« ウイニングポスト7~中盤攻略2 | トップページ | ムービーのお話その3 »

2009年8月14日 (金)

ウイニングポスト7~中盤攻略3

PSPで発売されるウイニングポスト7マキシマム2009が10月に発売だそうで、今書いている初回プレイ向きの攻略記事も需要あるかも、と最近気付きました(苦笑)。マキシマム2008はPC版でプレイしているのでもしマキシマム2009プレイするなら初回プレイになるわけで自分の為にもいいかもしれないな~と。

ちなみにPSPはニコ動から落としたものを見るプレーヤーとしてしか使ってないので久々にゲームソフトを買うことになりそうです。ウイニングポスト7を移動時間にプレイできるってのは魅力ですねぇ。

 

今回は1992年のお話。

あまりにも強いので92年有馬記念勝利でトウカイテイオーがGI8勝達成する頃だと思いますが、あえてムービー補完したい人向けの話を。91年にちゃんとトウカイテイオーを2冠達成させて活躍していれば、92年冒頭でメジロマックイーンとトウカイテイオーの紹介イベントが起こればムービー『決戦の刻』(条件に関してはこちら)が見れます。要するに大阪杯または日経賞を勝って天皇賞春登録、5月1週にムービー見たら出走取りやめればメジロマックイーンと戦う必要はありません。1週放牧して宝塚記念に挑むのも良し、キングジョージ挑戦するのも良し。

 

1992年の目標

  • トウカイテイオーでGI8勝目指す
  • イクノディクタスは91年同様のローテ
  • トウケイニセイ引退(金のお守り条件クリア必須)
  • ダート路線はミスタートウジン中心に
  • フジヤマケンザンでWSRC優勝
  • ニシノフラワーで短距離GI勝利目指す
  • ライスシャワーで長距離GI3勝目指す
  • アイルトンシンボリはじわじわ長距離重賞出走
  • 香港4レース出走馬
  • ダンシングキイにサンデーサイレンス種付け
  • 92年当歳セリは行く必要なし
  • 12月2週までに25億円用意
  • 海外セールでヒシアマゾンを購入
  • 海外セールでタイキブリザードを購入
  • 牧場全施設クリア
  • 年末輸入の繁殖牝馬ランジェリーを購入

一応ヤマニンゼファーを所有していない前提で書きますが、もし所有しているのなら92年はサマースプリント優勝を目指す程度にしておく。で、香港マイル優勝を目標に。ダイタクヘリオスが強すぎるので多分92年に安田記念、マイルCSに勝利は難しいと思うので。どうせならサマースプリント優勝目指す方が得です(函館スプリントS→セントウルS連勝で優勝確定)。高松宮記念なら強敵不在なので勝てるかもしれませんね。

 

テイオーに関しては皐月賞、ダービー、ジャパンカップ、有馬記念の4レースは91年に簡単に勝てる馬なのであと4勝すれば92年の目標はクリア。調子さえよければ宝塚記念、ジャパンカップと有馬記念は何とか勝てると思います(ただし宝塚、有馬のメジロパーマーは強敵)。天皇賞秋のレッツゴーターキンも強敵だけど勝てない相手ではないですね。これで8勝達成というところでしょうか。

海外遠征で大レース目指す場合の注意としてはキングジョージには凱旋門賞で苦しめられるスワーヴダンサーが存在感たっぷりに挑んできます。兎に角強敵なのでご注意。BCターフは敵不在なのでこちらの方がいいかなと。JCと有馬記念の調子・疲労に注意。

 

イクノディクタスは91年同様ヴィクトリアマイルとエリ女優勝、サマー2000(函館記念と札幌記念連勝)すればクリア。93年も同様なのでこの路線はイクノディクタスに任せましょう。この路線では敵なしの強さです。

トウケイニセイは最後の追い上げ。フェブラリーSとJCダートを勝ってもらって目標クリアが理想ですがJBCクラシックorスプリント、帝王賞でGI+3勝しないと金のお守り条件クリアは厳しいかもしれません。

トウケイニセイが金のお守り条件クリアしたなら、あとはミスタートウジンに任せましょう。川崎記念、かしわ記念、帝王賞、南部杯、JBCクラシックorスプリント、東京大賞典の交流GI6勝が可能に。6歳になってピーク到来のミスタートウジンには簡単に勝てます。93年はダートGI全て勝てる(JBCはどちらか1つしか勝てないが)わけです。

 

フジヤマケンザンのWSRC理想的ローテは91年にホワイトストーンでやったローテで挑むのが一番楽です。ハクタイセイ、ホワイトストーンで練習してきたことをフジヤマケンザンで挑めば結果として出るはず。何とか初戦の香港(4月4週)Qエリザベスと5月のシンガポールを連勝できればこっちのものです。元から[海外遠征]スキルを持っているフジヤマケンザンはホワイトストーンより楽にWSRC優勝目指せます。93年も同じローテで優勝目指しましょう。うまくいけばフジヤマケンザンで金のお守りをもらうこともできるかも。

ナイスネイチャはGⅡで馬主賞金を加算して2年連続最優秀馬主に貢献してもらいましょう。大方テイオーとミスタートウジン、イクノディクタスでまかっているわけですがナイスネイチャを育てるのにも役立てますので無駄ではないです。GⅡ以外にも出走させたいなぁと感じてきたなら10月のカナダ国際がピッタリ。あとは12月の香港ヴァーズに出走してもらいましょう。

 

ニシノフラワーは桜花賞、NHKマイル、スプリンターズSの3レースは楽勝できる能力なのであとは香港スプリント勝てればいいなと。92年に4勝できたら来年4勝目指せば金のお守りも目指せますからスプリンターズSは確実に勝ちたいですね。香港スプリントは相手関係次第なので勝てるかどうかまでは分からないですね。

ライスシャワーは菊花賞が目標レース。皐月賞、ダービーも何とか勝てる能力の持ち主ですがミホノブルボンのムービーも補完したいなら無理にでる必要はないです。それなら海外遠征でGI勝利を楽々増やしましょう。92年は英セントレジャー→1週放牧→菊花賞→メルボルンCの3連勝できたら休養して天皇賞春を目指します。そろそろ鍋底発動のことも考慮しながらレースを使い込まないといけませんがそれは93年にハードスケジュールでこなせばいい話です。

アイルトンシンボリは青葉賞を勝てれば超長距離重賞路線(マウントニゾンなど)で[海外遠征]スキルを獲るべく挑戦。GIは無理して出しても勝てないと思うので3歳限定重賞の3000m戦を目指しましょう。で、12月1週のステイヤーズS勝てば年内予定終了。ライスシャワーが鍋底発動期間にGIを補完できるようにじっくり育てていきます。

 

~香港4レース~

  • スプリント:ニシノフラワー
  • マイル:イクノディクタス(ヤマニンゼファー)
  • ヴァーズ:ナイスネイチャ
  • カップ:フジヤマケンザン

香港マイルにダイタクヘリオス出走すると思うのでイクノディクタスで勝つのはつらいと思いますがとりあえず出走してもらうだけで結構です。ヤマニンゼファーを所有時には勝ちたいレースになるんですけどね。とりあえず出走はこの4頭に任せて今年も銀のお守りを貰いましょう。

 

~海外セール~

12月3週に行なわれる海外セールについに名馬2頭が登場。ヒシアマゾンとタイキブリザードが出てきます。既に所有しているナリタブライアン、エアダブリン、ライブリマウントに続く強力な能力を持つ馬なのでこの2頭は確実に買いましょう。12月2週までに25億円以上用意、というのはヒシアマゾンとタイキブリザードの2頭を買うお金を確保してくださいという意味です。牧場施設にお金をかけているとなかなか30億円くらいは貯まらないかもしれませんがここは名馬2頭買うために馬券を購入して用意してください。

ヒシアマゾンとタイキブリザードについてはこちら参照。

 

のんびり牧場全施設拡張していてもお金さえあれば92年12月には完成している頃。全施設完了するとイベントが起こり、金のお守りをもらえます。一応序盤攻略1を書き込んでいた私はこれを目標してナリタブライアンを入手を考えていました。とりあえず実践してみましたが1992年12月に間に合いました。

1992年の年末に輸入される繁殖牝馬ランジェリー(赤のお守り)。この馬を買っておきます。この繁殖牝馬はすぐに海外にいってしまうため輸入される特殊な馬です。というのも史実海外所属馬リムノス(94年生)、シーヴァ(95年生)兄妹の母なんですね。どちらも赤のお守り馬なのですがSP68と破格の能力を持っている馬達です。特にシーヴァはお買い得。[男勝り]を持っているので結構便利です。サマー2000シリーズ優勝などにも使えるのでオススメですよ。

 

ということで1992年が終了。

トウケイニセイが引退し、ミスタートウジンが大暴れ開始。そして未来のダート王者ライブリマウントが入厩するという時代の流れを感じる頃ですね。ゲームでこういう流れを楽しめるのも面白いものです。

 

~オマケの2歳馬達~

ビワハヤヒデが強いようで案外微妙なのを感じるものの、普通に強いので特に書くことはないのでオマケなわけですが。エルウェーウィンとテンジンショウグンは4歳からTR荒らししてもらうとして、ドージマムテキはNHKマイル間に合えばいいかな~程度。あとはビワハヤヒデに頑張ってもらうだけなので特にこだわりはないです。最優秀馬主&最優秀生産者のダブル受賞をそろそろ目指したいのでその足しに選んだ馬達。GIを勝つために選んできた馬達とは少し違うのでGI勝てなくても安心してください。

とはいえビワハヤヒデに朝日杯、クラシック3冠は勝ってもらうのが前提なんですけどね。勝たないといけない能力なんですがなかなか勝てないのは不思議ですね。ここあたりはマヤノトップガンに似ていますね。タマモクロスも同じ感じで伸び悩むわけですが。

特に書くことがなくなってきますが次回は1993年です

(ムービーのお話3になるかもしれませんが)

« ウイニングポスト7~中盤攻略2 | トップページ | ムービーのお話その3 »

ウイニングポスト」カテゴリの記事

コメント

いつも参考にさせていただいております。

一つ他愛も無い質問なのですが、

「~オマケの2歳馬達~」のところで、「エルウェーウィンとテンジンショウグンは4歳からTR荒らししてもらうとして」とありますが、3歳からの誤りで宜しいですよね? TRはトライアルと意として。

ラルフキセキさん、ありがとうございます。この2頭は早鍋馬なので2歳3歳戦使い込める駒として紹介しているので3歳TRだけ挑む賞金稼ぎの意ですね。あとは計画的に衰えるようレース使っていく形です。彼らは[大駆け]持ちなので衰えてから鍋底発動後の潜伏期間でも頑張ることもあるのでローカル行脚もありですね。

この記事書いた頃にはなかったサマーマイル路線があるおかげでドージマムテキやトロットサンダーにとっては力試しの舞台ができたのは大きいなと。記事の訂正、本腰入れないといけませんねw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/45922942

この記事へのトラックバック一覧です: ウイニングポスト7~中盤攻略3:

« ウイニングポスト7~中盤攻略2 | トップページ | ムービーのお話その3 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ