« 土方本・結果~4/25・4/26 | トップページ | やっと春が帰ってきました »

2009年4月29日 (水)

天皇賞春のお話

チョコボスタリオン久々にやりはじめました(汗)

う~んニコニコ生放送の魔力といいますか・・・生主さんの話がいいというか参加したくなるんですよね。別に強いの用意しなくていいので(1世代限定、100ギル未満限定、フリー)こちらとしても用意するのが楽でして。血統作り方もそんなにWP7と変わらないんですよ。お陰でコツコツやってます。WP7の方もやってますが、パラダイスクリーク確立させないようにしつつ子系統確立狙わないといけないのが大変で時間かかりまくってます。早く引退してくれないだろうか、パラダイスクリーク(苦笑)

 

さて、天皇賞春です。

今年もDコース施行!ということで注目点はこちら

  1. 外枠(7・8枠)に注目
  2. GI鮮度の高い馬
  3. Dコースは荒れる

過去の結果を見ながらご覧下さい。Dコース施行になったのは2003年。ヒシミラクルとサンライズジェガーの激戦の時が最初です。それまでは異なるコースで行なわれていました。2004年イングランディーレの逃げきり、2005年スズカマンボ激走、2007年メイショウサムソン復活、2008年アドマイヤジュピタvsメイショウサムソンの激戦。2008年は14頭になってしまって荒れなかったのですが、他の年は見事に荒れています。特に6番人気以下が頑張ってるのが分かるかと。

 

Dコース時の6番人気以下の好走

2003年 7番人気1着 8番人気2着

2004年 10番人気1着

2005年 13番人気1着 14番人気2着

2007年 11番人気2着

2008年 *1~3番人気で決着

 

外枠が頑張るのも特徴です。

2003 2着7枠14番

2004 2着8枠16番

2005 2着8枠17番 3着7枠13番

2007 2着8枠16番

2008 1着8枠14番 3着8枠13番

ということで13番~18番がやたら頑張っているのが分かります。連対確保してくれているので軸に最適。7枠と8枠が狙い目ってのがわかるかと。人気馬だろうが人気薄だろうかそんな差はないみたいです。

逆に内枠、特に1枠と2枠が不調で最高がトウショウナイトのハナ差4着(2005年)。他にもツルマルボーイの4着があるわけですがこの2頭は2枠4番です。ということで1枠馬に入った馬は軽視してよさげです。警戒するなら2枠4番かな(汗)。特に3着狙いで。

 

そしてGI鮮度の高い馬。

『古馬GI出走経験が2回以下の馬をGI鮮度の高い馬』

と勝手に名付けたのですが、例えば2003年1着ヒシミラクル。有馬記念のみの出走だったので該当します。2着サンライズジェガーと3着ダイタクバートラムはGI初出走。ということで鮮度の高い馬3頭で決まりました。

何故2回以下なのかというとイングランディーレの扱いに困って2回以下にしてます。彼は2003年天皇賞春がGI初出走で、その年の地方交流GIであるJBCクラシックに出走しています。芝だけでOKなら1回でもいいんですが、例外つくるのは嫌いなのでとりあえず2回以下としています。お陰でメイショウサムソン(2007)の時に助かりました(汗)。別に2回以上の馬の好走は減るってだけで扱う方がいいです。軸にしない方がいいってことです。

狙いはGI初出走馬と1回出走馬です

 

~好走馬のGI鮮度~

初出走

サンライズジェガー(2003 2着)、ダイタクバートラム(2003 3着)、シルクフェイマス(2004 3着)、スズカマンボ(2005 1着)、ビッグゴールド(2005 2着)、アイポッパー(2005 3着)、エリモエクスパイア(2007 2着)、アドマイヤジュピタ(2008 1着)

 

1回

ヒシミラクル(2003 1着)、ゼンノロブロイ(2004 2着)、トウカイトリック(2007 3着)、アサクサキングス(2008 3着)

 

2回

イングランディーレ(2004 1着)、メイショウサムソン(2007 1着)

 

3回以上

メイショウサムソン(2008 2着)

 

折角なのでGI鮮度高い馬を紹介。

GI初出走(古馬GI未出走)

サンライズマックス、ゼンノグッドウッド、テイエムプリキュア、ヒカルカザブエ、マイネルキッツ、モンテクリスエス

 

1回

ジャガーメイル(海外のみ)、ホクトスルタン

 

2回

アルナスライン、スクリーンヒーロー、ネヴァブション

 

3回以上

アサクサキングス、ドリームジャーニー、ポップロック、デルタブルース、コスモバルク、トウカイトリック、シルクフェイマス

 

穴馬だらけですね。

何頭外枠にいてくれるか分かりませんが楽しみです。

個人的に血統で気になる馬達はサンライズマックス。母父ダンシングブレーヴでプリンスリーギフトのインブリードを持っている馬です。実績も中距離重賞中心で距離未知数なので注目度も低いでしょう。それにGI初出走馬です。

あとジャガーメイル(ノーザンダンサー系2つ持ち)、スクリーンヒーロー(ロベルト・ノーザンダンサー系2つ持ち)、ゼンノグッドウッド(ノーザンダンサー系2つ持ち、ボールドルーラーの5*5インブリード)、モンテクリスエス(ロベルト・ノーザンダンサー系もち、薄めにナスルーラのインブリード発生)、それとテイエムプリキュアも一応該当します(汗)

ありがたいことにGI鮮度の高い馬に面白い血統持ちがおおいので楽しみです。マイネルキッツも薄めにナスルーラの血を多めに持ってるので注目してます。

あとは枠ですね

« 土方本・結果~4/25・4/26 | トップページ | やっと春が帰ってきました »

競馬」カテゴリの記事

コメント

サンライズマックスオワタ\(^o^)/
マイネルキッツもジャガーメイルまでアウトですかw

で、7枠と8枠ですが・・・
モンテクリスエスとヒカルカザブエ!
スクリーンヒーローにアサクサキングス
外枠に穴馬いませんがなorz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/44827991

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春のお話:

« 土方本・結果~4/25・4/26 | トップページ | やっと春が帰ってきました »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ