« 秋華賞のお話~その1 | トップページ | 秋華賞のお話~その3 »

2008年10月16日 (木)

秋華賞のお話~その2

そろそろ福島の検証もしないといけないなぁとか思いつつ秋華賞のデータを裏付けというか過去の傾向を見て間違いないか調べているところなんですけども、やっぱり時間は足りないですね。菊花賞の方、神戸新聞杯の後すぐに取り上げておいてよかったとつくづく思う。満足はしていませんが。

 

前回ちょこっとだけ修正しておきました。ナリタルナパークがクリアしてないんですよね(汗)。重賞好走経験がない馬で失格だったのですが、ローズS上がり5位、新馬戦圧勝ってことなので扱いを[2着・3着]という扱いにしておきました。メイショウベルーガはローズSやフローラSで上がり1、3位マークしていて未勝利戦0.6秒差勝利なので[2着・3着]に格上げ?ですね。ややこしくてすいません。

 

④クラシック出走馬

今年は桜花賞出走したがオークスは未出走、という馬がいないのでまずは『桜花賞未出走馬』から取り上げます。カワカミプリンセス以外は2着・3着というパンチ弱いんだか好走多いんだか、という微妙な立場の馬達が多い反面ノーマークになりやすいタイプのようで穴をよくあけています(ウイングレット、エイシンカチータ、クロックワークなど)。

  • A:桜花賞TRまたはオークスTRで上がり1~5位
  • B:オークスで1~5番人気

好走馬を取り上げるとロゼカラー以外はオークスTR出走。その娘ローズバド以外は桜花賞TR出走していません。似たもの親子といいますか・・・(笑)。また桜花賞TRまたはオークスTRにて人気していた馬ばかり(エイシンカチータとウイングレット以外。オークスでも人気薄だったのはこの2頭)。

3着だったロゼカラー、エイシンカチータ、ウイングレットはオークス人気クリアならず[3着以下]に。連対したエリモシック、クロックワーク、ローズバド、カワカミプリンセスはクリア。3着でしたがレディパステルもクリアしていました。

→今年の登録馬

アロマキャンドル(A:○ B:× 3着以下)、カレイジャスミン(A:× B:× 3着以下)、スペルバインド(A:○ B:× 3着以下)、ムードインディゴ(A:○ B:× 3着以下)、レッドアゲート(A:○ B:○ クリア)

 

『桜花賞とオークス出走馬』

~阪神JF出走馬~

  • 阪神JF1~5着
  • オークス1~5着
  • 桜花賞までの重賞で1~3着経験

要するに人気馬の路線。TR好走したのに本番で人気落としたヤマカツリリー(8番人気)以外の馬達は桜花賞でも秋華賞本番でも1~5番人気という人気馬でした。該当馬は阪神JFで見せ場作り、オークスでも掲示板にのっているという人気して当然と言える馬達ですから人気するわけです。

→今年の登録馬

エフティマイア(阪神JF1~5着×)、オディール(クリア)、トールポピー(クリア)、レジネッタ(阪神JF1~5着×)

 

~そのほかの馬達~

  • 桜花賞で上がり1~3位
  • 秋華賞TRで1~3番人気
  • 秋華賞TRで上がり1~3位

切れ味中心。桜花賞で切れる脚を使った馬というより阪神で切れる脚を披露した馬を評価している格好です。アドマイヤグルーヴなんてそのまんまですね。レインダンスもチューリップ賞以外は上がり1~3位。チューリップ賞はそれでも上がり4位。夏の500万下も上がり最速披露して勝利しています。阪神で切れる脚、圧勝した馬は注目ですね。

→今年の登録馬

エアパスカル(全て×)、ソーマジック(全て×*秋華賞TR未出走)、ブラックエンブレム(全て×)、マイネレーツェル(桜花賞上がり× 秋華賞TR人気×)、リトルアマポーラ(*秋華賞TR未出走)

 

ということで結構サッパリしました

前回残ったピサノジュバン(ダート実績オンリーだけど)、プロヴィナージュ、メイショウベルーガ(訂正して生き残り)、レッドアゲート(紫苑Sリタイアした2頭の分まで…)、オディール、トールポピーの6頭。人気するであろうトールポピーが普通に残ってしまったので面白味がないですが・・・。この中ではメイショウベルーガとレッドアゲートはノーマーク気味なら面白い。ピサノジュバンはこの手のタイプはいないんで何とも言えませんけど。

 

あとこれは人気馬の傾向ですけど、阪神JF出走の桜花賞&オークス出走馬でチューリップ賞出走馬は揃って活躍(見事に勝利している馬多し)しているだけにトールポピーとオディールは軽視できませんね。あのデータクリアしていててこれなのでどちらかが勝つ・・・ってのもあるかもしれません。両方ともローズSで大敗してるってのはどうも気になりますが(汗)。

あとリトルアマポーラに関しては気になるのが桜花賞最速ってことです。阪神で切れる脚を披露、ってのが注目なので予想では注として取り上げるつもりです。7頭BOXで気楽に競馬見るのもありですかね。

 

個人的にはレッドアゲートは応援したいと思ってます。ってのも紫苑S上位馬がリアイアするという事態でこの馬が2頭の分まで走ってくれたらなぁ・・・と思う気持ちと、血統的な縁でトサモアーの家系なのであの馬の分まで走ってくれると嬉しいなと思っています。菊花賞のデータの時に取り上げたブラックシェルの親戚なんです。近親といえば近親だし単に出身母系が一緒という付き合いも特にないので面白味はさほどないですけど(汗)ブラックシェルも屈腱炎でリタイアしていますしこの馬に頑張って欲しいなと思うわけです。紫苑S組で好走したのはレディパステルとシアリアスバイオの2頭ですが芝2000mになってからまだまともに勝負できた馬がいないってのもあってデータ的観点としてもレッドアゲートに頑張って欲しいと思ってたりもします。ちゃんとクリアしてる馬でもありますからね。

« 秋華賞のお話~その1 | トップページ | 秋華賞のお話~その3 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42800305

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞のお話~その2:

« 秋華賞のお話~その1 | トップページ | 秋華賞のお話~その3 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ