« 土方本結果と有馬記念のお話 | トップページ | 有馬記念のお話~その3 »

2008年12月24日 (水)

有馬記念のお話~その2

今年の有馬記念で期待されるのは昨年の覇者マツリダゴッホでしょう。中山の鬼として君臨しているだけに期待もかなり大きいと思います。前走こそジャパンカップでウオッカを捉えるところまでいったもののウオッカの底力に屈した形で4着。中山に戻る今回、人気しないはずはありません。といいつつ前回のデータでは3着以下と軽視したわけですが・・・(汗)。

 

今回はちょっと実験的な視点ではありますが、有馬記念の傾向を見れないだろうかと調べてみました。何をしたかと言うと『芝1200mの2歳戦』の時計比べ。最初は馬場差が出ないか調べようとしてたんですけどね。黒松賞とクリスマスローズSの時計を比べてみよう、というもの。時計差がどれだけあったかを比べたわけですが・・・。意外に面白いことがわかりました。

 

~時計差が0.3~秒差~

02年が0.4秒差(2歳OPの方が0.4秒遅い)、04年が0.3秒差(黒松賞が0.3秒遅い)、06年が1.6秒差(黒松賞が1.6秒遅い)。この3年の傾向としては実績馬が実績通りの走りをした年。02年3歳で天皇賞秋を勝ったシンボリクリスエスが勝利(2着・3着波乱)。04年天皇賞秋・ジャパンカップ連勝のゼンノロブロイが秋古馬3冠達成。06年ディープインパクト、有終の美。兎に角強い馬が活躍した年です。また天皇賞秋勝ち馬が好走した年でもあります(シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、ダイワメジャー)。そしてジャパンカップ最先着馬が活躍した年(シンボリクリスエス、ゼンノロブロイ、ディープインパクト)。東京での結果がそのまま反映される年とも言えますね。

 

~時計差が0.0、0.1秒差~

08年はクリスマスローズSが開幕週に行なわれているので例年と条件が異なりますが、黒松賞との時計差はなし。しかも前後3Fまで一緒という珍しいことに。

07年0.1秒差、05年0.1秒差。ということで昨年に引き続き僅差になったわけですが・・・。時計差が0.3~秒差のときとは対照的に天皇賞秋好走馬が不発に終わっています。05年ヘヴンリーロマンス(2着ゼンノロブロイ)、07年メイショウサムソン。どちらもジャパンカップで天皇賞秋の着順より落としているというのも共通点ですね。

05年勝ったハーツクライは天皇賞秋6着→ジャパンカップ2着。3着リンカーンも天皇賞秋15着→ジャパンカップ4着と巻き返してきた馬。2着ディープインパクトは古馬初挑戦の3歳馬(3冠馬)。

07年勝ったマツリダゴッホは天皇賞秋15着から巻き返し。3着ダイワメジャーも天皇賞秋9着→マイルCS1着。2着ダイワスカーレットは3歳牝馬(桜花賞、秋華賞、エリ女と牝馬GI連勝)。

秋緒戦や天皇賞秋の内容が全くアテにならない年といいますか、天皇賞秋の結果とジャパンカップの結果がリンクしてない年といっていいのかもしれません。今年も天皇賞秋勝ったウオッカはジャパンカップ3着と牝馬ながら活躍しましたが、天皇賞秋から着順落とす(1着→3着)まで一緒。ディープスカイが有馬記念出走していたら面白かったかもしれませんね。

 

今年天皇賞秋→ジャパンカップで巻き返した馬はいない(アサクサキングス、アドマイヤモナークともに天皇賞秋と着順一緒)ので他の天皇賞秋出走馬(マツリダゴッホと似たタイプ)を探っていくとエアシェイディ、ドリームジャーニーしかいません。2頭とも天皇賞秋出走後、無理せず有馬挑戦になっています。これは怖い。特にエアシェイディはデータで残っている馬です。

 

あと時計差だけでなくこの3年は似ていて、黒松賞の前半3Fが33秒台後半だったり前後3F差が1.0秒差くらいしかなかったり(02年、04年、06年は2.0秒差ほどついていた)。クリスマスローズSの前半3Fも33秒台後半だったりと共通点は多いです。これだけ共通点あるなら今年も似てくるんじゃないだろうか?と思ったりもします。

 

だからどうした?と言われそうなネタですけども、とりあえずダイワスカーレットで間違いない!とは言えない材料(天皇賞秋2着馬)なのは確かですが、彼女は他のレースに出てこなかったので軽視まではいかないにしろ軸向きとは言えませんね。メイショウサムソンやマツリダゴッホ、スクリーンヒーローはジャパンカップから有馬ですが強調もできなければマイナスとも言えない(好走したハーツクライが勝利してますし)。こういう展開なら無理に人気馬を消す必要ないかもしれませんね(汗)。穴馬から人気馬へ流すワイドなんてピッタリかも。その穴馬ですが、アドマイヤモナークとアサクサキングスは今回も嫌われたので軽視しますか(苦笑)。

 

エアシェイディ軸に穴狙うのもあながち悪くはないかもしれませんね。ドリームジャーニーもあのステイゴールドの息子ですしジャストブロンズ似合ってるだろうし(汗)。

« 土方本結果と有馬記念のお話 | トップページ | 有馬記念のお話~その3 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/43512441

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念のお話~その2:

« 土方本結果と有馬記念のお話 | トップページ | 有馬記念のお話~その3 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ