« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

土方本・結果~6/27・6/28

何故か評価ガタ落ちのディープスカイですが、そんなに落胆する内容だっただろうかと。そりゃ負けたことはショックでしょうけど宝塚記念に負けたことがそんなに悪いことなのかと。シンボリクリスエス、ゼンノロブロイといったのちに年度代表馬になった馬達も宝塚で敗れてから秋奮起したことだってあります。そんな1戦であっさりと嫌うことはないと思うんですけどねぇ・・・。要するにディープスカイは軽い芝の方が得意なんだってことでしょう。今の阪神の芝はなかなか難しいものだと思います。結構重いし。

 

~土方本・結果~

6/27

福島1R ハズレ(*3着グラスレジェンド)

福島2R 3着ザバトルビジョウブで的中

福島12R 2着トムアウトランダーで的中

     (*3着ローブドヴェール、*3着エルサフィール)

阪神2R 合致馬なし

阪神11R 合致馬なし

札幌6R 合致馬なし

札幌11R 合致馬なし

 

6/28

阪神12R 合致馬なし

札幌9R 合致馬なし

 

土方さんの有料コンテンツではどうやら土方さんもD1150mを狙っておられたご様子。ちなみに土曜日福島12Rはエビスオールとトロイオンスを中心に買って、合致馬トムアウトランダーなどを絡めて買っていたのですが3着同着は痛かった・・・配当が減るんですよね(苦笑)。人気の中心だったトロイオンスとカフェレジェンドが見事に内から出られなかったので配当期待できる流れ。そしてローブドヴェールとエルサフィールを購入していたのでどっちでもいいよ~という展開。僅かにローブドの方が優勢だと思っていたので高配当だ~と喜んでいたら同着で配当が落ちるという・・・。嬉しいは嬉しいのですけどね、3着同着で3連複両方の組み合わせ的中ですし。

 

福島D1150mの傾向ですが、パターンCはどうやら向いていない模様。今一番ぴったりなのがパターンAでトムアウトランダーが頑張りました。開幕週のリネンピュアも好走しているのであっているようですが、善戦組でもトーセンフーガ(5着)、ブルーカーディナル(5着)がいますね。とりあえず合ってるという感じです。

続いてパターンB。合致馬はパターンAからしか出ていませんが、該当馬の好走が出ています。ガッテンムスメ(2人気2着)、ノボジュピター(1人気1着)、エビスオール(3人気1着)。単に人気馬が頑張ってるだけとも言えますが・・・(苦笑)。パターンBの善戦はフロイデタンツェン(4着)が出たのでじわじわとピントがズレてきてるのかもしれません。合致馬は出るけど人気馬は取りこぼしが目立ってくるみたいな感じで。

 

ダートばかりは芝のような変化を見た目だけで感じるのは難しいので結果待ちみたいな感じですけども。春の第1回福島ではパターンC合致馬の1例だけですし、ちょっとした変化で向いてくることもあるんでしょう。芝の変化は春先とはまるで違いますからね。痛んでいるようで時計が出るようになっているので傾向が変わりつつあるのは分かります。コース変化で合致馬が活躍する機会が増えるのかどうか。活躍馬が出るゾーンを見極めれば儲かれるんですけど・・・どうかなぁ

2009年6月28日 (日)

編集後記~6/27・6/28

090628_160219 とりあえず結局ネタになってしまったので載せておきます。見事にドリームジャーニーとサクラメガワンダーの決着になり\(^o^)/という分かりやすいハズレだったので画像としてアップしておきます。しかも金額がっつり買うんじゃなくて100円というのがさらにみみちいという。ちなみにこの馬券の下にあるのは友人の競馬ブック(福島版)です。

 

地味に予想ミスしてますね。3連単BOXで◎○▲を買っているつもりが3連複BOXと書き込んでいます。3連複ならBOXじゃなくて1点買いですからね。わざわざBOXで買うなと言う馬券です。1~3番人気決着で万馬券だから貴重な配当なのに見事にミスってしまいすいません。3連複は15点購入して7.2倍の配当。要するにトリガミですが3連単でゲットしてたので馬単の悔しさを挽回した・・・と思ったらミスってたという悲しい結果です。

レースの感想ですが、手前あれだけ替えられないのかと思う位、ディープスカイが苦しんでいましたね。丁度扱いが難しい馬場エリアを陣取ってしまい、身動きし辛いのもあって産経大阪杯の再現をされてしまったのが敗因と思います。安田記念がうまく立ち回りすぎた分、うまくいかないと悪循環といいますか、結構あっさり負けてしまうという感じでしょうか。展開面でもサクラメガワンダーに先手撃たれて抵抗できずにドリームジャーニーに捉えられ、あっぷあっぷというのは物足りないですね。ある意味天皇賞秋やジャパンカップが楽しみな負け方でもありますが。負け方みても別にマイラーというわけでもないですし、少しやり辛い競馬をさせられてしまったのが敗因というのが一番妥当だと思います。

勝ったドリームジャーニーは強いの一言ですね。こういう時にピッチ走法の強みというかブレませんね。ディープスカイを意識しすぎたサクラメガワンダーは並ばれてからの勝負にかけていた節があるだけに早くディープスカイを捉えたのが勝因でしょう。産経大阪杯とは違った意味で強いレースをしました。サクラメガワンダーはやっぱり抜け出すタイミングが微妙な中最後まで頑張りました、というと褒めてるようですが福永騎手が考えていたようにいかずにやややっちまった感あるので個人的にはいつものサクラメガワンダーだったな、というところです。ディープスカイを押さえて2着になったのは健闘とも言えますけどね。懐的にも助かってますし、馬単のネタは作ってくれるし(汗)

 

土方本・合致馬も今日は好走はなし。私が紹介した馬達の成績ですが福島1R4着、2R1着、10R7着、11R3着(本線で期待したピサノパテックは5着)とまぁ微妙ですか。サンダルフォンが2着ならもうちょっと楽しめたんですがねぇ・・・。追い上げてきてくれたのは予想通りでやったと思ったのですがあと一歩届きませんでしたね。2Rは狙い通りで馬単美味しかったものの、1Rは全然惜しくない4着。10Rは見せ場すらないしD1150mは思ったような結果になりませんでした。

土方本とは関係ないですが(宝塚記念の予想を載せた際に冒頭で取り上げた)垂水Sのハイオンはまぁ頑張りましたね。レインボーペガサスが大敗したので配当がよかったのも助かりました。ただ、テイエムアンコールのオペラハウスは終わってから気付きました。もうちょっと早く気付くべきだったなと。もうちょっと資金追加してたかもしれません。 

 

~来週の予定~

阪神と福島は後半開催スタートです。阪神は今回はノータッチでいきます。もうダートは手を付けられないほど癖があり、予測のつかない波乱の仕方をするのでこれは買わないほうがいいと判断しました。穴党の方は頑張ってください。何も応援できませんが。

福島は『合致馬チェック~6/28』で取り上げたようにパターンCを注目したいと考えています。来週からはコース替わるので外差し一辺倒ではなくなる恐れもあるのですが切れ主体はまだ続くでしょうし、微妙なところで急激に好走し始めると考えるとパターンCに期待しています。パターンBが盛り返すのはちょっとタイプとしても少し違うと思うし。土曜日の白河特別(1000万下)に期待したいですね。ただし今週はラジオNIKKEI賞があるので1200mの番組があんまりありませんので楽しみはここまで。

 

そして札幌では合致馬いないだろうけど函館スプリントSと札幌スポニチ杯が行なわれます。2週間の傾向を少し研究してみたいと思います。例のラップ理論本(昨年の夏あたりの札幌を取り上げている内容をチェックしてみてください)を使って楽しめるように何とかしますので。合致馬いないのは仕方ないのでこればかりは許してもらおうかなと。一応来週は余裕があるので研究時間があるんで色々やってみたいと考えてます。

2009年6月27日 (土)

GI予想~宝塚記念

阪神芝コースの傾向ですが、前残りが目立つので先行馬が売れると思うのですがスローに落としてトリッキーな競馬できる馬ってそんなにいません。そして早々スローに落させてもらえるほど甘くもないのがGIです。でも準OPなら・・・ハイオンvsレインボーペガサスは面白いかもしれません。血統だけならタガノヴァレオも面白いんですけどね。

 

ということで宝塚記念です。

◎サクラメガワンダー

○ディープスカイ

▲ドリームジャーニー

△アルナスライン、マイネルキッツ

×カンパニー、スクリーンヒーロー

注モンテクリスエス、スマートギア

 

ドリームジャーニーがどの位置から競馬するのかが半信半疑だったのと先行馬がどれだけ無茶承知で頑張るか想像できなかったので▲に落としました。サクラメガワンダーvsディープスカイvsドリームジャーニーの3頭の争いになるという予想は変えていません。

 

~買い目~

3連複フォーメーション

◎▲→○→△×注へ

3連複BOX

◎○▲

馬単(2着固定)

○→◎▲

 

ディープスカイにとっては絶好条件だと思います。血統構成も米国血統がしっかりしていて、早め抜け出しが可能な人気馬はこの馬くらいでサクラメガワンダーはそれが何度もできるのか?という安定の低さが気になる点。総合ではディープスカイを◎にすべきなんですが馬単2着固定の馬券が買いたいが為に○にしてます(汗)。実質◎ですね。

サクラメガワンダーがいつ動くのか。池添ドリームジャーニーが早めに動くとしたら福永サクラメガワンダーがどう出るのか。逆にどこまで我慢していけるのか。楽しみはここですね。福永騎手が誘惑に勝てるのかも楽しみです。池添騎手はがっつくので無理に我慢させていたら後手になるだけで終わる要素も含んでいますが。

 

△と×勢は相手筆頭。そんなに差はなくいつ動くのかが気になるメンバーばかり。溜めていくより先に動いていきそうな4頭ですね。この奇襲策に出られるのが仇となりそうなのであんまり期待はしていませんが・・・配当面でもあんまり・・・。スクリーンヒーローの奇襲、カンパニーがどこで動くのかで展開面では面白味が増しますね。

 

注の2頭は本当に注ですね。モンテクリスエスとスマートギアは3着狙いです。切れる脚はあるけど活かしきれるかどうか。届くかどうかはさておき、後手になる要素満載なので見せ場がどこまで作れるかだけ。器用さに欠ける為、楽しみはこだわれないのが注にした点です。データでもクリアしてませんし、この扱いが妥当でしょう。

 

ディープスカイに勝たしてあげたい気持ちもありますが、個人的にはサクラメガワンダーに勝たせてあげたい気持ちが高いです。この2頭で決まったら満足ですね。ドリームジャーニーとサクラメガワンダーで決まったら・・・まぁその時は嬉しいけど馬券外した悔しさと1日戦う事にしましょうw

編集後記のネタになりませんように(苦笑)

合致馬チェック~6/28

福島芝1200mで紹介した2頭があっさりと合致馬になれなかったのは少し泣ける話でしたが(汗)福島の馬場が明らかに外寄りにしか機能しなくなってきました。11Rアルティマトゥーレのように外から一気に加速して先手を奪い、インぴったりの経済コースを通るのもありですが1頭分しか伸びません。思い切って外から差してくるほうが遥かに機能するだけに(タイセイハニーはいい例)明らかに合致馬にとってはありがたくない傾向です。

それでも合致馬は出ているものの未勝利戦3着。パターンE狙いはしないほうが賢明ですね。札幌同様、内枠にいるだけでごちゃつく要因をもつことになっています。大外振り回すと頑張れるほど馬力のない3歳馬達にとってはその方が走りやすいかもしれませんけども、間違いなく外差し馬場に移行中の馬場です。福島芝コース狙う際は気をつけたほうがいいですね。ただ、こういう馬場は距離短縮組が無理が利くので頑張りそうですね。具体的にはパターンC。今日好走した中では未勝利戦3着ザバトルビジョウブ、500万下4着フォーチュンガールがもぞもぞと頑張ってました。残念ながら明日のレースにはパターンC該当馬はいませんが、来週からBコースになる福島で頑張るかもしれません。・・・どれだけコース替わることで変化が生じるのかまだ分からないのであれですが。

 

そしてその傾向変化が嫌な方に出ているのが阪神D1200m。今日の阪神ダートは見事に人気馬ががっかりする負け方していましたが、皆負け方が同じです。外に出してここからいくぞ!というところで皆息切れのようにバテていく負け方。距離問わずこの負け方が続出しました。最終レースのサンデーヒストリーもいい手ごたえで4角とりついてさぁここから!というところまできてもなかなか先行馬が捉えられずに終わってしまいました。安芸Sのセレスハントもいい手ごたえできたのに外に出そうとした途端にあらら・・・と伸びずに終わるという負け方。要するに正攻法で挑んできた馬達がばったりと負けてしまうという傾向です。4角でぶん回しなんてしちゃうと確実にばてるので差し馬にとっても好位から挑む馬にとっても地獄という消耗戦馬場というか、持続力勝負になりつつありますね。だから荒れる荒れる。暫く阪神ダート戦に手を出さない方が賢明ですね。かなり特殊な馬場になっちゃってます。

 

さて、6/28も阪神・札幌では合致馬がいません。よって今日も福島の合致馬の話です。まずはD1150m。優秀なパターンB該当馬に頼る策は間違っていませんでしたが、スピード勝負上等なので今日の最終みたいにスタートで涙呑んだ内枠2頭とスイスイいけたエビスオールとの対象的な結果はかなり泣けました。トロイオンスも先行スピードあるんですけどねぇ・・・ちょっと可哀相でした。

福島1R 3番レオアドミラル

福島10R 14番チャームウィーク

レオアドミラルは人気裏切ってきたわけですが、距離短縮が上手くはまれば面白いと思うのですがどうでしょう。D1600mで見せた様にスピード勝負は得意と思うのけど、案外機能していないので負けているわけで、惜しいともいえない内容なだけに適鞍探しでここにたどり着いたD1150mで何とかしてほしいものですが・・・。買う側としては一番おいしいタイミングで出走してくれたので頑張ってもらいたいところです。

チャームウィークはどれだけ動けるのかにかかってますね。マイナス馬体重で出走して、決め手勝負でもいいし好位から踏ん張る競馬するのもいい。どちらにせよ機動力活かすにしろ息がもたなくて終わり、ってのが一番駄目なので動けることが重要かと。別にクラスの壁でついていくのがやっとの馬でもないのでその点は心配ないとは思うのですが。

D1150mではこの2頭のパターンBを狙うつもりです

 

芝1200mは切れ主体は間違ってないようなので同じスタイルで狙う事にします。内に入っただけで終わる要素が増えるのでうまく出せる騎手や外差し馬場を活かした豪快な(強引な)競馬をする馬の方が適任かもしれません。

~ちなみにパターン該当馬じゃないです~

福島2R 13番シセイカグヤ

福島11R 4番アポロドルチェ

      9番サンダルフォン

            10番ピサノパテック

シセイカグヤの距離短縮は楽しみ。器用に立ち回れるのと距離こなせると思われていた、ってのがいいかなと。兄姉見る限り、距離短縮して正解といえるので1200m初出走ですけど忙しい流れがどうかというより決め手だけで持っていけると思うので人気だろうと買いたいですね。大味な競馬はまだ早いのでさっさと取り付いて踏ん張るのがベターでしょう

バーデンバーデンCは狙ってきたと思えるピサノパテック。新潟、中京と軽いスピードで活躍してきているだけにややパワーのいる福島の馬場がどう出るかですが、外差しになっているのがうまく機能するとおもうのであとはどこで弾けるのかでしょう。今の条件はこの馬にとって最適。

あとはアポロドルチェとサンダルフォンですが身動きとれないまま終わる恐れがある分マイナスですね。アポロドルチェはもうちょっと外だったらなと。サンダルフォンは先行馬がバテてからでいいので直線だけの競馬に徹する普段どおりの競馬すれば面白いんじゃないかと。ピサノパテックの後ろをついていくのでもいいし。自分から崩していくようなことしなければこの2頭にもチャンスはあると思うのですが・・・。決め手がうまく決まると新潟でも楽しめそうです

 

合致馬を狙うという楽しみからはかなり外れてしまった買い方ですが福島は合致馬には不向きの条件になっているので仕方ないかなと。合致馬としてはブルーカーディナルくらいでしょうかね。兎に角合致馬にお世話になる馬場にいつなるのか。この見極めができれば一発大花火もあると思うんですが・・・D1150mの方が合致馬狙いやすいだけにまだまだ楽しめるのは遠いかも。特に阪神D1200mが特殊な条件になっているだけに狙いたくても狙えない我慢の時間が続きそうです。

Bコース変更に夢託すことにしましょうか

合致馬チェック~6/27

暑いですね~京都では何故かセミの鳴き始めを聞きました。そりゃ間違えますね。暑いもの。まだ梅雨明けてないんですが夏の暑さですね。雨が全然降らないですからねぇ。でも夜は夏より過ごしやすいからまだ夏じゃないんだろうとは思うわけですが・・・これからどんどん朝起きるのが楽になるわけですが(東の空が物凄く明るくて暑いから)。水無月も発売始めましたからもう夏は近いですね。まだ食べてませんけど。

 

ということで合致馬ですが・・・。

ついに来ましたね、札幌は合致馬なし。ちなみに阪神芝1200mも合致馬いません。阪神2RD1200mも実質いないようなものですけども。ということで明日は福島中心です。D1150mはまだ様子見です。パターン化できるのなら1Rノボジュピターがあっさり好走するはずなんですが・・・どうなんでしょう。まず人気するので合致馬としてよりパターンB該当馬としてみてるだけですが。12Rならトロイオンスとエビスオールですね。皆人気馬ですけど・・・。

 

芝1200mは切れ味主体だとみてますが・・・。

2Rだとカプリシャス。不器用なので内に居続けて終わりというのも普通にありそうなので軸にできませんけども。7Rはイサミチェリーとフェルロッサーが居座っているので合致馬は狙いにくいですね。11Rテレビユー福島賞もスーパーワシントンとダイワプリベールが居座っています。そして外にアルティマトゥーレとタイセイハニーというメンバー構成。パターンEではバルバレスコ。この馬もカプリシャス同様で終わる率が高いですが内・外わかれて人気馬がいるのでさっさと外に出して直線だけの競馬ってのもいいかもしれません。

 

そんなに夢見れるほど面白そうには思えないんですけどね。カプリシャスとバルバレスコから人気馬に流すワイドでものんびりと差してくるのを待つにはいいんじゃないでしょうか。別に複勝でもいいのですけども。楽しめるのが差し馬歓迎馬場の福島だけってのも悲しい話です。堅そうですねぇ・・・。

2009年6月24日 (水)

アグネスタキオンを偲ぶ

「アグネスタキオンが亡くなったらしい」

月曜日に噂になっていたわけですが、そのときは「急にばったりと倒れた」という話で真偽は兎も角大変な事になっていたわけですが、色んなところでも書き込みが増えていました。ブログにnetkeiba掲示板、2chなどなど。これだけ広まると本当に亡くなってしまったんだな・・・と。そして火曜日の朝刊に死去、と。11歳ですよ。あの伝説のラジオたんぱ杯からまだ9年(年末だから8年少々)。若い。あまりにも早い別れになってしまいました。

 

アグネスタキオンは新馬戦、ラジオたんぱ杯の2戦を生で見させていただきました。パドックで見る限りはゴツゴツとしててあのアグネスフローラの仔とは思えなかったんですよね。間違いなくこれはロイヤルスキーの影響じゃないかと。兄のフライトよりもいかつい体でお子様な顔というのも凄くてね。それにしてもあのバネの凄さは感動しましたね。こりゃ大物だわ・・・と。たまたま関東に帰るという知人に弥生賞の馬券頼んだのもいい思い出です。無事ならば・・・と皐月賞後に感じましたがその数週間後に屈腱炎で引退。本当に競走馬は一期一会ですね。数戦立ち会えたことを感謝したいと思うほかないです。

 

宝塚記念、ディープスカイは人気するでしょうね。そして1強と報じられるのは間違いないでしょう。ウオッカいないのでそうなる率は高かっただけに更に凄い事になりそうですね。配当が今から怖いなぁ・・・▲の予定だったんですけども。亡き父に捧げるGI勝利になりますかどうか。

 

名馬との別れは競馬ファンなら避けられないところで、覚悟もしているのですがやっぱり悲しいものは悲しいものです。そして慣れないものですね。今はタキオンが残した産駒から素晴らしい名馬が生まれることを祈るほかありません。

2009年6月22日 (月)

土方本・結果~6/20・6/21

結局様子見で終わってしまった夏競馬開幕週。まともに馬券購入もなく土方本が狙う馬にとっては不向きな条件だな、ということくらいしか分からずじまいで終わってしまったわけで編集後記で取り上げるネタもこれは駄目かも、あれは暫く狙えない、札幌は惜しいけど暫く合致馬でないぞ、というネタは土曜日にも取り上げてしまっていた為、書けませんでした。その分ホークスの完全優勝(交流戦)を祝ってたわけですが・・・う~ん。何か違うんですよね、今の馬場。

 

土方本・結果

6/20

福島1R 合致馬なし

福島12R 3着ジョウノオアシスで的中

 

6/21

福島1R 1着リネンピュア(3連複ハズレ)

福島3R ハズレ(*2着マッドマックス)

阪神1R ハズレ(*2着ビバエルフ)

阪神12R 合致馬なし(*1着エーシンブイムード)

札幌6R ハズレ(*3着ウイニングドラゴン)

札幌11R 合致馬なし

 

合致馬の好走は福島芝1200m1回、D1150m1回と全て福島でのもの。続いて好走出にくいことと、パターンEが絶対的に有利というわけではなくうまく外に出せたらチャンスがあるという流れなので切れ優勢の流れになっています(日曜福島12R1着ステラーホープ)。阪神D1200mも似たような傾向で切れ味優勢です。エーシンブイムードの前走こそ笠松で逃げ切ったものですが、好位から追い上げる切れ味には定評のある馬で今まで善戦していました。普段なら届かない差しタイプが難なく届く、または外に出したら切れ味自慢の馬達にはぴったりの条件になってしまう、今の阪神はちょっと異質です。

 

こんな異質な条件下で狙い撃ちができるだろうか・・・ずっと考えていましたが、正直難しいですね。間違いなく合致馬達にはチャンスがない馬場です。福島芝1200mパターンEは無条件で切られる恐れがある(内でダンマリが通用しないから)。替わりに頑張れそうなパターンBもあんまり出現しにくいので時々狙いになるし、札幌は合致馬が出にくい条件なので暫く買えません。

福島芝1200mの上級戦、テレビユー福島賞とバーデンバーデンC。パターンE狙いがうまく作用しないだけに合致馬抜きに差し馬狙いがピッタリかもしれません。切れ味がある馬で前走は不発だった馬、もしくは切れる脚見せるも評価微妙という馬狙い。もしくは内寄りのパターンB狙いとか。いずれにせよパターンEに頼れないと思います。

阪神芝1200mありますけれど合致馬はまずいないのでこちらも札幌同様お休みです。だからこそ合致馬のいる福島芝1200m戦に期待していたのにこれですから・・・。黙って宝塚記念楽しめ、ってことなんでしょうか(汗)

2009年6月21日 (日)

宝塚記念のお話09

昨年まとめたもの→こちら

そろそろテンションUPに心掛けないと、と思いつつイマイチあがらないので宝塚記念を取り上げることに。詳しくは去年のものをご覧下さい。(6/25)出走馬確定したので編集しておきました。

 

①GPリピーター

今年はインティライミ(08宝塚3着)、サクラメガワンダー(08宝塚入着)、スクリーンヒーロー(08有馬入着)、ドリームジャーニー(08有馬入着)、の4頭。連対馬こそいませんがチェック対象ですね。

 

②前走僅差の馬

アルナスライン(前走2着、天皇賞春・菊花賞)、ディープスカイ(前走2着、ダービー、安田記念など)、マイネルキッツ(前走1着、天皇賞春)。前走GI連対馬ばかり集まってしまいましたね。

 

③接戦経験のなかった馬

カンパニー(前々走マイラーズC2着)、サクラメガワンダー(前走金鯱賞1着)、ドリームジャーニー(前々走大阪杯1着)の3頭。3頭とも実績馬ですね。特にいう事はない豪華な成績です。

 

~まとめ~

①②③に該当しなかった馬

アドマイヤフジ、エリモエクスパイア、コスモバルク、スマートギア、ヒラボクロイヤル、モンテクリスエス

 

①③該当馬

サクラメガワンダー、ドリームジャーニー

 

その他

アルナスライン②、インティライミ①、カンパニー③、スクリーンヒーロー①、ディープスカイ②、マイネルキッツ②

 

外差し馬場ですね~と取り上げていたのもデータで複数該当馬だったこともあります。実績も高いし軸にするのもいいでしょう。馬券の中心は②と③なので①だけのインティライミとスクリーンヒーローは3着候補という感じです。

サクラメガワンダーとドリームジャーニーからアルナスライン、ディープスカイ、マイネルキッツに流す・・・馬券的にどうかと思いたくなる配当ですね(汗)。せめて③同士ならまだ配当は高い・・・こともないなぁ(汗)。現時点では◎サクラメガワンダー、○ドリームジャーニーでいくつもりです。

2009年6月20日 (土)

合致馬チェック~6/21

3場そろって癖のある馬場状態でかなり悩ませて貰っています。癖のあるというのは外が異様に伸びる仕様が次のコース変更(後半開催)でどうなっちゃうのか予測がつかないのと現在の馬場状態が合致馬にとってプラスの馬場なのかがイマイチつかめないことです。

今日は福島芝1200mでパターンE合致馬が3着(12R)に入りました。さくらんぼ特別(10R)では合致馬にはなりませんでしたがパターンE該当馬が3着。単勝オッズでは少し離れていましたが似たようなものなので参考程度にしても充分価値はあるわけですが好走しているわけですがこれが明日も続くかは?なんですね。少なくとも私は疑問というか逆に今合致馬にとっては全然向いてないように感じてまして。

普通、合致馬が活躍しているなら続く、または向いているはずなんですがそれで終わりということもよくあって、馬場悪化後急に復活したりコース変更後に盛り返したりすることもある。・・・で、今どっちなのかイマイチ手ごたえがありません。というのもパターンE該当馬がうじゃうじゃと3~5着にいるので正直不発の方向にいきそうな、完全に有利だから好走しているとは思えなかったりもします。

福島は本当なら狙い撃ちしたいのだけれど・・・。合致馬狙うのは宝塚終わってから7月になってからにしようかなと考えています。D1150mは・・・手ごたえがないんですよねぇ。今年になって合致馬好走1例だけなので。少しでも迷っているなら手を引くタイプなので福島は暫く様子みたいと思います。どうもイメージと違いすぎていて困ってます。

 

合致馬チェック

というわけで私は福島回避するわけですが一応ブルースバローズ(福島3R)をチェックしてみました。ノボパガーレが見事にずるずると後退していったのですが、今回は内枠にいるパターンBということでこの馬に注目しています。下手すると突破口かもしれませんし。単に上がり勝負に適していないと来れないだけかもしれませんのでリーサムニューエラもチェック対象ですが・・・どっちも人気馬なんでなんとも。12Rだとステラーホープですか。

 

阪神D1200mも難解ですね~外差しが決まりすぎです。というより内に陣取っていると飲まれますね。内外丁度真ん中付近が極端に伸びないのが答えかもしれませんけども。マハーバリプラムが正攻法なのか、テスタマッタが正攻法なのか。今のままでは合致馬としては主流のパターンBには向いてないと思われます。・・・雨が降って傾向変わる恐れもあるので阪神12Rのギンザナイト、フロムスクラッチ、エーシンブイムードの動向チェック(まだ買いません・・・)。一応日曜から雨が続くようなので来週狙えるといいな♪と言う感じです。困ったな~w

で、かわりに買ってみようと思っているのが1Rのグレンチェックとアートオブダンサー。アートオブダンサーは好走もあるので人気でしょうけどグレンチェックは地味な馬なのでまぁ穴でしょう。パターンCの変わり身がどれだけあるのかが興味あります。パターンBがまったくツボにはまらない馬場だとするのならチャンスあるかもしれない。

雨が降って何が変わるのか。むしろ変わって欲しい。

 

札幌はまだ狙い時じゃないです。まず函館がないのでパターンAがそもそもいません。パターンB、Cは連続開催ならではの狙い目なので開幕週に狙う馬が存在しないのも分かる話です。それでも2頭いるのが奇跡ですが。・・・別にそうでもないか。一応アグネスロージイとバロンダンスがどれだけ走れるのか眺めることにします。

 

外差し、ですが阪神は芝も外がやけに伸びます。そして時計がいい。それだけに日曜から降ると言う雨が恨めしい(主にベッラレイアあたり)と思いますが宝塚記念にも同じ事が言えるかと。昨年のようなエイシンデピュティの攻撃的な先行力は通用しないかもしれません。ドリームジャーニーとサクラメガワンダーには待ってました!という馬場になっているように思います。もしこのままならスクリーンヒーローは辛い競馬になりそうですねぇ。ウオッカは果たしてどうするのか・・・。

色々苦しむ週になってしまいましたが、個人的にどこ打ち込んでいいものやらと。これはスランプに落ち込む典型的なパターンですね(笑)。福島はどうなりますかね。眺めてるだけで1週間終わりそうです。参ったなぁ

2009年6月19日 (金)

合致馬チェック~6/20

体調崩しててすっかりとりあげるのを忘れていましたが、今月発売の競馬王には土方さんの記事はなかったですね。残念すぎてちょっと疲れた、というのを12日も経って書いてるのもなんですが。最近あんまり面白い記事がないんですよね・・・競馬王。競馬最強~のほうもすっかりと落ちぶれてしまい、立ち読みでいいやと思うように。いい記事あればいいのですが。

 

さて、夏競馬開幕!

土方本としては札幌はまだ開幕してませんが(汗)、福島も阪神も結構合致馬が少ないもしくは居ないレースがあるので正直様子見にしても頼りないという感じですね。コースですが福島がAコース→Bコースのいつもの前後分け。気になるのは芝の長さですね。下手するとスピード合戦になりそうなのでうかつに内枠無双と思って買うのは危険かも。阪神の方もAコース→Bコースで行なわれるわけですが・・・芝1200mの参考レースが初日にないw

正直何にもできませんになりかねませんね。

まず問題なのが札幌。第1回札幌と第2回札幌12日間ずつもやるんですね。第1回がAコース、第2回前半6日がBコース、後半6日がCコース。そして札幌2歳Sの行なわれる日はアレで本当にいいのだろうか。新潟変則代替が怖いなぁ。今年はこの変則日程が悩ましい。芝レースをじぃ~とみる夏競馬になりそうです。

 

~合致馬チェック~

福島D1150mは第1回でまともな成績じゃなかったので暫く様子見です。ダートの厚さをかえてから傾向が変わっているかもしれないので何とも言えません。他競馬場のダート戦も傾向が変わりつつある印象あるので暫く様子見の方がいいと思いました。どちらにせよ、初日の福島D1150mには合致馬いないみたいですけど。

 

福島芝1200mは開幕勝負が決まるかどうか。2Rのレディアミュレットとナスノロビンが丁度いいサンプルですね。レディアミュレットは先行力がモノを言うのか、ナスノロビンは単に枠の有利をうまくいかした強襲ができるか。今の福島の馬場をチェックするにはちょうどいい馬達が出走してくれますね。とりあえずレディアミュレットは人気するだろうから合致馬ではないですがサンプルとしてこのレースを見てから考えたいですね。日曜日が天気崩れるらしいのでネタが持つのが日曜までかもしれません。来週使えるかどうかはこれからのレース次第です。

10Rさくらんぼ特別は狙える馬がいませんね。ターニングポイントは降級組でハンデ重いしあとの馬達は見せ場もないと思うし(スピード競馬不向き)。このレースはノボパガーレがどんな競馬するか見るレースにしましょうか。ナスノロビンとは違った意味でどれだけのロスが生じるのか、良さが活きるのかどうか。活きるのなら同系タイプが蔓延るはずですから。

 

他のレースが参考レースになってしまったので福島12Rの500万下から買おうかな~と考えています。ドリームブランチは面白そうですね。バクシンオー産駒らしい負け方してますね。開幕週に狙うにはもってこいの条件が揃っているので内田騎手に期待です。フォーカライズ、ジョウノオアシスは出たとこ勝負の持続力勝負。スピード馬場なら見せ場なく終わりそうなので本当に穴馬ですね。

明日の福島はドリームブランチと参考レースチェックですね。殆ど馬券買えないので芝をじっくりと見たいと思います。馬券買わないけど早起きは三文の徳、となればいいのだけれども。

 

阪神D1200mは9R出石特別のエイシンイッテンとシャドウストライプのパターンB該当馬2頭。どちらも人気する材料が揃っているだけに旨味・合致馬としては買えませんがパターンB該当馬狙い戦法を実践ですね。実力あるこの2頭があっさり頑張れるのなら暫く合致馬のチャンスはないだろうなと諦められますし。

 

福島は芝の状態がまだ分からないのと騎手の判断がまったく読めないのでドカンと勝負はできませんねぇ。狙いたい馬が最終までいないのもどうかと思いますが(汗)。阪神9Rの2頭も高配当は望めないけど面白い2頭。とりあえずこの2つのレースで楽しませてもらう事にします。

でも6/21もいいレースが全然ありませんねぇ・・・。

困った時の礼文特別になりそうだなぁ。。。

今週チェックだけで終わるかもしれません(汗)

 

来週の方が番組表面白そうだしなぁ・・・w

2009年6月17日 (水)

モチベーション低下中

月曜から3日続けて調子悪くてヘロヘロです。

日曜日あまりに暑かったので家で観戦してたものの暑さに負けてついにクーラーに助けてもらう事に。ようやく涼しくなったので昼寝しつつ競馬観戦という駄目駄目な日曜を過ごしていました。・・・ここまではよかったんですよ。月曜、昼まではいつも通りだったのですが夕方頃から急に調子が悪くなってgdgd。どうも胃のあたりが痛い。こりゃ参ったな~と思いつつとりあえず寝る・・・も火曜日は朝から気分が悪い。やっぱり朝起きて土方本の結果書き込んだのが悪かったか(汗)。朝から冷や汗、食欲低下、体調不良・・・1日どうしようかと。

昨日に引き続き、胃のあたりが痛いし、トイレが休憩地点になりつつあるし、背中はバリバリと痛いしもうどうすべきかね?と思うように。どう思ってもとりあえず1日何とかせにゃいかんわけでとりあえず青ざめながら1日を終え、帰宅後そのまま就寝。はっと思ったらもう朝の7時。そろそろやばいか・・・と。

 

とりあえずこの3日間酷い有様でした。

酷いというほど酷さはないんですが体が辛い。まだ血吐いたりとか、我慢できないような痛みとの戦いをしてるわけではないのでまだ耐えられるのだけどそれでもだるい。知り合いに話聞くと「それ、夏バテそのものですな」。・・・あー、確かに夏バテっぽい。食あたりっぽい痛み、胃の調子とか。私の部屋は東向きなので夏の朝は地獄でして。太陽に起こしてもらう生活が始まるお・・・という夏。もう今の時点で暑いわけで、それもあるかと。日曜日にはすでにバテたのかもしれません。外出ればそんなに暑くないのに家の中ではグロッキー・・・これは夏バテかもしれない。

近所の猫も調子が悪いようでゲーゲーと苦しそうにしてるそうで。この猫も夏バテするタイプでして夏は結構げっそりとしてたりします。この猫の場合、食わず嫌いがきついのであんまり食べないのも理由ですが。これは暑さの原因かもなぁ・・と今日1日過ごしていました。

 

最近クーラーついてるところが増えてきて体が必要以上に冷えていたのかもしれない。映画館は当分無理だなと(汗)。エヴァ誘われていたんですけどね・・・まぁ別に急に上映中止とかないからいつでも見れるんですけどね。こんな調子ですし、調べ物もおぼつかないのでモチベーションが落ち込んでいます。夏競馬始まるのにこの体たらく。とりあえず土日に向けて調子だけは上げていきたいと思います。今週は思考低下につき酷い結果が待っていそうで怖いですね。ウオッカも疲れ抜けなくて迷ってるようですし、色々体調崩す時期なのかもしれません。

皆様もご注意を。

2009年6月16日 (火)

土方本・結果~6/13・6/14

今回は中京の回顧もしますが、来週からいよいよ3場開催。もう夏競馬ですか、はやいもんですね。当然1200m戦が多すぎるので合致馬チェックが大変そうです(汗)。もっぱら買うのは福島になると思いますが、阪神も芝1200mは考えていますが・・・本当にチェック大変ですね、何頭みることになるやら。

 

土方本・結果

6/13

中京4R 合致馬なし

 

6/14

中京6R 2着エーシンシークルーで的中

      3着メイショウローツェで的中

中京10R 1着プレミアムボックスで的中

 

~中京回顧~

パターンA[0-0-1-5]

パターンB[2-2-2-35]

パターンC[0-1-3-35]

 

パターンBは比較的狙える馬が分かりやすい感じがしましたね。前半開催はアイディンパワー(1着)、スピニングノアール(3着)、カレンナサクラ(2着)。後半開催はビーチアイドル(3着)、エーシンシークルー(2着)、プレミアムボックス(1着)。要するに前半もとい開幕週で激走した分と後半開催の激走回数が同じ、ピンポイントで来るのも同じという結構強烈な激走が多くて本当に助かりました。

といってもお世話になったのは前半開催の3頭とプレミアムボックスの4頭。ビーチアイドルは買っていましたが、タイセイハニーを信じられなかった(土方本的には買えない)。エーシンシークルーは金銭的な都合で回避(苦笑)。要するに飛騨Sで見事に散ったせいなんですが。

前半は切れる馬が中心に好走でした。ピースピースなんてそのまんまですね。ただし後半開催ではそれだけだと通用しなくて結局いつものピースピースに戻ってました。あれは内から出られなくて終わっただけでもあるんですけどね。Bコースになって、外が使えるのも分かったことも大きかったですね。最終週は器用さも問われるだけに騎手の判断も楽しめましたね。最終的には枠も影響してましたけどね。

パターンBは合致馬だけでなく該当馬(人気馬)も揃って分かりやすく切れ味主体の馬達が頑張っていましたね。本当に楽しかったなぁ。ソルジャーズソングは僅差で負けちゃったけれど。

 

結局、パターンCは3着で暗躍しましたね。前半開催はピースピース(2着)とビビットビビアン。後半開催はワシントンパーク、メイショウローツェ。そして私はピースピース以外の3頭の好走時には馬券買えていません(苦笑)。結局パターンCの傾向を読めませんでしたね。ピースピースは過去の傾向を見て獲ったものなのであとは傾向通りには行かなかったという感じです。狙いにくかったんですよw

パターンAはそもそも出走馬が少ないのでなんともいえませんね。

 

それにしてもAコース→Bコースの使用時は結構傾向つかみやすいですね。この楽しい?中京も来年の高松宮記念を最後にお別れなのが残念・・・ですかね。第4回中京もこの調子で楽しめるといいな~。季節・馬場の痛みが全然違うのでなんともいえませんけど。

 

とりあえず注意は今週から始まる札幌。今まで使ってない時期にレースあるわけで傾向どおり来るかと言うと予測できないんですよね。ドキドキワクワクの開幕週。大いに悩むとしましょう。コツコツと傾向をつかんでいって勝負したいレースを探していきたいですね

2009年6月15日 (月)

編集後記~6/13・6/14

今日の中京芝コースは前作土方本を使われている方なら感動を憶えるかもしれないくらい偏っていましたね。昨日武豊騎手が有効に使っていたコース取りに加わり、外差し馬場まではいかないけれど外から行った方が確実に伸びるという傾向のお陰で外枠馬が激走続けていました。皆こぞって露骨に内から3頭ほどのスペースを空けて走っている様はいかにもローカル最終週らしい内容ですね。福島や夏の小倉最終週、函館などでよく見られる後継ですが別に外枠が有利なわけでもないので傾向はチェックしないとなんとも言えませんが。

 

残念ながら?新作の土方本にはこの後半開催からの外枠狙いは入らなくなったのですが(馬場の痛み具合などの関係でムラが出る為と思われる)面白いくらい外枠が頑張っていましたね。内にうっかり入り込んでしまった馬達は可哀相な位、身動きできないまま終わっていました。外だからといってもいいとは限らず、3歳未勝利3着ズンダモチなどはやりすぎて外に振られてましたね。距離短縮に加わり、ペースが速いもんだからやや大変なところにあのコーナーロスですからこうなるのは仕方ないですね。福永騎手もあの敗戦があるからスピニングノアールを連れてこれたと思うし。一流騎手の凄さはこのコース取りにありますね。

 

それにしても中京6Rの合致馬激走の際の買えなかった悔しさはないですね(汗)。合致馬2頭好走の3連複1500倍。予算の都合でCBC賞だけにするっと先週ここで宣言してるだけに「やっぱり外有利だよなぁ」という参考データとしてみてたので激走されると「また買ってないときに限って合致馬激走だ・・・O=3 rz」という分かりやすい悶え方をしておりました。このレースのお陰でやっぱり内にいたら終わるな・・・ってのが分かるわけです。もうCBC賞の馬券買った後でしたが。

そしてCBC賞は合致馬プレミアムボックスが好走して3年連続合致馬好走に。本当に理想的な競馬しましたね。残念ながら馬連は空振りでしたが3連複は数うちゃあたる戦法でありがたやですね。あれだけ3連複割れてると合致馬来るだけで配当出ますからね。本当にプレミアムボックスとスピニングノアールには感謝ですね。エイシンタイガーは一応パターンB該当馬ということでおさえで買って助かりましたが。6R回避しただけに本当にありがたい的中でした。

 

この中京開催、結局3歳未勝利戦では合致馬は出ませんでした。未勝利戦に関してはガチガチ決着だったんですね。1番人気[3-1-1-1]という好成績。といっても開催後半からイナズマガイア(14番人気2着)、スカイノダン(13番人気2着)と大穴も走っていましたが。3歳未勝利に関しては恩恵はなかったみたいですね。

とりあえず夏の中京開催は終わりましたが、馬場傾向の変化が大きな開催でした。開幕週でうまくいったと思ったらBコースになってからアドリブ・読みが甘すぎて空振りも多くなってしまいました。合致馬の好走時にちゃんと買えないのは一番辛いですがその先読みが何とかCBC賞でいきてくれて助かりましたね。プレミアムボックスは本当に助かりました。それと一流騎手のコース取りですね。あれは見ただけで分かるから本当にチェックが楽です。今日だとアドマイヤメジャーのアンカツさんのコース取りは見事ですね。フォゲッタブルの岩田騎手も結構頑張っていたのですが器用さの差が着差としてはっきり出てました。こういうチェックも競馬の醍醐味ですね。

 

特にローカル開催になると大きな差になります。夏競馬の醍醐味の1つですが、一流騎手ほど同じ競馬場で騎乗するので馬場チェックは楽しめます。ただ、騎手に頼るとその騎手の読みがズレてるときに自分の読みも空振りするのが怖いですね。来週から福島・札幌が始まりますがここに注目されるともっと楽しめるんじゃないかなと思います。結構傾向は偏る、そしてその偏る期間は限られている(僅か2日だけとか)。これが重要ですね。馬場バイアスに関してもそうですし、ブラッドバイアスも同じく。この点が血統ビームの亀谷氏の着眼点に似てて嵌った時の面白さったらないわけですが・・・なかなか難しいです。バイアス研究は本当に面白いですよ。といっても血統ビームに関しては最近新刊出ましたが買ってませんし土方本で精一杯ですけども。

 

来週は福島開幕週で勝負です。阪神は様子見ですね。桜花賞開催時付近からいきなり激走始めた合致馬の活躍を思い出せば分かるように合致馬の来るタイミングはかなり読みにくい。でもツボに嵌ると怖いくらい激走するのも分かりました。あとは傾向チェックですね。今の馬場は向いているのかどうか。開催コース変化、芝の状態とか・・・結構ファクターは多いだけに混乱しそうですが、結果は案外分かりやすいことになるものです。そこらへんが土方本と1年付き合えたところでしょうか。研究・検証・実践をしてもう1年になりますからね。とりあえず来週どうしようか色々調べながら頑張っていきたいと思います。

2009年6月13日 (土)

さぁCBC賞だ

知多特別、結局狙っていた馬達が合致馬にならなかったので買えませんでした。やっぱりアースコマンダーは人気しますよね・・・見事に不発でしたが。それにしてもバブルウイズアランは強かった。武豊の馬場チェックは流石ですね・・・ピンポイントで馬場のいいところを通っていきます。明日は武豊ゾーンを利用する騎手が増えてくることでしょう。これより外にいっても駄目、内に切れ込むと容易に出られなくなる。あれだけ見事なコース取りされたら見てても気持ちいいですね。

 

ということでCBC賞に向けて、ですが合致馬の好走は今日はありませんでした。5着なら2回(ムーンクレイドル:パターンB アスドゥクール:パターンB)。どちらもパターンBで前走は先行していた馬達。ちなみにアスドゥクールの兄上はソルジャーズソングです。先週好走した合致馬のビーチアイドル、ワシントンパークも先行していた馬達です。

今の馬場は器用さを問われているようですね。軽い馬場なので切れ味も必須ですが、先行力を活かした競馬になりやすいようです。通れる場所が限られているだけに根っからの差し馬では少し厳しいけれど外に出せたら切れ味がモノを言う。でも直線は短いし狭いエリアでゴチャゴチャになりやすい。いかにも中京らしい流れです。

 

ってことは2枠コンビにはピッタリ過ぎますね。カノヤザクラは差す競馬も好位から押し切る競馬も得意です。ボストンオーもOP入りしてから先行して踏ん張っています。ウエスタンダンサーにとっては使われて動きも良くなってきています。陣営もかなり我慢していただけにこれは面白い。プレミアムボックスは予想通りの人気で感謝してます。うっふっふ。・・・もっともカノヤザクラはやっぱり人気なので合致馬としての楽しみはなくなってしまいましたが。

 

メイショウキトリはもう少し売れるのかなと思ったのですが普通に合致馬になりましたね。斤量の関係で3着争いに参加できたらいいなという先行馬なので紐穴として買います。エイシンタイガーも同様です。エムオーウイナーも似たような扱いで買うことにします。合致馬関係ではこれですね。

 

~人気馬~

アーバンストリート、ソルジャーズソング、カノヤザクラ、モルトグランデ、スピニングノアールの6頭が一応の人気馬。うまいこと同じ枠に入っています。トレノジュビリーはトップハンデになっちゃったのでおさえで買うように留めました(が、当日取消)。ソルジャーズソングとカノヤザクラの2頭はパターンB該当馬として中心として買います。アーバンストリート、モルトグランデ、スピニングノアールは特に嫌う点ありませんね。

 

軸その1

ボストンオー、ウエスタンダンサー、プレミアムボックス

軸その2

カノヤザクラ、ソルジャーズソング

相手その1

アーバンストリート、モルトグランデ、スピニングノアール

相手その2(取消)

トレノジュビリー

相手その3(3連複買う際)

メイショウキトリ、エイシンタイガー、エムオーウイナー

 

要するに軸その1・その2と相手その1の組み合わせです。軸その1の人気が予想していたより人気なかったので高配当になるのがミソですね。相手その2に関しては人気馬なので軸その1との組み合わせだけ。相手その3は3連複買うなら買ってもいいかな・・・という感じ。

3連複パターン①

軸その1(3連複フォーメーション1段目)

軸その1/軸その2(3連複フォーメーション2段目)

軸その1/軸その2/相手その2/相手その3

 

3連複パターン②

軸その2(3連複フォーメーション1段目)

軸その2/相手その1(3連複フォーメーション2段目)

軸その2/相手その1/相手その3

 

3連複パターン③

軸その1(3連複フォーメーション1段目)

相手その1(3連複フォーメーション2段目)

軸その1/相手その1/相手その3

 

馬連

軸その1・軸その2→軸その1・軸その2・相手その1

(追記 9:00現在)

トレノジュビリー取消なので修正・追加です

いやぁ驚いたw

2009年6月12日 (金)

CBC賞へ向けて

ウオッカの宝塚記念出走に関しては私は否定的な立場です。そんなに無理させる必要があるのかと。海外遠征をし、GIを連勝、いずれも強い競馬。昨年も好パフォーマンスをみせていた馬なだけにそこまでさせる必要があるのかと思うわけです。これに関してはマスコミもあれやこれやと取り上げて余計にややこしくなっている様相ですが。デルタブルースの引退についても言葉狩りのようなもので角居先生を批判している人も多く見られます。オーナーさんの意向でここまで現役続けていただけに過ぎないし引退しても・・・。いずれにせよ批判される関係者さんが可哀相に思えてくる1週間でした。

 

先週言ってたとおり今週はCBC賞一本に絞る予定です。

ということで合致馬チェックは休ませてもらう訳ですが一応上級条件のハンデ戦(知多特別)があるわけで一応合致馬チェックはしておいてCBC賞に向けて参考になる事柄があるか調べていきたいと思います。

 

土曜日6/13は3鞍ありますが、面白そうなのは7Rのムーンクレイドル、エアパパガト、エリモサリュート。特にエリモサリュートいいですね。田嶋騎手が最近乗れているだけに。複勝で買いたいと思います。地方帰りの2頭は様子見でエリモサリュートの応援だけで。

9R知多特別はほぼパターンBに限られているので狙いは限られるけれど。バブルウイズアランにとっては絶好の条件で走れますね。これは堅い・・・。合致馬ではアースコマンダーがぴったりですが・・・ぶんまわしするとは思えないんですよね、岩田騎手。無難な位置を確保する方にいくと思うので魅力はあんまり・・・。ナリタバクシンは長期休養明け。バクシンオー産駒なので買われるでしょうね、実績馬だし。ということでアグネスハッピーくらいしか面白味あるのいませんね。53kgの大外枠。地味なところにダート実績はたんまりあるってのがいかにも見逃されそうな馬です。

バブルウイズアランからこの3頭に流すワイドを買って様子見。あんまりガツンと買いたいわけじゃないもので。とりあえずパターンBがちゃんと惜しい競馬をするのか(2着or3着)。惜しくも脚余して4着、という形になっていないかをチェックするレースなのでコツコツきてくれたらそれでいいと思います。

 

~CBC賞~

今年ハンデ軽い馬極端な枠に入りましたね。コウユーキズナ、コレデイイノダ、メイショウキトリ、エイシンタイガー、フジサイレンス。しかも内枠2頭以外はパターンB該当馬という・・・軽ハンデ買われて売れるんでしょうね。さすがにフジサイレンスは売れないだろうけど(汗)

上手い事ボストンオーとカノヤザクラが同じ枠に入りました。ちょっと内枠過ぎますが。ウエスタンダンサーも内寄りですね。あとプレミアムボックスは復調とみていいかな。パターンCですがエムオーウイナーは楽しみにしています。リフレッシュしてどうにかなるとは思えませんが・・・8歳ですし。ソルジャーズソングは人気するだろうから合致馬では買えませんね。

ボストンオー、カノヤザクラ、プレミアムボックス、あと人気も合致していればウエスタンダンサーというところですね。この4頭に注目ですね。特にプレミアムボックス。久々に55kgで走れるのも考慮して。この2戦負けてますがピッタリここ目指して良化しているのがいいですね。ウエスタンダンサーは紐穴向きですかね。

あとは人気馬を買うというところです。ソルジャーズソングは斤量助かりましたね。トレノジュビリーは前走強かったけれど57kgは少し可哀相だけど仕方ありませんね。とりあえず合致馬以外の穴馬(10番人気以下)は今回は買うつもりありませんが、カルナバリートが妙に気になるんですよね・・・芝にわざわざ出てきたというのが。プロキオン目指せない理由があったのかどうか・・・。本格的に芝挑戦始めたのなら楽しみですね。何か狙ってる感じがしますし・・・人気しそうだなぁ(汗)

2009年6月11日 (木)

海外セリ購入馬

お金にモノをいわせて購入できる外国産馬。

間違いなく初回プレイで苦しんでいるプレイヤーをサポートできるシステムだと思います(当歳セリもですね、ディープインパクトにカネヒキリまでいますし)。検索フレーズに海外セリの項目があったので取り上げてみます。馬券で国家予算クラスの資金を蓄えた方は参考にしてみてください。

海外セリに出向くだけでお金減るので資金ない方は要注意です。

 

~1980年代~

実は3頭しかいません。ミュージックタイム(87年生→88年海外セリ)、リンドシェーバーとケイエスミラクル(88年生→89年海外セリ)。いずれも抜けて強いわけではなくお買い得とも言えないのが実情です。海外セリは高騰するのがデフォなところに史実馬となるとえらく高くなりますのでかなり勿体無いですね。わざわざ出掛けるほどでもないです。

 

~1990年と1991年~

1990年のセリから強力外国産馬が出てきます。

・・・が微妙なのが続くのはご愛嬌(汗)

90年の目玉はシンコウラブリイ(89年生)。牝馬としては高いSPを持つ馬なのですが生まれた時代が悪すぎて勝てません。上にはダイイチルビーとダイタクヘリオスの強豪、1歳上にヤマニンゼファー、そして同世代にはニシノフラワー。これら最強クラスの短距離路線では見せ場作るのがやっと。正直喧嘩相手が悪すぎです。なのであんまりオススメできません。

1991年のセリはダンツシアトル(90年生)。史実勝利が宝塚記念(95年)なのですが成長は何故か早め。所有するほど強くもなく、世代はビワハヤヒデ・ウイニングチケット・ナリタタイシンにサクラチトセオー(牝馬はベガ、ホクトベガ、ノースフライトなど)なのでライバルが多すぎる為、勝ち目がありません。何よりパワーがないので平坦オンリーでは育てにくい。

 

~1992年~

大物ヒシアマゾンとタイキブリザード(91年生)の2頭が出てきます。とりあえず落札価格の目安は10億ほど。うまくいけば8億あたりで買えたりもしますがあんまり変わりないですね。ヒシアマゾンはご存知の通り、ハイレベルの牝馬で牝馬3冠も夢ではない強い馬です。やや成長面で課題はありますが、牡馬とも渡り合える素質の持ち主。桜花賞オグリローマンの史実補正に対抗できる馬は他にいませんので買えるなら買った方がいいです。間違いなく10億出しても買うべき馬です。[男勝り]を持っているので95年宝塚記念も狙えます。海外遠征も視野に入れても問題ないですが競走寿命の減りが悪い馬なので数戦えないというのは頭に入れておくべきかと。遠征には気をつけて。

タイキブリザードはこの年代には珍しく[海外遠征]を持つ馬です。WSRCやアジアマイルシリーズで戦える力を持っている馬なのでこちらもオススメ。香港マイル、香港カップ、香港ヴァーズで戦える万能性を評価して。ただしこの馬の活躍時期にトロットサンダーがいますのでマイル路線はかなり厳しい。トロットサンダーを所有できているなら海外中距離路線で暴れてもらう事にしましょう。持続成長なので4歳以降から海外遠征目指すといいでしょう。

 

~1993年~

1993年はお買い得というほどの馬がいません。ヒシアケボノ(92年生)しかいません。SPもさほど高くなく成長遅めなので95年スプリンターズSに間に合わない。それに相手がトロットサンダーでは勝負になりませんので買わないほうがいいですね。強くないSHになってしまったアウトオブアメリカの母マイライフスタイル、スズカフェニックスの母ローズオブスズカの繁殖牝馬がいますけどもこちらもオススメはできません。

 

~1994年と1995年~

1994年にはファビラスラフイン(93年生)がいます。[乾坤一擲]を持つお陰で物凄く活躍してくれるお買い得牝馬です。敵に回すと物凄く厄介な強さを誇る馬でもあるので活躍させたい馬がいるのなら所有をオススメします。ただしエアグルーヴとダンスパートナーが元気に走っている頃なのでそこまで期待はしないほうがいいかと。同世代のタイキフォーチュン買うくらいならファビラスラフインをオススメします。

1995年は素質馬3頭が揃い踏み。

まずはタイキシャトル(94年生)。注意点その1に遅めであること。圧倒的なスピードをもつ馬ですが完成度ではシーキングザパールに勝てないこともあり、3歳時はやきもきするのはご愛嬌。4歳になれば育ち盛りなので大暴れできます。[大舞台]と[海外遠征]を持っているので海外で戦えるのが売りです。一応の注意点その2、ウインクリューガーが生まれる年は2000年ということ。別に消えても構わないなら1999年まで走る事が出来ます。といってもグラスワンダーやエルコンドルパサーが控えているだけにそこまですることもないと思うのですが・・・(苦笑)。強い馬だけに悩ましい問題です。

続いてシーキングザパール。彼女も[大舞台]と[海外遠征]を持っているので海外で戦う事が出来ます。タイキシャトルよりも早めに活躍できること、メジロドーベルとキョウエイマーチを越えるSPを持つこと、そして海外には彼女よりも強いSPを持つ馬がいない為海外で大暴れができる。国内にいるより海外に行く方が大活躍できる馬なのでもって正解の名牝です。ちなみに引退後も繁殖牝馬として怪物クラスの名馬を輩出できる1頭。牧場をもっているなら買うべき馬です。シーキングザダイヤも何気に能力高いですからね。

最後にブラックホーク。7歳まで走れる強みを活かして大暴れができる馬です。要するに2001年まで短距離路線で暴れる事が出来る為、とんでもない競走成績を残すことが出来るチャンスがある馬です。暫く絶対的王者がいない時代を走れるのでチャンスは多いことが大きいですね。無敵とは言えませんがプレイヤー所有なら育ちますのでそれを生かせれば金のお守りも狙える名馬になります。タイキシャトル、シーキングザパールに比べて安く買えるので初回プレイ向きのお買い得馬です。

 

~1996年~

海外馬バブルといっていいほど多彩な名馬が揃う1995年生。エルコンドルパサーとグラスワンダー、そしてアグネスワールドがいるという豪華な世代です。とりあえず7億は出さないといけませんので3頭買ったら25億以上になるのを考慮した方がいいです。

エルコンドルパサーは国内最強レベルのSPを持つ怪物。ただし万能なのでやや損していますが海外で大暴れできる能力の持ち主。一応米国3冠も狙えますし欧州3冠も狙えます。MAX08では成長早めになったお陰でかなり活躍できるようになりました。どの路線も狙えますが中途半端に終わる事も多く、高い買い物に終わることもありますが使いこなせれば最強クラスの実力馬です。

グラスワンダーもエルコンドルパサーに負けじと高い能力を持ちますが、エルコンドルパサーに比べてサブパラに強調点がない分、更に取りこぼしが目立つのが問題ですね。エルコンドルパサーと同ローテになりやすいこともあって所有時に走らせる路線に迷うのが問題ですが、マイル~中距離で大暴れできるので早めに海外遠征をして[海外遠征]をつけるとうまく戦えると思います。オススメは3歳欧州マイル3冠。

アグネスワールドは早熟のスプリンター。[海外遠征]を持つので海外2歳GIも狙えるのが強み。完成度の強みでどんどんスプリントGIを獲っていきましょう。というのもパワーがAなので国内より海外の方が向いています。レアな海外スプリントGIを奪取できるのがこの馬の強み。ガンガン活躍させて[大舞台]を持たせたらこちらのものですね。うまく育てば・・・という条件付なので全GI制覇狙う人向きの初心者より2周目以上プレイされている方向きです。

 

~1997年~

メイショウドトウ(96年生)が抜けて強い…はずなんですが能力ほどの活躍が望めません。テイエムオペラオーが強すぎて勝ち目ないんですね。しかも遅めなのでうまく育てられない為苦しみます。これは買わないほうがいいです。値段以上の活躍は望めません。

高くなる割に活躍機会は国内に限りますが、ノボトゥルーとサウスヴィグラス。どちらも比較的遅めの活躍で息の長い活躍が望めるので金額分の活躍になりますが、メイセイオペラとウイングアローがダート路線に君臨するので苦戦は必死に。しかも揃ってピーク訪れるのでタチが悪い(苦笑)。サウスヴィグラスの場合、スプリント路線が手薄なので一応戦えますけどローテ組む苦しみとも戦うことになるのであんまりお買い得とはいえませんね。

 

~1998年~

97年生の海外セリも96年セリに並ぶ豪華メンバー。

[海外遠征]と[交流重賞]を持つ芝ダートで暴れるアグネスデジタル、[海外遠征]持ちのエイシンプレストン、超晩成の[タフネス]持ちタップダンスシチー。この3頭が物凄く強い。アグネスデジタルは非所有時の大暴れっぷりが凄まじく、史実勝利したレースも多い為プレイヤーを結果的に苦しめることになる名馬です。所有しても強いのと特に台頭に戦えるほどの能力を持ち合わせていない時期なのも相まってかなり暴れてしまうので注意です。敵に回したくないという意味で薦めておきます。

エイシンプレストンは使い勝手のよい馬なのでWSRCとアジアマイルシリーズに最適の能力を持ち合わせているのが強み。ただしアグネスデジタルと似たようなローテを組むことになりやすいので損な役回りですがエイシンプレストンの方が使い勝手がいいと思います。ちょうど転換期に走る馬なのでライバル関係に困らないこと、所有した方が強く感じられる馬なので初回プレイ向きの名馬です。

そしてアグネスデジタルとは別の意味で敵に回したくないタップダンスシチー。5歳頃から本格化して7歳まで走るので他の世代と戦う機会が多いのが注意点。要するに敵に回すというのは戦う機会が多いということでもあります。プレイヤーが所有すれば超晩成と[タフネス]をいかしたサブパラ成長を施せるので凶悪な強さを誇る事も可能なわけです。長い間走れる強みを考慮すれば安い買い物です。サブパラの関係で先行になってますが拘らなくてもいいように育つと思うので脚質に悩まないのも強みです。差すタップダンスシチーは異様かもしれませんが強い馬は強いの典型的な活躍が望めます。

他では鍋底成長のイーグルカフェ、意外に強いゼンノエルシド、交流重賞を淡々と走るノボジャックがいるのですが上記3頭が強すぎて目立ちませんね。

 

~1999年と2000年~

1999年にクロフネ(98年生)がいますが能力の割に勝ちきれません。アグネスタキオンやジャングルポケットがいるのもあって苦しい戦いになるのもあって活躍機会が恵まれないですね。値段の割りにガッカリするかと。一応強いですけどね。

2000年にはシンボリクリスエス(99年生)が君臨。タニノギムレットが取りこぼし多い為、敵に回してもダービー制覇が可能な能力を持っています。秋古馬3冠も狙える強さを誇りますので価格どおりの活躍が見込めます。普通に強い、というのが一番の褒め言葉でしょうね。

ファインモーション(99年生)もいますがサブパラが壊滅的なので物凄く使いにくい。牝馬路線が手薄なのでかき回すことも可能ですが能力活かしきれないまま終わる事も多いのでお勧めできません。強烈な強さと強烈なモロさを兼ね備えた馬なので本当に苦労します。金額ほどの活躍は望めません。

2001年以降の海外セリには目立って大物が存在しないので買うべき馬がいないと言ってもいいでしょう。この頃には国内当歳セリに能力高い馬が並びますからお守りをもっていなくてもお金で史実馬が買えるのでお買い得感もこちらの方がいいし、この頃になるとお守りを使って繁殖牝馬を購入する事も簡単にできると思います。

 

この中ではエイシンプレストンの使い勝手は特によいのでオススメです。兎に角海外遠征するにしても凱旋門賞とか大レースではなく地味なレースを転々と回ることの大事さを勉強できるという意味でも素晴らしい馬です。あとはブラックホークとタップダンスシチー。気がついたら先行差しどっちも可能な馬に育てる事も可能なのでとても強くなります。シーキングザパールは引退後にお世話になりまくると思います。どの種牡馬つけても走ります。シーキングザダイヤ以上の名馬がゴロゴロ出ますのでお試しあれ。

長くなりましたが参考にしてみてください。

2009年6月 9日 (火)

土方本・結果~6/6・6/7

またPCちゃんが調子よろしくないようでどんどん重たくなってるよっ!ということで更新遅れてます。結果自体は少数で済む話なんですが・・・。ノートPCにとっては夏は天敵なだけにちょっと恐々と立ち上げる日々が来そうです。バックアップに気をつけないといけませんね。

 

土方本・結果

6/6

中京10R 3着ビーチアイドル(3連複ハズレ)

      (*1着メジロシリング)

 

6/7

中京8R ハズレ(*3着ケイアイダイオウ)

中京11R 3着ワシントンパークで的中

 

合致馬好走2例ありましたが私は獲ってません。

といっても土方さんの方でも挙げていたケイアイダイオウ(あじさいS)は獲ってるのですが人気の面で合致馬じゃないだけですし、飛騨Sメジロシリングは取り上げていたように私も買ってました。軸にはできなかったのでビーチアイドルに期待してたんですが・・・17番人気だったタイセイハニーはどうやっても買えませんでした。自分を信じてたら買えたんですけどね・・・人気見て「あ、切るか」というところがアドリブで立ち回れない私の弱みです。

ワシントンパークは簡単に言うと軽視してたから買えませんでした。馬場の移行を考慮しつつこの甘さですから単なるミスジャッジだったということでしょうか。ワシントンパーク自体はやってみないと分からない部分があったので判断難しいですね。

 

CBC賞に向けて考慮しているのはパターンB勢の頑張りです。先週合致馬での好走はビーチアイドルだけですがパターンB該当馬の多さに困った、という話をしていたとおり、好走馬にいっぱいいました。ゼットオーラ、フォローミー、トシザコジーン、イサミチェリー、(メジロシリングとタイセイハニー)、ヒカルジョディー、レディルージュ、アグネスナチュラル、ケイアイダイオウ、ローズカットダイヤ。メジロシリング&タイセイハニー以外は1~6番人気馬です。該当頭数多いから人気馬もあっさり該当してるわけですが、かなりの確率で距離短縮組が頑張っているのが分かるかと。

 

CBC賞3年分の好走実績

06 1着シーイズトウショウ(4番人気)

07 1着ブラックバースピン(10番人気)パターンB合致馬

07 3着アグネスラズベリ(8番人気)パターンC合致馬

08 3着テイエムアクション(12番人気)パターンB合致馬

 

ということでハンデ戦らしく人気薄が頑張っているお陰で合致馬が頑張っています。とりあえずハンデを見てからになりますが軽い馬が来ません。ここまで3年で54kgが一番軽いくらいでして、53kg以下の激走に期待しているとあまりいいことないと思います。カシマフラワー、ウエスタンビーナスが僅差の4着というのはありますが馬連買う人は思いっきり切っていいかと。何頭出走するかは分かりませんがエイシンタイガーはこれですね(苦笑)。

パターンCにも注目はしているのですが狙いとしては軸というより穴紐の扱いがよろしいかと。アグネスラズベリの場合、ヴィクトリアマイルが向いてなかっただけなので距離短縮で従来走ってきた距離に戻っているのも大きかったと思います。単純にパターンCの恩恵とは違うと思うわけですよ。なので狙うとしても紐穴。

 

07年こそ波乱の格好でしたが、06年と08年は人気馬決着。とりあえずトップハンデが1番人気と53kg以下に注意すれば楽しめるんじゃないでしょうか。あとは合致馬が頑張ってくれる事ですね。といっても該当馬は少ないんですけども。55.5kgってどうなんだろ・・・。

2009年6月 7日 (日)

編集後記~6/6・6/7

今週は惜しかったり読みが甘かったりと失敗続きでした。タイセイハニーは仕方ないと思うので別に気にしていませんが、ワシントンパークもといパターンC軽視は大失敗でしたね。折角パターンC合致馬の活躍あったというのにいかせないのは痛かったです。別に合致馬を軽視してたわけではなくて個人的にこれはとりこぼす(4、5着でハイハイ惜しかったですね~という結果になりがちな合致馬)と読んでただけにガッカリでした。本通り買ってる人は間違いなくプラスなだけにこれは痛かったです。

特に僅差の4着に負けたカンパニー(安田記念)の数分後に行なわれた中京11Rだっただけにかなりダメージを追いました(汗)。ワイド結構買ってたんですよ?(汗)日本人気9番人気のファリダットが頑張ってくれるのはやめてほしかったんですけどねぇ・・・。もうちょっと頑張って欲しかったなぁカンパニー。いつもと一緒じゃないですかぁ。

 

それにしてもウオッカは強かったの一言。

普通の牝馬ならあれだけマークされて前が詰まってブロックされて接触があれば終わるはずなんです。武豊騎手も下手に乗ってしまった、と悔いていましたがリカバリーが素晴らしい。ここが一流騎手と名牝のコンビたる所以でしょうか、ほんの一瞬スーパーホーネットが許した隙間に向かって加速したスピードたるや凄まじいものがありましたね。前があくまで待っているだけでなくちゃんとリカバリーをして、まだ追撃態勢をとれることも凄いですがあの隙間に向かっていけるところが普通の牝馬と全く異なるところですね。

ディープスカイは正攻法で勝負に勝った内容だっただけにウオッカの最後の脚には「そんなのありか?!」と驚いたでしょうね。これがダービー馬の末脚・・・。3度目のダービー馬対決、楽しませてもらいました。馬券ははずれましたがいいものを見せてもらいました。それにしても色んな強さを見せてくれる名牝ですね・・・ウオッカは。

 

~来週に向けて~

中京開催ラストを飾るはCBC賞。今開催、3歳未勝利戦に合致馬の好走は出ていないだけに土日狙うレースは限られているわけで知多特別とCBC賞の2つで勝負すると考えているわけですが知多特別の登録馬を見てから考えても良かったのですが、今回はCBC賞一本で挑みたいと思います。

理由は一応・・・

  • 上級条件に魅力を感じた
  • 来週から『札幌』がスタートする
  • 来週から福島がスタートする♪

この3つのため、あまり資金を使いたくないわけです。CBC賞に専念したい。そして来週も楽しみたい為に色々考えたいわけです。阪神はアウトオブ眼中です(汗)。関西のレース狙いたい気持ちもありますが、福島の前半開催勝負と札幌開催という傾向がまっさらの開催に対して色々ワクワクしてるわけです。狙うにしても上級条件しか買うつもりないので暫く札幌は買いませんけども(STV賞までお預け)。

CBC賞でどどんとボーナス打ち上げて夏競馬楽しみたいなぁと思ってるので別に弱気じゃないですが楽しみが尽きない夏競馬が近いというだけで土方本ファンとしては疼くわけですよ。夏の小倉開催はスピードレースになりがちなので福島の需要は大きい。でもその楽しみが始まるのは1ヶ月先。ってことで個人的に上半期をいい形で終わらせたいのでCBC賞だけでいきたいと思っております。

ちなみにカノヤザクラ狙いなんですよw

 

~最近聞いてるBGM~

悪魔城伝説が発売になってもう20年になるんですな。ってことを知り合いに教えてもらったのですが、悪魔城ドラキュラシリーズといえばBGMですよね。コナミサウンドの凄さは偉大です。その悪魔城ドラキュラ、最近スロットになってるそうで(かなり前に)このスロットにもあの神曲達がアレンジされて登場しているとのことで知り合いからホールで録音させてもらったという『乾坤の血族』のアレンジを聞かせてもらいました。これが凄くいい。血の涙も凄いアレンジであるそうですね(かなり連荘しないと聞けないという事ですが)。

で、このサントラが6/24に発売されるそうです。教えてもらったその日に思わず予約しちゃいました。サントラマニアなら間違いなく買いのサントラでしょう。いや、スロットの方は知らないんですけどね。いい音楽使ってるのですから愛されてるはず。発売が楽しみですね。

 

で、ドラキュラ絡みでニコニコ動画でいいアレンジを見つけました。

VAMPIRE KILLERや血の涙、そして勿論BEGINNINGもあるという素晴らしいメドレーアレンジで感涙モノでした。いやはや小波サウンドは偉大です。これ聞いて来週も頑張りたいと思います。それにしても今週は酷かったなぁ・・w

GI予想~安田記念

昨年の年度代表馬と最優秀3歳牡馬でありダービー馬2頭、3度目の対決。この時期に府中のマイル戦にダービー馬が出てくることは私はとてもいいことだと思います。安田記念の価値をあげてくれるだけでなく、ハイレベルなレースが見れる舞台として安田記念が選ばれる事は喜ばしいと思ってます。宝塚記念も近年メンバーが揃うようになってきてファンとしても嬉しい限りですね。

 

予想はこういう感じなのですが

◎ディープスカイ

○ウオッカ

▲スーパーホーネット

この3頭で決着することはない、というのが私の予想です。3頭中2頭がやってくるってのはあると思いますが3頭のよる1~3着独占という人気通りの決着はない。そんなに府中の1マイルはやさしくない。予想にしても皆こんな感じになるわけで語ることも特にないですからね。昨年の安田記念と天皇賞秋勝ち馬、NHKマイルとダービーそしてJC2着馬、昨年の安田記念1番人気であり京王杯SC・毎日王冠勝ち馬(マイルCS2着馬)の時点で実績充分ですからねぇ(苦笑)

☆カンパニー

×ローレルゲレイロ

×スズカコーズウェイ

×スマイルジャック

×アブソリュート

 

結局香港勢は買わないことにしました。Danzigの血を求めていたのですが・・・サイトウィナーは豪州血脈出身なのでちょっと今回とは違うなと。で、Danzigの血を持っているといえばディープスカイくらいしかいないんですよね(苦笑)。ということで◎にしています。

☆カンパニーは切れ味ならまだまだいけるでしょうが、飲み込むほどの切れ味は少し異なり、トニービンらしい渋とい切れ味が魅力の馬。どこまで追い上げられるでしょうか。トニービン系だけに東京で頑張ってる印象もあるんですが結構善戦も多い。少し地力勝負向きなんですよね。マイルCSの敗因もそれですから少し荷が重いと思いつつも2着なら・・・何とかと期待してしまう1頭です。ワイドはこの馬から勝負してます。

 

×の4頭は3着候補ということで。ローレルゲレイロは少し渋ってるくらいがよかったかもしれませんね。どこまで踏ん張っていられるかという勝負に持ち込むのは容易ではないですからスピード勝負はどうでしょうか。スマイルジャックはマイラーズカップの内容がよかったのでもっと人気するかと思ったのですが。意外に人気しているのがアブソリュート。負けて強しともいえないんだけど捨てるに捨てられない素質馬ってのもわかります。スズカコーズウェイは京王杯SCの勝ちっぷりはさておき、ついていけるのかだけですね。

 

~買い目~

3連単フォーメーション

◎○▲→◎○▲☆→◎○▲☆×へ

(◎○▲で決着する買い目を除く)

3連複フォーメーション

☆→◎○▲→◎○▲×へ

ワイド

☆→◎○▲へ

馬単(2着固定)

☆→◎○▲へ

 

カンパニー、何とか2着まで来てくれたらありがたいんですがね~。3着でもかまわないんだけれども。4番人気なのでそんなに旨味はないんですが、上位3頭に割り込んでくれる馬を考慮したらこうなっちゃうんですよね。×4頭は上位人気決着に割り込むというよりは踏ん張ってる印象ですし。◎○▲で決まらなきゃ配当はおいしくなるんですからね。

特に馬単がw

2009年6月 6日 (土)

合致馬チェック~6/7

飛騨Sメジロシリング、最終的に13番人気で合致馬じゃなかったんですね。ウインイージス、アキノパンチと熾烈なデッドヒートを繰り広げていたわけですが、一歩及ばず。。。私は紐穴で買ってたわけですが、人気で切ったタイセイハニーがぐんぐん伸びて2着ですからねぇ。合致馬としてはビーチアイドルが好走という格好です。合致馬同士の組み合わせで買っていたのですがこうも見事に切った馬にやられると痛いですね(苦笑)。

 

このハズレの中、外差しポイントが生まれているのが分かりましたね。メジロシリングが通ったコースは今まで伸びそうで伸びないエリアでした。綺麗に差しきったのを見てから12Rでもこのエリアを通ってきたラブカーナが地力にものいわせて2着に来ていました。確かに伸びるエリアはあるんだけれど活かすほど横一線の争いになるにはちょっと遠すぎますね。ですがここは確実に伸びるだけに4角で外に振られない程度に進出し、直線で外にうまく出せたなら切れ味活かせるエリアは確実にある。・・・一種の賭けですがパターンB馬にとってはスピードと切れ味を活かす馬場が存在する事はプラスになると思います。

このエリアをうまくいかせるレースは…CBC賞ですね。

 

3回中京の特徴としては雨が予想しているより降っておらず、馬場の痛みが予想通りに順々にきているのが特徴ですね。前崩れになった飛騨Sはハンデを考慮した上で早めに行ったのが災いした格好ですが、持続力勝負よりは切れ味勝負主体になってきているのでスピードない馬にはどうしようもない馬場というのは継続ですね。パターンC馬が見せ場ないのもこれが原因でしょうね。明日は積極的にパターンCは狙わない方針です。パターンAもいくら前に行った方がいいとはいえ持続力勝負を問われるわけではないので軽視しておきます。とりあえずCBC賞ではどうするかはまだ考えていませんが、明日はパターンB馬からチョイスしたいと思います。

そんなにパターンA、Cはいませんけどね。 

 

~明日の注目馬~

中京6R

コパノマユチャンは理想的な距離短縮・・・でもないんですよね。ふっくらとしてきたのはいいのだけど。切れ味は紅梅Sで見せてくれているので文句なしですし。対象的なのは一息入れて帰ってきたヒカルジョディー。切れ味が必須になりつつある時期に帰ってきましたね。あとは早い流れについてこれるかだけです。後手の様相は避けられませんが。この2頭以外に魅力ある馬はいませんね。

 

中京8R あじさいS

レディルージュが休養前に駄賃稼ぎに出走してきましたね。葵Sの内容がよかっただけに確実に人気しますが、アグネスナチュラルをうまく活かせる枠なので人気でも狙っていきます。正直、駄賃稼ぎ自体は疑問ですがこれもクラブ馬としての勤め。出資者さんにとっては願ってもないボーナスステージ?なだけにその期待にこたえて一息入れて欲しいと思います。1000万下勝てば秋華賞TRまでじっくりと調整できますからね。

 

中京11R

フェスティヴマロンなんてまず合致馬になれない人気でしょうが私は買いたい。イン強襲しか手ないけど(苦笑)。人気する材料提供してしまった為人気するのは仕方ないゴールドサクセスは前走高尾特別は絶妙な追い上げ。ただし本当についてこれるのかは疑問ですけど。面白味のある該当馬はこの2頭ですかね。

 

中京11Rにはゴッドスマイルユーとルミナスハーバー、さらにメイカまでいるとんでもないレースなので正直紐穴でいいので来て欲しいレベルです。フェスティヴマロンは願いすぎですが。ゴールドサクセスはそのまんまの競馬ができるのでどこまでついていけるか。いや、ついていくよりスムーズにコーナー回ってこれるかだけですね。強引に捲くろうなんて考えたら終わってしまいますが。でも面白い馬です。

とりあえずヒカルジョディーで資金調達したいですねw

合致馬チェック~6/6

増加するのは分かっていてもみたら思わず笑ってしまったのが飛騨Sですね。12頭もパターンB該当です。当然ながら人気で脱落していくわけだけど、殆どがパターンBなだけに残る数も覚悟しないといけないだけに狙いにくい。一応メジロシリングとタイセイハニーは考えてますけど。勿論合致馬にならなきゃ買いませんよ。メジロシリングは最近年1回激走パターンなんで(汗)。タイセイハニーは狙ったとおりのハンデになったから面白そうです。

 

前半開催のおさらい

パターンA[0-0-1-2] 開幕週[0-0-1-1]

パターンB[1-1-1-14] 開幕週[1-1-1-8]

パターンC[0-1-1-15] 開幕週[0-1-1-11]

 

比率としては特に良さげには映りませんが、開幕週に出た好走数で成り立っている数字なもので参考にしてはいけません(苦笑)。見ての通りじわじわとパターンBが苦しみはじめ、パターンCは元々合致馬が増える中、好走が目立たないという結果です。ピースピースにビビットビビアンの活躍にしてもこの2頭は切れ味勝負に徹していた馬なので分かりやすい好走ですが他のパターンC合致馬にここまで分かりやすい切れ味ある馬がいません。今週出走のパターンC該当馬ではシャイナムスメ(飛騨S)だけですね。距離短縮が今回うまく対応できていない馬が多く、Bコースになるからといってばっちりはまるわけでもないのでシャイナムスメから買うのは薦めれませんね。あくまでも3着争いに参加できそうな1頭という話です。

 

~要チェック馬~

中京2R

何度も取り上げては頭打ちになりつつあるバンブーレアルです。人気も4~6番人気が定着し始めていてかなり心配している馬。色々試しては裏目に出てたりするわけですが、器用さならこの馬が一番。内枠引いたので機動力に物言わせていくでしょう。和田騎手は絶好調なので一気にいってもらいましょう。

パターンBではラガーゴールデン。器用な競馬が可能とは到底思えないのでコース替わりのイン強襲ができれば誰も苦労しないんですが外から差してくるようなら3着争いでついていけたらなぁという感じです。絶妙なタイミングで距離短縮ですが。。。狙ってくる人多いでしょうね。インパクトならこっち。

どちらも3着に残ってくれたらッという馬なので複勝で狙ってます。

 

中京7R

ステラーホープ、エリモラフィーネ、トシザコジーン、イサミチェリー、ロードバロックの激戦。軽い芝を狙ってくるには絶好のメンバーなんですが・・・合致馬になれるのはどの馬でしょうか。エリモラフィーネは間違いなくなれませんが。ここに人気のトップオブボストン、マイネルコルベットが入ってきて人気馬決着~という感じですね。ガチガチもある堅いレースでしょう。信頼できる人気馬がいるので本命党も楽しめますね。

 

中京10R 飛騨S

狙っている合致馬は↑で紹介したとおりですが、エイシンパンサーとセトノアンテウス揃ってハンデがセーフなので人気するでしょうしそれであってるかと。ビーチアイドルもいますし人気馬から買いましょう、というレースですね。

たとえ合致馬になってもシャイナムスメは軸向きじゃないですね。メジロシリング、タイセイハニーも同じですが。ヒモ荒れ期待するにはちょっと面子揃い過ぎてて厳しそうですが。

 

明日は4~6番人気になってるパターンBに注目してます

2009年6月 4日 (木)

新馬育成検証&ムービーのお話

~新馬育成の効果~

PC版MAX2008で検証したネタです。

騎手技能[新馬育成]の効果、育成度が伸びるのかと思っていたのですが・・・。改めて検証したのですが目立った差が出ないんですよ。わざわざ定規でチェックしたのに差がでない。新馬育成もっている騎手ともっていない騎手でわざわざチェックしたのですが結果同じ。ではパラメータチェックできない部分での差があるのかと成長度、レース勘、競走寿命などみたのですが・・・こちらも差が出ない。ひょっとして効果ないの?と思うくらい何もない。

で、差があるとしたらレース後コメントくらいしかないですね。当たり障りのないコメントしかしない持っていない騎手に対し、賢さや精神などのコメントを言ってくれる。といっても言わない時もあるからこれも効果があるとはいえない。じゃ、育成ゲージが満タン前の馬に新馬育成持ちの騎手乗せてみたら効果あるのか?という検証もしましたが、もっていない騎手でも同じところが育ちました。

・・・ランダム効果なのか、それともPC版には効果ないのか。

コンシューマ版でプレイしていた時は効果あると思って使っていたのですが。馬に、ではなく騎手が育つんでしょうかね(苦笑)。説明書やヘルプ見る限り効果あるはずなんですが、見た目効果が見られないまま検証が終わってしまいました。もしくは史実馬でないと効果ないのか・・・?

 

~ムービーのお話その2~

音速の貴公子

ムービー発生週:特に決まっていない(らしい)

難易度:難関

主な注意点:エアグルーヴに要注意

 

条件は「サイレンススズカが宝塚記念を大逃げ・逃げで勝つこと」。時期は特に定まっていないものの、相手の都合で98年6月4週が一番楽です。マキシマム06~08ではひょっとして98年しか駄目かもしれません。とりあえず史実通りの年に勝つ、という前提で話をします。

難易度:難関、の説明をしますとまず距離適正ギリギリのサイレンススズカが宝塚記念を逃げ切らないといけない。騎手に『大逃げor逃げ』を選択しても4角位置取りの関係で先行扱いになってしまったりします。そして戦わなければいけないのが本格化したエアグルーヴ。一番敵にまわしたくないエアグルーヴはなるべく所有。というより所有せずにサイレンススズカを勝たせるのはちょっと大変です。とりあえず6月1週にセーブしてロードする用意をし、あとはサイレンススズカに逃げ切ってもらうのを待つ。別にレースを見る必要はないので観戦しないという手もありです。ちなみにムービーは7月1週です。

宝塚勝っても逃げ切り確定しないと起こらないのも珍しいw

 

金色の翼

ムービー発生週:決まっていない

難易度:簡単

 

タイキシャトルが海外GI制覇したら簡単に見れるのでこちらは苦労しなくても見れると思いますが、成長が遅いので3歳時は苦労するものの成長待てば4歳時に簡単に勝てます。[海外遠征]持ちなので文句なしに勝てるでしょう。海外GI制覇した次の週にムービーが起こります。

 

最強世代

ムービー発生週:99年1月1週

難易度:普通

 

該当4頭とも強くて条件が分かりやすいムービー。エルコンドルパサー、グラスワンダー、スペシャルウィーク、セイウンスカイの4頭が98年12月4週までにGI馬になっていること。そして99年1月1週現在、4頭が引退していない事が条件です。GI制した際に紹介イベントが起こります。4頭の紹介イベントをこなしたら文句なしに発生するという楽なムービーともいえます。

一応の注意点としては海外GIまたは地方GI制したら何故かイベント起こらない、という障害があるようです。国内GIを制してから海外に飛立つ事にしましょう。あと注意点としてグラスワンダーが意外に取りこぼしが多くなると思います。マイルでは強いのだけれども2400mを越えると苦しむ為、グラスワンダーにマイル路線を頼むのがベターです。スペシャルウィークは所有した方が効率よく勝ちますね。セイウンスカイは所有しなくても史実補正で逃げ切ってしまいますのでCOM任せても別にいいです。エルコンドルパサーは万能と遅めが災いして間に合わない、勝ちきれないということもありますが、スピードの違いでNHKマイルはあっさり勝てます。所有すればどこ出走させようか迷うくらい強い4頭なので特に困らないでしょう。

 

極めし覇道

ムービー発生週:01年1月1週

難易度:普通

注意点:年間無敗

 

最強クラスのテイエムオペラオーを2000年の1年間を無敗でいること。01年1月1週現在、現役でいること。あとGIの天皇賞春、宝塚記念、秋古馬3冠(天皇賞秋・ジャパンカップ・有馬記念)を制している事。GⅡに関しては史実通りのレースを勝つ必要はなく、主戦騎手も特に定まっていません。誰が乗っていてもかまいません。

兎に角強いオペラオーの敵は全然いません。国内で敵になるレベルにあるのは宝塚記念逃げ切られる恐れのあるタップダンスシチーでしょうか。晩成ですがやたら邪魔してくることが多く、強いです。あとこの時期、海外馬ドバイミレニアムが招待されることもあり、無理ゲーになることもあるので天皇賞春を制したらセーブしておき、ロードできるようにしておくのも手です。

それと最大難関なのがジャパンカップのファンタスティックライト。能力高くテイエムオペラオーを破るとしたらこの馬しかいないでしょう。メイショウドトウは特に目立って強いことないので警戒しなくてもいいです。注意点が特にないくらい強いテイエムオペラオーなので快進撃を楽しんでもらえればと思います。

 

新しき時代の息吹

ムービー発生週:2001年3月1週

難易度:所有しないと成立しないかも

注意点:海外遠征はしないこと

 

意外にとりこぼしが多いムービーの1つ。該当馬はアグネスタキオン、ジャングルポケット、クロフネの3頭。強い3頭が揃ってこの時期にOP馬になっていること、重賞orOP勝利していること。ちなみに勝利した際に紹介イベントが発生します。が、時々重賞勝っていても商会イベントが発生しない事があります。

例えばアグネスタキオンがデイリー杯制覇→出ない、東スポ杯制覇→紹介イベント、という風に。また海外遠征して重賞勝利してしまうと紹介イベントが出ないこともあり、気をつけないといけませんね。クロフネだと全日本2歳優駿制覇でOP入りしても発生されないとか。色々とこのムービーは分からない部分が多いので予備データを用意して挑む方がいいですね。プレイヤーが所有していた方が楽ですね。3頭とも強いんで。3頭がOPまたは重賞勝利し、紹介イベント3つとも見て、2001年3月1週時点で3頭とも怪我していなければムービーが発生します。勝つべきレースはないので楽なのです。

 

嵐を呼ぶ馬

ムービー発生週:2003年7月1週

難易度:最難関

注意点:普通に強いヒシミラクルに注意

 

条件は『菊花賞を5番人気以下で勝利』『天皇賞春を3番人気以下で勝利』『宝塚記念を3番人気以下で勝利』。この3つをクリアすれば7月1週にムービーが発生します。

兎に角プレイヤー所有馬の人気を落とすのがどれだけ大変かを悟るムービー。ヒシミラクルも能力高い馬なので普通のレースで大敗はまずしませんし、距離適正外でも平気で連対したりします。それだけに人気を落とすのが大変です。とりあえず菊花賞、天皇賞春、宝塚記念を勝つのは普通にできると思います。問題は人気です。

注意点としては

  1. GI以外の重賞を勝たせない
  2. GI出走する前走は大敗させておく
  3. 騎手は新人騎手選ぶと楽
  4. シンボリクリスエスやタップダンスシチー所有

新馬戦、500万下連勝させて京都新聞杯or青葉賞2着させてからダートスプリント戦出走させて大敗(1度ではなく複数)させて菊花賞に挑むと5番人気以下になるはずです。心配ならタニノギムレットやシンボリクリスエスを菊花賞に出走させれば人気は落ちるはずです。

菊花賞を制覇すれば休養させて、高松宮記念にしたりダート重賞(マーチSなど)出走して負かしてから天皇賞春挑みましょう。天皇賞春を3番人気に関しては楽なんですが、問題は天皇賞春制してから宝塚出走すると人気上位はよくあるのでタップダンスシチーを所有して活躍させて出走すると良いかも。とにかく強いので必要なGI以外の重賞勝利は勝たせないこと。これが人気を落とす一番の方法です

 

新たなる王道

ムービー発生週:2004年6月1週

難易度:普通

注意点:所有時は条件が多い

 

キングカメハメハでNHKマイルカップ、ダービーを勝利。厩舎は松田国厩舎(松目邦)に預けておく。紹介イベント、イベントが決まった時に起こりますのでちゃんと回収すること。所有時は新馬戦or未勝利戦勝利後に紹介イベント。04年3月2週までにOP勝利または重賞勝利していれば、04年3月3週に松田国調教師が訪れてイベントが起こります(放牧に出さないこと!)。内容はNHKマイル→ダービーのローテをしないか、という話。その後NHKマイルカップ→ダービーを制すればムービーが発生します。

所有しない場合は条件が変わり、NHKマイルカップ制覇した次の週に紹介イベントが起こります(ダービー挑戦という話題)。その後ダービー制覇すればムービー、という流れ。どちらが楽かと言う話では所有しない方が楽ですが、メイショウボーラーなどが揃うNHKマイルカップは時々取りこぼすことがあったり、ダービーで強化されたハーツクライに破れることもあるのでやっぱり所有した方がいいかもしれません。キングカメハメハは強いので心配することはないんですけどね。

 

今回はここまで。

あとはディープインパクト、カワカミプリンセス、ダイワメジャー、メイショウサムソン、ウオッカ、アドマイヤムーンの6つですね。ちょっと条件が特殊すぎるのがあるので所有せずにムービーは難しいかもしれません。

2009年6月 2日 (火)

当たりないから仕方ないけどさ(笑)

土方本・結果~5/30・5/31

土方さんのHPの結果もどうやらハズレだったみたいで初めて?『土方本・結果』を書けない週になってしまいました。こればかりは仕方ないですが、書く事ないってのも辛いですね(苦笑)。憶測書くわけにもいかず、編集後記に書いたとおりの話ですし。・・・あれ?前にも当たりなしの週あったような気がするんだけどなぁ。あの時はどうしてたっけ。。。

 

安田記念の話も今年は日本馬が上位人気占めちゃうのは確実なので『日本馬限定上位8頭』『海外馬限定上位2頭』の合計10頭を買うというお話。要するに人気を見て判断するという分かりやすい話です。ウオッカ、ディープスカイ、スーパーホーネットの3頭は誰もが買うだろうけど軸にしません。軸は日本馬限定4~8番人気の5頭。日本馬限定6~8番人気同士の決着はありませんのでこの5頭から人気馬に買うという感じ。海外馬がもっと人気するようなら分からんでもないんですが今年は間違いなく人気しないでしょうね

詳しくは昨年の安田記念の話をご覧ください→こちら

 

あと村上春樹新作『1Q84』ようやく買えました。重版入荷前に買えたってのは嬉しいやら困ったやら。倉庫にあるんなら出してくれたらいいのに(笑)。血統ビームEXを考え中(検証ネタとして調べようかという話。多分しませんw)というのもこの本が当然ながらしっかりした価格だというのと読んでると作業効率見事に悪くなるので、読んでる暇がないんですね。チョコボスタリオンもしてるし(苦笑)

 

~ウイニングポスト7についてのお話~

書いてることが初歩的なことしかないわりに検索フレーズで結構来てもらっているのが申し訳ない気持ちで一杯のウイニングポスト7ですが、質問あれば私でよければお答えしますのでコメント欄にでも書き込んでもらえれば幸いです。メールでもいいんですがまずないと思うし、わざわざメール送るよりここで書き込んだほうが楽でしょうし。

一応系統確立プレイサポートも考えてはいるのですが如何せんプレイヤー次第でどうにでもなっちゃうゲームなのでそれなら質問あるのならその話でまとめて書き込もうかなと思っています。一応[新馬教育]の効果に対するレポート、ムービー解説パート2を説明しようかなぁと考えていますが・・・需要があるのなら書いてみます。某サイトで書き込みがあったので書こうかな、と思ったのですが・・・。まぁそれはそれでいいんですが。

 

ということで何か聞きたいことがあれば聞いてみてください

とりあえず色々やってるので参考になること言えると思うんで(汗)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ