« 土方本・新刊~10/26結果 | トップページ | 土方本・新刊のお話&西陣S »

2008年10月30日 (木)

天皇賞秋のお話

最近ノロウイルスが流行してるようで、知り合いの会社の食堂でも大変らしく私もそうなんじゃ・・・?と家族に思われながらも、吐き気などが一切ないので単なる風邪ってことでおさめられました。日曜から体調悪かったんでそこを狙い撃ちされたってことでしょうね。皆さんもご注意ください。

 

天皇賞秋のデータ話ですが、最近の傾向は優秀な実績馬がそのまま来る重賞という分かりやすいレースに落ち着いている感じです。といっても過剰な期待ってのは毎年つきもので裏切ることもしばしばですが・・・。

 

①実績

年内または1年前(2年間で)に1600m以上のGⅡ以上で連対経験がある、という実績がまず必要。要するに実績のない馬の好走は最近ないです。なかった馬の好走は93年3着ウィッシュドリーム(懐かしい…)以来ないです。92年1着レッツゴーターキン、2着ムービースターとこの時期はなくても普通だったのですけども。GⅡ昇格レースも多いので中距離実績が大事だったってことですかね。とりあえずこの実績ない馬は辛い。

~今年の出走馬~

サクラメガワンダー、エリモハリアー、オースミグラスワン、ハイアーゲーム、トーセンキャプテンの5頭にはGⅡ以上の連対がありませんでした。揃って5頭とも毎日王冠で負けているのも印象的(ハイアーゲームは青葉賞勝ち馬ですが4年前ですからね)。

 

②牝馬にはマイル実績

ダンスインザムードが連闘で挑んで連対してから牝馬の活躍が目立つようになった天皇賞秋。エアグルーヴもそうでしたが、マイル実績の優秀な牝馬の好走は多いです。アドマイヤグルーヴにいたっては生涯唯一出走したマイル戦である桜花賞(3着)だけでしたがこれでも優秀といえる内容でした。ヘヴンリーロマンスも1600m時代の阪神牝馬S勝ち馬。あと1800m以上でも活躍していました。ダンスインザムードはフラワーC(Aオークス2着)、アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯、ヘヴンリーロマンスは札幌記念(クイーンS2着)。という風に実績がありました。

…がダイワスカーレットとウオッカは桜花賞連対馬なのでケチつけようがないですね。今年はこの2頭しか牝馬は出走しませんので。

 

②マイルor中距離重賞勝ち

年内に限らず、過去1年ないし1年半(長くても昨年の安田記念頃)で勝ち星があることですね。なくても好走はあるんですがツルマルボーイ、アグネスアークは2着が続いていた馬達ですが、GⅡで2着2回以上と活躍していた馬達でした。せめてこれくらいの実績があってはじめて見直すと言う感じでしょうか。あまり中距離GⅡを2回も好走する馬ってのはいないってことでもあるんですが。

~今年の出走馬~

アサクサキングス、アドマイヤモナーク、サクラメガワンダー、ポップロック

 

出走馬17頭中、①で5頭、③で3頭、と9頭がまともに残っているという感じですね。あとは支持された分だけ買えばよろしかろうという買い方です。残った10頭に1~4番人気になる馬がいるのは確実なので気にせず人気馬を買える、っていう話ですね。データで残った1~4番人気馬を軸にして買えばまず当たる・・・ってのは誰もが分かってる事ですが(汗)。

 

大事なのは穴馬がどれだけ残っているかでしょうね。今年だとエアシェイディ、アドマイヤフジ、キングストレイル、タスカータソルテ、カンパニーの5頭。人気のウオッカ、ダイワスカーレット、ディープスカイ、ドリームジャーニーが軸になるってことですか。これは当たるというか荒れる要素が・・・w

« 土方本・新刊~10/26結果 | トップページ | 土方本・新刊のお話&西陣S »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42952644

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞秋のお話:

« 土方本・新刊~10/26結果 | トップページ | 土方本・新刊のお話&西陣S »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ