« 小倉芝1200m検討 | トップページ | ダイワスカーレット引退 »

2009年2月15日 (日)

リーチザクラウンみてきました

Cimg0213 小さすぎてわかりにくいかもしれませんがリーチザクラウンです。きさらぎ賞出走ということで暫く関西で観ることが出来ないだろうから・・・ということで淀まで行ってきました。暴走っ毛があるとか前を譲る気サラサラなかったり手前かえるのまだまだ下手だったり・・・というレースでの彼の姿しか知らなかったのでパドックで見てみて驚きました。

滅茶苦茶おりこうさんでわないかっ!目もくりっとしててイライラすることなく堂々とした歩きっぷり。対抗馬達がまだまだ若駒らしさが出まくってるのにリーチザクラウンは大人というかゆったりと500kgの馬体を伸びやかに歩いていました。ちょっとのんびり屋なのか?とレースでの我が強い印象とは対照的で面白かったです。リーチザクラウンみてから他馬みちゃうと「これはこのメンバーでは話にならないな・・・」と感じるくらい別格でした。

 

レースでは相変わらずパドック見る前のまんまのリーチザクラウンでしたが(汗)大外を回り続け、スローの流れでも動じずリズム崩す事無く走り続けて最後は大楽勝そのものの見事な競馬をやってのけました。4角でのぎこちなさは相変わらず手前かえたりするのは下手なようですが、このメンバーではリーチを倒すのは何度やっても無理だなと感じるほど強かったですね。これだけ強い競馬ができただけにラジオNIKKEI杯は千両賞からのローテ自体が微妙だったように思えますね。デビュー以来また馬体減ってましたが、きっちりと勝ちに来ているというよりはこの相手では負けられない、というレベルで走っていたようにも感じました。いやはや凄い馬ってのは分かってましたが実際にレースみればこうも強いかと思わされる馬のレースってのはみてて楽しいものです。

 

Cimg0172_2 続いて先日勝ったフォゲッタブル(写真は新馬戦)。いかにもダンスインザダーク産駒らしい競馬をする馬ですね。未勝利の勝ち方なんていかにもでした。ダービー間に合って欲しい馬ではありますが菊花賞も楽しみだなと。無事に走れることの難しさをいやほど知っている血統なだけに順調にいってほしいと思う1頭です。姉ポルトフィーノは無事に出走することの難しさを体現してしまっていますけども、順調にいくことがいかに大変か知っている血統とも言えますかね・・・母エアグルーヴも順調とはいえなかったですからね。

 

Cimg0141

最後にメイショウサムソンの引退式。ようやく編集できました。目の前でいい顔してくれてたので撮ってみました。本当に長い間王道を突っ走ってきた馬ってのは偉大ですね。やろうと思ってできることではないですから。2冠馬として、天皇賞馬として日本を代表する名馬だったと思います。・・・それにしてもやっぱり夏馬だったんでしょうかね?

« 小倉芝1200m検討 | トップページ | ダイワスカーレット引退 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/44074944

この記事へのトラックバック一覧です: リーチザクラウンみてきました:

» 若駒限定パッドク術 [インフォカート厳選情報商材紹介所]
若駒限定パッドク術発行者:   藍海カエデ事務所「馬券検討、投資におけるパドック観察」は支配的か? お答え。「支配的な時と、支配的ではない時がある」というのがYOJIの最終回答です。ゆえに「支配的な時」を確実に捕まえると馬券の収益活動は活性化します。人間を含む動物の「若かりし時」というのは基本的に「本能全開」です。ゆえに、サラブレットの挙動を習得していれば馬券の的中精度は飛...... [続きを読む]

« 小倉芝1200m検討 | トップページ | ダイワスカーレット引退 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ