最優秀3歳牝馬受賞のオマケつきです。

リンドシェーバーはこの年使い込み厳禁です。下手に弥生賞などクラシック出走しちゃうとNHKマイルカップでも燃え尽きますし、相手がテイオーなので別に喧嘩売る必要はありません。ぶっちゃけるとNHKマイルカップ勝てば目標達成です。あとは香港マイル出走で引退なので好きにすればいいのですが、(3歳になった時点で)競走寿命が残り僅かなので消耗しやすく、使い込めません。活躍は期待せず、あっさり引退して種牡馬としてお金をもらうことにしましょう。

ダイナレターもそろそろ競走寿命切れかける頃。ダートGIはミスタートウジン、トウケイニセイに譲るので出番はなし。芝GIに挑んでも相手が悪く、活躍は辛いでしょう。とりあえず出走しては賞金加えてくれたらいいかなと言う感じで香港スプリント出走して7歳引退になると思います。GI2着だけでもありがたいですし。

 

~ゴチャゴチャのダート戦線~

トウケイニセイを最優先で金のお守りボーダー突破を目標に。1992年上半期に競走寿命が切れかける頃だと思います。とはいえミスタートウジンに譲るのも忘れてはいけません。交流GIのかしわ記念、南部杯は譲ってトウケイニセイにはフェブラリーSを。ただし90年にトウケイニセイでJCダート勝っている場合はミスタートウジンに譲ることを忘れなく(理由は後で説明します)

トウケイニセイ

フェブラリーS、帝王賞、JBCクラシック、東京大賞典

ミスタートウジン

かしわ記念、南部杯、JBCスプリント、JCダート

スイフトセイダイ

川崎記念(ミスタートウジンの代打)

 

スイフトセイダイに特に譲る必要はないです。譲っても勝てるかどうか分かりませんし(汗)。それに競走寿命使い込んでいるはずですから。ミスタートウジンの調子が案外伸びないとかだったら用意できるようにする程度で。兎に角トウケイニセイが引退時に金のお守りを貰える条件クリアさせるように努力です。ミスタートウジンは勝てるだけ勝たせるだけでいいですし、トウケイニセイが引退後はダート馬不在になるので今はこれくらいでいいです。

 

ホワイトストーンは4歳で競走寿命使い切るべく海外遠征。4月4週に行なわれるQエリザベス、5月のシンガポール、9月の愛チャンピオンS、10月のコックスプレート、12月の香港カップ。最低2勝2着1回。シンガポールとコックスプレート、香港カップの3レースは強敵不在なのでこの3レースで決めちゃいましょう。あとは2着になれたら合格です。能力の高いホワイトストーンですが、国内では相手が悪すぎてこれが精一杯です。91年で引退です。

 

~香港4レース出走~

  • スプリント:ダイナレター
  • マイル:リンドシェーバー
  • ヴァーズ:イソノルーブル
  • カップ:ホワイトストーン(観戦必須)

勝てるのはホワイトストーンだけでしょうね。きっちり鳳さんから銀のお守りを貰いましょう。1000万円支払って4頭出走するだけで銀のお守りもらえるならお得です。あとトウケイニセイにJCダート連覇させない、という話ですが連覇しちゃうと鳳さんが12月2週にいちゃもん言いに来ないので銀のお守り貰うイベントが起こらないことがあります(連覇イベントに消される)。1990年にトウケイニセイでJCダート勝った場合はミスタートウジンに頑張ってもらいましょう。

あと12月3週の海外セリにてエルウェーウィンを購入しましょう。ビワハヤヒデのデビュー遅れて朝日杯ギリギリになった時のための保険です。ちなみに鍋底馬なので長い間お世話になれます。

  

~1991年引退予定馬~

ダイナレター、リンドシェーバー、イソノルーブル

スイフトセイダイ、ホワイトストーン

 

取り上げるのを忘れていたナイスネイチャとフジヤマケンザンは3歳時はGⅡ重賞を連勝させるのがお仕事ですね。[GⅡ横綱]を持っているのと能力高いお陰で京都新聞杯、青葉賞、(ラジオNIKKEI賞)、セントライト記念、神戸新聞杯、アルゼンチン共和国杯をこの2頭で分ける感じで。フジヤマケンザンは[海外遠征]持ちなので12月1週のアメリカで行なわれる3歳限定GI(芝2000m)に勝利も可能です。ナイスネイチャはじっくりとGⅡを勝たせてタフネスに身を任せて成長させます。フジヤマケンザンはホワイトストーンと同じローテで1992年にWSRC挑戦です。

 

兎に角トウカイテイオーが大暴れする1年。賞金稼げる馬達が揃うので最優秀馬主になれるべくしてなっちゃうかんじです。取り上げませんでしたが、2歳馬ニシノフラワーが圧倒的な強さで活躍するので阪神JFは苦労しないと思いますのでここでも賞金加算できるはず。この年は受賞馬だらけになるでしょうね。

~ヤマニンゼファーを所有できた人~

ヤマニンゼファーを購入できた方は91年は無理させないこと。本格化は92年なのでそれまではじっくりとGⅢのマイル戦などで力をつけていきましょう。94年まで使える馬なので無理は禁物です。

 

この最優秀馬主(エンディングが一応流れますけど)受賞で手に入る金のお守りでジェニュインの母クルーピアレディーを購入するかマヤノトップガンの母アルプミープリーズを買うかは人次第。私はジェニュインを薦めます。兎に角敵に回す方が厄介だし勝手に暴れますし。マヤノトップガンは所有したらちょっとガッカリするかもしれません。意外なくらいとりこぼしが多いので。敵に回しても暴れませんからね(苦笑)

一応トウケイニセイのGI勝ち星(中央GI1勝、交流GI0.5勝計算で合計8勝以上で金のお守り)に注意しながらダートレースを組むのに注意してくださいね。92年はあまり使い込めない(競走寿命が少なくなっている)。ミスタートウジンに譲りつつ92年に完成すればいいので焦ることはないですよ。

次回は1992年です。

そろそろ所有馬が一杯になって混乱するかもしれませんが、所有馬の使い分け、ローテの基本構成はこれまでの馬でやってきたことが通用するのであとは慣れですね。

2009年8月11日 (火)

ウイニングポスト7~中盤攻略1

オグリキャップ充実した4歳の1989年。

今回は1989年と1990年のお話。

抵抗する馬がいない以上喧嘩売る必要ないですけどね。金のお守りをお持ちならイナリワンが中央移籍イベントが起こります。正直イナリワンは扱いにくいので断りましょう。序盤攻略5で取り上げたように金のお守りを使ってトウカイテイオーを入手。それとこちらも序盤攻略5に取り上げた銀のお守り3頭の繁殖牝馬の購入です。

 

1989年の主な目標

  • 最強の銀のお守り3頭を生産
  • スルーオダイナでGI8勝達成する
  • スカイジャイアントでサマー2000優勝
  • 全日本2歳優駿制覇目指す
  • スイフトセイダイでジャパンダートダービー
  • 無理に交流GI目指すのではなくドサ周り
  • ミスタートウジンは無理使い禁物
  • 復活したサンキンハヤテでスプリントGI制覇
  • ダイナレターはまだコツコツ使う
  • 海外セリでリンドシェーバーを購入
  • 12月2週の香港4レース出走忘れずに
  • パシフィカス購入(1990年で詳しく)

 

銀のお守り3頭+銅(アイルトンシンボリ)に関しては序盤攻略5で。マウントニゾン、フェートノーザンが金のお守り貰えるエリアに到達していないのなら最優先になってしまい、スルーオダイナにGI8勝させるのがやや遅れてしまいます。89年に関しては相手がイナリワンなのでスルーオダイナでも天皇賞春も勝てるかもしれません。兎に角この3頭をGI8勝以上(交流GIは別計算)勝たせることが今後の攻略に左右されます。フェートノーザンがまだなら1989年前半(かしわ記念、帝王賞がギリ)までで決めちゃいましょう。

で、スルーオダイナの期限は1990年までにGI8勝。ミスターアダムスを購入したのなら1989年までに8勝させないとミスターアダムスの邪魔になるのですが、今回は紹介していなかったので(苦笑)まだ猶予はあります。1990年まで居座るのも手ですね。[大舞台][海外遠征]を持っているならすんなら10勝以上できると思います。もってなくてもスタミナだけで8勝は可能です。愛セントレジャーとメルボルンカップで荒稼ぎしましょう。その後は香港ヴァーズ出走です。

 

スカイジャイアントに関しては1988年と同じことをしましょう。オススメローテは序盤攻略5を参照に。超晩成の彼にとっては6歳はまさに充実の時。SP61のお守りなしとは思えない活躍をしてくれていると思います。じっくり育ててきた人にとってはサマー2000優勝は容易と思います。ちなみに香港カップ挑戦の駒に使うのもお忘れなく。新潟記念→2、3週放牧→天皇賞秋→1週放牧→香港カップ、というローテならいいんじゃないですかね。天皇賞秋は勝てる気しませんけど。来年(1990年)も同じ事をしてもらいます。

 

全日本2歳優駿を目指すのは1987年または88年に入手したアウトランセイコーとトウケイニセイ。どちらかがデビュー遅れてもいいように揃えたのですがトウケイニセイは意外なくらいデビュー早目になっちゃうのでアウトランセイコーの出番は特にないかも(汗)。勝負根性と瞬発力Bの中途半端さを成長度で補う戦法で何とかなるんですがトウケイニセイが普通に強いので9月1、2週デビュー→1週放牧→500万下→1週放牧→11月4週の交流重賞勝利→全日本2歳優駿であっさり勝つんじゃないですかね。アウトランセイコーは北海道2歳優駿でも目指すといいでしょう。トウケイニセイのデビューがやけに時間かかるようならアウトランセイコーで挑む。

 

1986年当歳セリで手に入れたスイフトセイダイが3歳になってじわじわと育ち始めてきたと思います。一応の目標はジャパンダートダービー制覇。その後は1800~2500mのダート交流重賞を勝って成長度を伸ばします。1990年の川崎記念とフェブラリーS制覇というお仕事もあるのでJCダート、東京大賞典は無理に使わなくてもいいです。JBCクラシックは出走できたら挑戦する形で。1990年上半期(帝王賞まで)まで活躍してもらうのでフェートノーザンとトウケイニセイの間を補ってもらう役です。遅めなので古馬になってから無理使いさえしなければ6歳までコツコツ交流GI勝って銀のお守りは狙えると思います。トウケイニセイ持っていないならミスタートウジン本格化までの繋ぎになるんですけどね。

そのミスタートウジンは1990年夏から実力発揮できるわけですがスイフトセイダイ、トウケイニセイとの絡みもあって出るレースが限られているので無理使いせずコツコツとOP目指すくらいがいいです。それでも強いのでピーク前にOP到達するでしょうから重賞挑戦して残念な結果、ということがあると思います。無理せず1990年夏まではOPレースで留めるのがいいかと。GⅢくらいなら問題なくスピードの違いで活躍するとおもいますけど。

 

そしてサンキンハヤテ。高松宮記念とスプリンターズSで復活してもらいましょう。競争相手がマイスーパーマンなどしか居らず完全にライバル不在のスプリント路線ではあっさり勝てると思います。スプリンターズSは海外の強豪が時々悪さする為勝てないこともあるかもしれませんが。別に金のお守りを目指す必要はなく、スプリントGI2勝して最優秀短距離馬受賞だけで満足です。年末の香港スプリント出走お忘れなく。

ダイナレターはようやく使える年齢になったので交流重賞で頑張ってもらいましょう。ピークが来たら1990年には衰えるサンキンハヤテと一緒に高松宮記念出走もできますし、JBCスプリント→マイルCS出走で頑張るのも手です。それができるのも1989年まで無理をさせないことにかかっています。12月の香港4レースに選ぶ駒としても使えます。

 

地味な馬ですが海外セリで高額になると思いますがリンドシェーバーを購入。史実通り朝日杯を目指す為の駒です。予想しているより競走寿命の少ない馬なので無理使い禁物の難しい馬ですが、朝日杯とNHKマイルCの2レース制覇と最優秀2歳牡馬が容易に可能な馬であり、種牡馬としても地味に活躍するので種牡馬としての収入もあるのが魅力ですね。別に自家生産を目指さないプレイなのでこれはお金的な要素ですお守りに余裕があるなら12月4週にお守りを使って購入でも構いません。無駄に3億以上まで値が上がることもザラなのでお守り使った方が安く手に入る為、海外セリで買うこともないのですがお守りはできるだけ使いたくないので海外セリを勧めています。

そして香港4レース出走。

香港スプリント:サンキンハヤテ

香港マイル:ダイナレター

香港ヴァーズ:スルーオダイナ

香港カップ:スカイジャイアント

  

~1990年~

  • パシフィカス購入、ブライアンズタイムを種付け
  • 90年生まれオススメ当歳馬を生産
  • スカイジャイアントでサマー2000優勝
  • スルーオダイナをGI8勝馬に
  • イクノディクタスで最優秀3歳牝馬受賞
  • トウケイニセイでダートGI勝つまくる
  • スイフトセイダイで上半期ダートGI勝利
  • ダイナレターorミスタートウジンでJBCスプリント
  • リンドシェーバーとイソノルーブルでGI勝利
  • 香港4レース出走忘れずに
  • スルーオダイナで獲った金のお守りの使い道

 

殆ど1989年と変わらないですね。

スカイジャイアントは7歳なのでこれが最終年。万感の思いをサマー2000と天皇賞秋にぶつけてみるのも面白い。サマー2000優勝し、香港レース出走させたら牧場で種牡馬入りして余生を楽しんでもらいましょう。功労馬的な。スルーオダイナも1990年で引退。金のお守りをゲットしましょう。使い道はあとで。

スイフトセイダイは川崎記念、フェブラリーS、かしわ記念、帝王賞制覇がお仕事。秋はトウケイニセイが出ないGI(南部杯、JBCクラシック、東京大賞典)に回ってもらいます。既に王者の強さであるトウケイニセイは5月の園田重賞→ジャパンダートダービーを勝利。秋は南部杯からJCダート→1991年フェブラリーS目指すのがベターですね。南部杯の後JBC使うと疲労が溜まるので無理に使わない。東京大賞典も同じく。ちょっとはスイフトセイダイに譲ってあげないと共存できませんし(苦笑)

 

ここから3歳馬の話(トウケイニセイ以外)

ハクタイセイは競走寿命少ない中距離馬。皐月賞挑んでもメジロライアンに勝てるかどうかわかりません。まず成長度110到達と同時に競走寿命切れるような馬なので(笑)価値は特にないんですが、セリで買えるということと海外GI挑戦練習用として紹介してみました。WSRCというポイント制のシリーズがあるのですが(香港カップが最終戦。ジャパンカップもこのシリーズに加わっています)これに1991年、ホワイトストーンで挑んでもらおうということでその練習にハクタイセイ。勝ち目あるのは5月に行なわれるシンガポールのレース、10月3週に行なわれるコックスプレート、そして最終戦の香港カップです。最悪2着が精一杯ということもありますが練習にはなると思います。なにせハクタイセイは追い込みor差し一辺倒の馬なので通用するかどうかギリギリです。

弥生賞→1週放牧→皐月賞→1週放牧→シンガポール国際

あとは10月まで無理させないでコックスプレートと香港カップを挑むという方式。うまくいけばシンガポールは勝てるかもしれませんよ。レベルがかなり低いレースなので。どちらにせよ来年ホワイトストーンに行ってもらうために慣れてもらえれば。1992年はフジヤマケンザンが挑みます(ナイスネイチャでも可)。

 

アウトランセイコーはユニコーンSなどGⅡ、Ⅲに挑みます。ミスタートウジンとダイナレターの邪魔をしないようにしましょう。白山大賞典や名古屋GPなどに挑んで賞金加えてもらいましょうか。4歳まで使うのも手ですが多分1992年6月までに衰えると思われます。

ホワイトストーンは来年海外挑戦してもらうので91年は無理使いしないこと。出るとしたら青葉賞、ラジオNIKKEI賞、セントライト記念、アルゼンチン共和国杯と[GⅡ横綱]を使ってガッツリ稼ぎましょう。アル共の後は2週放牧して92年の日経新春杯orAJCC出走。そして4月4週の香港GIに挑みます。(92年はハクタイセイが出走したレースに挑む)

そしてイクノディクタス。うまくいけば牝馬3冠も可能という怪物です。無理でも秋華賞とエリ女を連勝して最優秀3歳牝馬も目指せます。オークス、秋華賞、エリ女というのが理想ですね。兎に角強くて育ちやすい。エリザベス女王杯3連覇とか簡単にやってのける強い牝馬です。スカイジャイアント引退後のサマー2000シリーズ(函館記念と札幌記念)にも出走できる強さがいいですね。ローテに困る事無くオークスまではいけるんじゃないですかね。勝てるかどうかだけです。でも秋華賞とエリ女はうまくいくんじゃないでしょうか。

 

リンドシェーバーとイソノルーブルは最優秀2歳を目指すべく阪神JF、朝日杯を目指しましょう。イソノルーブルは逃げ馬ですが追い込みも一応できるので何とか阪神JFを目指していきましょう。強敵という強敵がいない世代なのでイクノディクタスとは別の意味で活躍できる馬です。リンドシェーバーは新馬戦→札幌2歳→東スポ→朝日杯と言うローテであっさり勝つと思いますがそこまで強くないので過信は禁物。3歳はNHKマイルカップ制覇がこの馬のお仕事なので特に無理させることはないです。これで銅のお守りゲットです。

 

~1990年生まれの馬達~

1989年末にパシフィカスが輸入されます。フェートノーザン、マウントニゾン引退で手に入れた金のお守りで購入できるわけですが(もう1つはトウカイテイオーで使用)、この時に受胎しているのがビワハヤヒデです。意外に脆いという金のお守り馬ですが、普通に強いので最優秀生産馬のサポートになるでしょう。金のお守りを入手が遅れた場合は90年3月5週までにパシフィカスを購入忘れないようにしましょう。ビワハヤヒデを産んだ後はついにナリタブライアン生産です。89年末に輸入種牡馬としてやってきたブライアンズタイムに5月1~5週に種付け。無事受胎したら生まれるのを待つばかり。

1990年生まれのオススメはドージマムテキとテンジンショウグン。銀のお守りがあるのならサクラチトセオーもオススメですが所有馬があまりにも多くなると大変なので今回はやめておきます。ドージマムテキ(母ドージマビクトリー)とテンジンショウグン(母シュアンス)は赤のお守りとは思えない強さなのでお得な馬です。テンジンショウグンは鍋底馬ですよ。

この2頭も1990年3月5週までに購入しましょう。

 

~スルーオダイナで入手した金のお守り~

1990年末で引退(したと思われる)のスルーオダイナ。この時にGI8勝以上していれば金のお守りがもらえるわけですが、その使い道です。別に91年に購入してもらうのでも問題ないので間に合わなかった人は91年3月5週までに購入してもらえれば。

で、買う馬とはダンシングキイです。

エアダブリン(91年生)、ダンスパートナー(92年生)、ダンスインザダーク(93年生)、ダンスインザムード(01年生)と名馬を産んでもらえる名牝なので是非とも欲しい1頭です。金のお守り1つでこれだけの史実馬を産んでもらえるのが大きいです。スルーオダイナの役目はとても大事なのです。

 

~引退馬~

スカイジャイアント、サンキンハヤテ、スルーオダイナ

ハクタイセイ、アウトランセイコー(91年引退でも可)

→スルーオダイナで金のお守り(あとは特に拘らない)

 

次回は1991年です。

トウカイテイオーの強さを楽しんでもらいましょう。個人的にはナイスネイチャの成長の凄さを紹介したいのですけども・・・フジヤマケンザンも銅のお守り馬とは思えない強さをお持ちですし。

2009年8月10日 (月)

土方本・結果~8/8・8/9

ちょこちょこと的中してはいるんですが…私の活躍の場500万下は見事に堅い決着が続きます。予想した通りの結果になっているのはじわじわと調子よくなってきたかな?と思ったりするんですが、軽視した馬が合致馬に先着(鉄板条件馬タマモコロナを軽視、合致馬リッカコウユウに先着)だったりとちょっとあってません。3歳未勝利戦は難しいですね。

このレース、ようやく勝ったワールドロレックスからリッカコウユウ、サンレイフレンド、ミステリアスガイの3頭(鉄板条件馬)に流し、鉄板条件馬で軽視したライブリリュウショ、タマモコロナを押さえ程度で買って、ラガーゴールデンやタテヤマキセキに流して買っていました。タマモコロナが鉄板条件馬じゃなかったから買ってませんね。馬連では買っていないくらいですし。まだちょっとピントがあってないようです。

 

~土方本・結果~

8/8

新潟2R 合致馬なし(*3着フリークトーク)

新潟10R 合致馬なし

小倉1R 2着ラブグランデーで的中

      3着ヴェリタスローズで的中

小倉5R 2着フェリスホイール(3連複ハズレ)

小倉8R 3着パスピエで的中(トリガミ)

札幌8R 合致馬なし(*3着メイビリーヴ)

札幌12R 合致馬なし(*2着スペシャルブレイド)

 

8/9

新潟4R 合致馬なし

小倉1R 2着ウイントランザムで的中

小倉6R 3着リッカコウユウで的中

小倉11R 合致馬なし

札幌9R 合致馬なし(*1着ステラリード)

 

またどうでもいい話ですが土方さんのホームページの結果、微妙にミスが多いです(苦笑)。手作業っぽい感じがするあたりにちょっと暖かみがあるというか・・・。多分訂正ないでしょうけど。それにしても札幌の新verは気になりますね。土方本のやり方では全く機能してないので。今思い出しましたが、競馬王をチェックするのを忘れていました。何か記事がありましたらまた取り上げることにします。

(追記 8/12)

競馬王に記事なし・・・orz

何かアクションないと困るんですけど・・・あれだけでは。

私の方でも好き勝手してますけどね

 

小倉の2歳未勝利と3歳未勝利で合致馬が続いて好走中。2歳未勝利戦のラブグランデーはパターンE合致馬。ヴェリタスローズはパターンB合致馬。ウイントランザムはパターンD合致馬。同タイプの合致馬好走馬が続くということはないものの4~9番人気までの合致馬が中心です。一応先週から好走続いているのでピンポイントは難しいと思いますが狙う価値はありかと。

3歳未勝利戦はずっと荒れ模様。16番人気3着ナンゴクシャンテ、11番人気2着タマモコロナ、9番人気リッカコウユウ(合致馬)。今週の3歳未勝利は凄く荒れましたね。先週からずっと荒れている傾向なのでガチガチは買わなくてもいいか、と思えてくるくらい(ここあたりが狙いどころミスってる部分でもある)。3連複向きとは言えないですが1~3番人気→合致馬の馬連・ワイドで楽しむのも手ではありますね。この組み合わせで手広く3連複買うのもいいかもしれませんが・・・なかなか難しい。

 

堅い堅いといってる500万下は読みどおりというか人気馬が力出しやすいレースになるようで予想する側としては楽しめる、ものの堅いだけにトリガミが怖い。合致馬もちゃんと来ているので楽しめるっちゃぁ楽しめるけど人気馬が取りこぼさないから配当は安め。本命党向きといえますね。本線がちゃんと来るので3連単買うってのも手ですけども。来週もこの手で狙う予定ですが日曜日にしか500万下がありません。北九州記念でもやりますけどね。

 

小倉もあと半分。そろそろパターンB該当馬が減ってきます。小倉にパターンB該当レースがないからですね。パターンEの好走もじわじわと減ってくる、に関しては土方本P160~からの小倉のパターン紹介の部分に書かれているだけにそろそろ合致馬に頼る戦法では通用しなくなってくるかもしれません。それに外差し馬場が本格化してくる馬場になりますし、持続力勝負では手に負えないというのもよくあることです。来週からはコース変更もありますし小倉2歳Sへ向けてスピード勝負主体になることもあって切れ味主体になることも考慮しないといけませんね。1開催パターンBとEが大暴れしたことだけでも上出来だと言えますから。もっと合致馬が減って当然なので開幕週で暴れなかった分だけ持続的に合致馬が頑張っているというところでしょうか。

これから難しくなってくる合致馬との付き合いにご注意。

新潟と札幌はどうしましょうかね(苦笑)

 

2009年8月 9日 (日)

合致馬チェック~8/9

結局ノーブルストーンは合致馬ではなかったのですが、配当的には美味しかった方ですね。新潟芝1200m狙うならパターンEのノーブルストーンのような切れ味主体が一番でしょうね。札幌から流れてくるというのは少ないでしょうけど、第3回新潟6日間変則開催時に札幌組が新潟来るようなら楽しみですね。

 

今日の結果は秋吉台特別だけ。人気馬決着だったので旨味は全くないですけども狙っている馬は来ている(フェリスホイール、パスピエ、カヴァリエ、ラッキーバニヤン、ビーチアイドル)ものの、肝心の3連複がうまくいっていません。軽視というか買う気全くなかったナンゴクシャンテ(トシザレイクブルーがそこまできてただけに悔しいですね)、上がり勝負馬Cタイプのミキノクレッシェンド(4着)、前走3角7番手ででソワソワしてたカシノマイケルとシティボス(3着、4着)。狙いはいいだけに明日も頑張っていきます。

 

小倉6R 3歳未勝利

鉄板馬+パターンE該当馬

3番リッカコウユウ

4番ワールドロレックス

5番サンレイフレンド

13番ミステリアスガイ(パターンC、E)

 

軽視対象の鉄板馬

11番アラタマデジタル

12番ライブリリュウショ

17番タマモコロナ

ワールドロレックスは人気馬なので合致馬には当てはまりませんね。軽視対象のライブリリュウショは前走好走馬で人気馬で該当しそうですが、買うとしても3連複フォーメーションの3段目、おさえで買う程度でしょう。鉄板馬+パターンE該当馬を買う上で良きパートナーとはいえないでしょうね。

3連複フォーメーション

鉄板馬+パターンE該当馬

1~3番人気馬、鉄板馬+パターンE該当馬

1~6番人気(ライブリリュウショはここ)

 

小倉11R 500万下

前走3角1~5番手以内の先行馬が中心で、3角8番手以下の馬で好走は上がり勝負のCタイプの馬。おさえで買うは3角6、7番手の馬。そして『土方本パターンB該当馬』『土方本パターンE該当馬』。とはいえ人気馬に頼るのが前提です。

ただし今回はパターンE該当馬がいません。

 

パターンB該当馬

1番エスジーステラ(パターンB、パターンD)

12番ファルクス

 

前走3角1~5番手

1番エスジーステラ、3番ウスイ、12番ファルクス

13番ドリームガールズ

 

前走3角6、7番手

10番ピエナプリンセス

 

Cタイプ

5番ハートランドノリカ、6番ハマノモナーク

7番サイキョウヒカリ、8番ロングゼネラル

16番コスモランゲル

 

複数該当のファルクスが軸にピッタリでしょうね。降級ひと叩きでパターン該当馬。パターンEこそ該当なかったものの条件ぴったりの人気馬というところでしょうか。あと複数該当のエスジーステラは合致馬になれないと思いますので軸には該当しませんね。

お相手はウスイ、ドリームガールズと人気のCタイプ達(ハマノモナーク、サイキョウヒカリ、ロングゼネラル、コスモランゲルあたり?)。おさえでエスジーステラ、ピエナプリンセス、人気薄のCタイプという具合。ファルクスが4~6番人気でありますように・・・ちょっと厳しいですね(3番人気くらいなら嬉しいなぁ)。

 

ようやくCタイプが暴れ出しました。ラッキーバニヤンとビーチアイドル、ニシノアンクレット、ヴェリタスローズが土曜日好走した馬達。善戦だとマイネキラ、ミキノクレッシェンド。こう続くと明日も期待したくなるわけで。ということでCタイプを紹介しておきます。3歳未勝利で不発ならファルクス1頭軸で買うのもいいでしょうね。6Rの参考馬は8番ホワイトヒロインです。凄い切れ味だけど一辺倒なので3角からロングスパートは向いていないので切れ味だけでどこまでこれるかをチェックというところです。

500万下でCタイプ買いたい人(サイキョウヒカリの前走見て、買おう!と思った人は特に)はホワイトヒロインの走りに注目ですね。好走することより競馬ぷりを見てもらえるといいかなと。

2009年8月 7日 (金)

合致馬チェック~8/8

相変わらず合致馬の出ない新潟と札幌。新潟芝1200mは何とか出てくれましたがあのノーブルストーンが新潟にやってきました。新潟と札幌の密接な関係、というのはラップ本◎該当馬に見られる傾向なのですが、ノーブルストーンは惜しくも4着、5着が続いてヤキモキさせてくれました。そのノーブルストーンが新潟芝1200mに出走。パターンE該当馬ということもあり、これは狙うしかない!人気するんだろうなぁ・・・人気落としてた前走は本当に惜しかった。あとはドゥスマイルとモルフェキセキが同じくパターンE該当馬ということでこの3頭に注目したいと思います。ノーブルストーンにはラップ本の希望が託されている?だけに特に頑張って欲しいですね。

 

~ちょっと早めに札幌のラップ本◎~

函館2歳Sも念の為調べましたがいませんでした。まずはサロマ湖特別。人気薄マイネルカーロです。昇級戦初戦で見せ場なく負けてハンデ54kgは全く期待されてない感じですね。距離短縮もあるので3着争いに参加できたらいいなぁという穴馬ですね。切れ味がじわじわと必須の馬場になりつつあるので楽しめる穴馬ともいえそうです。

続いて札幌12Rは人気馬ですがテイエムオーロラ。前走ダートで好走も芝1200mでも人気していた馬なのでここはきっちり好走してくれるだろう、と人気する材料が揃っているので旨味は少ないですが・・・。

明日はえらく極端な2頭に◎がつきました。

 

~小倉芝1200m~

先週行なった方法で今週も頑張ってみましょうか。

まずは3歳未勝利。鉄板馬でパターンE該当馬を狙う(あとの鉄板馬は軽視)というわけでしたが先週はリディックは4着でした。惜しくも、というほどでもなかったのであっさり負けた感じでしたが。

鉄板馬+土方本パターンE該当馬

1番トシザレイクブルー(パターンC、E該当)

2番スズカワキア(パターンC、E該当)

6番フェリスホイール(パターンC、E該当)

9番チャームタンポポ(パターンE該当)

15番キービューティー(パターンB、E該当)

17番ラガーキセキ(パターンE該当)

軽視対象

8番ナターシャ(パターンC、D該当)

 

6頭も挙げておいてなんですが、人気馬が中心(1~6番人気)なので人気馬からこの6頭を買うことになるわけですが、その人気馬の中に挙げた6頭がどれだけ入るか。どちらにせよ荒れる要素はこの6頭から。あとは人気馬がどうにかするレースになるので人気馬から買うことにします。ナターシャは人気しても軽視しますが。

 

続いて500万下(秋吉台特別)。こちらも1~3番人気馬が中心なので人気馬から買うことになりますね。先週の筑紫特別は2番人気エーシンビーセルズ、1番人気ロックオブサリサが1着、3着でした。エーシンビーセルズはパターンB該当(上がり勝負のCタイプ)、ロックオブサリサは前走3角6番手以内の馬でした。今回もパターンBとパターンE、前走3角6番手以内、上がり勝負のCタイプ(差し馬)を狙っていきます。

 

パターンB該当馬

16番ナイトスズラン

 

パターンE該当馬

3番パスピエ

8番カヴァリエ

 

前走3角1~6番手

1番アドマイヤアモーレ(パターンC、パターンD該当)

3番パスピエ、8番カヴァリエ、9番ハッピープレゼント

13番ラストダンス、15番シゲルハスラット(パターンD該当)

 

上がり勝負のCタイプ

6番ミキノクレシェンド、18番ゼットファースト

 

3連複フォーメーション

1段目:1~3番人気

2段目:3、8、9、13、16番

3段目:1、3、6、8、9、13、15、16、18番

 

先週好走の連闘ロックオブサリサは該当していませんが、間違いなく1~3番人気になるのでおさえることになりますね。1~3番人気にパスピエが入るならもっと買い目減りそうです。今回もパターンDの扱いに困りましたが、今回はパターンE該当していないギリギリおさえみたいな感じなので3段目にしておきました。

 

そして西部日刊スポーツ杯。

500万下と同じ傾向ですね。北九州短距離Sと西日本スポーツ杯の2レースの結果は・・・。

パターンB該当馬

1着メリッサ(1番人気)*Cタイプ

1着オールタイムベスト(1番人気)*3角6番手以内

2着エーシンビーエル(パターンB合致馬)*Cタイプ

パターンE該当馬

2着テーオーギャング*3角6番手以内

3角6番手以内

3着コパノオーシャンズ

それ以外

3着ビンチェロ(3番人気)

 

ビンチェロ以外はクリア。ビンチェロは人気馬で拾うとして、惜しくも前走7番手でした(4角6番手)。殆ど該当といえますね。上がりも4位ですし。こっちも人気馬中心ですね。

ちなみに今回パターンB該当馬はいません。

 

パターンE該当馬

2番クリスティイモン

13番プラチナムペスカ

 

3角6番手以内

1番ラッキーバニヤン(パターンA該当)、2番クリスティイモン

6番エーティーホーオー(パターンA該当)、7番エイシンイッキ

8番ヒカルジョディー、12番リッターヴォルト、13番プラチナムペスカ

 

上がり勝負(Cタイプ)

1番ラッキーバニヤン、10番ニホンピロシェリー

14番ビーチアイドル

 

1~3番人気馬から紹介した馬達に流す、と言う感じになりますがクリスティイモンが人気しそうなので組み合わせは減りそうですが・・・。今回は3角6番手以内が多すぎるので絞ることもないかなと。丁度パターン該当馬がこのエリアにいるので人気馬から手広く買う馬連の方がいいかもしれません。

 

とりあえず今週はパターンBとE複合馬は減りましたが、開催進めば減るのは当然なので(パターンBの条件の都合上)大事なのはパターンEが活きるレースがどこまで続くのか。そろそろ活動開始しそうな上がり勝負のCタイプがいつ台頭するのか。北九州記念はCタイプが牛耳ると考えているのでそろそろ合致馬が空振り開始が目立つと思います。

さて、明日はどうなるかな?

ウイニングポスト7~序盤攻略5

今回は1988年と1989年までにやっておくこと。

まずは再プレイで気付いた序盤攻略4の訂正部分。

マウントニゾンは3歳秋が使えるのとうまくいけば1988年まで走ってGI8勝も可能です。欧州古馬長距離路線のゴールドC、(愛セントレジャー)、カドラン賞、ロワイヤルオーク賞、メルボルンC。これらを1989年まで走ればGI8勝は可能でしょう。最短で1988年に達成できるので3歳時に英セントレジャーとメルボルンCを勝てると可能でしょう。急ぐ理由はスルーオダイナにこのローテを譲らねばならないから。1988年までGI8勝できたら香港ヴァーズ出走して引退です。これで1989年には金のお守りがもらえます。シンジケートで大金ゲットです。

あとユーワジェームスは順調に使えば1988年中盤で競走寿命が切れます。ガンガン活躍を期待して購入したというよりはダービー制覇が可能だからということと香港4レース出走の駒扱いなのでGI勝利できたらいいなというレベル。勝てなかったとしても一応使い道はあるという感じで。競走寿命切れてても香港に挑めますから。

 

1988年の目標

  • フェートノーザン引退で金のお守り獲得
  • 最優秀ダート馬受賞(銅のお守り)
  • マウントニゾン引退で金のお守り獲得
  • できたら欧州最優秀長距離馬受賞
  • サンキンハヤテの鍋底発動
  • トウケイニセイ(1987年生まれ)を入手

単にフェートノーザンを引退させるのではなく引退して金のお守りを貰うことが目標。GI8勝以上で金のお守りをもらえます。交流GIは0.5勝扱い、中央ダートGIは1勝扱い。交流GIだけだと16勝しないといけません。フェブラリーSとJCダートを勝利して3勝できたら10勝で済む計算になりますね。1988年時点でGI15勝は可能なのでここで金のお守りをゲットしましょう。マウントニゾンは間に合わなければ1989年までに。

1987年、1988年とも最優秀ダート馬になってもらえれば銅のお守りを毎年もらえるのでフェートノーザンには国内ダートGI制覇をしてもらいましょう。ただし順調に使い込んでいれば1988年には競走寿命が切れます(目安は23~25戦。*海外遠征していない状態)。交流GⅡやGⅢは4歳以降使わないことですね。これならGIに専念できます。

 

ある意味休眠状態のサンキンハヤテ。鍋底発動はうまく使っていれば1988年(サンキンハヤテ4歳)6月頃。多分4歳は競走寿命回復、じわじわと戻りつつある成長度回復を待ち続けるので競走馬としては全く活躍できないと思います。ですがじわじわと成長度回復できれば1989年の高松宮記念は貰ったも同然!・・・だと思うのであとはスプリント~マイル路線でGIをできるだけ勝利目指しましょう。競走寿命回復さえできたら5歳、6歳春までは使えるので。6歳秋は香港スプリントorマイル出走させる駒として頑張ってもらってください。無駄に賞金加算しているので国内重賞はGIくらいしか使えないと思いますが・・・。

トウケイニセイは銀のお守りをもっていなければ買えません。香港4レース出走で貰った銀のお守りを使って入手しておきましょう。フェートノーザン、ミスタートウジンの後釜として大活躍するダート馬です。ライブリマウントが出てくるまで頑張ってくれるのでダート路線の怪物は入手しておきましょう。

 

あとは充実したスルーオダイナですね。

マウントニゾン優先になるので彼が出走できないレース(例えば愛セントレジャーやロワイヤルオーク賞)を勝って[海外遠征][大舞台]のスキルをできるだけ早めに取れたら合格です。彼も最終的にはGI8勝が目標です。マウントニゾンが引退した後はマウントニゾン同様のローテを目指します。天皇賞春はでるだけ無駄なので止めた方がいいです。タマモクロスの史実補正に泣くのがオチですね。それなら欧州長距離重賞勝って[海外遠征]を獲得するのが大事です。

 

ダイナレターはまだ条件戦が望ましい成長度のはず。1989年でようやくOPで戦えるかな~という成長度なので無理にレースを使わず大事に使っていきましょう。意外に強いのでOP戦くらいなら1988年の時点で勝っているかもしれません。彼のピークは6歳以降なのでまだその時ではありません。重賞使い始めるのは5歳秋以降で。どうせスプリント重賞が中心なので慌てることもないです。どうせならOP戦で善戦してその時を待ちましょう。GIは6歳以降挑戦です。

そして1988年後半にはついにピーク到来(と思われる)スカイジャイアント。お守り無しの史実馬にしては強い部類(SP61)なのでじっくり育てた方ならいよいよサマー2000に挑戦する頃でしょう。順調に賞金加算していたなら1988年時点でサマー2000挑戦しているかもしれませんね。地味に強く、サブパラも優秀な方なのでうまくいけば優勝も可能です。強い中距離馬が揃う札幌記念よりも新潟記念向きの馬なのでローテも少し考えてみました。

その1:七夕賞→函館記念→1週放牧→新潟記念

その2:七夕賞→1週放牧→小倉記念→新潟記念

2勝+入着で確実に優勝レベル。1勝が優勝条件になっているので勝ち馬対象のサマー2000シリーズ。ポイントチェックはコースポを参照。兎に角2勝または相手に2勝させないこと。2着、3着回数多めで引き離せれば優勝と言う感じです。2戦勝利の時点で優勝なので新潟記念出ることもないのですがポイント上位が新潟記念に居る場合、邪魔もしないといけなくなるので最終戦、新潟記念が大事です。特にスカイジャイアントにとってはこのちょっとしたポイントが大事です。

サマー2000終了後は普通にレース使うのも手ですし香港カップ出走する駒としても使えます。扱いはミナガワローレルと一緒ですね。ただし距離適正が狭いので中距離中心になりますけども。ただしミナガワローレルより強いのでうまくいくかもしれません。

 

~金のお守りを手に入れたら~

1988年(1989年1月1週)に金のお守りがうまくいけば2つ(マウントニゾン、フェートノーザン)手に入れば名馬トウカイテイオーが手に入ります。できるだけフェートノーザンに頑張ってもらって1988年年末に引退し、1989年1月1週にトウカイテイオー(1歳)を入手可能という段取りです。うまくいけば、ですけども。テイオーは早期達成のオマケなのであくまでナリタブライアン入手が目標。テイオーに使ってももう1つ残っていたら問題ありません。1990年3月5週までに繁殖牝馬パシフィカスを購入できれば問題ありませんのでマウントニゾン、フェートノーザンをGI勝たせ続ければいいわけです。これはあくまで順調なら。それに牧場設備を全て達成できても金のお守りは貰えます。

 

~1988年生まれの入手馬~

  • ナイスネイチャ(銅:ウラカワミユキ)
  • フジヤマケンザン(銅:ワカスズラン)
  • イソノルーブル(88年当歳セリ)
  • *ハシルショウグン(当歳セリ)

ナイスネイチャとフジヤマケンザンは余裕があるなら1988年3月5週までに購入して自牧場生産馬にするのも手です。こうすれば牧場長の育成にもなります。イソノルーブルとハシルショウグンは別にオススメというわけではないですが駒不足になるのが勿体ないので紹介してみましたが、ハシルショウグンに関してはミスタートウジンとスイフトセイダイ持っているので別にいらないです。ダート馬2頭も持っている時点でローテ大変になってくるので無理に持つことはないです。イソノルーブルは牝馬路線のレベルが拮抗しているのでうまくいけば。。。という感じです。リンデンリリーも当歳セリで購入できますが遅めなので秋華賞に間に合うかどうか。なのでイソノルーブルの方がまだマシというレベル。オークスと秋華賞勝てたら問題なし。

ナイスネイチャとフジヤマケンザンは活躍は4歳以降。じっくり育ててピーク時に暴れてもらいましょう。この2頭は育てれば大活躍してくれます。育つまでじっくりと待ちましょう。

 

~1989年に迎えるにあたり~

トウカイテイオー(1歳)は買えたらいいね、と言うレベルなのでとりあえず置いておいて(買えたらよかったですね~レベル)。一番大事なのは最強の銀馬達を入手すること。トロットサンダー、ニシノフラワー、ライスシャワーの3頭。ここまで頑張って銅のお守り、赤のお守りを溜めていれば1月4週、2月4週にお守り交換ができますので必要なお守り数を確保しましょう。香港4レース出走を2年(1987年と1988年)していれば1つはもっているはず(トウケイニセイで使ってなくなっている場合もありますが)。

ここまでお守り交換していなければ赤のお守りがたんまり溜まっていると思うので1989年1月4週に訪れるお守り交換で残り10つになるまで交換。銅のお守りが増えたら2月4週のお守り交換で銀のお守りに交換です。今回は3つ欲しいので銅のお守り15と交換ですね。…銅のお守りと赤のお守りは獲得が比較的簡単なので銀に交換の方がいいです。

銀のお守りを3つ手に入ったなら3月5週までに繁殖牝馬を買いましょう。トロットサンダーの母ラセーヌワンダ、ニシノフラワーの母デュプリシト、ライスシャワーの母ライラックポイント。要するに自牧場で生産するわけですね。この3頭が暴れれば最優秀生産者も夢ではないですし、最優秀馬主の方が先に来ると思いますけども。あと同い年の銅馬アイルトンシンボリの母ブルーエスケープも購入しているといいでしょう。1989年4月1週は名馬が生まれまくることになるでしょう。やったね?

 

この3頭(の母)を購入しても銀のお守りが余っているなら・・・1歳の銀のお守り馬ヤマニンゼファーを買うのも手です。短距離~中距離で活躍できる名馬です。丁度ピーク来る頃にニシノフラワーと激突することになる為、敵に回すとかなり厄介な名馬。どうせなら持っておきたい馬ということで。いずれにせよ名馬持てるチャンスなので頑張ってみてください。

次回は特別な攻略もなさそうな(汗)1989年です。

2009年8月 6日 (木)

序盤攻略の補足

今頑張って1984年スタートでやり直しています。

序盤攻略といいますか、サポートですけどもリクエストがあったのでやってます。1984年からやってますけど楽しいですね。懐かしさもあって。何周もやっていると資金にお守り、海外馬カードに牧場がついているのが普通なので初回プレイでやる苦労はなかなか分からないものですね。

 

やっぱり資金不足に陥りますね。1984年当歳セリでまずユーワジェームス購入がギリギリになってしまう。ダービー勝利&1987年の香港全レース出走の為の駒として購入するわりには高価すぎる買い物になってしまう。アンドレアモンが川崎記念、フェブラリーS、かしわ記念、帝王賞を連勝しても3億5000万ほど。サンキンハヤテなら1億2000万円で買えると思いますけどユーワジェームスは高い。それだけ強いってことですがこの馬わりと競走寿命消耗少ないので使い道はやっぱり香港出走への駒でしかありません。

お金に関しては馬券で儲けてもらうほかないですね。まずお金がないとお守りもってても買えませんし牧場の設備をよくしていくにはお金が必要です。それに普通にやっていると牧場開設(1986年)時に借金してしまうので馬券購入してもらうほかないですね。50億~100億あれば海外セールでも苦労しないのでミナガワローレル出走時などに馬券買ってもらう程度でよろしくです。

 

あとはミナガワローレルのサマー2000シリーズ優勝は難しい(苦笑)。86年はサクラユタカオーに完敗しちゃいました。これで銅のお守りもらわないと困る、ってことは特にないんですがないよりあるほうがいいので紹介したのですが・・・とりあえず手段&香港への駒なので扱いがユーワジェームスと変わらない時点で問題ですが。ミナガワローレルが無理だったら88年にスカイジャイアントに頑張ってもらう事にしましょうか。スカイジャイアントの方が強いですし(汗)。でも初回時はミナガワローレルで優勝したんですけどね・・w

 

今回のアンドレアモンはGIを11勝しました。川崎記念、フェブラリーS(2回)、かしわ記念(2回)、帝王賞(2回)、南部杯、JBCスプリント(2回)、東京大賞典。85年の勝利は偶然ですね。テツノカチドキ、カウンテスアップ、ロッキータイガーの3強が揃って帝王賞回避(北海道スプリントとマーキュリーCに出走)した謎ローテのお陰ですね。多分ここで競走寿命切れたかと思います(レース後コメント)。所有後GIしか出走させていませんので12戦くらいで使い切る計算になりますね。これは運が良かったから11勝ですけども。

 

アイランドハンターは特に強くはないのですが全日本2歳優駿とJDDを手軽に勝てるのと3歳までは能力低くても逃げ切っちゃうので南部杯やJBCスプリントくらいは勝てます。フェートノーザン本格化前はこの馬に頑張ってもらうほうがいいです。4歳になったらフェートノーザンの方が圧倒的に強いので邪魔になるのであとは交流重賞を勝ってもらいつつ、ピークすぎた秋は香港マイルでも出走させるといいかと。これで銀がもらえるのは安い。

あとマウントニゾンで英セントレジャーは簡単に勝てましたね。理想は青葉賞→6月に行なわれる欧州の3歳限定重賞(3200m)を勝利し、放牧。その後英セントレジャーからメルボルンCを勝たせて赤のお守りを稼げば合格と言う感じです。87年は頑張ってゴールドカップとカドラン賞、メルボルンC連覇を目指しましょう。88年も引き続き頑張ってもらってGI8勝すればスルーオダイナに譲る感じです。スルーオダイナも英セントレジャーは勝てると思いますので。長距離路線は楽でいい。赤のお守りをゲットしまくれるのは大きい。

紹介忘れてしまいましたがミスターアダムスも強いってのを忘れてしまいました。使い道はマウントニゾン、スルーオダイナ同様ですが、若干遅めなので使い勝手が少しだけ悪い。それさえ頑張れば何とかなる馬ですね。すっかり忘れてました。

 

あと一番活躍できるサンキンハヤテ。

成長度の高さで2歳~3歳春まで無双です。新人騎手をガンガン育てることも可能なのがいい。私は横山典騎手を使うのがデフォです。元々強いので紹介したのですがサクラスターオーとマックスビューティに完勝するとは・・・。パワーBだろうがスピードがどうだろうが関係なしに朝日杯でサクラスターオーに完勝は気持ちよかったです。兎に角重賞勝ちまくるので2歳重賞の札幌2歳と東スポ杯、ラジオNIKKEI杯以外は完勝できるかと。7戦使って騎手との友好度をあげるといいでしょう。3歳もNHKマイルカップまで連勝できると思うので頑張ってみてください。あとは連敗街道で競走寿命を使い切る作業です。海外出走もありです。目安ですが3歳8月までに15戦重賞出走で競走寿命切れてあとは衰えるのを待つ感じです。

 

サンキンハヤテがあまりにも爽快に重賞勝ちまくるお陰でサマースプリントシリーズに出走できないという有様です。寿命残ってるなら優勝狙おうかと思ってたのですが初戦函館スプリントに斤量酷すぎてできませんでした。これだけ勝つと育成ゲージもどんどん増えるのでサブパラが育つ育つ。横山騎手の新人賞に貢献してあげませう。成長度の高さだけでこれだけ圧勝すると楽しいでしょうねぇ。鍋底発動すればさらに活躍してくれるので頑張ってレース出走して負けさせてあげれば見返りあるので頑張ってください。

 

とりあえず今回の教訓

  • ミナガワローレルに過度の期待は禁物だった(汗)
  • 馬券購入でお金を(馬代&牧場設備投資のため)
  • ミスターアダムスも一応使えるよ

アイランドハンターもサンキンハヤテ同様使えるのでこの馬で赤お守りゲットして1月4週に銅のお守りと交換を使えます。アイランドハンターは引退させてから種牡馬にするのもいいし活躍次第ではシンジケートでお金にもなります。銅のお守りゲットは難しいでしょうねぇ・・・。兎に角お金はちょっと足りなかったですね。馬券購入はしてもらえるとありがたいです。ハクタイセイやイクノディクタス、ホワイトストーンをセリで買うのが無理にならないうちに馬券購入お願いします。牧場の設備も高いのでお金は序盤だけ大事です。

 

とりあえずはやく1989年に間に合いたいですね(汗)

2009年8月 3日 (月)

土方本・結果~8/1・8/2

第1回小倉の時もやっちゃっているんですが、合致馬が好走しているのに買えなかった、というミスを2週続けてやっちゃっています。狙いはいいはずなのに狙えていない。しかも自分が挙げた傾向通りの馬が来ているのにわざわざ消しているのがかなりひっかかって1日考えてました。どうせなので編集後記もここでやっちゃおうと思います。今週のクリンヒットは2歳未勝利戦のドリームフォワードとケージーハナコだけ(UHB杯2着ウエスタンビーナスは土方本とは違うので除外)なので振り替えるものがないんで、土方本結果を載せるのが妥当でしょうし。

 

土方本・結果

8/1

新潟8R 合致馬なし

新潟10R ハズレ(*2着ペプチドアトム)

小倉7R 1着サアドウゾで的中

      2着ネオカーニバルで的中

8/2

新潟1R 合致馬なし(*1着サマーコード)

新潟6R 合致馬なし

新潟8R 合致馬なし

新潟11R 合致馬なし

小倉1R 2着ケージーハナコで的中

小倉11R 2着ザザで的中

札幌9R 合致馬なし(*1着ピサノパテック)

 

的中と書いているのに自分が取れてないレースばかりで辛いわけですよ。今回の場合高配当はサアドウゾとネオカーニバルの3歳未勝利だけですが、深刻なダメージを食らわせてくれたのは日曜小倉11Rのザザです。サアドウゾといいザザといいパターンD合致馬です。開幕週、2週目とパターンD合致馬が4着、5着が多くとりこぼしがあったので「こりゃ暫くパターンD合致馬は軽視できるな」と考えていたわけです。うまくいってたのは第2回小倉3日目までですね(先週土曜日まで)。次の日の日曜日4日目には大雨不良馬場スタート。ここでパターンD合致馬が2頭続いて好走。テイエムテキーラとニシノアンクレットです。幸いな事に?他のレースでパターンD合致馬が猛威を奮うことはなかったのですが・・・。

8/1の3歳未勝利戦にパターンD合致馬サアドウゾが好走。8/2にはザザが好走とついに解禁と言う形で好走馬が出始めました。やっぱりあの4日目の雨から馬場が変わってきたということなんですが、私は外差し馬場に移行する鍵だと思っていたのでパターンDにそこまで期待してなかったんですよね(汗)。現に外差し傾向(まだ弱い)でしたが上がりが切れる差し馬(Cタイプと呼んでますが)が見事に好走がありませんでした。好走したのはディアエンデバーだけですね。ダントツの人気馬でしたし。

サアドウゾといいザザといい、先週のテイエムテキーラとの共通点は『パターンB・パターンD・パターンE合致馬』です。あと共通点ですけど5~7番人気あたりの中間層で単勝20倍未満の馬でした。オッズまで似てるのが悔しい(苦笑)。私としてはパターンDが好走しているというよりはパターンBとパターンEが関連しているのを強調したいわけですが・・・(500万下筑紫特別で取り上げたように)。この3頭とも鉄板馬(前走3角5番手以内、上がり4位以下)でありこのパターンBとEが関わるという馬達。複合がいいというわけではないと思いますが目立って好走されるとどうしても気になるものです。今のトレンドはこのパターンBとパターンEだ!・・・って先週取り上げていただけに悔しくて。でケージーハナコ取れているわけですが・・・サアドウゾは兎も角ザザは取ってないといけませんね

 

だから1日悶絶してたわけですが(汗)、ザザは来たら嫌だな~と思いながらレース見て4角で負けたorzと思えた馬でした。手ごたえが違うもの(苦笑)。来週8/8には秋吉台特別と西部日刊スポーツ杯があるのでここでこのパターンBとEに関わる馬を取りたいですね。そしてパターンDが該当するだけで軽視するな!ということも憶えておきたいです。いやぁ本当に。

3連複40倍でここまで考えるハメになるとは思わなかったですが、いい勉強になりました。偏った傾向をつかむべく色々視点を探しているわりに偏りすぎた見方をしてしまっていたかもしれません。スランプってそういう勝手にピンポイントで絞りすぎて周りが見えなかったりリズムを無理に崩しちゃって起こるもの。ゴルフ見ててもスランプの人は微妙な差が目立つみたいな感じです。なんとかいい時のあの感触に戻したいからこそやってしまうわけですがそれが気がついたら遠回りになっちゃってたのかもしれませんね。今回の話も本通り買えば買えるわけですし。買っててもトリガミだったってのは泣けますが。

 

でもこの遠回りで得たものを次に活かしたいです。

2009年8月 2日 (日)

合致馬チェック~8/2

現在スランプ真っ只中orz

結局パターンB(パターンDとパターンEも)合致馬サアドウゾ、パターンE合致馬ネオカーニバルが好走したのに取れていない(ネオカーニバル、サアドウゾを強調できなかった)わけでかなりのスランプが訪れているようです。チョイスがいちいち空振りすぎて泣けます。獲れたの1Rのガチガチ決着ですからねぇ。

で、Cタイプ(前走差して上がり1~3位)の善戦はありませんでした。一応コアレスランナーの6着がいいところで特に通じてる感じはしませんでしたが、サアドウゾのように外に出したらぐんぐん伸びる馬が好走しているだけに外差しの条件は揃ってきました。人気以上の善戦はしているコアレスランナーを評価していいのか?という話ですが参考レベルですし。

 

で、1~3着まで鉄板馬だったわけですが・・・。

ここまでの3歳未勝利戦の傾向はこちら

(注意:土方本の合致馬じゃないです)

鉄板馬[3-3-3-22] 

Aタイプ[0-1-0-2]

Bタイプ[0-1-1-35]

Cタイプ[2-0-1-8]

その他[0-0-0-5]

 

鉄板馬+合致馬の成績

パターンB合致馬で1着1回

パターンC合致馬で2着2回

パターンD合致馬で1着1回、2着1回、3着1回

パターンE合致馬で1着1回、2着3回、3着1回

 

ややこしくなったので説明でも。鉄板馬で合致馬は殆どパターンE合致馬です(ニシノアンクレットだけパターンD合致馬)だからパターンE合致馬の鉄板馬狙いってことになりますね。ということでパターンE該当している鉄板馬を紹介。2頭いますが人気馬ですね・・・。ちなみに人気馬もパターンE該当の鉄板馬なのでこの2頭が軸でいいんじゃないでしょうか。不発は1レースだけですし(それがニシノアンクレットが好走したレース)

小倉7R

11番コーヒーゼリー、15番リディック 

ちなみにあとの鉄板馬は軽視ってことで

4番トーコータカシ、12番バサラキング、18番ヴォーグ

 

あと3歳未勝利は結構すっきりしてて鉄板馬以外の合致馬達は人気馬(6番人気馬まで)ですしA~Cタイプも人気馬が好走してます。唯一の穴馬は8番人気1着ラブイズモネ(Cタイプ)。3歳未勝利はすんなり決まるようなので変な穴馬は狙わない方がよいようですね。鉄板馬からしか合致馬出ない状況の3歳未勝利なら10番人気馬以下の穴馬は軽視でいきましょう。・・・スランプ中の私が言うと問題だけど(汗)

 

~筑紫特別~

500万下は3レース行なわれているわけですが、パターン該当の人気馬が好走しています。該当せず人気馬の好走は有田特別1番人気1着マルカベスト。グッドルッキングはパターンB該当の3番人気2着。有明特別1番人気3着ラヴファンタジスタはパターンA該当。3番人気1着ヴェンティはパターンAとパターンE該当。500万下1番人気2着スカイノダンはパターンAとパターンE該当。要するに人気馬信頼すれば何とかなるみたいです。

3歳未勝利戦同様、合致馬+鉄板馬というわけではないですがパターンE合致馬が頑張っています(2着アスターエンペラー、3着サイキョウヒカリ)。あとパターンB合致馬メモリーパフィア(アスターエンペラーもパターンB合致)。ということで狙うはパターンBとパターンE。

筑紫特別

パターンB該当

5番ザザ(注:パターンDとパターンEも該当)

6番ランスロットル(パターンEも該当)

7番エーシンビーセルズ

パターンE該当

1番マイアイビギニング(パターンCも該当)

5番ザザ

6番ランスロットル

12番カシノリボン

(*軽視するパターンD該当馬)

5番ザザ

9番アンジェラスキッス

11番エーティードン

 

連対馬は前走3角5番手以内の馬で占めていて、唯一違ったメモリーパフィアですら6番手でした(3着メイショウシオギリも前走6番手)。要するに前で競馬している馬を狙うほかないという感じです。この3レースで7番手以下だった馬の好走は3着ラヴファンタジスタ(Cタイプ)なので主に3角6番手までの馬を買えば馬連はいけるってことですね。

筑紫特別

前走3角1~6番手

1番マイアイビギニング、*5番ザザ、6番ランスロットル

*11番エーティードン、12番カシノリボン

14番ミューズマジック、15番ロックオブサリサ

この中ではザザ、エーティードンはパターンD該当馬ですので軽視です。パターン該当馬で紹介した馬ばかりなのは当然ですが結構すっきりしてきましたね。あとはラヴファンタジスタと同じタイプですが・・・。

Cタイプ(上がり勝負)

7番エーシンビーセルズ

13番ブラボーデイ

17番マイネルプルート

18番マッキービーナス

 

エーシンビーセルズはパターン該当馬で紹介しています。マイネルプルートとマッキービーナスはパターンA該当馬なのでこちらも注目。ブラボーデイはパターン該当馬じゃないので軽視というところでしょうか

まとめると

  • 人気馬中心
  • パターンBとEに注目
  • 前走3角1~6番手まで
  • Cタイプはおさえで 

荒れるかどうかは合致馬がいるかどうかだけですが(汗)結構複数該当してる馬もいることですしすんなりいくと楽しそう。できればCタイプの馬が3着まで来れたらいいなという感じです。

 

~最後に札幌のラップ◎~

UHB杯ですが結局人気馬です。6番ウエスタンビーナス、8番タニノマティーニ、10番エーシンエフダンズの3頭。前走好走した馬、好走したが降着した馬(怒)、そして善戦した馬。おいしいという感じは全くないので残念ですね。3頭もいたら困ります。ここではウエスタンビーナスに頑張ってもらいたいですねぇ。。。

 

筑紫特別は合致パターン該当馬に裏づけがある馬が多くて楽しみ。3歳未勝利はつかめそうで自分から取り逃してるだけにここで苦手意識をもちたくないのであっさりスランプ脱出したいです。明日は昼からのレースなので楽ですね。2歳未勝利戦はずっと堅いし、Aタイプいないから鉄板馬が陣取るだろうし・・・(ドリームフォワード、ポールラッシュ、ケージーハナコ、ベルエールが鉄板馬)。ゼットセブンやポートサンダーはちょっと後手なのが嫌かなというところです。

2009年8月 1日 (土)

合致馬チェック~8/1

8月になっちゃいました。

しかし土方本にとっては8/1は暇な1日になりそうですね。新潟はD1200mだけ(未だに合致馬機能してません)。札幌は該当レースがない。肝心の小倉も2歳未勝利戦と3歳未勝利戦だけ。ということで小倉も地味に楽しめるか分からない感じです。しかも2歳未勝利戦は九州産馬限定戦なので参考にもなるかどうか・・・。

 

小倉1R(2歳未勝利*九州産限定)

パターンE該当馬が揃って鉄板馬(土方本でいう前走テンLVがA~Cあたりで上がり4位以下)なのですが、2歳馬にとっては単純にスピード不足の証明に過ぎないので狙いにくい。特に外差し馬場に移行する、と予想しているのでちょっと狙いにくいと考えています。

Aタイプ(前走テンLVがA~Cあたりで上がり1~3位)の7番パリスドールが人気するんでしょうね。2歳小倉で活躍したメッサーシュミットの妹でありマッチメイトの妹です。どちらも小倉で頑張っているのもいいことです。人気するだろう3番コウエイマーチは鉄板馬ですね。

で、3歳未勝利戦の為にチェックするとしたら14番スーパーショット、17番テイエムヒンガエドがどういう競馬をするか。この2頭はCタイプ(前走テンLVがD~Eで上がり1~3位)なのでこの切れ味だけでどこまで追い上げられるかをチェックしたいわけです。どちらも同じ新馬戦で切れる上がりを披露するも届かず、という共通点。似たような外枠でもあるので極端な差はないですし外差しのチェックに最適でしょう。人気もないし。

 

小倉7R 3歳未勝利

先週同様、合致パターンD該当馬を軽視。

1番エリモシャトレーゼ

4番テイエムダイアナ

5番リズムシチー

11番デンタルマロン

15番ヤマニンンラシャス

 

Cタイプは6番マスタークラウン、9番シルクフェイブル、14番コアレスランナー、16番リザウンドエコウの4頭。皆前走小倉芝1200mで上がり切れる脚使っているので2歳未勝利戦の2頭と似てますね。この中ならシルクフェイブルとリザウンドエコウが人気する方ですが楽しみなレースをしたのもこの2頭なのでこの2頭に注目。

ちなみにパターンE該当のイナズマガイアですがAタイプとスピードタイプ。今一番向いているのが人気馬という困ったことになっているのでCタイプを狙う方が楽しめそうです。パターン合致馬としてはオーシャンハンター(パターンA該当馬)に注目というところでしょうか。パターンE該当&鉄板馬達(スマイリーアサシン、ネオカーニバル)よりはオーシャンハンターの方が上がり勝負に向いているのでちょっと期待。ダートでコケたジェイドハンターの仔ってのはちょっと面白いです。あまりにも期待が落ち込んでいるってのもかわいそうですが私としては人気ないほうがありがたいので(苦笑)

 

とりあえずCタイプの切れ味主体の馬達が頑張り、外差しが確認できるようなら小倉記念も楽しめるので日曜日の為にレースを見たいですね。とはいえ今の芝は1つのパターンに偏らない馬場になっているので早く今の状態をつかみたいんですがなかなか難しい。勝負するには材料が少ないのがちょっと辛いですが・・・。

いずれにせよ盛り上がりに欠ける土曜日ですねぇw

 

今週は映画を結構見ました。例のエヴァンゲリオンといい、予告編だけ見て「これは見たい!」と思ったのは憶えているんですがぼや~と見た記憶もあった映画。この間深夜に思わず見てしまった『卒業の朝』。いやぁいい映画でした。レンタル店で即借りてきて何度も見ています。出演者や制作スタッフが豪華、そして内容も凄くいい。あんまり知られていない名作だと思うので夏休みに隠れた名作(普通に名作だと思うけど)をチェックしてみてください。私もすっかり忘れてたんですけどね。

兎に角、青春ドラマ映画なんだけどさわやかなところとドキドキする部分がしっかり作られていて、なおかつちゃんと作られている。そんなに有名じゃないと思うんですけどね。こういうドラマを地上波で作ってもらいたいんだけどねぇ・・・色々無理そうです。

特に先生の葛藤が楽しめますね。見たい!と思ってた時の私にはまだここまで楽しめなかったかもしれない。ちょっと若すぎて楽しめないというか・・・単に私が年とったってことなのかはなんとな~く・・・(苦笑)。まだ28歳なのにちょっと駄目ですね。もうちょっと若さをですね・・・う~ん無理っぽいw

ちょっと暇ができたらこの映画の話でもしたいけど単にネタバレになるだけなので今回はオススメして終わる事にします。色々1週間考えたり用事したりWP7をプレイし始めるか、と思い立ったりしてるうちに1週間終わりそうですが。卒業の朝、もう4回見てるんですよねぇ・・・バラエティでもないのにこんなに見るのも久々です。ハルヒとかは結構繰り返してみてたりもしますが。ところでエンドレスエイト、何であんなに酷評なんですかね?私は凄いことだと思ってるんですけど。同じ話?はっは~何のことかな?

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ