« 今週はお休み | トップページ | セントライト記念 »

2008年9月19日 (金)

悠久な憧れ

BSマンガ夜話『よつばと!』観て思ったことですが、悠久に時が流れる様って人間(というか私)にとっては恐怖であり憧れだったりします。ほんのちょっとのバランスで成り立つ世界ってのが私には心地よくて。あ~るにおける光画部の面々だったり、めぞん一刻における一刻館の住人のやりとりだったり(こっちは悠久ではないが)、アニメ版のパトレイバーの特車2課の面々だったり。ゆうきまさみ作品好きな私としては好きなんですよ。ウイニングポストで楽しんでるってあたりで分かると思います(苦笑)

 

こういった世界って90年代前半のアニメファン好きだな、と。ほんのちょっとしたことで崩壊しかねない怖い時間帯でもあるわけだけどファンが心地よく楽しめる時間帯って実は終わりの始まりの手前なんですよね。またはその時間が崩壊する様を受け止め、時が動き出すのを見届けるものもある(カウボーイビバップ最終2話など)。ジャンプ系ではこの手の世界感は受け入れられないようで長持ちしませんが、崩壊する様を如何に描くか、または新しい世界をどう描くかという過程を楽しむ方になると思います。

 

よつばと!はある意味こういった悠久な時間の流れとは対照的にじわじわと1話(1日)ごとに時間は流れていきます。いつか終わるであろうこの世界が立ち止まる事無く進んでいくさまは観ている方としては怖さも感じるわけですが、終わらない夏休みとして描かれた方が救われる人は多いかもしれない。でもそんな時間を終わらせたんですよね、よつばと!は。こういった脆さを見せてくれている作品は好きです。

 

(原作というか漫画版)パトレイバーでもちょっとしたことで関係が脆くなる様を描いた篠原重工絡みの遊馬が単独で動いてしまうあたり(14~17巻あたり)はアニメ版の方で描かれていた雰囲気が好きだったファンにとっては辛い流れだけれど、一歩一歩歩んでくれている第2小隊の面々のやりとりをみていると劇場版パト2の世界への序曲のようにも思えてこれはこれで好きなんですよ。後藤隊長も最終話でちゃんと言ってますからね、いつまでも続かないんだから、と。だからこそドタバタが愛されるといいますか憧れるんですよね。

 

マンガ夜話の冒頭で語られていたぼのぼのに似ていて、決してクレしんではない、っていうのは分かる気がします。特に大人のやりとりはまさにぼのぼのの世界そっくり。あれだけ正直に心ではどう思ってる、とかやりとりしないでコミュニティって作れるものなのかね、と思うくらいドライのようなえらく正直にいきる大人達(といっていいのやら判りませんが。ぼののお父さんは崇高すぎる世界に居られますが(汗))

似てるけど、しんちゃんじゃないんですよね。アニメ(というか劇場版)で好まれているのもしんちゃんがしんちゃんらしくなく描いてくれているからかもしれません。ジャイアンみたいに頑張るもの。これはのび太も一緒ですが(新しいドラえもんの方ではちょっとニュアンスが違うので私は残念ながら楽しめませんでした・・・無念)。もしよつばと!をアニメ化するならぼのぼののような描き方しないと成立しないでしょうね。それにどんな形で描いても誰も納得できないと思うし。・・・そういう意味であ~る同様、扱い間違えると難しいんですよね、よつばって。

 

今回のマンガ夜話は肩透かしくらった人が多いかもしれない。でもね、このキャラが、とかこの展開が、と語られたらよつばと!の話じゃなくなるしそれはちょっと面白くない。何でこれだけ安心してそわそわできるんだろう?という説明に力入れてくれたのはよかったと思います。それに個人の経験や感情に委ねられているからこそ共感できるんだろうし。そういう意味で今回ほど語ってもらった回も珍しいかなと。私は好きな回でした。というかパトレイバーも似たような感じでしたね。10年後の読者に理解できるのかどうか、というお話はなるほど・・・と考えちゃいました。今のアニメ全般に言える問題ですね。

« 今週はお休み | トップページ | セントライト記念 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501611/42521593

この記事へのトラックバック一覧です: 悠久な憧れ:

« 今週はお休み | トップページ | セントライト記念 »

フォト
無料ブログはココログ
2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ツイッター

ウェブページ

メルマガ