« 10/5結果とスプリンターズS結果 | トップページ | 土方本・新刊~京都芝1200m検証 »

2008年10月 7日 (火)

土方本・新刊~京都D1200m検証

メイショウサムソンはリズムに乗れないまま終わった感じですね。勝ち馬の強さが際立ったレースでした。メイショウサムソンにとっては凱旋門賞より英チャンピオンSなど中距離戦に挑んで欲しかったなぁと思ったり(ゼンノロブロイの海外遠征がうまくいけば中距離遠征プランが活性化してたかもしれませんね)。

 

今回も土方本・新刊の検証。

京都開催へ向けて今回はD1200m。

調べてみましたが、流石に京都D1200mは堅い為にパターン該当馬の好走数は少ないです。3連複で勝負するにはかなりきつい。特に上級条件(重賞~1000万下)ではパターン該当馬不在。秋になったら出てくるかもしれませんが。ということで活躍は下級条件中心。とはいえパターン該当馬の好走は第1回京都・第2回合計で3回。第3回京都では3回。3連複よりもワイド、または複勝の方がよい感じがします。

 

ただし、ちょっと気になるのは『確率指数』と単勝人気との差ですね。例えば2/2の未勝利戦2着ファンドリハンターは6番人気だった為、パターン該当馬ではないので好走数に入れていませんがどうも『確率指数』では該当しているようです。2/24未勝利戦2着マルシゲヨカニセは13番人気だったのでパターン該当馬ではなく、好走数に入れていませんが本ではパターン該当馬の好走例として挙げられています(確率指数で該当しているようで)。確率指数は土方さんの有料コンテンツで挙げているそうなのですが、単勝人気でしか検証できない私にはちょっと困る検証ですね。まぁオッズ系の最大の弱点はいつの人気を参考にするか、というのは困った事でオッズを取る時間次第でマルシゲヨカニセやファンドリハンターは狙える馬になってしまうわけですから。それに検証で使っているのは確定人気ですからどうしても差が出ます。なので『確率指数』という自分が扱う上での人気の指標ってのは大きいと思います。過剰人気していたら単勝人気では買えなくなったりと惜しい馬も出てきますから。なので本で書かれているものと私が調べたものでは差がでてしまいました。

 

それはさておき、第1回~3回までパターン該当馬の好走があったのは3歳未勝利戦が最多。2着(8番人気)、2着(6番人気*ファンドリハンター)、2着(13番人気*マルシゲヨカニセ)、1着(6番人気)、3着(8番人気)。500万下は1着(11番人気)、3着(9番人気)、2着(7番人気)。とりあえず複勝で挑むにしてもそれなりに配当がつくエリアの馬達なのでまだ楽しめるとは思います。ただし着外馬が多すぎる。なので好走馬とパターン該当馬分けをしてみます。パターンに関しては本を参考にしてもらうしかないのでとりあえず立ち読みしてもらうといいかと・・・。まだこれは使える!といえるところまで検証していないもので。申し訳ない。

 

パターンA

4歳上500万下1着(11番人気)

3歳500万下2着(7番人気)

 

パターンB

未勝利2着(6番人気*ファンドリハンター)

未勝利2着(13番人気*マルシゲヨカニセ)

  

パターンC

未勝利2着(8番人気)

未勝利1着(6番人気)

未勝利3着(8番人気)

 

分かりやすい好走分けになりましたね。パターンAは500万下、パターンBは本来該当馬じゃないけど一応取り上げると未勝利戦、パターンCも好走は未勝利戦。という狙いで行くと良さそうですね。とりあえず今年の傾向ですが。この条件でパターン該当馬の着外がどれだけあるか調べてみます。

 

パターンA

未勝利戦4着以下6回

500万下4着以下4回

パターンAは調べたとおりの結果になりました。開催の内訳は第1回7(未勝利戦5回、500万下2回)、第2回なし、第3回3(未勝利戦1回、500万下2回)となっています。500万下狙いに絞ればいい確率ですね。6頭該当馬いて好走2回。

 

パターンB

未勝利戦4着以下4回

500万下4着以下1回

パターンBは検証するのも微妙ですが(汗)、一応ファンドリハンターと同じく6番人気だった馬も含めると着外5回。第1回京都(未勝利1回、500万下1回)。第2回京都(未勝利2回)。第3回京都(未勝利戦1回)。該当馬自体が少ないので出現したら注意することにしましょうか。

 

パターンC

未勝利戦4着以下7回

500万下4着以下1回

パターンCの着外ですが、主に第1回(開催後半が特に酷い)に着外6回、第2回1回。第3回はパターン該当馬自体少ないですが好走2回しています。これから寒くなるだけにこの点は注意したいところです。とはいえこれが2歳未勝利戦で通用するのかはこれからの検証で調べる事にしましょう。

 

パターンBとCの好走である未勝利戦の好走をみれば、未勝利戦では6番人気以下に注意せよということですね。下手に穴狙いしてもしれているということですか。それなりに評価されてるパターン該当馬の方が面白いかもしれません。

 

今回のまとめ

  • パターンAは500万下狙い
  • パターンBとCは未勝利戦狙い
  • 上級条件に関しては好走するまで見守る

 

無理にD1200mで高配当狙わない方がいいという話かもしれません(汗)。ある意味旨味のあるワイドなんてこのコースではいいかもしれませんね。とりあえず穴馬の要素としては微妙ですが人気馬が強いコースなだけに仕方ないとも言えます。

« 10/5結果とスプリンターズS結果 | トップページ | 土方本・新刊~京都芝1200m検証 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42711444

この記事へのトラックバック一覧です: 土方本・新刊~京都D1200m検証:

» 4ヶ月で2800万円を実現できた競馬理論 [スリーゲート競馬 ]
競馬を始めた、最初の頃は、競馬が大好きで いつも朝の1レースから最終レースまでそして3会場すべて馬券を買わないと気が済まず、勝ったり負けたりを繰り返していました。いつも競馬新聞を買い、レースが終わったら家の中に投げ捨てていました。そんな日々が続いたある日のこと。ある日とうとう軍資金も無くなり、やること(競馬)がなかったのでしたが、いかんせん競馬が大好きなもので、しかたなくどっさり溜まった過去の新聞を眺めていました。そして出走馬と枠順と結果を細かく照らし合わせて「何か面白くて、...... [続きを読む]

« 10/5結果とスプリンターズS結果 | トップページ | 土方本・新刊~京都芝1200m検証 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ