« 色々お勉強中 | トップページ | 土曜日の合致馬チェック~4/18 »

2009年4月16日 (木)

皐月賞のお話09~その2

出走馬が確定し、明日から前々日発売が始まるので各馬の該当例を詳しく?取り上げたいと思います。結局合格馬7頭、善戦のみ3頭、失格8頭となりました。ゴールデンチケット、NHKいくんじゃなかったのか?この後行くんでしょうけど。ゴールデンチケットは昨年の覇者キャプテントゥーレの親戚なので注目されている人多いかもしれません。

尚、ロジユニヴァースですが昨年まとめたデータの捉え方が間違っていたのでここで紹介しておきます。中山で4角4番手以内経験馬(中山重賞勝ち馬限定)に該当。芝1800m以上のOP、重賞で上がり1位、2位経験という条件にまとめていたのですが、皐月賞のお話09を書き込む際、『中山芝1800m以上のOP、重賞で上がり1位、2位経験』と私が勘違いしてしまった為にロジユニヴァースは失格扱いになっていました。尚、重賞勝ち馬限定外の方も確かめて復活させていたのはどうも間違いであるらしく(汗)アーリーロブストやセイウンワンダーが復活するのは駄目だったみたいです。どっちも③でアウトだからどっちでもよかったんですが。

 

①中山経験馬

~未経験~

先行押し切りつつ上がりも使える馬達。ということで中距離OP・重賞で4角4番手以内の競馬をした事がある馬で上がり1~3位または35秒台の脚を使ったことがある馬を探したわけですが・・・。どっちも合格する必要なかったんですが(AorB)リーチザクラウンとトライアンフマーチはどっちもクリア。毎年好走馬が出てくる路線ではないですが、この先行力は武器になるのは間違いないと思います。

 

~4角5番手以下~

前走人気していて、それでいて着外回数少ない馬達。アンライバルドなんてそうですね。4戦3勝3着1回。この分野はエリートの集まり、なんですが見事に取りこぼします。2着、3着には来るけれど勝ち馬が全然出てきません。その為、データ合格している馬は『善戦』という評価になっています。この路線の馬達は単勝は向かないけれど複勝は向くタイプ。ですが戦績も申し分ない人気馬が大抵なのでどうしてもオッズ的には美味しくない馬達です。馬単2着にして買うのなら向いていると言えます。

 

~4角4番手以内(中山重賞勝ち馬限定)~

ということで上に書いてあるようにミスをしてしまいました。でもアーリーロブストとセイウンワンダーはどっちにしろアウトですけど。ロジユニヴァースすいませんでした。

 

~4角4番手以内~

昨年はキャプテントゥーレとタケミカヅチが好走。皐月賞勝ち馬7頭、2着馬4頭、3着馬5頭輩出している路線の為、①のなかでは最強といえる路線でもあります。中山重賞勝ち馬限定は大抵1番人気ですが、こちらは伏兵扱いにされる事の方が多いので旨味があるのが売りです。昨年はキャプテントゥーレの扱いが難しかったですね。朝日杯3着あるので合格だけど、弥生賞は4着だったからさぁ大変。一応朝日杯で拾っておくか、で3連複取れたんですが・・・。難しいものです。

中山先行経験があって、中山OP、重賞で好走しているかが条件。今年はミッキーペトラだけ合格。イグゼキュティヴは16着だったので善戦になっています。

 

②スプリングS組

アンライバルドの該当した重賞初出走がスプリングS、を取り上げておきます。結局まとまらなかったので該当馬だけ。というのも該当例が少ないんですね。ダイワメジャー(1着)、フジノマッケンオー(3着)、マティリアル(3着)、ミホシンザン(1着)といった面々。スプリングSで好走した馬、というまとめは酷いのでアレなので書きませんでしたが・・・難しいですね。

スプリングS組は①クリアしてくれてるから買えるんだ、という馬達ばかりなので(好走例が多いからというのもある)最低条件として①クリアし、②もクリアしてくれたら万々歳、それが善戦持ちであってもかまわないというおおらかなデータです。

 

③弥生賞組

ミッキーペトラが該当した弥生賞が重賞初出走。シンボリルドルフ、ディープインパクトの無敗の3冠馬がいれば2冠馬サクラスターオー、セイウンスカイ、エアシャカールもいるという豪華キャスト。クラシック総好走したメジロライアンやアサヒエンペラーもいます。皆人気馬でクラシックで2回以上好走した馬達ばかり。ファンも多いしここで好走するようなら次も・・・と夢が膨らみそうな路線と言えます

ミッキーペトラは間違いなく人気はないと思いますが・・・ココナッツパンチも4番人気になったりしてましたしちょっと夢見るにはいい路線ですね。ばっさり消すには勿体無いくらい面白い馬、という捉え方でいいかと。

 

最後にロジユニヴァースが善戦になってしまったデータに関して。芝1800m以上のOP・重賞を3戦出走で善戦になってしまったのを好走馬別に分けてみると分かりやすいのでとりあげます

1戦出走馬

メイショウボーラー(3着 弥生賞)、サクラサニーオー(3着 弥生賞)

 

2戦出走馬

キャプテントゥーレ(1着 野路菊S・弥生賞)、ディープインパクト(1着 若駒S・弥生賞)、コスモバルク(2着 ラジオたんぱ杯・弥生賞)、アグネスタキオン(1着 ラジオたんぱ杯・弥生賞)、ナリタトップロード(3着 きさらぎ賞・弥生賞)、スペシャルウィーク(3着 きさらぎ賞・弥生賞)、ナリタタイシン(1着 ラジオたんぱ杯・弥生賞)、アイネスフウジン(2着 共同通信杯・弥生賞)

 

3戦出走馬

マイネルチャールズ(3着 ホープフルS・京成杯・弥生賞)、アドマイヤジャパン(3着 ラジオたんぱ杯・京成杯・弥生賞)、エイシンチャンプ(3着 萩S・京都2歳S・弥生賞)、キングヘイロー(2着 東スポ杯・ラジオたんぱ杯・弥生賞)

 

ご覧の通り、3戦出走馬はキングヘイローの2着が最高です。更新できるかどうか分かりませんがロジユニヴァースは2着までじゃないだろうか?というのがデータからみる不安点です。じゃ・・・誰が?となると皆微妙なんですよね。データで残ってる正統派の合格馬はリーチザクラウンとトライアンフマーチの先行馬に弥生賞未知の魅力ミッキーペトラ。・・・どうなることやら。

でもロジユニヴァースを見る上では面白いデータだと私も思います。シックスセンスに差されたアドマイヤジャパン、というようなのが一番分かりやすい構図なんですが・・・いるかなぁそんな差し馬。

« 色々お勉強中 | トップページ | 土曜日の合致馬チェック~4/18 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

リーチザクラウン、ロジユニヴァース
アントニオバローズあたりに興味ありです。
このとおりに買うとハズレるので
フィフスペトルやセイウンスカイあたりがくるのでしょうか・・・・。

セイウンワンダーですね。。。
桜花賞よりは配当的にはさすがに荒れますよね

桜花賞と比べてもTRと比べても展開が厳しい為、荒れる要素が多いのが特徴ですね
変な話ですがNHKマイルより中距離適性いらないレースだと思います
だから荒れるのでしょうね
いや、荒れてほしいなぁ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/44689520

この記事へのトラックバック一覧です: 皐月賞のお話09~その2:

« 色々お勉強中 | トップページ | 土曜日の合致馬チェック~4/18 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ